オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
信長の野望・創造 戦国立志伝公式サイトへ
  • コーエーテクモゲームス
  • 発売日:2016/03/24
  • 価格:パッケージ版:1万584円(税込),ダウンロード版:9155円(税込),TREASURE BOX:1万4904円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
36
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
一武将の人生が楽しめる「信長の野望・創造 戦国立志伝」。いまの流行りに乗って真田幸村……ではなく,信幸で武将プレイをした様子をお届けしよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/03/23 12:00

プレイレポート

一武将の人生が楽しめる「信長の野望・創造 戦国立志伝」。いまの流行りに乗って真田幸村……ではなく,信幸で武将プレイをした様子をお届けしよう

 2016年3月24日の発売予定の新作シミュレーションゲーム「信長の野望・創造 戦国立志伝」PC / PS4 / PS3 / PS Vita)。本作では,大名から家臣まで,さまざまな身分で戦国時代を生き抜く新要素「武将プレイ」や,自分の領地を育てる「箱庭内政」,そして本格的な攻城戦や海上戦が加わった「合戦」が楽しめる。
 また,年代の範囲が「大坂の陣」にまで拡大しているのも大きなトピックだろう。ちょうど今年の大河ドラマ「真田丸」で,日本全土から町までをシームレスに表現する本作のCGマップをベースとした地図が採用されるなど,いろいろと話題になっているだけに,嬉しい追加要素となっている。

 そこで,せっかくだし……と,本稿では「真田丸」で有名な真田幸村,ではなく,あまり晴れ舞台が与えられない,ちょっと不遇な兄・真田信幸を使った武将プレイをお届けしたい。信幸はどのような人生を送っていくのか,とくと御覧あれ。

信長の野望・創造 戦国立志伝


真田家の家臣「真田信幸」の大名を目指す戦いが今始まる!


 「信長の野望・創造 戦国立志伝」(以下,戦国立志伝)は,「信長の野望」シリーズ30周年作品である「信長の野望・創造」の系譜を継ぐ作品だ。見どころはなんといっても「武将プレイ」。勢力の主たる大名だけでなく,その家臣としての立場も体験できるのだ。

 今回は,真田幸村の兄にして真田昌幸の嫡男,真田信幸で1586年11月開始のシナリオ「九州征伐」をプレイしてみた。羽柴秀吉が関白となって豊臣姓を名乗り,徳川家と真田家の戦いが一時停戦となった時期からのスタートだ。信幸は真田の家臣の一人,くだいて言うと父・昌幸の部下であり,同じ立場の幸村と共に真田一族を盛り立てるため頑張っているという状況である。

「九州征伐」は,豊臣秀吉が関白となり,徳川家と真田家の戦いが一時停戦となったところからスタートする
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 ちなみに,難度に関してはシナリオ開始時に細かく設定できるので,腕前に合わせていろいろな条件を変更するといいだろう。光栄時代からお馴染みのAIの好戦度はもちろんのこと,戦で兵数が減ったときの回復速度や交戦時のダメージ量,籠城した時の「士気」の減少量についても敵味方それぞれに決められる。味方だけダメージを少なく,兵数の回復も早く,籠城してもなかなか士気が衰えない……というような設定や,その逆も可能だ。慣れないうちは,とにかく簡単にしておくというのも良いだろう。
 また,武将の寿命を無視したり,歴史イベントの有無を選んだりといったこともできる。中でも面白いのが「架空息子(姫)出生」「姫武将モード」の項目だ。前者をオンにすると史実にはいない息子や姫が誕生し,後者は姫も武将として扱われるようになる。敵味方に姫武将が入り乱れることもあるため,なかなか華やかだ。

信長の野望・創造 戦国立志伝
“難易度設定”はかなり細かいところまで設定できる
信長の野望・創造 戦国立志伝
ゲーム開始時には,おすすめシナリオと武将が提示されるため,日本史に詳しくない人も安心

信長の野望・創造 戦国立志伝
史実に存在する武将の編集や,新たな武将の作成も可能。能力値や成長タイプなど細かな設定が可能で,「全能力値が100の織田信長」も簡単にエディット可能だ
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝
武将の顔グラフィックを「のぶニャがの野望」や「采配のゆくえ」のものに切り替えられる

 さて,この時期の真田一族は北信濃国(現在の長野県)に上田城,上野国(現在の群馬県)に沼田城を持ち,北に上杉家,南に徳川家,東と西に北条家,及び前田家と面している。決して楽観していい状態ではなく,ここからどう動くかはなかなか難しい問題ではある……のだが,今はそんなことは考えなくていい。

 なぜなら,信幸は父・昌幸の家臣であり,すべての決定権は父が持っているからだ。もちろん,「大名」の地位にある武将でスタートすれば,このあたりの重責は,最初からすべて自分の肩に掛かってくるのだが……家臣である信幸には,まだまだ先の話。真田一族の方針を決めるのは父に任せ,いまは家臣として与えられた長久保の領地を繁栄させつつ,父の命令に従うことだけを考えていればいい。
 ちなみに家臣の地位では,「箱庭内政」による領地の経営ができ,合戦では主君の命令に従って出陣することになる。そんな中で手柄を立てて「勲功」を獲得し,出世を目指すのだ。
 見据える将来は,拠点を統治する「城代」,いくつもの拠点を切り回す「城主」,自分の軍団を指揮する「軍団長」と駆け上がって,一国の主たる「大名」になることだ。

信長の野望・創造 戦国立志伝
今回のプレイでは,長久保の領地を発展させることから始まる
信長の野望・創造 戦国立志伝
ゲーム開始時の領地はまだまだ寂しい状態

●地位について
家臣:最も下の地位。城下町の一角にある領地を統治,拡大する。
城代:拠点を統治するが,「出陣」や「築城」などの権限は与えられていない。
城主:武家の棟梁として複数の拠点を統治し,武家内に関する大体の権限を有する。大名にさまざまな案件も「提案」できる。機があれば独立して大名になれる。
軍団長:城主の権限に加え,他武家の拠点に関しても軍事的な指揮権を与えられている。敵拠点を攻略すると自分のものにできるほか,機があれば独立して大名になれる。
大名:勢力の長で,最高の地位。「外交」で他勢力とどう関わるかの方針を定め,「論功」で部下を取り立てるなど,何でも自分で決められる。



箱庭内政で領地を発展させる


 家臣が最初にやるべきは,城下町の一角にある領地を治める箱庭内政で,領地を発展させていくことだ。箱庭内政は,都市経営系のシミュレーションに趣が近い。
 領地はいくつもの区画に区切られているので,そこにさまざまな「施設」を建設していく。そうすれば「兵糧」「金銭」「木材」「鉄」といったリソースが沢山生み出され,戦に動員できる「兵数」も増えていくのだ。施設はリソースを生み出してくれる「生産施設」と,生産施設を補助してその効果を高める「特化施設」,兵数を増やす「軍事施設」の3系列が存在しており,バランスを取って建築するのが効果的だ。

領地はいくつもの区画に区切られており,それぞれの区画は「治水」「信仰」「娯楽」「武芸」「治安」「往来」の満足度を持つ
信長の野望・創造 戦国立志伝

 まず考えるべきは,それぞれの区画の特徴だろう。区画には「治水」「信仰」「娯楽」「武芸」「治安」「往来」というパラメータがあり,川に隣接していると治水が,道に隣接していると往来が高い……というように,地形に応じて特徴が異なっている。
 施設は「畑」なら治水と信仰,「商人町」なら娯楽と往来というように,生産施設の種類ごとに必要とされる満足度は異なっていて,要は,川に面したところには畑や水田,道が通っているところに商人町というように,地形に合わせた施設を建てると効果的ということだ。

施設には,金銭や兵糧を生み出す「生産施設」,そして隣り合った区画の治水や信仰,娯楽などの満足度を上昇させて生産施設を補助する「特化施設」,武芸の満足度や「練度」を増加させたり,編制できる備の種類を増やしたりする「軍事施設」の3系列が存在する。この「教会」は周囲の信仰を増やす特化施設だ
信長の野望・創造 戦国立志伝

 生産施設にうまく特化施設を組み合わせれば,「満足度」が上がり,生産施設のレベルがアップする。もちろん,レベルが高いほどリソースの産出量は上がるため,相乗効果を狙っていくのがポイントだ。
 例えばたたら場は治安と娯楽が高いと,より効率よくリソースを生み出してくれる。治安は「番所」,娯楽は「演舞場」を建てれば,満足度がアップするため,たたら場と隣接する区画に番所と演舞場をそれぞれ配置すればいい。さらに,この番所の隣に治安を求める武家町を建て,演舞場に隣接する区画に娯楽を求める商人町を建てるなど,一つの施設を二重三重に活かせる町作りをすると効果的だ。

施設の建設やさまざまな行動には「労力」が必要。労力は拠点の人口に応じて増えていく
信長の野望・創造 戦国立志伝

信長の野望・創造 戦国立志伝
自由にカメラを動かして拠点を眺められる。人々が行き交う様子など,見ているだけで楽しくなる
信長の野望・創造 戦国立志伝
道沿いの区画に,往来が高いと多くの金銭を生み出す「商人町」(画像の左側)を作り,隣の地区には往来を増やす「八幡宮」を建ててシナジー効果を狙う

 施設のレベルが上がると行き交う人々の数が増えるなど,グラフィックスにも反映されるため,自分の領地を眺めているだけでも楽しい。昔の「信長の野望」では脳内で妄想するしかなかった領地の反映を,自分の目で確かめられるというのは感慨深いものがある。カメラのズームインやズームアウトも可能で,さらに自由にアングルも変えられるため,ついつい街並みを眺めて時間が過ぎてしまう。

信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 そうして領地を治めていく内に,住民からの頼みごとや,自分が建てた施設にさまざまな武将達が訪れるといったミニイベント「御役目」が起こることもある。

マップ上に出現した顔アイコンが「御役目」。クリックするとその内容を確認できる。このように御役目の顔アイコンで一杯になることも
信長の野望・創造 戦国立志伝

 御役目の内容は「鹿狩りをしたいので兵を出してほしい」「この周辺に水田を作ってほしい」などさまざま。叶えることによって兵糧や金銭がもらえたり,「民忠(領地に住む民の忠誠度)」が上がったり,勲功が上がったりする。こうしたふれ合いによって領地への愛着が増していくあたりも,都市経営系シミュレーションのノリである。

 また,来訪した武将達に会うと「友好」がアップする。ときには「金を貸してくれ」と持ちかけられたりもするが,こうしたハプニングは友好を大きく上げるチャンスなのでケチケチせずに太っ腹でいきたいところだ。友好が高まると,仕事を手伝ってくれて本来よりも安い費用で施設が建設できたり,合戦の際に援軍として駆けつけてくれたりもするなどいいこと尽くめ。ここでは確認できなかったが,武将の娘との縁談が持ち上がることもあるという。「茶室」のように武将の来訪率が高くなる施設もあるので積極的に建設してこう。

信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝
御役目の多くは武将との会話イベントだが,ときには住民が施設建設の提案をしてきたり,商人が商売を持ちかけてきたりもする。中には金を借りにくる武将も
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

友好が高い武将は,合戦の際に援軍として駆けつけてくれることもある
信長の野望・創造 戦国立志伝

 また「商い」「砲術」「南蛮渡来」「馬術」など,さまざまな「概念」を「奨励」することもできる。概念の奨励には相当の金銭や木材,鉄が必要だが,例えば馬術や砲術を広めれば合戦の時に「騎馬」や「鉄砲」を編制できるようになるなど,メリットも大きいので,金銭をうまくやりくりし,積極的に新たな概念を取りいれていきたい。

「黄金茶室」は通常の茶室よりも武将が来訪しやすくなるが,建設するためには「茶の湯」の「概念」を「奨励」しておく必要がある
信長の野望・創造 戦国立志伝


ほかの家臣もまたライバル。幸村に負けてなるものか


 さて,こうした箱庭内政を行いながら,大名の父・昌幸から下される「主命」に従うのが家臣の地位にある信幸のお仕事だ。
 どの勢力と友好関係を結び,今度はどこの城を攻める……というような大方針は昌幸が決める。家臣の信幸は,昌幸が下す主命というお題とそれを達成するための任務を果たすため,金銭や兵糧,鉄を上納すればいい。つまり,任務とはRPGにおけるクエストのようなもの。「今度はこの城を攻めるので,兵糧をいくら持ってこい」「あそこの敵を襲撃して,戦力を削っておけ」など,さまざまな任務が出る。これを達成すれば勲功が上がり,いずれは地位も上がるという仕組みだ。

信長の野望・創造 戦国立志伝
家臣の地位では,大名や城主が示した方針に従わなければならない
信長の野望・創造 戦国立志伝
今回の主命は,城攻めなどに必要になる物資を大名に上納するというものだった

 昌幸が示した主命は,北条家が擁する箕輪城の攻略。そのために必要となる物資を上納したり,敵を襲撃したりといった一通りの任務が下された。
 実はこの主命,チュートリアルとしてうまくできている。本作の城攻めにはさまざまな下準備が必要だが,その過程をきちんと学べるようになっているのだ。単に兵の数を増やして闇雲に敵の城を攻めるのもいいが,それでは被害が大きくなるばかり。敵勢力も自分と同様に内政を行っているため,下手をすると無益な出兵を繰り返して損耗だけが大きくなるという,三国志における末期の蜀のようなことにもなりかねない。そうならないためには,あらかじめ敵の城の周囲にある拠点を叩いて援軍を出せなくしたり,戦で第三勢力となる国人衆に働きかけて味方につけたり……といった搦め手も重要になってくるわけだ。
 主命で下される任務の中には,そうした敵拠点の襲撃や国人衆の懐柔など,城攻めに必要な工作を任されるものもあるため,自然にゲームのセオリーが体得できる。なんというか,父の家業を手伝っているうちに仕事を覚えていた,といった感じで,武将の人生というものがリアルに体感できた気がする。

 また,任務を面白いものとしているのが,ほかの家臣達の存在だ。昌幸に仕えているのは信幸だけではない。弟の幸村をはじめ,河原綱家や金森左近といった家臣も任務を達成しての出世を狙っている。味方の中にライバルがいるというわけだ。任務はたくさんあるとは言え,誰かが達成してしまったものはもうそれまでなので,相手より少しでも先に,一つでも多くの任務を達成しようといった手柄争いとなる。
 ここで存在感を発揮するのが幸村だ。キザなセリフと共にいろいろな任務に手を出してくるため,彼の評価の高さも相まって「良くできた弟め!!」とジェラシーが燃え盛ってしまう。ついつい,領地に余裕がないのに兵糧や金銭を上納したりしてしまった。

ほかの家臣も,ライバルとして任務の達成を狙っている。それにしても幸村の存在感は凄い
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 ゲームの序盤からライバルと競うことになるのはプレイに緊張感を生み出しているし,他勢力と戦っているわけではないから,負けても自勢力がまずいことになったりはしない。気軽に競えるのは,さまざまな立場で遊べる武将プレイならではの面白さだと感じられた。


戦国の華「いざ合戦へ」


 幸村と任務による手柄争いをしているうち,昌幸が示した主命はすべて達成され,箕輪城攻略の準備は整った。さあ,戦いだ!……と,いきたいところだが,合戦に参加できるか否かも昌幸の胸の内次第。

信長の野望・創造 戦国立志伝

 さて,このときは幸運にも合戦に呼ばれたので,いそいそと戦場へと赴くことに。断ることも可能だが,手柄のチャンスをふいにすることになるので,普段から準備を整えておきたいところだ。ほとんどの戦いはもう昌幸らが終わらせており,箕輪城攻略のみの参加となった。家臣という立場なので,操作できるのは自分の部隊ひとつだけ。昌幸をはじめとしたほかの部隊は各々の判断で動いている。幸村はこちらを上回る兵数で参陣しており,やっぱりジェラシーが高まる。

合戦場でもカメラのズームインやズームアウトが可能
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 ちなみに部隊は,「弓」や「足軽」「騎馬」などいくつかの「備」の集合体となっている。どの備を出せるか,そしてRPGにおけるHPに相当する兵数は領地の発展度合いによって決まるため,決して内政をおろそかにしてはならないのだ。

部隊は,「自動編制」ボタンを使えば,自動で備を選んでくれる
信長の野望・創造 戦国立志伝

 合戦の操作自体はシンプルだ。家臣の地位だと自分の部隊を動かし,敵の部隊にぶつければいい。敵味方の距離に応じた攻撃が自動で行われてお互いに兵数を減らしていき,ゼロになった方の部隊が敗走する。基本的には兵数の多い方が有利な消耗戦だが,これを覆すのが「戦法」「戦術」である。戦法は武将それぞれが修得している必殺技のようなもので,一定時間味方を強化したり,敵に悪影響を与えたりする。
 部隊の攻撃力が大きく上昇するが防御力は下がる「六文銭」や,自部隊への妨害効果を無効化しつつ攻撃力を上げる「瓶割り」などがある。

武将それぞれが修得している「戦法」は味方を強化したり,敵を妨害したりする
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 戦術は状況に合わせて攻防を変化させるコマンドだ。弓や鉄砲の備がいると遠隔攻撃の「斉射」が,騎馬の備が含まれていれば「突撃」が効果的になる。敵が斉射を使ったときは「矢弾固め」,突撃に対しては「突破固め」を使ってダメージを減らすなど,敵の戦術に対抗する戦術も用意されている。戦術は使用したり,陣形を変えたりすると新たなものに切り替わるので,常にチェックを怠らないようにしたい。互いに戦術を駆使しての攻防はテンポが良く,うまく決まった時は叫びたくなってしまうほど爽快だ。

戦いはリアルタイムで展開するので見応えがある
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

適切な「戦術」を使えば,戦いを有利に運ぶことができる
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 肝心の戦だが,信幸はすべての兵を失って敗走。ただ,昌幸の部隊が善戦して箕輪城攻略自体は成功していた。敗走したのは悔しいが,真田一族としての目的は達せられたので良しとしたいところ。幸村も敗走していたのがせめてもの慰めだ。


城代から城主へ。広がる視野と権限


 その後も任務をこなし,合戦とあらば拒否することなく参陣してコツコツと勲功を稼いでいくと,ついに昌幸から「城代に任命したい」との打診が! 断って家臣の立場を続けることもできるだが,そうする理由もないので承諾すると,国峯城を任されることになった。

努力の甲斐あり,城代に任命したいという打診が
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

ついに城を任されることに
信長の野望・創造 戦国立志伝

 城代は拠点を統治するのが任務となる。軍勢の移動速度を上げるべく周囲の「街道」を整備したり,要所に「陣所」を築いて守りを固めたりするなど,仕事のスケールが大きくなってくる。金銭や兵糧の収入も家臣時代よりアップ,動員できる兵数も増えるなど,実にやりがいがある。
 ちなみに,出世しても領地の箱庭内政は可能だし,出世や敗戦などで居住地が変わっても領地の状態はそのまま引き継がれるので安心だ。

信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝
城代になると,要所に「陣所」を築いたり,「街道」を整備して軍団の移動速度を上げたり,拠点への人口増加を促すこともできる
信長の野望・創造 戦国立志伝
陣所には櫓や塀といった防衛施設が備え付けられており,戦いを有利にできる

 北条攻略自体は勝ったり負けたり,城を取ったり取られたりを繰り返して遅々として進まないものの,信幸自身は大名ではないので敗北には責任がない。気楽と言えば気楽な立場だが,どうも昌幸は能力不足なのではないかと思えてきた。ある時などは,目標としている敵拠点が手薄になっているにも関わらず,何の動きも見せなかったことも。「自分で出陣する権限があれば,勝利は間違いないのに……!」と歯がゆかったが,城代の立場ではどうにもならない。
 そう思っているところに伊達家や北条家,前田家などさまざまな勢力から盛んに寝返りを勧められるようになる。心が動きそうになったが……父親を裏切るというのはちょっと気が引けるのですべて断るのだった。

信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 それからも,しっかりと仕事をこなしていくと,今度は沼田城の城主に任命された。とんとん拍子の出世だ。
 城主ともなるとさらに権限は大きなものになる。勲功を上げると増加する「発言力」を消費して大名に「提案」することにより,家臣を自分の下に配属してもらったり,物資の融通を頼んだりすることもできるように。また,配下の武将で「家臣団」を編成,武力に優れた武将を「母衣衆」に任命して攻撃力と守備力を上昇させるなど,役職に就かせ戦力の底上げを図れるようにもなる

城主ともなると収入もアップし「家宝」も簡単に買える。家宝は配下の武将に与えて「忠誠」を上げられる
信長の野望・創造 戦国立志伝

 空白地に新しい城を「築城」したり,さまざまな「政策」を実施できたりするのも特徴だろう。とくに後者は奥深く,例えば「撰銭令」なら,商人から安く商品を買えるようになるが,外交収入が減少するなど,必ず利点と欠点が表裏一体となっている。また,武将と自分の姫を「縁組」させて忠誠心を上昇させたり,他勢力の武将に「内通」を仕掛けて寝返らせたりできるようにもなる。他者の運命を支配する力まで手に入れたというわけだ。

大名に「提案」し,家臣を自分の元に配属してもらったり,物資の融通を頼んだりすることもできるように
信長の野望・創造 戦国立志伝

信長の野望・創造 戦国立志伝
城代からは,拠点設備の管理も大切な仕事になる。「用地」の範囲内でさまざまな設備を設置していく。「真田丸」は真田家の武将のみが設置できる施設で,強力な効果がある
信長の野望・創造 戦国立志伝
真田丸を配置した城

「攻城戦」は部隊で城を包囲し,城の「士気」を減らしていく。攻め手も無限に時間を掛けられるわけではなく,時間が過ぎると「腰兵糧」が減少,ゼロになると兵士が逃亡し出すので,その前にカタをつけなければならない
信長の野望・創造 戦国立志伝

 収入もさらにアップし,商人が持ってくる茶道具や武具などの「家宝」も楽々と買えるように。また,城主からは自分の判断でいつでも「出陣」し,戦を始められる。
 これでもう,さっきのように手をこまねいて好機を見逃すようなことにはならないだろう。家臣時代に覚えたとおり,敵勢力の周囲の国人衆を手なずけ,拠点を襲撃して兵力を削り,着々と攻略の準備を整える。これまでは任務でやっていたのが,今からはすべて自分で判断できる。この手で真田一族は生まれ変わるのだ!


転落して知る,人の縁のありがたみ


 ……などと息巻いていたら,あっさりと沼田城が落とされてしまった。無理な出陣で疲弊したところに北条家からの逆襲を受けたのである。現実なら処刑されてもおかしくないような失態だが,家臣の地位に降格されるだけで済んだ。

信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 さすがに反省し,出世してからおろそかになっていた箱庭内政を行い,拠点のすべての地区でシナジー効果を考えて施設を建設するなど,とにかく地力を付けていくことにした。

 ここで嬉しい出来事があった。こまめに御役目をこなして友好を上げていたおかげで,施設を建設する際に親しい武将達が出現して助けてくれるようになったのだ。建設にかかる費用がかなり少なくて済むため,家臣の地位に転落して収入が激減した身としてはとてもありがたい。「人は城,人は石垣……」という武田信玄の格言が身に染みる。

友好の高い武将は内政を手伝ってくれることもある
信長の野望・創造 戦国立志伝

 それからは,幸村との手柄争いも一休みし,内政を優先して任務も無理のない範囲でこなすという領民優先のスタイルではあったが,再び城主に返り咲くことができた。

信幸の元に生まれた息子・吉實が,十数年の時を経て元服,武将となる
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

ゲーム開始時に姫武将のスイッチをONにしておくと,姫も武将として使えるように
信長の野望・創造 戦国立志伝

 さっそく昌幸に提案し,元服した息子・吉實,そしてライバルだった幸村を自分の配下に加えてもらう。幸村は「政治」こそ低いものの,「武勇」は100を越える強者。これまでの人生で,すべての能力が高まっている信幸の片腕として,まさに鬼に金棒となるはずだ。「一城の主になれるかと思ったら,信幸の寄騎とは……人の世は思うようにならぬ」とイヤミを言われはしたものの,兄弟2人で真田一族を盛り立てていこうじゃないか! ……というところで,今回のプレイはひとまず幕としたい。

信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

 というわけで,ここでの武将プレイを進めて思ったのは,「このゲームは戦いだけでなく,自分と武将が紡いだ歴史を楽しむものではないか」ということだ。いろいろなことがあった信幸の人生だが,振り返ってみると,浮き沈みがあったからこそ楽しいと思える。そうした意味において,人生の悲哀や機微を楽しむことのできる,本当の意味での「オトナ向け」ゲームではないだろうか。発売後は,思い入れのあると武将と共に,読者だけのifの歴史物語を楽しんでほしいところだ。

信長の野望・創造 戦国立志伝
3Dグラフィックスによるマップの表現力も高い
信長の野望・創造 戦国立志伝
寂しい領地も,発展させればこのとおり
信長の野望・創造 戦国立志伝
冬には雪が降り,領地も白く染まる

多数の勢力が入り乱れる戦いの様子を空中から眺めることもできる
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝
信長の野望・創造 戦国立志伝

「信長の野望・創造 戦国立志伝」公式サイト

  • 関連タイトル:

    信長の野望・創造 戦国立志伝

  • 関連タイトル:

    信長の野望・創造 戦国立志伝

  • 関連タイトル:

    信長の野望・創造 戦国立志伝

  • 関連タイトル:

    信長の野望・創造 戦国立志伝

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月