オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「メイド イン ワリオ ゴージャス」プレイレポート。300種類のプチゲームが収録され,やりこみ要素もたっぷり詰まったシリーズ集大成
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/02 00:00

プレイレポート

「メイド イン ワリオ ゴージャス」プレイレポート。300種類のプチゲームが収録され,やりこみ要素もたっぷり詰まったシリーズ集大成

 任天堂は,「メイド イン ワリオ」シリーズ最新作となるニンテンドー3DS用ソフト「メイド イン ワリオ ゴージャス」を本日(2018年8月2日)発売する。

 「メイド イン ワリオ」は,1プレイが5秒ほどで終わる極めてシンプルな「プチゲーム」を連続でクリアしていくという,オムニバス形式のゲームシリーズだ。“メイド イン ワリオの集大成”と銘打たれた本作には,シリーズ最多となる300種類のプチゲームが収録されている。そんな本作の魅力を紹介していこう。


「メイド イン ワリオ ゴージャス」公式サイト



今度の「メイド イン ワリオ」はゲーム大会

シリーズに登場した“遊び方”が勢揃い


 ゲームの舞台は,シリーズでおなじみのダイヤモンドシティ。ある冒険で見事に“おたから”を手に入れたワリオだったが,その冒険資金で家の金庫がすっからかんに。困ったワリオは,ゲーム大会「メイド イン ワリオカップ」を開催し,参加費で儲ける作戦を発案する。ゲームはシティの仲間達に作ってもらい,ワリオ自身は労せずしてボロ儲けするつもりなのだ。
 プレイヤーは大会に参加する1人となり,ワリオに挑戦して優勝賞金の獲得を目指すことになる。

メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス
何気に人脈が広いワリオ。一声かけるだけでゲームクリエイター(?)が集結する
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス

 「メイド イン ワリオ」シリーズは,作品ごとにキモとなる“遊び方”が用意されているのが大きな特徴だ。シリーズの集大成たる本作では,過去シリーズに登場した操作システムが複数収録されている。
 その内容は,ボタンを使う「ピコピコ」,3DS本体を回転させる「ぐるぐる」,タッチペンを用いる「タッチ」に,マイクに息を吹きかける「フーフー」を加えた4種類だ。過去シリーズに登場したゲームはもちろん,操作方法ごとに新作プチゲームも用意されている。

 ゲームの基本ルールは単純明快。次々に出題されるプチゲームをクリアしていき,ゲームモードごとに設定された目標を達成するだけだ。プチゲームはどれも非常に短く,早ければ1秒ほどで終了してしまう。開始時に「おせ!」「とめて!」といった指令が表示されるので,プチゲームごとに設定された目標をすばやく判断して対応しなくてはいけない。

メイド イン ワリオ ゴージャス
簡単にクリアできたゲームでも油断は禁物。クリアを重ねると「スピードアップ」が発生し,ゲームのテンポが上昇して難しくなる
メイド イン ワリオ ゴージャス
モードによって異なるが,1回のゲーム中にプレイヤーが持てる残機は4つまで。失敗して残機を失うとゲームオーバーとなってしまう

 なんの脈略もなくランダムかつ連続的に出現する,シュールな絵面のゲームをひたすらクリアしていく……このスピード感は,遊ぶほどにクセになっていく。クセになっていく。ゲーム全体のテンポの良さや小気味よい音楽によって,失敗してもリトライが苦にならないのも「メイド イン ワリオ」ならではだろう。

 
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス
個々のゲームがそれほど難しくないので,事前に心構えができていれば対応しやすい。初めて出現するゲームに出会ったときは,いかに早く成功条件を掴めるかがカギとなる
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス


3つのリーグを勝ち抜いて大会の制覇を目指せ

クリア後は「チャレンジモード」で限界に挑戦!


 いくつかのゲームモードが用意されている本作でメインとなるのが「ストーリーモード」だ。ゲーム目的は,「ピコピコリーグ」「ぐるぐるリーグ」「タッチリーグ」という,遊び方で分割された3つのリーグを勝ち抜き,ゲーム大会で優勝することだ。
 各リーグ内では「メイド イン ワリオ」シリーズおなじみのキャラクター達が,ゲームを用意して待ち受けている。そこで出現するキャラクターには「スポーツ」「ファンタジー」といったジャンルが設定されており,出現するゲームも(ほぼ)それに合ったものとなる。
 また,シリーズファンにとっては嬉しいポイントとして,今回は全キャラクターにボイスがついている。キャストは公開されていないが,好きなキャラクターがいる人はこちらにも注目してプレイしてみよう。

ストーリーモードに登場する3つのリーグ


●ピコピコリーグ
メイド イン ワリオ ゴージャス
シリーズではおなじみのダンサー「ジミー T.」。担当ジャンルは「スポーツ」で,サッカーやスケボー,ボクシングなどのアクティブなゲームを多く扱っている
メイド イン ワリオ ゴージャス
おしゃれ大好きな女の子「モナ」のジャンルは「せいかつ」だ。過去シリーズで「ヘンナノ」を担当していただけあり,ややシュールなゲームが多い
メイド イン ワリオ ゴージャス
タクシー運転手コンビの「ドリブル&スピッツ」。「ファンタジー」担当だが,彼らはSFもファンタジーと考えているようで,宇宙を題材にしたゲームが多い
メイド イン ワリオ ゴージャス
ナインボルトのお母さん「ファイブワット」。担当ジャンルは,子供の影響からか任天堂のゲーム作品を題材にした「ニンテンドー」となっている

●ぐるぐるリーグ
メイド イン ワリオ ゴージャス
見習い魔女と使い魔のコンビ「アシュリー&レッド」。ジャンルは見た目のとおり「ファンタジー」で,おどろおどろしくも可愛らしい(と言えなくもない)ゲームが多い
メイド イン ワリオ ゴージャス
天才科学者にして発明家の「Dr.クライゴア」。ジャンルは意外にも「スポーツ」で,本人いわく「てきどな うんどうは カラダを わかわかしく たもつのだよ」とのこと
メイド イン ワリオ ゴージャス
ゴツイ見た目に反して,実は小学生の「エイティーンボルト」。これまでのシリーズでも任天堂好きとして登場した彼だけあって,担当ジャンルは「ニンテンドー」だ
メイド イン ワリオ ゴージャス
Dr.クライゴアの孫娘で,科学者の卵でもある「ペニー」。ジャンルは「せいかつ」で,なんとも言葉に表しにくいシュールな絵面のゲームが収録されている

●タッチリーグ
メイド イン ワリオ ゴージャス
一人前の忍者を目指す姉妹「カット&アナ」。担当ジャンルは「せいかつ」で,こちらもやはりシュールなゲームが揃っている。なお,忍者といっても,けっして日本的なゲームを取り扱うというわけではない
メイド イン ワリオ ゴージャス
任天堂のゲームが大好きな少年「ナインボルト」。ジャンルはやはり「ニンテンドー」で,生粋の任天堂マニアだけあって「ウルトラハンド」や「ラブテスター」などのコアな題材のゲームを多く持つ
メイド イン ワリオ ゴージャス
修行の旅をする師弟コンビ「ヤング クリケット&マスター マンティス」。テーマは「スポーツ」で,今回は遊園地を修行場とカン違い(?)した2人が楽しみつつ修行する姿を見ることができる
メイド イン ワリオ ゴージャス
謎の宇宙人「オービュロン」。ジャンルは「ファンタジー」だが,過去シリーズで「IQ」ジャンルを担当していた名残りか,頭を使うゲームがやや多い印象だ

 これらのリーグをクリアすると,複数の操作やジャンルがごちゃまぜになった「ウルトラリーグ」へと進むことができる。ウルトラリーグでは,マイクに息を吹きかける操作「フーフー」も登場するので,一気に忙しくなるのだ。

ウルトラリーグでは出題前に,操作内容のアイコンが表示される。これまでのリーグで覚えた操作を思い出しながらゲームを進めよう
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス

 一度遊んだプチゲームは「ずかん」に登録され,何度でも遊べるようになる。お気に入りのゲームを楽しむのはもちろん,苦手なゲームの練習にも活用できる。また,一度クリアしたステージを再度選択すればスコアアタックに挑戦できる。同じプチゲームであっても,ボスステージをクリアするとゲームのレベルが上がり難しくなっていくので,心して挑もう。

ずかんで個別のプチゲームを遊んだ際は記録も残るので,ハイスコアを目指すのもアリだ
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス

 
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス
ただ見た目が変わるだけのものから操作自体が増えるものまで,パターンの違いはさまざまだ
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス

 ストーリーをクリアすると,新モード「チャレンジ」が選択可能となる。こちらには,すべてのゲームが出現する「ごちゃまぜ」や,1回でも失敗したら敗北となる「スリリング」,最初からハイスピードでプレイする「げきむず」といった,特殊なステージが収録されている。
 これらのステージは基本的に終わりがなく,クリアという概念は存在しない。ストーリーで収録されたプチゲームをひととおり体験したあとに,やりこみやスコアアタック要素として楽しもう。

夜更かしをしながらゲームを遊ぶナインボルトになって,見回りに来るファイブワットから身を潜めながらゲームを遊ぶ「こっそりゲーマー」。下画面でプチゲームをクリアしつつ,上画面にファイブワットが現れたらLRボタン同時押しで布団に入ろう。ただし,布団に入っている間は“めざメーター”が減っていき,メーターが尽きるとナインボルトが眠ってゲームオーバーとなってしまう
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス
残機数ではなく,時間制限内でプチゲームをクリアしていく「ワリオウォッチ」。ゲームをクリアすると制限時間が少しだけ追加されるので,とにかく個々のゲームをすばやくクリアする事を目指そう
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス

 ゲームを進めていくと,さまざまなタイミングでコインが手に入り,600コインごとに「ガチャコロン」を回すことができる。カードやレコードなどのさまざまなおまけ要素が手に入るので,ある程度コインが貯まったら回してみよう。
 ガチャコロンから出現したアイテムは「ゴチャルーム」に展示され,いつでも確認できる。ムービーシーンに自分の声を吹き込める「アフレコ」や,プチゲームよりちょっと長い「ミニゲーム」など,一風変わった楽しみ方ができるコンテンツが多い。

コインがたくさん集まったら,一気に10回分のガチャを引くこともできる。収集要素としてあるキャラクターのカードには,謎のステータスが表記されている
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス
ガチャコロンから手に入るミニゲームは,プチゲーム並にシンプルなものから「単体で十分遊べるのでは?」と思わせるものまで,さまざまな種類が用意されている
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス

 こういった,いわゆるミニゲーム集で真っ先に注目する点は,収録ゲームの数とゲーム全体のテンポの良さだ。「メイド イン ワリオ」シリーズの積み重ねがしっかりと反映された本作は,その双方において“集大成”にふさわしい出来栄えとなっている。
 どんな時でもパッと遊べて,それでいてキッチリとやりこみ要素が備わっているのも嬉しいところ。シリーズを十分に遊んでいるやりこみ勢にも,通学や通勤のお供に軽く遊べるゲームを求めている人にも,ぜひおススメしたい作品だ。

本作に登場するキャラクターには,意外にも(?)細かな背景設定がある。ストーリーモードでのムービーも細かく作り込まれているので,キャラクター目当てで遊んでみるのも悪くない
メイド イン ワリオ ゴージャス メイド イン ワリオ ゴージャス

「メイド イン ワリオ ゴージャス」公式サイト

  • 関連タイトル:

    メイド イン ワリオ ゴージャス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月18日〜07月19日