オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
日本発のゲーマー向け製品ブランド「Ray」が第1弾マウス「PAWN」を発表。PMW3360搭載で税込4980円
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/21 10:30

ニュース

日本発のゲーマー向け製品ブランド「Ray」が第1弾マウス「PAWN」を発表。PMW3360搭載で税込4980円

 2018年6月21日,ソリッドハートは,日本発のゲーマー向け製品ブランド「Ray」第1弾となるワイヤードマウス「PAWN」(ポーン)を発表した。6月29日発売予定で,税込のメーカー想定売価は4980円前後となっている。

PAWN
Ray

Ray
 PAWNは,SteelSeriesの左右対象形状マウスシリーズであるSensei,その旧モデル風の外観をしたマウスだ。ただしPAWNの場合,サイドボタンは左に2個だけとなるため,右手用マウスということになる。
 搭載するセンサーは定評あるPixArt Imaging製光学モデル「PMW3360」で,左右メインボタンのスイッチはオムロン スイッチアンドデバイス製と,手堅い印象。いわゆるドライバレスの「差せば動く」仕様で,追加のソフトウェアなしに,スクロールホイール手前の2連ボタンでDPIを,底面のスライドスイッチでポーリングレート(≒USBレポートレート)を設定できるようになっているとのことだ。
 PMW3360搭載で税込約5000円というのは悪くなく,センサーが額面どおりの性能を発揮するなら,エントリークラスとして面白いマウスが登場したと言えるだろう。

Ray
 なお4Gamerでは,PAWNの発表に合わせ,Rayブランドを率いるソリッドハートの田邊 崇氏にインタビューを行っている。かつて「SteelSeriesの中の人」として活動していた同氏が,なぜ日本発のゲーマー向け製品ブランドを発ち上げるのに至ったのかや,PAWNという製品の勘所などを詳しく聞いたので,興味のある人はぜひそちらもチェックしてほしい。

日本発の新しいゲーマー向け製品ブランド「Ray」はなぜ立ち上がり,どこを目指すのか。「元SteelSeries」の仕掛け人に聞く


●PAWNの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 搭載センサー:PixArt Imaging PMW3360
  • ボタン:左右メイン,センタークリック付きスクロールホイール,ホイール手前×2,左サイド×2
  • トラッキング速度:未公開
  • 最大加速度:未公開
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:400/800/1600/2400/3200/12000 DPI
  • ポーリングレート(USBレポートレート):125/500/1000Hz
  • オンボードフラッシュメモリ:非搭載
  • データ転送フォーマット:未公開
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • メインボタン耐久性:未公開
  • LEDイルミネーション:搭載(※DPI設定に応じて色が変わる仕様。常時明滅)
  • 公称本体サイズ:66(W)×123(D)×38(H)mm
  • 公称本体重量:106g(※ケーブルを含むか否かは未公開)
  • マウスソール素材:未公開
  • 公称ケーブル長:1.8m
  • 対応OS:未公開
  • 発売予定時期:2018年6月29日
  • メーカー想定売価:4980円(税込)
  • 保証期間:1年間


#### 以下,リリースより ####

株式会社ソリッドハートは自社ブランド「Ray」からPixart製光学センサー「PMW3360」搭載の右手専用マウス「PAWN」を6月29日(金)に発売致します。
市場想定売価は4,980(税込)となります。

「PAWN」の由来はチェスの駒です。
「PAWN」は将棋の駒では「歩」の役割に近く、シンプルな駒である反面、極めていく事で複雑かつ重要な駒に変化します。私達が今回発売するマウスは、複雑なマウスではなく、USBに挿して即操作することが可能です。セッティングについてもプリセットからの選択制でゲーム中に変更が可能なので、遊びながら最適なセッティングを選んで頂けます。

PAWNは左右対称のデザインを採用しており、左側に2つのサイドボタンを備えております。DPIは6段階のプリセットを用意しており(400-レッド/800-ブルー/1600-イエロー/2400-オレンジ/3200-グリーン/12000-パープル)お好みの基本DPIを選んで頂く事が出来ます。LEDについては、常時点灯ではなく緩やかに点滅するタイプですので、明るい場所でも暗い場所でも目に止まりやすくなっております。

メインスイッチについては多くのゲーミングマウスに採用されているオムロン社製スイッチを搭載しており、マウスの乗り換えでも違和感なくクリックして頂けます。

マウスの表面については、ラバー仕様を採用しているため、手汗で滑りにくくグリップ感を適度に感じて頂けます。ロゴを小さくしている為、手の平に接する部分を最小限にし、マウス操作の邪魔にならず、操作に集中して頂けます。
マウスのセンサーについてはPixart製光学センサー「PMW3360」を搭載しております。
正確なトラッキングはゲームにおいて非常に重要であり、この「PMW3360」は多くのゲーミングマウスにも
採用されている実績もあり、ゲーム使用に十分な性能です。

また底面にはポートレートスイッチがあり125Hz/500Hz/1000Hzの3種類を選ぶ事が出来ます。

セッティングソフトはございませんが、シンプルなデザイン、機能のみの構成により、USBをパソコン等に繋げてすぐに使用する事が可能であり、ゲーム等を楽しみながらDPIの調整もボタンを押す事で出来ますのでゲームに集中して頂ける事と思います。

これからゲームを始める方や仕事やゲーム以外でも使用を考えている方、シンプルなマウスを好まれる方には最適なマウスとなっております。Ray「PAWN」マウスは6月29日発売を予定としており、市場想定価格は?4,980(税込)となっております。

PAWNをパソコンショップ アークで購入する


Ray公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Ray

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日