オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/08/28 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」

画像集#001のサムネイル/ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」
「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamで公開されている気になるタイトルを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,マイクロソフトフライトシミュレーターで自宅に突っ込む上級Steamerにジョブチェンジできるかも。

 ハロー!Steam広場 第295回は,全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」を紹介しよう。プレイヤーは,画面左下にあるビートシーケンサーにノーツを打ち込み,出来上がったリズムを武器に戦うことになる。ローグライク要素もあり,リプレイ性も高めだ。

4Gamer公式キュレーター



画像集#002のサムネイル/ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」

ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」


 アーリーアクセスとは,開発途中のゲームを購入して,デバッガー兼プレイヤーとして参加できる,Steamの販売形態の1つだ。今回は,海外のインディーズ系デベロッパWoolly Walrus Gamesが手掛ける「Beat Blast」を紹介しよう。

 本作は全方位型のシューティングゲームなのだが,一般的なシューティングとは少し異なる部分がある。[W/A/S/D]キーで移動し,マウスカーソルで照準するところまでは同じだが,攻撃自体はBGMのリズムに合わせて自動で行われるのだ。

画像集#005のサムネイル/ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」

 リズムは,敵を倒したときにドロップする無色のノーツを,画面左下に配置されたビートシーケンサーに打ち込んで作っていく。ビートシーケンサーには「黄」「緑」「青」「紫」という4色のラインが用意されており,緑のラインのノーツが鳴ると高速弾,紫のラインのノーツが鳴ると拡散弾といった感じで,音だけでなく発射される弾の性質も異なる。

ゲームスタート時は3つのノーツが最初から配置されている。ここからどんどんノーツを拾っていき,より強いリズムを作り上げていくのだ
画像集#003のサムネイル/ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」

 シーケンサーにノーツを配置する時は,空いている場所をクリックするだけでよい。配置済みのノーツはクリックすればスタックに入るので,いつでも配置換えは可能だ。ノーツはどのように配置してもよく,複数のラインから同時に音が出るように打ち込めば,それぞれの色の特徴を持った弾が生成される。例えば,緑と紫のノーツが同時に鳴ると,高速の拡散弾が発射される,といった具合だ。

 このように,ノーツの組み合わせ次第でいろいろな攻撃パターンを作れるうえ,ノーツはいつでも編集できるので,このあたりの試行錯誤が楽しい。音色も幅広いので,強いリズムを追求していたら良い感じのループが生まれていたなんてこともしばしば。

画像集#007のサムネイル/ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」

 そしてこのゲームには,ちょっとしたローグライク要素も含まれている。本作の目的は,作ったリズムを武器にダンジョンを探索していくことで,その階にいるボスを倒すと次の階に進める。道中では,弾の性質を変えるパワーアップアイテムを手に入れるチャンスもあり,ドロップ運に比例して自機の攻撃力も上がっていくわけだ。ただ,意外と難度が高いので,どんなに自機が強くなっても死ぬときはあっさりと死んでしまう。

最初はノーツの数が少ないので画面も音も地味なのだが,自機が強化されるにつれてそれらも徐々に派手になっていく
画像集#004のサムネイル/ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」

 ゲームオーバーになると新しいアイテムがいくつか提示され,ポイントを使っていずれかをアンロックできる。このポイントはボスを倒したりするともらえるもので,開放したパワーアップアイテムは,次のプレイからゲーム内に出現するようになる。こうした引き継ぎ要素があるのも,今どきのローグライクらしい作りだ。

画像集#006のサムネイル/ハロー!Steam広場 第295回:ビートシーケンサーを武器に戦う全方位型のシューティングゲーム「Beat Blast」

 音楽の要素に軸足を置いた本作だが,シューティング部分も骨太に作られており,ローグライク要素によってリプレイ性もしっかりと担保されている。開発者のコメントから察するに,うまく開発が進めばビートシーケンサー以外のツールの登場にも期待できそうだ。DTMいじりが好きでシューティングも大好物,なんて人であれば刺さると思うので,ぜひ遊んでみてほしい。



  • 関連タイトル:

    Steam

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月28日〜10月29日
タイトル評価ランキング
93
70
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月