オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[CES 2017]ASUS,新型スマホ「ZenFone AR」を2017年第2四半期に発売。VR の「Daydream」とARの「Tango」に両対応
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/01/05 16:45

イベント

[CES 2017]ASUS,新型スマホ「ZenFone AR」を2017年第2四半期に発売。VR の「Daydream」とARの「Tango」に両対応

ASUS会長のJohnny Shih氏が誇らしげに披露したZenFone AR
Zen
 北米時間2017年1月4日,ASUSTeK Computer(以下,ASUS)は,GoogleのVR(仮想現実)プラットフォーム「Daydream」とAR(拡張現実)プラットフォーム「Tango」に対応する新型Androidスマートフォン「ZenFone AR」(型番:ZS571)を2017年第2四半期に世界市場で発売すると発表した。DaydreamとTangoの両プラットフォームに対応するスマートフォンは,おそらく世界初の製品になると思われる。
 5.7インチサイズで解像度1440×2560ドットの有機ELディスプレイパネルと,Qualcomm製のハイエンドSoC「Snapdragon 821」を採用するのも特徴だ。

ZenFone AR
Zen

ZenFone ARの主な仕様。メインメモリ容量は8GBと,PC並みだ
Zen

 背面に装備した3つのカメラと内蔵センサーを組み合わせた「TriCam System」により,周囲の空間認識や物体との距離計測,モーショントラッキングを行うのがZenFone ARのポイントである。

背面に3つのカメラを搭載し(左),内蔵センサーと組み合わせてモーショントラッキングや距離計測を行える
Zen Zen

 GoogleのTangoに対応するスマートフォンとしては,Lenovoの「PHAB2 Pro」に続く製品で,Tangoの開発チームの協力により開発されたとのこと。ステージにもTangoチームのスタッフが登壇し,Tango対応ARゲームのデモを披露するなど,協力関係の成果であることをアピールしていた。

Tango対応のARゲームもプレイ可能。といっても今はまだ数が少なく,向こう3か月以内に35タイトルの対応アプリが登場予定とのことだった
Zen

Tango対応ARゲームのデモ。カメラで捉えたステージを盤面に見立てて,ミニ四駆のコースのようなものを設置して,おもちゃの車を走らせるというゲームだった
Zen

 Androidスマートフォンとしてのスペックも充実しているので,かなり高めの価格になるのは確実だろうが,ある意味では最新の仕様を全部入りにした製品だけに,興味をそそられる人は少なくないのではなかろうか。国内での販売に期待したい。

 またASUSは同時に,背面に広角レンズと光学2.3倍のズームレンズの2つを備えたカメラ機能重視のスマートフォン「ZenFone 3 Zoom」も同時に発表している。フロントを含めると3つのレンズを持つカメラだ。搭載SoCは「Snapdragon 625」で,5.5インチサイズの有機ELディスプレイパネル(※解像度は未公開)を採用している。
 5000mAhという容量の大きなバッテリーを内蔵しながら,厚さは約7.99mm,重さ約170gに収めているのもポイントといえよう。
 世界市場での発売は,2017年2月の予定だ。

ZenFone 3 Zoom
Zen

カメラ関連の主な仕様。ズームレンズは光学2.3倍で,デジタルズームと組み合わせて12倍相当のズームが可能としている
Zen

5000mAhのバッテリーを内蔵しつつ,8mm弱の厚さに収めているのは評価できる(左)。待ち受け時間は最大42日間にも達するとのこと。右写真はZenFone 3 Zoomの主な仕様
Zen Zen

ASUSTeK ComputerのCES 2017特設Webページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Zen

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日