オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMD,次世代マイクロアーキテクチャ「Zen」の技術概要を明らかに。デスクトップCPU「Summit Ridge」は「Broadwell-Eと戦える」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/18 22:00

ニュース

AMD,次世代マイクロアーキテクチャ「Zen」の技術概要を明らかに。デスクトップCPU「Summit Ridge」は「Broadwell-Eと戦える」

北米時間8月17日に行われたイベントで,Zenについて説明するLisa Su氏(CEO, AMD)
Ryzen
 2016年8月18日22:00,AMDは,新世代のCPUマイクロアーキテクチャである「Zen」について,一歩踏み込んだ技術概要を明らかにした。
 Zenマイクロアーキテクチャを採用する最初のデスクトップPC向けCPU「Summit Ridge」(サミットリッジ,開発コードネーム)が,8コア16スレッド対応でAM4プラットフォームに対応し,2016年後半には出荷が始まるといった情報はすでに明らかになっているが,本稿では,そんなSummit Ridgeを中心に,今回判明した情報をまとめてみたいと思う。

Zenを採用するデスクトップPC向けCPUのSummit Ridgeの概要。8コア16スレッド,AM4プラットフォーム対応といった情報自体は,2016年6月に公開済みの情報である
Ryzen

 AMDは以前から,既存のCPUコアである「Excavator」コアと比べて,Zen世代のCPUコアではIPC(Instructions Per Clock,クロックあたりの命令実行数)が40%向上していると説明してきた。今回明らかになったのは,性能向上のために何を改良したのかといった具体的なポイントである。
 AMDによると,Zen世代のCPUコアでは,ZenのCPUコアには冒頭でも触れたとおり,分岐予測システムの強化や,内部処理用のμOPS(マイクロ命令)を保持するキャッシュの効率化,命令スケジューラの拡張といった改良を加えているという。

ZenマイクロアーキテクチャにおけるCPUコアの改良点
Ryzen

 また,スループットを高めるために,プリフェッチの大幅な強化やキャッシュシステムの改良を行い,さらに,容量8MBの共有L3キャッシュ採用も果たしている。

Zenマイクロアーキテクチャにおけるキャッシュ関連の改良点
Ryzen

 そのほか,既出の内容ではあるが,Intel製CPUではPentium 4時代の後期から採用されていた同時マルチスレッディング(SMT)の採用や,14nm FinFETプロセスによる消費電力当たりの動作クロック向上も,Zenマイクロアーキテクチャでの改良点として,今回,あらためて挙げられている。

1基のCPUコアで2つのスレッドを同時実行するSMTを,ついにAMDも導入した
Ryzen

14nm FinFETプロセスでの製造によって,同じ消費電力で比較したときに,従来よりも高い動作クロックを実現できるという
Ryzen

 ちなみにAMDは,Zenの後継となる「Zen+」マイクロアーキテクチャで,さらなるIPCの向上が可能であることも予告している。さすがに,それ以上の説明はなかったが,Bulldozerと比べてIPCを引き上げやすいマイクロアーキテクチャだと,AMDは言外に臭わせているのかもしれない。


32コア64スレッド対応のサーバー向けシステム「Naples」も披露


 AMDのプレスリリースによると,同社はイベントで,Summit Ridgeベースのシステムによるいくつかのデモを披露したようだ。
 その1つは,3GHz動作のSummit Ridgeと,Broadwell-E世代の「Core i7-6900K」による性能比較で,結果までは伝えられていないのだが,8コア16スレッド対応CPU同士の比較で,Summit Ridgeが「勝負になる」性能を示したことは,想像に難くない

現地では,8コア16スレッドのSummit Ridgeと,同じく8コア16スレッドのBroadwell-E(=Core i7-6900K)での性能比較が披露されたようである
Ryzen

Naples搭載システムを撮影する各国のジャーナリスト
Ryzen
 そのほかにも,「Deus Ex: Mankind Divided」による4K解像度でのゲームのデモや,Summit Ridgeと「Radeon RX 480」によるシステムで,VR HMDの「Rift」を使用するデモもAMDは披露したという。
 また,AMDはもう1つ,Zenベースのサーバーシステム向けSoC「Naples」(ナポリの英語表記)も披露したとのこと。Naplesは32コア64スレッド対応のSoCで,Zenにはサーバー分野での巻き返しも期待しているようだ。

サーバーシステム向けSoCであるNaplesは,32コア64スレッド対応のSoCとなる
Ryzen

 なおAMDは,北米時間8月21日から23日にかけて行われる半導体関連イベント「Hot Chips 28」にて,さらなる詳細を公表すると予告している。CPUコアやキャッシュシステムの細かい部分は,ここで明らかにされるのかもしれない。
 Intelの最上位クラスCPUと戦える性能を持つというAMD製CPUの登場は,実に久しぶりのことだ。2016年後半というSummit Ridgeの登場が,俄然楽しみになってきた。

ZenはデスクトップPCやサーバーだけでなく,ノートPCや組み込み向けもカバーするというスライド
Ryzen

AMD 公式Webサイト(英語)

  • 関連タイトル:

    Ryzen

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月