オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
スーパーマリオ オデッセイ公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2017/10/27
  • 価格:5980円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
91
投稿数:7
レビューを投稿する
海外での評価
97
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「スーパーマリオ オデッセイ」は15年振りの“箱庭探索”型で,Switchでガッツリ遊べる3Dマリオがコンセプト。開発者が登壇したステージをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/01/14 17:00

イベント

「スーパーマリオ オデッセイ」は15年振りの“箱庭探索”型で,Switchでガッツリ遊べる3Dマリオがコンセプト。開発者が登壇したステージをレポート

 Nintendo Switch体験会の初日となる本日(2017年1月14日),「スーパーマリオ オデッセイ」を紹介するステージイベントが行われた。1月13日の発表会で初披露となったばかりの本作について,プロデューサーの小泉歓晃氏と,ディレクターの元倉健太氏が語ったステージの模様をお伝えしよう。

スーパーマリオ オデッセイ

 本作は,小泉氏や元倉氏,そして宮本 茂氏など開発チームの皆で話し合った結果,「Nintendo Switchでガッツリ遊べる3Dマリオ」をコンセプトに制作しているという。もともと,開発チームの中には作りたいアイデアはたくさんあり,実際に作って遊んでみて,とくに「楽しい!」と思えたものを,本作の箱庭のステージに盛り込んでいるそうだ。

 “3Dマリオ”“箱庭”というワードが出てきたが,現時点で3Dマリオとして分類されているのは,「スーパーマリオ64」「スーパーマリオサンシャイン」「スーパーマリオギャラクシー」「スーパーマリオギャラクシー2」「スーパーマリオ 3Dランド」「スーパーマリオ 3Dワールド」の6タイトル。さらにここから,決められたコースを突破していく「コースクリア3D」と,自由にステージを探索できる「箱庭探索3D」に分けると,後者に分類されるのは「スーパーマリオ64」「スーパーマリオサンシャイン」の2タイトルのみになると,小泉氏は話す。「スーパーマリオ64」が発売されたのは1996年,「スーパーマリオサンシャイン」は2002年なので,最新作となる「スーパーマリオ オデッセイ」は,実に15年振りの“箱庭探索3Dマリオ”になるというわけだ。

スーパーマリオ オデッセイ

 ちなみに小泉氏は,「スーパーマリオ64」から開発に携わっている,3Dマリオの生みの親とも言える人物。小泉氏は当時,マリオを3Dにするにあたって宮本氏と相談し,いろいろなところを探索できるよう,ジャンプして踏む以外のアクションを充実させようと決めたそうだ。その結果,自由度の高いゲームを作り出せたのだと話す。
 一方,元倉氏も,もう一つの箱庭探索3D型である,「スーパーマリオサンシャイン」からキャラクターデザイナーとして開発に参加している人物で,同作はさまざなチャレンジをしたタイトルとコメント。小泉氏も,当時はゲームキューブの登場でハードウェアのスペックが向上したため,もっと広くてキレイな,浸っていられるようなステージを目指したということや,マリオにイタズラをさせたくてポンプを使ったアクションを盛り込んだという思い出を話していた。

 では,これらのタイトルから正統進化して登場する「スーパーマリオ オデッセイ」はどのようなものになるのか。まずは本作で導入される基本アクションが紹介された。本作では,「スーパーマリオ64」にあったアクションが久しぶりに復活し,3段跳びや走り幅跳び,バック宙,ヒップドロップからの大ジャンプ,木登り,ボディアタックなどが行える。
 本作からの新アクションとなるのが,トレイラーでも確認できた帽子投げ。これはマリオが投げた帽子が一定時間宙に浮き,足場のように使えるというものだ。

スーパーマリオ オデッセイ

 本作のストーリーについては,「クッパにさらわれたピーチ姫を助ける物語です」とコメントし,会場の笑いを誘う元倉氏。ただし,ピーチ姫との結婚を企んでいるようで,「今回のクッパはかなり本気です」とのことだ。
 本作では,マリオは帽子型の飛行船に乗って,“とある地球”を冒険することになる。キノコ王国を飛び出して,世界中の国々を訪れるということで,「こんなところに行けたら楽しいんじゃないか」と考えて開発を進めているそうだ。

ステージの紹介も行われた。気になっている人が多いと思われるリアルな都市のステージには,どのビルの上に登ってみようか,どのタクシーを踏んでみようか,道行く人を踏んでみたらどうなるのかなど,行ってみたい,やってみたいと思えるさまざまな要素を盛り込んでいるという。それにより,プレイヤーが「能動的な探索」を行えるというのが,本作のポイントになっているそうだ
スーパーマリオ オデッセイ
スーパーマリオ オデッセイ
この画像では手前に建物が見えるが,これらは扉から中に入れるようになっているという
スーパーマリオ オデッセイ
色とりどりのデフォルメされた野菜が特徴的なステージ。リアルな都市とはまったく異なる雰囲気だ
スーパーマリオ オデッセイ
森のステージは,木漏れ日や草の表現にこだわっているという。本作では,マリオの表情や髪の毛にも力を入れているとのことで,ぜひ注目してみよう
スーパーマリオ オデッセイ
工事現場のようなステージ。帽子が重要になりそうな本作なだけに,クリボーもヘルメットを装備している

 トレイラーを見た人なら,おそらく「目のついた帽子は何者なのか」と思ったのではないだろうか。もちろんこの帽子は,本作のキーキャラクター。小泉氏によれば,「スーパーマリオ64」の頃から帽子をフィーチャーしていて,当時はマリオの性能を変化させるアイテムだったが,今回はそこを強化して,かなりユニークなものにしているそうだ。


 最後に元倉氏は,「マリオが“とある地球”を冒険すること。そして帽子に目の付いたキャラクターが登場すること。今日はこの2つを覚えておいてください。15年振りの箱庭マリオということで,ワクワクしながら作っています」とコメント。小泉氏も「本作は箱庭っぽさがさらに増しているので,楽しみにしていてください。本作は“旅”をテーマにしていますが,Nintendo Switchの機能を使って,自分の旅に連れて行ったり,あるいはマリオの旅をリビングで体験したりできる,旅三昧の体験にご期待ください」と述べ,ステージを締めくくった。

「スーパーマリオ オデッセイ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    スーパーマリオ オデッセイ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日