オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2018]19歳になったエリーの復讐劇を描く「The Last of Us Part II」のライブデモが公開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/15 15:37

イベント

[E3 2018]19歳になったエリーの復讐劇を描く「The Last of Us Part II」のライブデモが公開に

The Last of Us Part II
 Sony Interactive EntertainmentはE3 2018のビジネスエリアにおいて,Naughty Dogが開発を手がけるアクションアドベンチャー「The Last of Us Part II」のプレスセッションを実施した。

 このセッションの冒頭では,約12分のゲームプレイ映像を収めた最新トレイラーが上映された。PlayStation E3 2018 Showcaseで公開されたものと同じだが,その内容を簡単にまとめておくと,最初のシーンはパーティーの様子が描かれている。前作「The Last of Us」の旅路の果てにエリーとジョエルが辿り着いた,ワイオミング州ジャクソンのセトルメント(居住地)だ。前作のエンディングから約4年経過しており,エリーは19歳の大人になっている

The Last of Us Part II


 セトルメントは華やかにライトアップされており,バンドの演奏もスピーカーから流れてくる。前作から文明の再構築がうかがえるが,ここで焦点となるのはエリーとディーナのナチュラルかつ情熱的なキスだ。ゲーム史に残るイベントと言えるかもしれない。
 2人の表情に注目すると,ほくろやニキビ,笑った時の目じりの皺,そばかすなどもリアルに表現されているばかりか,目は潤いを湛え,頬は紅潮していることも分かるはずだ。鼻が曲がっているのは,鼻の周りに多数のボーンが用意されていることを示している。
 主人公がオープンなレズビアンというのも前代未聞だが,ゲームにおいて最も作り込まれたキスの描写だと言ってもいいだろう。

The Last of Us Part II

 次のシーンは一転して,エリーが男を羽交い絞めにしながら首を掻っ切るという陰惨な場面だ。パーティーでは無防備で落ち着いた表情だったエリーの顔つきが,暗い森の中では好戦的なものになり,まるで別人のようだ。
 The Last of Usシリーズのディレクター兼脚本家のNeil Druckmann(ニール・ドラックマン)氏によると,エリーが戦っている相手は何らかの理由で西海岸のシアトルから移住してきた「セラファイト」と呼ばれる集団だという。

ニール・ドラックマン氏(右)らNaughty Dogのメンバー
The Last of Us Part II

 2017年10月に公開されたトレイラー(関連記事)でも,残忍な手口のリンチをしていた一団を確認できるが,これもセラファイトだと思われる。さらに2016年12月のアナウンストレイラー(関連記事)では,「必ずヤツらを見つけ出し,最後の1人まで残らず殺してやる」とエリーが呟いていたように,彼女はセラファイトに対して自分でもコントロールできないほどの復讐心を持っているようだ。
 筆者が想像するに,セラファイトはジャクソンを襲撃して「エリーの大切なもの」を奪ったのではないだろうか。無防備な相手に対しても慈悲さえ与えない“キリングマシーン”へとエリーが変貌するには,それほどの強い動機が必要であるはずだからだ。

The Last of Us Part II
The Last of Us Part II

 エリーのアクションに目を向けると,前作(14〜15歳)とは見違えるほどの戦士になっており,弓やピストル,相手から奪ったマチェットやハンマーなど,さまざまな武器を手にして戦う姿が確認できる。巧みなパルクールや覆い茂るシダを利用した隠密行動をはじめ,死体から弓矢を引き抜いて回収したり,前作ではジョエルの専売特許だった相手を“肉の盾”にしたりといったスキルも身につけている。
 相手の攻撃を回避しきれずにダメージを受けるシーンも見られたが,これは操作のタイミングのミスによるものだそうだ。

The Last of Us Part II
The Last of Us Part II

 今回のトレイラーで特徴的だったのが,エリーがトラックの下に潜って身を潜めたり,室内の棚と棚の狭い場所をすり抜けて迂回したりする場面だ。こうした動きは前作に見られなかった。また,自分の身体に矢が刺さったままだと悪影響があるため,身を潜めて力任せに引き抜く必要があるようだ。
 もちろん敵のAIも向上している。セラファイトの面々は口笛を吹いて互いにコミュニケーションをとり,自分の位置やエリーの居場所を伝える様子が見られる。エリーが隠れていないか,車体の下を1台ずつ覗き込む素振りも確認できるだろう。

The Last of Us Part II
The Last of Us Part II

 今回のセッションにおいて,ドラックマン氏は「プレイヤーが操作するのはエリーのみ」と明言した。その一方,ジョエルが生きており,「ジャクソンのどこかにいる」とも話している(上記のアナウンストレイラーでは,後ろ姿だけが確認できる男性が登場し,エリーに対して殺戮を終えるように促している。彼がジョエルだと思われる)。
 また,The Last of Us Part IIでは何らかのマルチプレイモードが存在するとのこと。これ以上の話は聞けなかったが,Naughty Dogのメンバーは「自信を持っている」と語っていたので,今後の発表に期待したい。

The Last of Us Part II

「The Last of Us Part II」公式サイト

4GamerのE3 2018記事一覧

  • 関連タイトル:

    The Last of Us Part II

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日