オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMD,Vega世代のGPUを統合した「Ryzen PRO」APUを発表。ゲーム性能の高さも謳う
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/05/16 00:00

ニュース

AMD,Vega世代のGPUを統合した「Ryzen PRO」APUを発表。ゲーム性能の高さも謳う

Ryzen
 北米時間2018年5月14日,AMDは,ビジネスPC向けプロセッサ「Ryzen PRO」初のAPU製品を発表した。ラインナップはデスクトップPC向けの「Ryzen PRO desktop processors with Radeon Vega Graphics」(以下,Ryzen PRO desktop APU)が4製品と,ノートPC向けの「Ryzen PRO mobile processors with Radeon Vega Graphics」(以下,Ryzen PRO mobile APU)が3製品。計7製品の主なスペックは表1,2のとおりとなる。

表1 Ryzen PRO desktop APUの主なスペック
Ryzen 5 PRO 2400G with Vega 11 Graphics Ryzen 5 PRO 2400GE with Vega 11 Graphics Ryzen 3 PRO 2200G with Vega 8 Graphics Ryzen 3 PRO 2200GE with Vega 8 Graphics
製造
プロセス
14nm 14nm 14nm 14nm
コア数,
スレッド数
4C8T 4C8T 4C4T 4C4T
ベースクロック 3.6GHz 3.2GHz 3.5GHz 3.2GHz
ブースト最大クロック 3.9GHz 3.8GHz 3.7GHz 3.6GHz
L2+L3キャッシュ容量 6MB 6MB 6MB 6MB
Compute Unit数 11 11 8 8
GPU最大クロック 1250MHz 1250MHz 1100MHz 1100MHz
TDP 65W 35W 65W 35W

表2 Ryzen PRO mobile APUの主なスペック
Ryzen 7 PRO 2700U with Vega 10 Graphics Ryzen 5 PRO 2500U with Vega 8 Graphics Ryzen 3 PRO 2300U with Vega 6 Graphics
製造
プロセス
14nm 14nm 14nm
コア数,
スレッド数
4C8T 4C8T 4C4T
ベースクロック 2.2GHz 2.0GHz 2.0GHz
ブースト最大クロック 3.8GHz 3.6GHz 3.4GHz
L2+L3キャッシュ容量 6MB 6MB 6MB
Compute Unit数 10 8 6
GPU最大クロック 1300MHz 1100MHz 1100MHz
cTDP 15W 15W 15W

 今回発表となったRyzen PRO desktop APUとRyzen PRO mobile APUはいずれも,開発コードネーム「Raven Ridge」と呼ばれていたAPUをベースに,ハードウェアベースのセキュリティ機能「GuardMI」を統合した製品だ。AMDによると,新世代ビジネスAPUを搭載するPCは,DellとHP,Lenovoから登場予定とのことである。

Lenovoは超小型デスクトップPC「ThinkCentre M715q Tiny」の新モデルでRyzen PRO desktop APUを採用(左)。Dellはビジネス向けノートPC「Latitude 5495F」でRyzen PRO mobile APUを採用している(右)
Ryzen Ryzen

 AMDの示した資料によると,Ryzen PRO desktop APUの場合,Ryzen PRO 55は「Core i5-8400」に対して画像編集ソフトで最大37%,レイトレーシングソフトウェアによる3Dレンダリングで最大54%,3D CADソフトを想定したベンチマークでは最大180%(※2.8倍)高いスコアを記録したそうだ。Ryzen PRO 3も「Core i3-8100」に対して順に最大24%,36%,100%高いスコアを記録したという。

Ryzen PRO desktop APUとCoffee Lake世代のデスクトップPC向けCPUとで性能をベンチマークスコアを比較したスライド。GPUアクセラレーションの有効なところでスコア差を広げているのが分かる
Ryzen

 同様にRyzen PRO mobile APUの場合,Ryzen PRO 7は「Core i7-8550U」に対して画像編集ソフトで最大6%,レイトレーシングソフトウェアによる3Dレンダリングで最大22%,3D CADソフトを想定したベンチマークでは最大170%(※2.7倍)高いスコアを記録したそうだ。Ryzen PRO 5も「Core i5-8250U」に対して順に最大12%,6%,55%高いスコアを記録したとのことである。

Ryzen PRO mobile APUはCoffee Lake世代の競合CPUを圧倒するというスライド。GPUアクセラレーションの有効なテストでスコア差を広げているのが分かる
Ryzen

こちらは,IntelのビジネスPC向けセキュリティおよび管理機能「Intel vPro Technology」対応のノートPC向けCPUとの性能比較グラフ。古いベンチマークソフトである「3DMark 11」での比較だが,競合に対して76〜85%程度の性能差を付けている
Ryzen

「秘密ですけど,ゲームも動くんですよ」というスライド
Ryzen
 ちょっと面白いのは,AMDが今回のRyzen PRO APUで「ゲームもできますよ」というアピールをしているところだ。「Coffee Lake世代のノートPC向けCPUにエントリー〜ミドルクラスのノートPC向けGeForceを組み合わせるよりも,Ryzen PRO mobile APU単独のほうが高性能である」という,デスクトップPC向けPinnacle Ridge発表時のアピールとほぼ同じ謳い文句を繰り返していたりする。仕事に疲れたらゲームでもどうぞ,といったところか。

3DMarkの「Time Spy」による性能比較。Ryzen 7 PRO 2700Uは,Core i7-8550Uに「GeForce GTX 950M」を組み合わせた環境と同等以上のスコアを記録するとのことだ
Ryzen

こちらは実際のゲームにおけるフレームレートを比較したグラフ。Ryzen PRO 2500UとCore i7-8550U+「GeForce 940MX」の環境を比較したもので,いずれも競合を上回るとしている。ただ,「Dota 2」はともかく,「Overwatch」と「Rocket League」は,Ryzen PRO側も快適と言えるほどのスコアではないように思う
Ryzen

 Ryzen PRO APUを搭載するビジネス向けPCが日本でも出てくるか否かは何とも言えないが,「ゲームも動いてしまうビジネス向けプロセッサ」というのは,存外にニーズがあるのではないかという気がしている。今後の展開に期待したい。

Ryzen

AMDによる当該プレスリリース(英語)

  • 関連タイトル:

    Ryzen

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月13日〜08月14日