オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Battlefield V公式サイトへ
  • Electronic Arts
  • DICE
  • 発売日:2018/10/19
  • 価格:スタンダードエディション:6264円,デラックスエディション:1万584円(いずれも税込)
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2018]「Battlefield V」の新モード「グランド・オペレーション」を体験。プレイムービーも撮影してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/11 07:00

プレイレポート

[E3 2018]「Battlefield V」の新モード「グランド・オペレーション」を体験。プレイムービーも撮影してみた

 Electronic Artsは北米時間の2018年6月9〜11日にかけて,アメリカ・ロサンゼルスで自社イベント「EA PLAY」を開催している。E3に合わせたこのイベントで,「Battlefield V」PC/PS4/Xbox one)をプレイし,さらにプレイ動画を撮影できたので,その模様をさっそくお伝えしていこう。

EA PLAYの会場。試遊台は撮影禁止だったので写真はないが,今回のプレイはPC版で行っている。マウス&キーボードだけでなく,PS4,Xbox Oneのゲームパッドも用意されていた


 今回体験できたのは,本作の新モードとして用意されている「グランド・オペレーション」だ。これは,ゲーム内時間で数日の“作戦日”にわたって展開されるモードで,各種マップとルールを組み合わせた1ラウンドを1作戦日として扱い,その結果が翌日の作戦に影響を与えることになる。
 ただ,今回は時間やチケットが余っていても突然1ラウンドが終了となったり,3日目が発生しなかったりしたので,体験用に調整されていたのかもしれない。

 最初の作戦は,雪の降る海岸沿いのマップが舞台だった。攻撃チームは,空挺輸送機からパラシュート降下して,マップ上に4つある対空砲の破壊を目指し,防衛チームはこれを阻止する形だ。
 筆者は攻撃チームだったのだが,パラシュート降下を使うとわりと簡単に敵の背後を取れるので,空挺輸送機から飛び降りる段階から,どこに降下して暴れてやろうかとワクワクできる。ただし,空挺輸送機はいつでも使えるわけではなく,一定時間ごとに自動でマップを横断するので,降下し放題というわけではない。

攻撃目標として対空砲が設定されているのだが,初見プレイなので,破壊方法がさっぱり分からない。対空砲までたどり着けても,「これどうすりゃいいんじゃい」と右往左往しているうちに,敗北していた
Battlefield V
Battlefield V

 重要なのは,空挺輸送機がいない間,リスポーン地点となるのは分隊員や乗り物のみで,拠点が存在しないということだ。もし,分隊が全滅していると,空挺輸送機が飛んできてくれるのを待つしかないので,分隊行動が非常に重要となる。
 ゲームバランス面でも,すぐにメインウェポンの弾が切れてしまうなど,物資の管理が厳しくなっており,ここでも分隊員との連携を推しているという印象だ。

体験で使えた兵科は,「アサルト」「メディック」「サポート」「リコン」の4種類。プレイ前の説明では5種類と言っていたので,もしかしたら防衛側では違う兵科があったのかもしれない
Battlefield V Battlefield V
Battlefield V Battlefield V

 2日目の作戦は,マップは同じだが,従来の「ラッシュ」に近いモードで争う形式だ。パラシュート降下がない代わりに,本拠地となるリスポーンポイントが設定され,そこから出撃して,シリーズおなじみのフラッグの立った拠点を制圧しに行く。拠点はAとBがあるのだが,これらは同時に制圧しなければならないようで,片方ずつ取っただけでは先に進めない。制圧した拠点を維持しながら,次の拠点を狙っていかなければならないのだ。

Battlefield V
Battlefield V

 今回は,なぜか突然作戦終了となったこともあって,それほど長い時間遊べたわけではなく,試せなかったことや不明な点も多いのだが,進化が分かりやすかった点として,モーションのバリエーションの増加には触れておきたい。
 本作のモーションは非常に細かくなっており,例えば伏せ状態で後退すると,後ずさりのモーションが発生し,その状態で射撃もできる。とにかくいろいろな動きをするようになったので,操作しているだけで気持ち良い。
 撃ち合いについても,本作ではランダムな銃弾の拡散が廃止されたせいか,敵に弾を当てやすくなった印象があり,サクサク倒せて楽しかった。前述のように弾薬の管理は厳しいので,最前線で弾切れになって必死で味方に弾をもらいにいったり,覚悟を決めてピストル片手に突っ込んだりと,ハプニングも多々発生するのだが,これはこれで“バトルフィールド感”があって,個人的には好みだ。

 今回の出展バージョンはプレアルファの段階であり,突然インタフェースが全部消えたり,なぜか手足をバタつかせて荒ぶる死体が頻出して「ゾンビかお前は」と言いたくなったりと,バグっぽい挙動も多々見られたものの,プレイ自体は非常に楽しいものだった。早くオープンβテストなどの日程も公開してほしいものである。

Battlefield V

「Battlefield V」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Battlefield V

  • 関連タイトル:

    Battlefield V

  • 関連タイトル:

    Battlefield V

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月16日〜08月17日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月