オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Dragon Marked For Death公式サイトへ
読者の評価
77
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アクションRPG「Dragon Marked For Death」,アップデートでネームドモンスターが追加。経験値の取得量や戦闘のバランス調整なども
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/07 14:17

ニュース

アクションRPG「Dragon Marked For Death」,アップデートでネームドモンスターが追加。経験値の取得量や戦闘のバランス調整なども

 インティ・クリエイツは本日(2019年3月7日),「Dragon Marked For Death」に向けて“アップデートパッチVer.1.3.0”を配信した。高レベルキャラクターによるパーティ戦が推奨されるネームドモンスターが追加されたほか,一部クエストのレベル開放やマップの変更などが行われている。

画像(001)アクションRPG「Dragon Marked For Death」,アップデートでネームドモンスターが追加。経験値の取得量や戦闘のバランス調整なども

 クエスト達成時と敵を討伐したときに得られる経験値や,キャラクターの挙動と攻撃力などにも調整が加えられている。装備品は効果表示が変更され,一部は効果や攻撃力も変わっている。戦闘に影響するものも多いので,下記リリース文と合わせて,公式サイトも確認しておこう。

画像(002)アクションRPG「Dragon Marked For Death」,アップデートでネームドモンスターが追加。経験値の取得量や戦闘のバランス調整なども

 また,3月13日21:00からは,5回目となる公式番組「Dragon Marked For Live」が配信される。今回は,3月28日に発売が予定されている追加シナリオ「龍血の盗賊編」の情報が中心で,MCを務める田中健大さんのほか,インティ・クリエイツの宮澤名人氏が出演する。

画像(003)アクションRPG「Dragon Marked For Death」,アップデートでネームドモンスターが追加。経験値の取得量や戦闘のバランス調整なども

「Dragon Marked For Death」公式サイト


呪われし“龍血の一族”が織りなす
ダークファンタジー・アクションRPG 「Dragon Marked For Death」
アップデート情報と生放送の告知

インティ・クリエイツは、好評発売中のNintendo Switch専用ソフト『Dragon Marked For Death』の最新情報を公開しました!

『Dragon Marked For Death』(読み:ドラゴン・マークト・フォー・デス)は、最大4人同時プレイが可能な本格2D横スクロールアクションRPGです。さらわれた龍血の一族の巫女“アミカ”の救出と一族の復讐を果たすため、ドラゴンの力を受け継いだ全く異なる4種のプレイアブルキャラクター(皇女/戦士/忍び/魔女)を操作し成長させ、時にはマルチプレイでクエストを攻略するなど、独自のダークファンタジー世界で繰り広げられる、龍血の一族の物語をお楽しみいただけます!

※最新PVのYouTubeアドレスはこちらです。
https://youtu.be/nTTeWN_teW4

■ネームドモンスター追加を含むアップデートパッチVer.1.3.0を配信
本日(3月7日)より、ネームドモンスター(NM)追加、各種調整、不具合修正を含むアップデートパッチVer.1.3.0を配信開始しました!

高LV用のクエスト開放もあるVer.1.3.0も是非お楽しみください!詳しくは公式Webサイトをご覧ください。
http://dragonmfd.com/jp/product/#product05

●Vre.1.3.0 (2019年3月7日更新)概要

【新規要素】
  • ネームドモンスター(NM)が追加されました
  • → 高レベルキャラクターによるパーティ戦での討伐を推奨するコンテンツです。
    → 現レベルキャップの討伐にはレアリティの高い装備品が必要となります。
  • シングルプレイでチュートリアルクエスト「葬られし一族」が選択可能になりました
  • クエスト「Marked For Death」のクエストレベル65が解放されました
  • イメージ映像バージョンA、及び、バージョンBをゲーム内に搭載しました
  • → 条件を満たすことによりタイトルループ内で再生されます。

【調整要素】
  • クエストにおける経験値取得方法を調整しました
  • 戦闘における各種計算式を調整しました
  • 各キャラクターの移動速度を調整し、キャラクターごとの差を減らしました
  • 皇女、戦士、忍び間の物理攻撃力のバランスを調整しました
  • 各キャラクターのアクションを調整しました
  • LV51以上の敵、ボスに対する魔法攻撃について、同一属性の魔法を使用し続けるとレジスト率が上昇するように調整しました
  • 装備品の追加能力性能を調整しました
  • 低〜中レベル帯の物理攻撃用武器の攻撃力を変更しました。

【不具合修正】
  • Swicth本体の言語設定を中国語(繁体字)、韓国語にした状態でゲームを初回起動するとエラー終了する不具合を修正しました
  • 装備アイテム、及び、敵からのドロップアイテムによるステータス上昇効果が正常に反映されない不具合を修正しました
  • リザルト内の所持数上限を超えた時の自動売却価格が正しくない不具合を修正しました
  • 装備効果「魔法武器」が物理攻撃以外にも影響していた不具合を修正しました
  • ローカルマルチプレイ、及び、オンラインマルチプレイの通信処理の安定性を向上しました
  • その他、幾つかの表示の不具合、挙動の不具合を修正しました

【既知の不具合】
  • DLC装備「雷霆の武具」の内、魔女用の武器「フェアリーテール」を装備して歩くジャンプする等のアクションをするとゲームがエラー終了する。また、「フェアリーテール」を装備した状態のセーブデータで「続きからはじめる」で魔女を選んだ場合も、同様にゲームがエラー終了します。

「フェアリーテール」を装備から外すには下記の手順で外すことができます。

  1. ゲーム開始後、キャラクターを操作しないでメニューを開く
  2. メニュー内の「各施設へ移動」を選択し任意の施設へ移動する
  3. 施設内の装備変更で「フェアリーテール」以外の魔導書を装備する

この不具合に対する修正パッチを準備中です。配信日が決まり次第お知らせ致します。
この度は、ご不便をお掛けしまして誠に申し訳ございません。

■『Dragon Marked For Live』第5回の配信情報
ドラゴン・マークト・フォー・デス情報発信番組『Dragon Marked For Live』の第5回配信を、3月13日(水)夜9時から配信します!
MCは声優の田中健大さん(俳協)、レギュラー出演者として宮澤名人(インティ・クリエイツ)がお届けします。
3月28日発売の『Dragon Marked For Death 追加シナリオ 龍血の盗賊編」の情報を中心にお届けする予定ですので是非ご視聴ください!

番組名:Dragon Marked For Live 第5回
日時:2019年3月13日(水) 夜9時〜
MC:田中健大(俳協)
出演:宮澤名人(インティ・クリエイツ)

配信:
Youtube Live
https://gaming.youtube.com/user/inticreates/live
ニコニコ動画
http://live.nicovideo.jp/watch/lv318868361
  • 関連タイトル:

    Dragon Marked For Death

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日