オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ストリートファイターV公式サイトへ
  • カプコン
  • カプコン
  • 発売日:2016/02/18
  • 価格:パッケージ版:7990円(税別)
    ダウンロード版:2990円(税込)
    HOT!パッケージ:8990円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
36
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
77
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
TGS 2016に世界の強豪が集結。「ストV」CAPCOM Pro Tourプレミア大会「JAPAN CUP」フォトレポート。優勝・GamerBee選手のミニインタビューも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/09/28 00:00

イベント

TGS 2016に世界の強豪が集結。「ストV」CAPCOM Pro Tourプレミア大会「JAPAN CUP」フォトレポート。優勝・GamerBee選手のミニインタビューも

 2016年9月18日,Capcom Pro Tourのプレミア大会「CAPCOM Pro Tour 2016:JAPAN CUP」(以下,JAPAN CUP)が,東京ゲームショウ2016のTwitchブースにて開催された。

ストリートファイターV

 世界各地で開催される「ストリートファイターV」PC / PS4)(以下,ストV)を競技種目とした大会で入賞し,ポイントでランキングを競うCapcom Pro Tour。そして,年末に行われる「Capcom Cup Finals」へと続く予選大会の一つが,このJAPAN CUPである。
 さらに本大会は,優勝すればそれだけでCapcom Cup Finalsへの出場が決定するプレミア大会に位置づけられていることから,世界各国から名うてのプロ選手達が集結。また日本におけるプレミア大会はこの一つだけということもあり,海外大会には参加できない日本の強豪プレイヤー達も数多くエントリーする,ハイレベルなトーナメントとなった。

 なお,本大会は前日9月17日から行われていたのだが,本稿では18日にスタートしたベスト64以降の模様をフォトレポートでお伝えする。また記事末には優勝者へのミニインタビューも掲載しているので,こちらもお楽しみに。


「CAPCOM Pro Tour 2016:JAPAN CUP」公式サイト

「ストリートファイターV」公式サイト



強豪同士がぶつかり合う,ハイレベルな世界大会


北米のケン使い三銃士と呼ばれる(写真左から)Brentt選手,ChrisT選手,Julio選手。安定した実力でベスト64入りを達成した
ストリートファイターV

ベスト64以降は,至る所で強豪同士が激突。写真はえいた選手(左)vs.MOV選手(右)による同門対決。この戦いはMOV選手が勝利
ストリートファイターV

DetonatioN Gaming所属プロゲーマー・立川選手(左)と,中国地方の強豪ネカリ使い・ひかりん選手(右)。共に若手同士の対決となったが,勝利したのはひかりん選手
ストリートファイターV

ALIENWARE所属のネモ選手(左)とTOPANGAのマゴ選手(右)がLoser'sで早くも鉢合わせ。ここはマゴ選手が勝利した
ストリートファイターV

TOPANGA代表の豊田氏もプレイヤーとして参戦。見事ベスト64入りするなど,プレイヤーとしての底力を見せていた
ストリートファイターV

スパIIXの強豪でありながら,ストVでも気を吐くさそり選手。古くからのスパIIX勢にストVをレクチャーするなど,本作の普及にも一役買っている
ストリートファイターV

YOUDEAL所属のハイタニ選手もLoser'sからベスト64入りを達成した
ストリートファイターV

予選でハイタニ選手を破り,Winner'sでベスト64入りした若手ファン使い・刑事N選手
ストリートファイターV

素晴らしい粘り強さで会場を沸かせた女性プレイヤー,はるミー選手
ストリートファイターV

台湾を代表するトッププレイヤー・GamerBee選手(左)と,日本最強クラスの春麗使い・GO1選手(右)がWinner'sで激突。GamerBee選手が勝利した
ストリートファイターV
ストリートファイターV

2016年8月に行われたTOPANGAチャリティカップでの活躍が記憶に新しい,ラシード使いのガチくん選手(左)とRed Bullアスリートのボンちゃん選手(右)のLoser'sでの対決。勝ったのはガチくん選手だった
ストリートファイターV

ゲーミングチーム・Hailmery所属のどぐら選手(左)と,Secret所属のPoongko選手の対決は,Poongko選手の勝利
ストリートファイターV

解説役として参加したEvil Geniusesのプロゲーマー・ももち氏(右)。左は実況のアール氏
ストリートファイターV

ここ最近の活躍が目覚ましいゲーミングシェアハウス,とき○荘の住人にしてYOUDEAL所属のプロゲーマーでもあるゆかどん選手。後ろには,同じくとき○荘のMOV選手とベゲタミン選手の姿が
ストリートファイターV

GamerBee選手と,HORI所属プロゲーマー・sako選手(右)の対決は,GamerBee選手の勝利。sako選手はLoser'sへ
ストリートファイターV

ゲーミングチーム・Hailmeryの同門対決は,どぐら選手を下したえいた選手(左)の勝利
ストリートファイターV

マゴ選手と対峙する実力派プレイヤー,トンピー選手(左)。最終ラウンド,マゴ選手はゲージがない状況で残り数ドットの体力まで追い詰められるも,そこから怒濤の攻めを開始。この日のベストバウトといって過言ではない大逆転で勝利を手にした
ストリートファイターV
ストリートファイターV

GO1選手とガチくん選手による,Loser'sベスト8を賭けた戦いは,的確な春麗対策を見せたガチくん選手の勝利となった
ストリートファイターV

ベスト64からベスト8までのトーナメント表。「こちら」でも確認できる
ストリートファイターV
ストリートファイターV


“魅せる”試合が続出したベスト8トーナメント


ベスト8からの解説は,ハメコ。氏が担当。ここからは3試合先取によって決着が付けられる
ストリートファイターV

Winner'sセミファイナル第1試合は,GamerBee選手とMOV選手の組み合わせ
ストリートファイターV
ストリートファイターV
ストリートファイターV

絶妙なタイミングの置き技をヒットさせ,試合の流れを握ったのは,ネカリを駆るGamerBee選手。これには観戦していたファイナリスト達も驚きの表情を見せていた。敗退したMOV選手はLoser'sへと回った
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Loser's1回戦第1試合に登場したのは,えいた選手とプレイスタイルが似ているとされる若手ケン使い・りんた選手。ガチくん選手との接戦を制し,Losre'sブラケットを勝ち上がる
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Winner'sセミファイナル第2試合は,GODSGARDENプロのかずのこ選手(左)と韓国・Poongko選手によるキャミィ同キャラ対決。ここはかずのこ選手の投げスカリに,神懸かった反応速度でクリティカルアーツを差し込んだPoongko選手の勝利となった
ストリートファイターV
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Loser's1回戦第2試合では,えいた選手とマゴ選手が激突。マゴ選手がえいた選手を下し,えいた選手はここで敗退が確定した
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Loser's2回戦第1試合のMOV選手とりんた選手の対決。対ケン戦に慣れていると思われるMOV選手だったが,りんた選手はなんとこれを撃破するという大活躍をみせた
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Loser's2回戦第2試合では,かずのこ選手とマゴ選手が激突。切り返しのEX烈殲破を的確にガードしての反撃など,かずのこ選手が終始ペースを握り,勝利を収めた
ストリートファイターV
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Winner'sファイナル・GamerBee選手とPoongko選手の対決。互角の戦いから2-2のシーソーゲームとなるも,最終戦でPoongko選手が投げ誘いからの打撃を入れ損ねる痛恨のミス。GamerBee選手が辛くも勝利した
ストリートファイターV
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Loser's3回戦,りんた選手とかずのこ選手の対決は,キャミィの要となるキャノンストライク絡みの読み合いをかずのこ選手が制して3-1で勝利。かずのこ選手はLoser'sファイナルへ
ストリートファイターV
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Winner'sセミファイナルの再現となったLoser'sファイナル――Poongko選手とかずのこ選手の同キャラ対決は,壮絶な殴り合いマッチとなった。ここでもPoongko選手は,かずのこ選手のキャノンストライクをキャノンスパイクで的確に撃墜するなどの超反応を見せ勝利。グランドファイナルへ
ストリートファイターV
ストリートファイターV

2日間に及ぶ長丁場の決勝は,台湾の英雄GamerBee選手と,Loser'sから雪辱を狙う韓国・Poongko選手の国際対決に
ストリートファイターV
ストリートファイターV
ストリートファイターV

Winner'sファイナルで負けを喫したGamerBee選手に対し,再び襲いかかるPoongko選手。今度は先に3試合を先取してラウンドリセットに成功するも,そこからGamerBee選手は老獪なプレイを見せる。結果3-1でGamerBee選手が勝利し,優勝を手にした
ストリートファイターV
ストリートファイターV
ストリートファイターV


春麗対策に自信アリ――GamerBee選手 ミニインタビュー


4Gamer:
 優勝おめでとうございます。今のお気持ちを聞かせてください。

GamerBee選手:
 本当に嬉しい! でも,本番はCapcom Cup Finalsなので油断はできません。このまま頑張ります。

ストリートファイターV

4Gamer:
 優勝まで戦い抜いてきて,一番苦しい戦いになった相手は誰でしょうか。

GamerBee選手:
 特定の誰かというより,春麗ですね。GO1選手,sako選手,MOV選手と当たって……さすがに世界最強クラスの春麗3回はムリだろ! って(笑)。

4Gamer:
 その3名に勝利して優勝は,ものすごいことですね。

GamerBee選手:
 なかでもMOV選手は,初めて対戦する相手で,本当にどうなるか分からなかった。ただ,そこを勝てたことで「これは優勝のチャンスがあるな」と思い始めました。

4Gamer:
 MOV選手との対決では,低空百裂を非常に高い精度で迎撃していたのが印象に残っています。

※春麗の空中百裂脚をジャンプ直後に最低空で出すテクニック。ヒット時は連続技が狙え,ガードされても春麗側が有利となる。

GamerBee選手:
 あれを落とせないと,簡単に画面端に追い詰められてしまうんですよね。春麗の技の中でもっとも危険な技なので,試合中は重点的に見るようにしていました。ネカリにとっては春麗が一番キツい相手なんですが,この組み合わせはかなり研究を重ねていて,最近では自信も付いてきましたね。

ストリートファイターV

4Gamer:
 これでCapcom Cup Finalsへの出場権を獲得したわけですが,今後の予定はいかがですか。

GamerBee選手:
 とりあえずは,来週(9月23〜25日)にイギリスで開催されるプレミア大会「EGX 2016」※ですね。JAPAN CUPで優勝できるとは思ってなかったから,チケットを取っちゃったんです(笑)。

※このEGX 2016でもGamerBee選手は優勝し,プレミア大会の連続2冠を達成した。なお,これによりCapcom Cupのプレミア枠は,1枠がランキングポイント出場枠に回されることになる。

4Gamer:
 今後の活躍にも期待しています。お疲れ様でした!

イベント終了後の1枚。選手,スタッフ共々,お疲れ様でした
ストリートファイターV

「ストリートファイターV」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月27日〜01月28日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月