オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Rust公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
データセンターで発生した火災により「Rust」のEUサーバーが破損。セーブデータが焼失
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/03/11 13:47

ニュース

データセンターで発生した火災により「Rust」のEUサーバーが破損。セーブデータが焼失

 フランス時間の2021年3月10日深夜,サーバー事業を展開するフランス企業OVHcloudがストラスブールに置いていたデータセンターで火災が発生し,サーバーが設置されていた4棟のうち1棟が完全に焼失した。

火災事故を報道するDatacenter Knowledge(https://www.datacenterknowledge.com/uptime/fire-has-destroyed-ovh-s-strasbourg-data-center-sbg2)より転載
画像集#002のサムネイル/データセンターで発生した火災により「Rust」のEUサーバーが破損。セーブデータが焼失

 1999年に設立されたOVHcloudは,Amazon(AWS),Microsoft (Azure),そしてGoogle(Google Cloud)という,いわゆるビッグスリーを除けば世界最大規模のデータセンターを誇る企業だ。2018年の段階で,19か国に27のデータセンターを保有し,2日後には上場を控えていたという。火災は未明までには消し止められ,負傷者はいなかったものの,1棟(SBG2)が焼失したほか,別の1棟(SBG1)も12部屋のうち4部屋が火災と消火による被害を受けたことを,OVHcloudが発表している(リンク)。

 この火災により,銀行やショッピングサイトなど,.frドメインのデータの2%が失われたと試算されているが,ゲーム業界で最も大きい被害を受けたのが,イギリスのFacepunch Studiosだった。コンシューマ機版の開発をアナウンスしたばかり(関連記事)の同社のオンライン専用アクション「Rust」だが,EU圏で展開していた25のサーバーすべてがOVHcloudが運営するもので,今回の火災によって保存されていたセーブデータの多くが破壊されてしまったという。
 同社の公式Twitterでは,火災によってゲームにアクセスできない状況になっていることを報告すると共に,「失われたデータの復元はできない」というメッセージを掲載している。現時点ですでに21のサーバーが再稼働しているが,ゲームはリセット状態だという。
 出火原因の調査や補償の問題など,今回の事故は今後も尾を引きそうだ。「Rust」についてはEU以外の地域やコンシューマ機版の開発に影響はないようだが,オンライン化を推し進めるゲーム産業にとって大きな懸念材料になるだろう。
  • 関連タイトル:

    Rust

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月17日〜04月18日