オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Google,スマートフォン新製品「Pixel 2」「Pixel 2 XL」発表。リアルタイム翻訳を実現するワイヤレスヘッドセットや,Google Homeの日本市場投入も
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/10/05 02:03

ニュース

Google,スマートフォン新製品「Pixel 2」「Pixel 2 XL」発表。リアルタイム翻訳を実現するワイヤレスヘッドセットや,Google Homeの日本市場投入も

 北米時間2017年10月4日,Googleは報道関係者向けイベントを開催し,その場で自社ブランドのスマートフォン第2世代モデル「Pixel 2」「Pixel 2 XL」を発表した。オーストラリアとカナダ,ドイツ,インド,英国,米国でまず発売となり,追ってイタリア,シンガポール,スペインでも販売開始になる予定で,残念ながら日本は今回も販売対象地域に入っていない。

カラーバリエーションはPixel 2が「Kinda Blue」(なかなかに青)「Clearly White」(明らかに白)「Just Black」(きっちり黒)。Pixel 2 XLがJust Blackと「Black&White」(黒白)になっている

 Pixel 2は5インチ,9:16アスペクトとなる1080×1920ドットの有機ELパネル,Pixel 2 XLは9:18という縦長アスペクトとなる1440×2880ドットの有機ELパネル(※プラスチック有機発光ダイオード,pOLED)を採用。筐体はアルミニウムの一体成形で,ディスプレイパネル側には強度に定評のある「Gorilla Glass 5」を組み合わせてあり,さらに筐体全体としてIP67準拠の防塵防水性能を獲得しているのとのことだ。


 搭載するアウト(リア)カメラは,1220万画素でF1.8。光学および電子手ブレ補正に対応しており,写真撮影時は光学手ブレ補正が有効になり,しかも常時バーストモードで撮影を行って,それらを合成することで極めて高い画質を得ることができているという。また,ビデオ撮影時には光学だけでなく電子手ブレ補正も有効になり,滑らかな映像を得られるそうだ。
 なお,フロントカメラは800万画素,F2.4という仕様が明らかになっている。

Pixelのアウトカメラは「DxOMark」の評価が高かったが,Pixel 2ではそれをさらに上回る,98点というスコアを獲得できたとのこと
Pixel Pixel

 さらにカメラ周りでは,撮影したテキストを読み取って検索したりメールを送ったり,オブジェクトを読み取ってそれを基にして検索を行ったりできる機能「Google Lens」を利用できる点もトピックである。

Google Lensでは,カメラで撮影したものに対して検索などを行える
Pixel Pixel

Pixel
 Pixel 2,Pixel 2 XLとも,搭載するプロセッサは「Snapdragon 835 Mobile Platform」(MSM8998)で,メインメモリ容量は4GB。ストレージ容量は64GBもしくは128GBとなる。両機種ともフロントスピーカーを搭載する一方で,3.5mmミニピンのヘッドセット/ヘッドフォン接続端子は搭載していない。
 接続インタフェースはUSB Type-Cで,内部的にはUSB 3.1 Gen.1対応。バッテリー容量はPixel 2が2700mAh,Pixel 2 XLが3520mAhだ。

 気になる対応LTEバンドは,1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/25/26/28/29/30/32/66とのこと。発表時点では,米国のGoogleでも英国のGoogleでも対応バンドの表記は変わらなかった。NTTドコモのプラチナバンドである800MHz帯のバンド19が外れているのは,「仮に日本市場へやってくる」ことを考えると,やや苦しいかもしれない。

 なお,北米のGoogle Storeにおける価格は,Pixel 2がストレージ容量64GBモデルで649ドル(税別),128GBモデルで749ドル(税別)。Pixel 2 XLがストレージ容量64GBモデルで849ドル(税別),128GBモデルで949ドル(税別)だ。

Pixel
 Pixel 2関連では,同シリーズと組み合わせることのできる,Bluetooth接続のGoogle Assistant対応ワイヤレスヘッドセット「Google Pixel Buds」が発表になったことにも注目したい。
 というのも,159ドル(税別)で11月に北米市場で発売予定となっているこのGoogle Pixel Budsが,日本語を含む40の言語に対してリアルタイム翻訳を行える「Google Translate on Pixel」に対応するからだ。

Google Pixel Buds。カラーバリエーションはPixel 2と同じく,Kinda Blue,Clearly White,Just Blackの3種類とのことである
Pixel Pixel Pixel

 Google Translate on Pixelでは,Google Assistant経由で翻訳を依頼すると,目の前の人が話している言葉をリアルタイムで翻訳してGoogle Pixel Budsのスピーカーから聞かせてくれる。また,自分の話した言葉の翻訳結果は,Pixel 2シリーズのスピーカーから会話相手に伝えることが可能だという。外国人との異言語コミュニケーションにおける最大のハードルを一気に下げる,まさに夢のデバイスと言えるだろう。
 ウリ文句どおりに機能するなら,位置情報ゲームを海外で,海外の仲間とプレイするときはもちろんのこと,それ以外でも大いに活躍してくれそうである。

日本語を含む40の言語に自動翻訳してくれるとのこと。「使える」ならこれは革命かもしれない
Pixel Pixel

Google Home Mini
Pixel
 なおGoogleは,「Google Home」を今週遅くに日本で発表することも予告し,新製品となる小型のGoogle Home端末となる「Google Home Mini」を世界市場に向けて発表している。Google Home Miniは「Coral」(コーラル,珊瑚)「Chalk」(チョーク,白墨)「Charcoal」(チャコール,木炭)の3色展開になるそうだ。
 北米市場では49ドル(税別)で,10月19日発売予定。発売予定地域には日本も入っているので,Google Homeとセットで登場することになる可能性もある。

Google Home Max
Pixel
 また,2-wayのスピーカーを2セット搭載して出力音質を追求した「Google Home Max」の12月発売もGoogleは予告している。ChalkとCharcoalの2色展開で,「YouTube Music」の広告フリー版12か月分が付属して価格は399ドル(税別)。Google Home Maxでは「Smart Sound」という技術により,室内の音響状況を計測し,スピーカー出力を調整でき,さらに時間によって音量を変えたりできるという。

Googleによる新製品発表(英語)

  • 関連タイトル:

    Pixel

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日