オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/05/11 11:00

連載

「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」


 気になる作品が多すぎて,今期はなかなか視聴作品を絞りきれない。1日が50時間あればいいのにと,子供のようなことを夢想する今日この頃です。
 さて,第28回のタイトルは,「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」。漫画「BLACK LAGOON」の広江礼威氏が原作・キャラクター原案を担当し,「Fate/Zero」や「アルドノア・ゼロ」を手がけたあおきえい氏が監督を務めるオリジナルアニメーションだ。制作スタジオはTROYCA,音楽担当として「機動戦士ガンダムUC」や「進撃の巨人」の澤野弘之氏が参加しているのも話題となっている。


「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」


「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
 高校2年生の水篠颯太(CV:山下大輝)は,アニメやゲームが好きで,将来はクリエイターになるのが夢という普通の少年。ある日,自室でアニメ「精霊機想曲フォーゲルシュバリエ」を観ていた颯太の目の前に,画面の向こうに映っていたはずのアニメのキャラクター,セレジア・ユピティリア(CV:小松未可子)と,軍服の姫君と呼ばれる謎の少女(CV:豊崎愛生)が現れる。
 両者の戦いに巻き込まれた颯太は,2人を追うが,そこにPCゲーム「追憶のアヴァルケン」のキャラクターであるメテオラ・エスターライヒ(CV:水瀬いのり)が参戦。謎の少女の撤退で事なきを得た2人のキャラクターは,颯太の家に身を寄せることになる。

 自分達の物語を作った創造主=原作者に会いたいというセレジア達は,「精霊機想曲フォーゲルシュバリエ」の原作者,松原 崇(CV:小西克幸)とコンタクトを取る。松原と合流した颯太達だったが,そこへ突然アニメ「マジカルスレイヤー・まみか」の主人公,煌樹まみか(CV:村川梨衣)が現れた。悲しい物語を作る創造主達を許せないと怒るまみは,セレジアと戦うことになる。

「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
ごく普通の高校生の颯太。アニメやゲーム,コミックへの造詣が深い
「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
自分のことを知っている颯太に不信感を隠せないセレジア

「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
すっかり現実世界になじんでいるメテオラ
「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
松原とセレジアの口論はまるで親子喧嘩
 アニメやゲームといった創作物のキャラクターが,現実世界に出現するという,いわゆるメタフィクションものとなるのが本作だ。こうしたテーマは,過去にもさまざまな作品が取り上げているが,原作者の広江氏は本作の執筆にあたって「映画『ラストアクションヒーロー』をやりたかった」とインタビューで語っている。
 では,本作がそうした過去作品と異なる点はどこだろう? それは創作物の作者である“クリエイター”にスポットを当てている点ではないだろうか。第2話「平凡にして非凡な日常」で,セレジアが自分の生みの親である松原に,自分の設定に対してクレームを入れるシーンがある。自分を弱く設定しているというセレジアに,物語の都合があるので無敵にはできないと,松原が突っぱねるといった,なんとも珍妙なやり取りだ。
 このやり取りは,クリエイターがその創造物と一緒に行動する,本作のテーマを表しているように感じ取れた。その後,設定の変更で能力を改変できるかどうかの実験を試みるなど,クリエイターありきで話が進行しているのが面白い。

「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
出典のわからない謎のキャラクターである軍服の姫君。物語の鍵となるのか?


魔法少女の魔法攻撃もリアルに表現


 この荒唐無稽な作品をハイクオリティの作画とCGを駆使し,独特の世界観としてまとめているのが監督のあおきえい氏だ。あおき氏は「喰霊-零-」や「劇場版 空の境界」など,数々の話題作を世に送り出してきた人物。動きのあるアクションシーンはもちろん,作品の持つ世界観をしっかりと構築することに定評のあるあおき氏は,魔法少女やロボットが同時に存在する混沌とした世界を,違和感のないように作り上げている。
 例えば,第2話でセレジアと戦うまみかの魔法は,「ポコンポコン」と可愛らしい効果音とは裏腹に,ビルを破壊し,他人に重傷を負わせる強大な攻撃だった。これはリアルを基準に,アニメやゲームのキャラクターが存在したらどうなるかを分かりやすく表現していて,「現実に魔法があったらこうだよね」と納得させられるシーンだ。
 戦闘場所も代々木公園や池袋のサンシャインシティといった,比較的なじみのある名所がセレクトされ,よりリアルに感じられように配慮されているようだ。

「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
見た目はハートマークでも強大な威力の魔法攻撃
「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
CGを駆使したダイナミックな戦闘シーン


澤野弘之氏が手がけるテーマ曲


 本作のオープニングテーマは,澤野弘之氏が手掛けるボーカルプロジェクトSawanoHiroyuki[nZK]「gravityWall」。Tielle(チエル)とGemie(ジェミー)の2人の女性ボーカルが起用され,パワフルな楽曲を披露している。澤野氏は「アルドノア・ゼロ」でも劇伴音楽とテーマソングの両方を担当し,作品の世界観を作り上げるのに一役買っていた。
 その澤野氏の楽曲をまとめた「Re:CREATORS ORIGINAL SOUNDTRACK」が6月14日に発売される。価格は3500円+税。ブックレットには澤野氏へのインタビューが収録されているので,澤野ファンは見逃さないように。



「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
 現在第5話まで放送されているが,これまでに登場したキャラクターは,セレジアとメテオラ,まみかと漫画「閉鎖区underground-dark night-」のラスボスである弥勒寺優夜(CV:鈴村健一),ファンタジー漫画「緋色のアリステリア」の主人公であるアリステリア・フェブラリィ(CV:日笠陽子)と巨大ロボ・ギガスマキナのパイロット・鹿屋瑠偉(CV:雨宮 天)の6人だけ。公式サイトによると,あと2人が参戦するようだが,その能力はまだ未知数だ。
 彼らはなぜこの世界に召喚されたのか? どうやら軍服の姫君が物語の鍵となるようだが,その真意は今のところまったく不明。2クールという長丁場でこの謎は紐解かれていくわけだが,召喚されたキャラクターとそのクリエイター達がどのような物語を紡ぐのか,非常に興味深い。
 なお,広江氏の書き下ろし原作テキスト「レクリエイターズ ネイキッド」が,アニメの放送期間中,「サンデーうぇぶり」で毎日更新される。ここでしか語られない幕間のシーンなども登場するので,本編だけでなくそちらのチェックも忘れないようにしよう。

「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」 「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」 「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」
「そうだ アニメ,見よう」第28回は広江礼威氏とあおきえい氏がタッグを組んだ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」

「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」公式サイト


放映データ
2017年4月〜
全22話
キャスト
水篠颯太:山下大輝 セレジア・ユピティリア:小松未可子
メテオラ・エスターライヒ:水瀬いのり アリステリア・フェブラリィ:日笠陽子
煌樹まみか:村川梨衣 弥勒寺優夜:鈴村健一
鹿屋瑠偉:雨宮 天 築城院真鍳:坂本真綾
ブリッツ・トーカー:斧アツシ 軍服の姫君:豊崎愛生
松原 崇:小西克幸 まりね:金元寿子
中乃鐘昌明:杉崎 亮 高良田概:柳田淳一
八頭司遼:濱野大輝 駿河駿馬:寿美菜子
菊地原亜希:恒松あゆみ
スタッフ
原作・キャラクター原案:広江礼威
監督:あおきえい
副監督:加藤 誠
シリーズ構成:あおきえい・広江礼威
キャラクターデザイン:牧野竜一
総作画監督:牧野竜一・中井 準
メインアニメーター:松本昌子・山本 碧
メカニックデザイン:I-IV
エフェクトアニメーション:橋本敬史
美術監督:永吉幸樹
美術設定:佐藤正浩・藤瀬智康
色彩設計:篠原真理子
アートディレクション:有馬トモユキ・瀬島卓也
CGディレクター:ヨシダ.ミキ・井口光隆
ビジュアルエフェクト:津田涼介
撮影監督:加藤友宜
編集:右山章太
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:TROYCA
オープニングテーマ:SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle&Gemie「gravityWall」
エンディングテーマ:綾野ましろ「NEWLOOK」
著作権表記:(C)2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

■Blu-ray&DVD情報

Blu-ray&DVD"Re:CREATORS 1"
2017年6月21日(水)発売
完全生産限定版Blu-ray:¥6800+税 / ANZX-13351〜13352
完全生産限定版DVD:¥5800+税/ ANZB-13351〜13352

【収録話】
#01・#02

【完全生産限定版特典】
本編ディスク+特典ディスク 2枚組
原作・広江礼威 描き下ろしデジジャケット
音楽・澤野弘之 劇伴リアレンジCD
特製雑誌"Anitype"
・表紙はキャラクターデザイン・牧野竜一描き下ろし
・スタッフ・キャストインタビューをはじめ全40ページの大ボリューム

特典映像
・ノンクレジットオープニング "gravityWall"
・ノンクレジットエンディング "NEWLOOK"
PV&CM集
WEB予告
※本編ディスクは一部TVオンエアとは異なる"ディレクターズカット版"
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日