オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Identity V公式サイトへ
  • NetEase Games
  • 発売日:2018/07/05
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第417回「アストルティアの旅でアイデンティティを問われる陸軍中尉」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/14 14:00

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第417回「アストルティアの旅でアイデンティティを問われる陸軍中尉」


 先週は休載で読者の皆様にご心配をおかけしまして,申し訳ありませんでした。実は1週間ほど広島へ映画の撮影に行っておりまして,どうしても執筆時間をとれなかったんです。
 その作品というのは「転校生」や「時をかける少女」で知られる大林宣彦監督の最新作「海辺の映画館−キネマの玉手箱」。詳しくはもう少し映画の情報が出揃ってからお話したいと思いますが,とても光栄なことにオファーをいただきまして,帝国陸軍中尉という役柄で出演が決まりました。
 「Wonderful World」や「シン・ゴジラ」とはまた違った,特別な“人柄”を意識した芝居を観ていただければと思っています。

Identity V Identity V

公開を楽しみにお待ちください。もし大林映画が未体験だという人がいれば,今のうちに何本か観ていただけるとより嬉しいです。監督が描く独特の世界観からは,邦画だけが持ち得るエネルギーを感じられると思います
Identity V



 「RADIO 4Gamer Tap(仮)」の第95回では,NetEase Gamesより配信中の「Identity V」iOS / Android)を特集。ゲストとして,日本地区クリエイティブディレクターの韓 乃昭氏をお招きし,ゲームの魅力をご紹介いただきつつ,実際に遊んでみました。

 本作は我らがしこりん(岡本信彦さん)が相当やり込んでいるタイトルだということで,番組でも上級者らしいスーパープレイを期待していました。……しかしながら,ここぞという時に“シコリティ”を発揮してしまうのが,しこりんのしこりんたる由縁。なんともしょっぱい撮れ高となってしまいましたが,結果的にゲームの奥深さはしっかり視聴者に伝わったのでオーライです。当のしこりんはとても悔しそうだったので,これは今後のリベンジに期待ですね。

「Identity V」公式サイト

「Identity V」ダウンロードページ

「Identity V」ダウンロードページ


 また,4GamerSPチャンネルにて好評配信中の「マフィア梶田のYouTuber始めました(仮)」では,「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」(iOS / Android)のガチャ動画と最新イベント情報をお届け。こちらもぜひ,チェックしてください!


「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」公式サイト

「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」ダウンロードページ

「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」ダウンロードページ




 幕張メッセにて開催中の「リアル脱出ゲーム」と「ドラゴンクエスト」とのコラボレーションイベント,「大魔王ゾーマからの脱出」。つい先日,こちらのイベントに声優の安元洋貴さん中村悠一さん,そしてカレー屋「PLUCK」のMEN店長と共に挑んできました。

ゆうべは おたのしみでしたね

 ドラクエの世界観で脱出ゲームというだけでもワクワクしますが,今回スゴかったのは幕張メッセの広い敷地を贅沢に活用している点ですね。「ドラクエランド」とでも言いますか,ちょっとしたテーマパークみたいです。謎解きでウロウロするのがそのまま“冒険”になっている感じで,1日中楽しめました。ちなみにこちら,我々のパーティはクリアするのになんと5時間かかりました。肉体的・精神的疲労の面でもまさしく“冒険”でしたね……。


 ちょっと設定的にユニークなのが,この物語でゾーマを倒しに向かう面々って,元々が勇者の血筋でもなんでもない,ただの村人なんですよ。選択できる職業も踊り子,占い師,旅芸人,商人と,バリバリの戦闘職がいないんです。脱出ゲームもそれに合わせて4人1組のパーティで動くことになるので,参加したいという人は家族や友人で事前にメンツを揃えることをオススメします。
 まぁ,ルイーダの酒場で仲間を募ることもできますし,ひとりで参加して初対面の人と冒険するのもなかなかオツなものかと。


 ちなみに,我がパーティーの構成は「踊り子・マフィア梶田」「占い師・安元洋貴」「旅芸人・中村悠一」「商人・MEN店長」という形でした。それぞれ章ごとに活躍の場が違い,全員にキチンと役割が用意されているのが好印象です。

シルビアの仲間から「つるぎのまい」を習得し,ドルイドにお見舞いする踊り子・マフィア梶田

 序盤の難度が比較的低く,ゲーム慣れした我々からすればいわゆる“ヌルゲー”だったのですが,後半からグッと難度が高くなるんですよコレ。安元さんとMEN店長が途中でそれぞれ1回ずつ死亡し,クライマックスのゾーマ戦でも初回クリアはできずコンティニューするハメになりました。


 手元の資料を参照する場面がとにかく多いので,参加する際にはモタつかないよう両手をフリーにできるリュックサックなどを装備していくことをオススメします。現実に「ふくろ」はないですからね。


 なんせクリアまでに5時間。非常にくたびれましたが,ゾーマを倒してエンディングを迎えた時の達成感は大きかったですね。8月19日まで実施されているので,ドラクエファンの皆様はぜひ,リアルな冒険に飛び込んでくださればと思います。

冒険者の夢である「ぱふぱふ部屋」には長蛇の列。ぜひ体験してください

(C)2012-2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト「大魔王ゾーマからの脱出」

  • 関連タイトル:

    Identity V

  • 関連タイトル:

    Identity V

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月