オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
“神話災害”に立ち向かうTRPG風リアル謎解き。「リアル冒険ゲーム 神話創世RPG アマデウス」先行体験会レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/02/04 16:10

イベント

“神話災害”に立ち向かうTRPG風リアル謎解き。「リアル冒険ゲーム 神話創世RPG アマデウス」先行体験会レポート

 2016年2月2日,東京・飯田橋のKADOKAWA富士見ビルにて,冒険企画局が主催するイベント「リアル冒険ゲーム 神話創世RPG アマデウス」の先行体験会が開催された。このイベントは,主催者側から出題されるさまざまな謎に対し,同じテーブルについた参加者が協力しながら挑んでいくという,いわゆる“リアル脱出ゲーム”風の参加型アトラクションだ。
 一般向けには,2016年2月20日と21日に開催される予定で,今回はいわばそのプレ公演のような立ち位置の開催となる。筆者も参加してきたので,本稿ではその模様を感想を交えながらレポートしてみたい。なお,当然だが肝となる“謎”の部分はお伝えすることができないので,そこはどうかご了承いただければ幸いだ。
 記事の後半にはテーブルトークRPG「神話創世RPG アマデウス」(以下,アマデウス)のデザイナーでもある河嶋陶一朗氏へのインタビューも掲載しているので,同作のファンはぜひご一読を。

KADOKAWA富士見ビル2Fホールで行われた本イベント。受付では,ヒライユキオ氏の可愛らしいイラストで描かれたクトゥルフがお出迎え
神話創世RPG アマデウス 神話創世RPG アマデウス

「神話創世RPG アマデウス」公式サイト



予言書の謎を解き,神話災害に立ち向かえ


神話創世RPG アマデウス
 イベントの模様を紹介する前に,まずはテーブルトークRPG版のアマデウスについて簡単に紹介しておこう。2015年12月19日に発売されたばかりの同作は,現代世界を舞台に,さまざまな神話に登場する神様の力を受け継いだ“アマデウス”達が活躍するというタイトルになっている。プレイヤーはギリシア神話や日本神話,果てはクトゥルフ神話といったさまざまな神話の中から“親”となる神様を選択し,その能力を使って超常的なトラブル“神話災害”に立ち向かうことになる。詳細については,先に行われた「富士見ドラゴンブック新作TRPG発表会」をレポートしたこちらの記事に詳しいので,興味のある人は合わせて参照してほしい。

 今回の“リアル冒険ゲーム”は,そのアマデウスの世界観をベースとした謎解きイベントになっており,用意された謎にも,そのエッセンスが散りばめられていた。まず,今回のイベントの背景として語られたのが,参加者達が直面する神話災害であり,プレイヤー達はこの解決を目指して謎に挑む,という仕組みである。

会場となったKADOKAWA富士見ビル 2Fホール。けっこう広い

 イベントは司会者によって本作のストーリーが語られるところからスタートした。今回の冒険ゲームの舞台となるのは,豪華客船の「ドラゴンブック号」。数百名の乗客が乗り合わせているこの船が,とある怪物の力により邪心の都「ルルイエ」そのものへと変化しつつあるという。神子となった参加者達は,この異常事態=神話災害を解決しなくてはならない。
 ただし,テーブルトークRPG版とは違い,新米の神子であるイベントの参加者達は,神の力を自由に操ることができない。そのため事件を解決するには,神々が残した予言を解読する必要が生じる。具体的には,プレイヤー達に最初に配られた数枚の「予言書」に従い,また会場のあちこちに掲示された文言と組み合わせることで,この豪華客船を救う「予言」を完成させるのが,ゲームの目的であることが提示された。

ルルイエと化しつつある豪華客船「ドラゴンブック号」。会場のあちこちには,プレイヤーそれぞれが担当する神様の色に応じた祭壇が用意されていた。解き終えた予言書をこの祭壇に届けることで,新たな予言書を獲得できる
神話創世RPG アマデウス 神話創世RPG アマデウス

ちなみに青の祭壇の中では,なんと河嶋陶一朗氏自らが謎の答え合わせを行ってくれた

 世界観はテーブルトークRPG版のアマデウスがベースになってはいるものの,上記のとおり謎解きそのものに原作を理解している必要はなく,極論すればまったく知らなくてもゲームの進行には支障がない。ただ,予言書などにはアマデウスに登場する神々のイラストが散りばめられていたりなど,原作を知っていればクスりとできる要素もあるので,ファンならより楽しめるというのも確かだろう。

 また参加者は5〜6名で1グループを作り,一つのテーブルを囲みながら進んでいくので,テーブルトークRPGのコンベンション的な雰囲気もある。先行体験会の場合は制限時間が80分に設定されていて長いように思えるかもしれないが,提示される謎はかなり歯ごたえがあり,実際に体験してみるとあっという間だったというのが正直なところ。協力プレイの醍醐味を味わえるので,仲の良い友達を誘って,あるいは現地で即席のグループを作って,参加してみたらどうだろう。

プレイ中の会場の様子。チームごとにテーブルが用意され,参加者達はテーブルを囲んで謎に取り組んでいた

 ちなみに筆者が参加したグループはというと,残念ながら最後までクリアすることはできなかった。最後に主催者側から謎の種明かしがあり,その後にクリアに至ったグループが発表されたのが,今回の参加7チームのうち4チームはクリア失敗となったようである。謎解きゲームの経験者が多かった先行体験会でこれなのだから,その難度は推して知るべし。2月20日と21日に行われる本公演に参加する人には,ぜひ気を引き締めて挑んでもらえたら幸いだ。


アマデウスファンに喜んでもらえるリアル冒険ゲームを――河嶋陶一朗氏インタビュー


 今回の先行体験会後に収録した,冒険企画局の河嶋陶一朗氏のインタビューをお届けして本稿の締めくくりとしよう。同氏は今回のリアル冒険ゲームの企画者の一人であり,またテーブルトークRPG版アマデウスのゲームデザイナーでもある。

4Gamer:
 先行体験会が無事終了した今回のリアル冒険ゲームですが,今の手ごたえはいかがでしょうか。

冒険企画局 河嶋陶一朗氏
河嶋陶一朗氏(以下,河嶋氏):
 正直,先行体験会をやって良かったと思っています(苦笑)。意外と難しかったみたいで,本公演ではより皆さんの楽しめる形にできればと。

4Gamer:
 今回の先行体験会を踏まえて,本公演では難度調整が入ることもありえるのでしょうか。

河嶋氏:
 ありますね。ただ,単純に簡単にするというより,より納得のいくような形にするという方向です。もちろんテストプレイは冒険企画局の内部でも行ったのですが,その時はこうした謎解きイベントの上級者グループが,ものすごく速いスピードで謎を解いてしまいました。その結果を見て調整したのですが,ちょっと問題を増やしすぎちゃったかもしれません。

4Gamer:
 この手の謎解きは,難度の設定がポイントですよね。上級者に合わせるべきなのか,あるいは初心者に合わせるべきなのか。

河嶋氏:
 正直,かなり難しいですね。ただ,難度だけでなく,原作のアマデウスファンが楽しめるような要素を増やしたり,体験型イベントとしてのリッチさ,といった部分にもまだ手を入れようと思っていますので,ご期待ください。

4Gamer:
 原作ファン向け,あるいは謎解きゲーム好き向けの仕掛けが用意されるということでしょうか。それは楽しみですね。ところで,テーブルトークRPGのアマデウスについて,なにか教えていただける情報はありますか。今後の展開についてですとか。

河嶋氏:
 サプリメントやリプレイといった,従来どおりの展開はもちろん続きますが,iOSアプリ「アマデウスツールキット」のアップデートを近々予定しています(※2月3日に配信済)。プレイヤーの皆さんの声を反映し,追加ボイスを収録したり,ダイスロールの後に,表を参照するところまでアプリ内で完結するようになったりと,かなり使いやすくなります。

4Gamer:
 ああ,それはプレイヤーにとってありがたいですね。

河嶋氏:
 あと,セッションの中で神様の存在感を演出できるよう,ゲームマスター用の「ボイスリストモード」というのが追加されます。アマデウスには,ダイスの出目に応じて神様がセリフをしゃべるというのがあるんですが,これを使えばそのセリフを声優さんが読み上げてくれます。それから,特殊な必殺技を撃つ時などは必殺技ボイスを再生できたりと,いろいろ工夫できるようになっていますよ。

アプリの実演をする河嶋氏。「ファンブル表」や「休憩表」を参照したダイスロールが可能になる
神話創世RPG アマデウス 神話創世RPG アマデウス

神様のイラストをタップすると必殺技ボイスを選択できる。セッションの雰囲気作りにもってこいの機能だ
神話創世RPG アマデウス

4Gamer:
 このアプリや今回のリアル冒険ゲームもそうですが,アマデウスではこれまでにない試みを精力的に展開しているのが特徴的ですね。

河嶋氏:
 ええ。自分が地方出身ということで,イベントなんかで盛り上がっているのは都会の方ばかり,という状況をうらやましく感じていた過去があるんです(笑)。今はインターネットを通じてプレイヤーの皆さんの声を直接聞くことができますし,テストデータの配布も気軽にできる。そういったものを反映しながら,コンテンツを育てて行けたらと思っています。無料の体験版もあるので,ぜひ遊んでみてください。もし,地方でイベントやって欲しいなどの声があれば,それも教えていただけると嬉しいです!

4Gamer:
 最後にファンに向けたメッセージをいただけますか。

河嶋氏:
 今回のリアル冒険ゲームの制作にあたって色々と悩んだのですが,アマデウスファンの人達に喜んでもらえるものが一番だと考え,そうした要素をたくさん盛り込みました。一般的な体験型謎解きイベントに慣れていない人でも楽しめるよう調整を重ねていきたいと思っているので,本公演にぜひ,遊びに来てください。

4Gamer:
 本日はありがとうございました。



 「リアル冒険ゲーム 神話創世RPG アマデウス」の本公演は,先にもお伝えしたとおり2月20日と21日に開催される。参加の申込などの詳細な情報は,本作の公式サイトにてまもなく告知されるとのことなので,ファンは見逃さないようにチェックしておこう。

会場外にはテーブルトークRPG版のルールブックと,1月20日に発売された新作リプレイ「アマデウスリプレイ 神候補たちと冥王の剣(1)」が展示されていた。2月のiOSアプリアップデートに続き,3月にはサプリメントの発売もあるそうなので,こちらも要チェックだ
神話創世RPG アマデウス

「神話創世RPG アマデウス」公式サイト

  • 関連タイトル:

    神話創世RPG アマデウス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ