オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
KORG Gadget for Nintendo Switch公式サイトへ
  • DETUNE
  • KORG
  • 発売日:2018/04/26
  • 価格:5000円(税込)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/13 18:00

イベント

セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?

 DETUNEは2019年3月9日,東京・恵比寿クレアートで開催された「KORG Gadget Home Party Vol.2」において,「KORG Gadget for Nintendo Switch」の新規ガジェット(音源)である“OTORII”“EBINA”の概要を公開した。

 OTORIIは,1980年代後半のセガ・エンタープライゼス(現セガ・インタラクティブ)製タイトルをフィーチャーした,リズムマシン風のガジェットだ。収録される音色(おんしょく)は「アウトラン」「ファンタジーゾーン」「ゴールデンアックス」など,歴代のセガゲームタイトルのが収録される予定。ちなみに,一部の音色データは基板のROMからバイナリで吸い出されているそうだ。効果音には,ROMに焼かれていたもののゲームでは使用されなかった「アウトラン」のクラクション音なども含まれるという。

「メガドライブ型リズムマシン」といったイメージのOTORII。プリセットの音色を変えるときはカートリッジが交換されるという演出がある
画像(002)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前? 画像(003)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?

 EBINAは1990年前後のタイトー製タイトルをフィーチャーした,リード系・ベース系音色がメイン(ドラムや効果音なども一部収録される)のガジェット。収録される音色は「奇々怪界」「ダライアス」「ダライアスII」「ナイトストライカー」「ニンジャウォーリアーズ」「メタルブラック」(以上,五十音順)のものになるとのこと。EBINA上では,基板だと複数の音色を重ねることで作られている音を,1つの音色としてコントロールできるという。

「ダライアス筐体型シンセサイザー」といったイメージのEBINA。画面につなぎ目があり,しかも色味がランダムで変わるという要素が搭載されている
画像(004)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前? 画像(005)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?

 気になるリリース時期だが,おおよそ「ゴールデンウィーク前のリリースを目指しているものの,難しいかもしれない」といった状況のようだ。提供形態は,以前も紹介したように有償DLCとなる。

画像(001)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?

 新規ガジェットの情報とあわせて,イベントレポートもお届けしよう。このイベントに出演したのは,DETUNEの佐野電磁氏(佐野信義氏),セガ・インタラクティブのHiro師匠(川口博史氏),タイトーの石川勝久氏,下田 祐氏といった4名。イベントは佐野氏を司会として進められ,OTORII&EBINAの紹介に続いてトークショーが実施された。

 “僕とKORG”について語る石川氏は,1980〜1990年代にリリースされたコルグのシンセサイザーに関して,佐野氏が「何だこのコーナー!?」と言うほどのマニアックなトークを繰り広げる。二番手はHiro師匠の“僕とGadget”で,こちらではiOS版「KORG Gadget」をリリース当初から注目していたというエピソードをはじめ,バンダイナムコスタジオのコラボガジェット“KAMATA”を羨んだこと,それもあってOTORIIの実現について佐野氏と相談し,タイトーにも声をかけるよう促したことなどが語られた。
 そのほか,“僕とGAME”という話題も予定されていたが,時間の都合でカットされることに。どこかで披露されることに期待したい。

画像(006)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?
コルグの名機や,タイトー基板と同じ音源を搭載した製品があったこと,「でも好きなのはCASIO」など,語り倒す石川氏
画像(012)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前? 画像(013)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前? 画像(014)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?
画像(015)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前? 画像(016)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前? 画像(017)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?

 トークショーの次に行われたのは,「KORG Gadget サウンドコンテスト」(関連記事)。あくまで一般参加型のお楽しみ的なイベントなのだが,Hiro師匠を中心に「SEとしては長い」「KORG Gadgetには合わない」などガチの評論が飛び出す。プロ視点の厳しい評価を飄々とくだすHiro師匠に,普段は暴走気味な佐野氏がブレーキ的なツッコミを入れるという,ある意味でレアな光景を見ることができた。

結局のところ,長さの問題などのため応募作が実装される可能性は低いようだ。だが,効果音を作るという試みは「KORG Gadget for Nintendo Switch」プレイヤーにとって,面白い経験となったのではないだろうか
画像(007)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?

 続いては,観客から挙げられた3つのテーマを元に,OTORIIとEBINAを使って即興で作曲してみるというコーナー。OTORII&EBINAしばりで行われた1曲目は「渋谷・パーティー・かっこいい」がテーマで比較的おとなしい雰囲気に収まったものの,「六本木・渋谷・ランチ」がテーマの2曲目は,ガジェットのしばりが開放されたことにより各自の中で何かのスイッチが入ったらしく,“暴れた”曲が出来上がっていき,客席に笑いの渦を呼んでいた。

画像(008)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前? 画像(009)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?

 イベントの最後を飾ったのは,来場者参加型の「ミキサークイズ」コーナー。これはミキサー画面でガジェットの発音をひとつずつ開放していき「何の曲が鳴っているか」というのを当てる,早押し的なクイズだ。リズムパートからメロディパートへ,段階的に音が追加されていったのだが,残念ながら正解者ナシ。答えは「KORG Gadget for Nintendo Switch v2 」PVのロケ地として用いられた東武ワールドスクウェアのCM曲。商品として用意されていた東武ワールドスクウェアの入場券は,作曲コーナーでお題を挙げた人達に贈られた。

手渡しで東武ワールドスクウェアの入場券を配る佐野氏
画像(010)セガ/タイトー音源の新ガジェットがお披露目された「KORG Gadget Home Party Vol.2」をレポート。リリースはゴールデンウィーク前?

 「KORG Gadget」シリーズは,2月末にiOS/Mac用の「KORG Gadget 2」(iOS版は無償,Mac版は有償でのアップグレード)や,Windows環境に向けたプラグインのみのパッケージ「KORG Gadget 2 Plugins for Mac/PC」がリリースされるなど,ユーザビリティの向上を中心とした拡充が重ねられている。「KORG Gadget for Nintendo Switch」も含め,作曲を趣味,あるいは生業とする人は,今後の展開も要注目だ。

「KORG Gadget for Nintendo Switch」公式サイト

  • 関連タイトル:

    KORG Gadget for Nintendo Switch

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月25日〜03月26日