※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Coffee Lake-S」の国内発売は2017年第4四半期中に。IntelがクライアントPCに関する最新の取り組みを説明
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/09/26 15:45

ニュース

「Coffee Lake-S」の国内発売は2017年第4四半期中に。IntelがクライアントPCに関する最新の取り組みを説明

第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)
 2017年9月26日,Intelの日本法人であるインテルは,東京都内で報道関係者向け説明会「インテル・プレスセミナーQ3'17」を開催し,前日に発表となった開発コードネーム「Coffee Lake-S」ことデスクトップPC向け第8世代Coreプロセッサや,ハイエンドデスクトップPC向けCPUであるCore Xシリーズといった,クライアントPC向け製品に関する取り組みを説明した。

 実のところ,インテル・プレスセミナーは,おおむね四半期ごとに開催されているイベントなのだが,最近ではIoTや自動車分野といった,ゲーマーには関係のない話題が中心であったため,4Gamerでは報じていなかったという経緯がある。
 実際,Intelがこのイベントのメインテーマとして,クライアントPC向けの話題を扱うのは久しぶりのことだ。今までは放っておいても商売になったこの市場に対しても,強力な競合――言うまでもなくAMDのRyzenシリーズのことだ――が登場してきたことにより,きちんとアピールする必要性が出てきたということの現れなのだろう。競争万歳である。

冒頭でスピーチを行った代表取締役社長の江田麻季子氏(左)。江田氏は,最近のIntelにおける大きなトピックとして,サーバーおよびデータセンター向けのCPU「Xeon Scalable Processor」の発表や,IoTに関するエネルギー業界や自動車業界との取り組み,そして今回のテーマである新しいクライアントPC向けCPUの3点を取り上げた(右)
第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)

クライアントPCに関する取り組みの中では,e-SportsやVR分野もアピールされた。といっても日本では,とくにe-Sports向けの施策があるわけではない
第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)
 クライアントPCに関する取り組みの中で,江田氏は,新CPUの投入だけでなく,2-in-1 PCやカード型,スティック型のPCといった新しいフォームファクタへの取り組みや,高速ストレージ技術「3D XPoint」を使ったストレージ製品「Intel Optane Memory」によるプラットフォーム全体の進化といった取り組みを行っているのに加えて,e-Sports(関連記事)やVRといった分野への関わりを強めていることもアピールしていた。
 ただ残念なことに,国内においては,プロゲームチームに対するスポンサードの予定はないとのことである。

VR分野への取り組みは,PCそのものの進化だけでなく,カメラや高速なワイヤレス通信技術なども上げられた。その一方で,海外で「プロジェクトがキャンセルされた」という噂の出ている独自のヘッドマウントディスプレイ「Project Alloy」については,一言も語られなかった
第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake) 第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)

 前置きはこのくらいにして,CPUの話題に入ろう。といっても,発表されたばかりということもあり,Coffee Lake-Sに関する新情報はとくになかった。
 ただ一点,重要なのは,Coffee Lake-Sの国内発売時期に関するコメントがあったことだ。北米市場では10月5日に発売予定となっているが,国内においては2017年第4四半期中という表現に留まった。第4四半期中となると,10〜12月とかなり幅があるわけだが,流通筋からは,「2017年11月になりそうだ」という噂も聞こえている。いずれにせよ,北米と同時に国内でも発売されることはなさそうだ。

Coffee Lake-Sの特徴とブロック図。日本語訳になっただけで,発表時と違いはない
第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)
第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)

 また,Coffee Lake-Sが,同じ14nmプロセスで製造されているにもかかわらず,前世代のCPUに比べて高い性能を実現できた理由として,執行役員 技術本部長の土岐英秋氏は,半導体製造において「ハイパースケーリング」という新しい手法を導入したことを理由に挙げていた。
 詳細な説明は行われなかったが,ハイパースケーリングは半導体製造に用いるマスクパターンの作り込みに使われる技術とのことで,従来よりも細い線の幅を実現できるという。これにより,同じ14nmプロセス世代であっても,物理的に若干の微細化が可能になるため,CPUの性能向上に寄与するという理屈なわけだ。

インテルの製造プロセスロードマップを示したスライド。現行の14nm世代と次世代の10nm世代で,ハイパースケーリングを導入するという
第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)

 ところで,IntelはCoffee Lake-Sをゲーマー向けに強くアピールしているが,同様に,ハイエンドのCore Xシリーズもゲーマー向けであると謳っている。
 そのため質疑応答でも,「どちらのほうがトップゲーマーに向いた製品なのか?」という質問が出てきた。これについて,新CPUの技術概要を説明した技術本部 技術本部長の渥美和彦氏は,「何をするかによって変わる」と前置きしたうえで,「ゲームをしながら動画配信や録画を行うなら,Core Xシリーズのほうがいい。純粋にプレイするだけなら,第8世代Coreプロセッサを」と回答している。
 デスクトップPCやCPUの新調を検討している人は,参考にしてみてはどうだろうか。

ゲーム用途におけるCoffee Lake-Sの利点
第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)

Intel 日本語公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    第8世代Core(Coffee Lake,Kaby Lake)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月