オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ゴッド・オブ・ウォー公式サイトへ
読者の評価
82
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ゴッド・オブ・ウォー」,北欧神話を解説する動画配信シリーズでモンスター「ドラウガー」が紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/09/28 13:50

ニュース

「ゴッド・オブ・ウォー」,北欧神話を解説する動画配信シリーズでモンスター「ドラウガー」が紹介

 Sony Interactive Entertainmentは,2018年中のリリースが予定されている人気アクションシリーズ最新作「ゴッド・オブ・ウォー」の公式動画配信「The Lost Pages of Norse Myth」にて,ゲームに登場するモンスター「ドラウガー」について解説した。


 2017年8月から月一で配信がされている「The Lost Pages of Norse Myth」は,ヨーロッパの伝承に造詣の深い小説家Jason Weiser(ジェイソン・ウェイサー)氏が進行役を務め,13世紀前半に記述された古典「スノッリのエッダ」の読み聞かせを中心に,北欧神話を解説していこうというものだ。今回はリードアニメーターのBruno Velazquez(ブルーノ・バラスケス)氏や,キャラクターアーティストのRaphael Grasseti(ラファエル・グラセッティ)氏が参加し,ドラウガーやトロールなどのクリーチャーについて語っている。

ゴッド・オブ・ウォー

 配信は全編が英語であり,日本人ゲーマーが聴くにはかなりハードルの高い内容だが,北欧神話におけるグール的な存在であるドラウガーは,戦闘の中で死んでしまったために,その魂がヴァルハラ(勇者たちの天国)に行くことができず,戦いを求めて徘徊を続けているというゾンビのような存在だという。そうした伝承を踏まえて,グラセッティ氏は「もはや自身の肉体の在り方に頓着しておらず,武器の一部と結合しつつあるような状態」のクリーチャーとして,「ゴッド・オブ・ウォー」では複数のパターンを用意していると語っている。それほど戦術的な戦いをしてくることはなく,プレイヤーを認知してくるとチャージしてくる,突進型のキャラクターになっているそうだ。


 今回公開されたアートワークのまとめ映像では,ガイコツ化してしまった馬(山羊かも?)のようなクリーチャーと人馬一体となったドラウガーなども用意されているのが分かる。今後,こうした「ゴッド・オブ・ウォー」に登場するクリーチャーや世界設定の情報は,さらに詳しく紹介されていくはずで,2018年中のリリースまでゆっくりと楽しんでいきたいところだ。

ゴッド・オブ・ウォー

「ゴッド・オブ・ウォー」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ゴッド・オブ・ウォー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月