オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/01 20:55

イベント

作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

 本日(2018年12月1日),「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・イーブイ」(以下,ピカ・ブイ)の楽曲を収録した音楽CD「ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ スーパーミュージック・コンプリート」が発売されたが,それを記念したイベントが東京・池袋サンシャインシティの噴水広場で開催された。

画像(001)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・イーブイ」公式サイト


 池袋サンシャインシティは,ポケモンシリーズの公式ショップである「ポケモンセンターメガトウキョー」も設置されている,ファンにとってはいわゆる“聖地”の1つ。そのため,イベントが行われた噴水広場には,ポケモングッズを身につけた多数のファンが集まった。

画像(002)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート 画像(003)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

ポケモンセンターのほか,噴水広場のステージ横でもサウンドトラックが販売された
画像(004)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート 画像(005)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

 「ピカ・ブイ」は,シリーズ初代にあたる「ポケットモンスター 赤・緑」の特別版,「ポケットモンスター ピカチュウバージョン」をNintendo Switch向けにリメイクしたタイトルだ。

 今回のイベントには,そんな「赤・緑」で楽曲制作を担当し,「ピカ・ブイ」では制作ディレクターを務めた増田順一氏と,ゲームに収録された楽曲の作曲および編曲を行った景山将太氏が登壇し,ゲームや楽曲の制作に関する裏話が語られたほか,オリジナルアレンジの生演奏も披露された。

画像(006)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート
「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・イーブイ」ディレクターの増田順一氏
画像(007)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート
「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・イーブイ」で作曲と編曲を担当した景山将太氏

画像(008)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート 画像(009)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート
会場にはピカチュウとイーブイも登場。増田氏や景山氏はステージに上がってすぐ一直線に2匹のもとへと向かい,ひっしと抱きついていた。ちょっとうらやましい
画像(010)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート 画像(011)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

 トークで最初に取り上げられたのは「ピカ・ブイ」の制作についての話題だ。増田氏は本作のコンセプトに関して「(赤・緑は)白黒のドット絵でした。それをどう3Dで表現するか,という部分を話し合いました」と述べ,「全体的に優しく,当時を思い出させるようなタッチになるよう,気をつけて作りました」と続けた。

画像(012)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

 また,楽曲のアレンジを景山氏に依頼した理由は,「自分の作った曲を,今の時代に合った形にしてくれるのは,やはり,一番ポケモンのことを分かっている景山将太しかいない」と断言した。長くシリーズに携わっている両氏の,お互いの信頼の深さを感じさせる言葉だった。

 また,増田氏は来場者への「ちょっとしたお願い」として,本作をプレイする際には「ぜひテレビで遊んでほしい」と述べた。景山氏によれば,本作はテレビでのプレイを想定して楽曲を制作しているとのことだった。

増田氏によれば,CDに収録されている楽曲は,オーディオ機器を使った再生に合わせて,マスタリングをやり直しているという
画像(013)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

 トークが落ち着くと,バイオリニストの白須 今氏と,ギタリストの堤 博明氏がステージに登場し,ゲームのタイトルで流れるおなじみの「オープニングデモ」や,主人公が訪れる「街の曲」のメドレー,さらに,本作で初登場した楽曲「GOパーク」「捕獲」の生演奏を披露した。

画像(014)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート
バイオリニストの白須 今氏
画像(015)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート
ギタリストの堤 博明氏

 バイオリン,ピアノ,ギターというスッキリしたアンサンブルだったが,シンプルであるだけに細やかなアレンジがはっきりと聴き取れるライブだった。ちなみにCDには,「ポケットモンスター ピカチュウバージョン」のオリジナルも収録されているので,聴き比べてみるのも面白いだろう。

画像(016)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

 最後に,「ポケモンセンター」のテーマ曲を来場者の手拍子を交えながら演奏し,イベントは終幕となった。演奏の模様は,増田氏がTwitCastingを使って配信している。楽曲を聴いてみたいという人は,ぜひアーカイブをチェックしてほしい。

画像(017)作曲&編曲を担当の景山将太氏によるミニライブも披露された「ポケモン ピカ・ブイ」サウンドトラック発売記念イベントをレポート

「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・イーブイ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター Let's Go! イーブイ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日