オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
リネージュ2M公式サイトへ
  • NCSOFT
  • 発売日:2021/03/24
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/03/05 12:00

プレイレポート

「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 NCSOFTがサービスを予定している“新作次世代オープンワールドRPG”「リネージュ2M」iOS / Android:リネ2M)の先行プレイレポートをお届けしよう。本作は,同社のタイトル「リネージュ2」(リネ2)の“正統後継モバイルリメイク作品”であり,日本では2021年1月8日に事前登録受付がスタート。約7日間で事前登録社数20万人を突破した注目作だ。

画像集#001のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

「リネージュ2M」公式サイト

「リネージュ2M」ダウンロードページ

「リネージュ2M」ダウンロードページ


 「リネ2M」が注目される要因としては,やはり2004年にサービスが開始されたPCオンラインゲーム「リネ2」が,ゲーマーたちに大きなインパクトを与えたことも挙げられるだろう。当時,MMORPGのグラフィックスは,今や当たり前となっている3Dではなく,どちらかというとまだ2Dのほうが主流であった。
 そんななか投入された「リネ2」は,「Unreal Engine 2」を採用し,一般的な作品とは一線を画する品質の3Dグラフィックスで広大な世界やキャラクターを描き,かなりのスペックを要求するPCでのプレイが推奨された。加えて相場よりもやや高い月額使用料が必要という,まさに「選ばれし者」のみが遊べるような夢の次世代MMORPGだったのである。ゲーマーたちの注目を集めないわけがなかった。

画像集#002のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 さて,2021年に登場する「リネ2M」の話に戻そう。本作におけるプレイヤーキャラは,光の神「アインハザード」のために戦う戦士の1人となっている。しかし戦士はギラン城をめぐる戦いで敗北し,話せる島へと落ち延びることになる。この島で修業を積んで“聖物の継承者”となり,世界を救うべく再起するというのが,冒頭のストーリーだ。

戦士はカインの部下としてギラン城の戦いに参加するが,味方の軍勢はエティスが操る力の前に敗北してしまう
画像集#003のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#004のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 マイキャラクターは,5種族と初期6クラスの組み合わせから選ぶことになる。種族は「ヒューマン」「エルフ」「ダーク エルフ」「オーク」「ドワーフ」で,性別は各種族で固定されている。
 クラスについては,種族による制限はなく,「片手剣」「二刀流」「短剣」「弓」「杖」「オーブ」の6系列から武器を選び,ゲームの進行に応じて上位クラスが開放される仕組みだ。個人的には「ドワーフ」が男性のみであり,「リネ2」のマスコット的存在だった女性タイプの「ドワーフ」を選べないことが不満だが,そこは同じく人気の「カマエル」「アルテイア」などと合わせてアップデートで追加されることに期待したい。

画像集#005のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
ヒューマン
画像集#006のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
エルフ
画像集#007のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
ダーク エルフ
画像集#008のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
オーク
画像集#009のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
ドワーフ

 基本的な操作方法は,画面左下のバーチャルパッドで移動,画面下部のスキルアイコンやボタンをタップで各種アクションといった具合に,スマホ向けMMORPG定番の形式となっている。もちろんオート戦闘や,クエスト自動進行の機能も搭載されているので,スマホ向けMMORPGに不慣れな人でも気軽に遊べるだろう。

周囲の敵と自動で戦ってくれるオート戦闘
画像集#010のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#011のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

目的地への移動やクエスト受託/報告を行うクエスト自動進行
画像集#012のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 現代のMMORPGには当然のように搭載されているオート戦闘も,2004年当時の「リネ2」では,基本的に外部ツールなどを使って行われていたものであり(当然,規約違反),一時は使用者の多さがゲーム内で大きな問題となっていた。自動で狩りをするキャラとそれを守る用心棒キャラが集団を結成して狩場を占拠し,良識あるプレイヤーたちが自警団を立ち上げて対抗していたことも懐かしい。そんな自動狩りも現在では標準機能として当たり前のように搭載されているのだから,時代の流れとは分からないものである。

 「リネ2M」のグラフィックスはとても美しく,2004年当時の「リネ2」()と比べると隔世の感がある。キャラクターのアニメーションも非常になめらかで,オート戦闘やクエスト自動進行のあいだもマイキャラをつい眺めがち。鎧や武器も細部に至るまで細かくデザインされており,クラスチェンジによって盾が木製から金属製になったり,防具の装飾が増えたりするので,そんな成長の変化も目に楽しい。

※「リネ2」は継続的にグラフィックスのアップデートが行われており,当時と現在では映像品質が大きく異なる。

自動進行中も放置プレイせずに画面を眺めてしまいがち
画像集#013のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#014のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

鎧の下に着ている服には,詰め物がされているらしい縫い取りまで表現されている
画像集#015のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#016のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

木の盾で戦っていたナイトは,クラスチェンジを経て金属製の盾に持ち替えた
画像集#017のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#018のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

話せる島でチュートリアルを完了すると,船に乗ってアデン大陸へと向かうことになる
画像集#019のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#020のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 クエストには,物語を進めるための「任務」と,チュートリアルに相当する「伝承」,そしてランダムでピックアップされたものから選んで請け負う「啓示」の3系列が存在する。ちょっと面白いのが,「啓示」の「ランダム報酬」。あらかじめ用意された5種の報酬が見えない形でシャッフルされ,この中から1つを選ぶという形式になっている。
 多くは装備作成に使える素材だが,たまに装備の完成品が含まれている場合がある。運がいいと手っ取り早く強くなれるわけで,報酬を選ぶ際には毎回ドキドキしてしまう。なお確率は高くないようだが,モンスターから武器や防具が“現物ドロップ”することもある。

ランダム報酬は,5つ用意された枠から1つを自分で選ぶ。ここでは運良く「ファルシオン」を獲得できた
画像集#021のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 今回テストプレイできた範囲では,ゲームを進めていくだけである程度の装備は手に入るものの,本当に最低限でしかない。それより強い品はランダム報酬やドロップでしか手に入らないようだ。ゲームの進行に応じて敵が強くなっていくため,良い装備を確保するためにもこうした要素を活用していきたいところだろう。

 狩りにかかるランニングコストに,単位時間内で得られるお金や経験値といった“時給”,そして死亡時に経験値が失われる“デスペナ”を考慮しなければならないあたりも「リネ2」と変わらない点だ。

 狩りのためにはHPを回復する「体力回復剤」や,攻撃を強化する「ソウル ショット」といったアイテムが必須である。どちらも消費が激しく,しばらく放置すると数百個あった体力回復剤や,1000個ほど買っておいたはずのソウルショットを使い切っていることも珍しくない。ちなみに,アーチャー系の場合は有限の矢が必要で,尽きたらアデナ(ゲーム内通貨)を消費して調達しなければならない。
 ただし,各種アイテムや装備品には重量が設定されており,所持限度の50%を越えると自然回復が阻害されるため,持ち運ぶ量はきちんと考える必要がある。アーチャー系は矢の重量も考慮しよう。

弓を使うクラスは攻撃の際に矢が必要
画像集#022のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

懐かしの「ソウル ショット」は攻撃強化アイテム。こちらも狩りを行えば1000個単位で消費する
画像集#023のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

スキルの有無は強さに直結するが,習得に必要な「スキルブック」は性能に応じて高価となる。スキルの例を挙げると,ナイト系の「シールド スタン」は敵を気絶させ,メイジ系の「ウインド ストライク」は魔法弾を撃つといった具合だ
画像集#024のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#025のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 こうしたランニングコストと時給を天秤にかけて狩り場を選ぶわけだが,オート戦闘でずっと放置しておくのも危険である。モンスターにやられると経験値の5%が失われるデスペナルティが発生するからだ。無料回復が用意されているが,1日に5回までと限られているので,そうそう死ぬわけにもいかない。

死亡すると,経験値の5%が失われる。わりとシャレにならない減少量だが,1日に5回までなら無料で回復可能
画像集#026のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 また,「リネ2M」には“ステ振り”の概念がある。特定レベルに達するともらえるボーナスポイントを,上昇させたいステータスに割り振れるのだが,これがなかなか悩ましい選択になる。「STR」「DEX」「INT」といった値は攻撃力に直結するし,「AGI」は攻撃速度,「CON」はHP最大値に関係するため,正直なところ全部上げたいのだ。マイキャラをどのように育てていきたいかも,配信開始前から考えておくといいかもしれない。

画像集#027のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 クラスチェンジのシステムも独特だ。キャラクターは,一定レベルになると「転職クエスト」をクリアして上位クラスになれる。これとは別に「クラス召喚カード」もプレゼントされ,ランダムでクラスを1つ入手するチャンスがある。

 ちなみに「クラス召喚カード」は,有料通貨「ダイヤ」でも購入できる。召喚クラスの中には「黎明の君主ジグハルト アイン」のような「リネ2」の物語における重要人物も存在し,手に入れば強力な能力を使えるようになる。

「転職クエスト」でどんどん上位クラスへ。「リネ2」で「スペル シンガー」になるにはそこそこレベルが必要だったが,「リネ2M」では5レベルでなれた
画像集#028のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

画像集#029のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
「クラス召喚カード」で手に入るクラスはいかにも強そうな外見である
画像集#031のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#032のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

 先行プレイレポートは以上となる。まとめると,スマホ向けMMORPGのトレンドを押さえつつ,「リネ2」の良さもしっかりと再現できている作品という印象だった。今回はテストプレイの関係で体験できなかったが,「リネ2」名物である「血盟」(プレイヤー同士が集まるギルド)も存在し,先行サービス中の韓国では大規模PvP「攻城戦」が実装済みである。日本での展開も楽しみでならない。

PvPで役に立ちそうな「スキャン」機能。周囲の敵をレーダーのように探し出し,画面右に一覧を作る。スキャンした敵の頭上には番号が割り振られ,これを仲間と共有することもできるようだ
画像集#033のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#034のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

モンスターを倒して素材を集め,自分で装備を作ることも可能
画像集#035のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#036のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

ペット「アガシオン」はさまざまなボーナスを与えてくれる。見た目も可愛らしい
画像集#043のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#044のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#045のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

アニメーションは非常にキレキレで,オート戦闘中であっても画面から目を離すほうが難しい
画像集#039のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#040のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG
画像集#041のサムネイル/「リネージュ2M」先行プレイレポート。あの名作を最新技術でリメイクしたスマホ向けMMORPG

「リネージュ2M」公式サイト

「リネージュ2M」ダウンロードページ

「リネージュ2M」ダウンロードページ


※本記事は開発版を使用して制作しています。正式版とは異なる場合がありますので,ご了承ください。
  • 関連タイトル:

    リネージュ2M

  • 関連タイトル:

    リネージュ2M

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月03日〜08月04日
タイトル評価ランキング
68
64
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年02月〜2021年08月