オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Rend公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Rend」のアーリーアクセス版がリリース。ファンタジー世界を背景に,3つの勢力が争うオンライン専用の対戦アクション
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/01 15:15

ニュース

「Rend」のアーリーアクセス版がリリース。ファンタジー世界を背景に,3つの勢力が争うオンライン専用の対戦アクション

 Frostkeep Studiosは北米時間の2018年8月1日,開発中のオンライン専用のアクション「Rend」アーリーアクセス版をSteamで発売し,合わせてローンチトレイラーを公開した。価格は2980円。

「Rend」公式サイト

Steam「Rend」公式プロダクトページ


 本作は,北欧神話の世界の終焉「ラグナロク」に生き残ったプレイヤー達が,Conclave(紫)Order(赤),そしてRevenant(緑)という3つの勢力に分かれて争うチーム対戦がメイン。各勢力は20人ほどのプレイヤーで構成され,ほかの勢力と戦うだけでなく,ラグナログで引き起こされたポータルから出現してくる異世界のクリーチャーも相手にしなければならないという,PvPとPvEが混在したシステムが特徴だ。

Rend
Rend

 「タレントツリー」と呼ばれるスキルシステムや,アーティファクトや資源を集めるといったRPG的要素も用意されており,プレイヤーは砦を構築して拠点を守備することなども可能だ。
 1つの「サイクル」が終了して,いずれかの勢力が勝利を収めると,その勢力に報酬が与えられ,キャラクターの成長データが保存されたのちに新しいマップが生成され,新たな戦いが始まるというシステムになっている。アーリーアクセス版をとおして,参加人数の引き上げなどの調整が行われていくはずだ。

Rend
Rend

 何度かお伝えしているように,Frostkeep Studiosは,Blizzard Entertainmentのテクニカルアーティストだったジェレミー・ウッド(Jeremy Wood)氏とアニメーターのソロモン・リー(Solomon Lee)氏,そして3Dアーティストのマット・ミリツィア(Mat Milizia)氏など,「World of Warcraft」の開発に携わった経験を持ち,とくにその「見た目」の部分を担当したスタッフが2016年に設立したデベロッパだ。ハイファンタジーのチーム対戦モノという本作だが,Steamのレビューを見る限りアーリーアクセス版の評価は良く,製品版にも期待がかかる。現時点では英語のみの対応になっているが,気になる人はSteamの公式ページをチェックしよう。

Rend
  • 関連タイトル:

    Rend

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月21日〜11月22日