オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/20 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamでリリースされた気になるタイトルやニュースを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,ログイン祭りを楽しむため,サービス開始日をスケジュールに入れて病欠メールを自動送信する上級Steamerにジョブチェンジできるかも。

 ハロー!Steam広場 第191回は,最大4人での協力プレイができるアクションゲーム「Warhammer: Vermintide 2」を紹介しよう。Warhammerワールドの世紀末を描く「End Times」をベースとした本作は,大量に押し寄せるスケイブンやケイオスの軍勢を,近接武器で払いのける爽快感がやみつきになる。

4Gamer公式 Steamキュレーター




日常のストレスはWarhammerワールドで発散しよう。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」


 「近接戦メインのLeft 4 Dead」という前評判で人気を博したオンライン協力型アクションゲーム「Warhammer: End Times - Vermintide」を覚えているだろうか。本連載の第88回でも取り上げた同作は,最大4人で協力してステージを攻略していく一人称視点のアクションゲームで,大量に押し寄せてくる人型ネズミの種族「スケイブン」の群れを,近接武器でザクザクと倒していく爽快感がウリの1つとなっていた。

Warhammer: End Times - Vermintide
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

 今回は紹介する「Warhammer: Vermintide 2」は,その続編となる作品だ。前作と同じく,Warhammerワールドの世紀末を描く「End Times」がベースとなっているが,本作ではケイオス勢力が参戦したことで,プレイヤーはより強大な敵を相手にすることになる。

どこまで行っても人型ネズミばかりだった前作と違って,人間と同サイズの敵が混ざることでゲーム画面もたいへん賑やかに
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

 ゲームの流れや根幹を担うシステム自体は,前作とほぼ変わらない。プレイヤー達は,敵の軍勢が不定期に押し寄せてくるラッシュタイムや,チームの陣形を崩そうとしてくる特殊モンスターの襲撃を払いのけて,ゴール地点を目指す。
 クリアすれば装備が詰まったチェストが手に入り,そこから手に入る装備でキャラクターを強化し,新たなミッションに挑むといった具合で,全体的にハック&スラッシュのテイストが強い。

不定期にやってくるラッシュは固まって撃退しよう
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

強力なボスも出現。いつ現れるかが分からないのでゲームプレイにおける強力なスパイスになっている
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

クリア後のお楽しみ,Unboxタイム。中には3つの装備がランダムで入っている
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

 分かりやすく進化を遂げたのはグラフィックスだが,キャラクターの育成要素も大幅に拡張されている。ドワーフの「Bardin Goreksson」,帝国兵の「Markus Kruber」,ウィッチハンターの「Victor Saltzpyre」,女魔術師の「Sienna Fuegonasus」,ウッド・エルフの「Kerillian」と,プレイアブルキャラクターの顔ぶれは前作と同じだが,それぞれのキャラクターには固有スキルや能力の異なる3つのキャリアが用意されており,それによってプレイスタイルも変化するのだ。

グラフィックスと同様にサウンドのクオリティも上がっており,斧や剣で肉を叩き斬るような感覚が,よりリアルに感じられる
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

キャラクターとキャリアはヒーローチョイス画面で自由に変えられる。ちなみに前作と同じくキャラ被りはできないので,ドワーフ4人のおっさんPTなどは不可能だ
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

 例えばドワーフの「Bardin Goreksson」であれば,遠距離攻撃を得意とする「Ranger Veteran」,敵のヘイトを集めつつ鉄壁の防御で守りを固める「Iron Breaker」,両手に斧を持って高いDPSを叩き出す「Slayer」といった具合で,選択したキャリアによって能力が大きく変わる。また各キャリアには,さらに能力を突出させるためのタレントツリーが用意されており,この組み合わせを考えるのも楽しい。

タレントツリーにある各タレントは,いつでも好きなように付け替えられる
ハロー!Steam広場 第191回:日常のストレスは世紀末のWarhammerワールドで発散。L4Dライクな協力プレイが楽しめる「Warhammer: Vermintide 2」

 前作よりもキャラクターの個性が出せるようになり,キャリアによって役割が明確化されたことで,チームプレイがより面白くなった本作。銃器メインのLeft 4 Deadとはベクトルの違う爽快感が味わえるほか,育成要素の幅が広がったことで前作以上にやり込める作品なので,興味のある人はぜひ遊んでみてほしい。



  • 関連タイトル:

    Steam

  • 関連タイトル:

    Warhammer: Vermintide 2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月