パッケージ
バイオハザード リベレーションズ2公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2015/02/25
  • 価格:単品版:741円(+税)
    シーズンパス:2500円(+税)
    コンプリートシーズン:3500円(税込)
    オールコンテンツパック:4990円(税込)
読者の評価
61
投稿数:6
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/09/19 12:16

ニュース

[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

画像集#002のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート
 東京ゲームショウ2014(以下,TGS 2014)初日の2014年9月18日,カプコンブースでは,2015年初頭発売予定のサバイバルホラー「バイオハザード リベレーションズ2」PC / PlayStation 4 / PlayStation 3 / Xbox One / Xbox 360)のステージイベントが行われた。
 ステージには,シリーズプロデューサーを務める川田将央氏と,プロデューサーを務める岡部眞輝氏が登壇して,本作の実動デモを公開。さらに,バイオハザードシリーズの今後の展開なども発表されるなど,非常に中身の濃いイベントだった。本稿ではデモの部分を中心に,ステージの概要をレポートしたい。

画像集#003のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート
本作プロデューサーの岡部眞輝氏(左)とシリーズプロデューサーの川田将央氏(右)
画像集#004のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート
バイオハザード リベレーションズ2の操作を説明する川田氏。シリーズ経験者であれば,操作はスムーズに馴染めるとのこと

 本作の主人公であるクレア・レッドフィールドが,不気味な施設内にある監獄で目を醒ますという,ゲームの冒頭部分と思われるシーンからデモはスタートした。何が起こっているのか,状況を把握するできないクレア。そのとき,監獄のドアが勝手に開いた。一体どうなっている……?

画像集#005のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

 監獄を出たクレアが先に進んでいくと,クレアが所属するNGO団体「テラセイブ」のメンバーであるモイラ・バートンと再会できた。2人となってさらに進むと,今度はナイフとライトを発見。クレアはナイフを,モイラはライトを手にする。クレアの後ろを歩くモイラがライトで先を照らしてくれるため,視界はだいぶましになった。

画像集#006のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート 画像集#007のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

 しかし安心したのもつかの間,2人は,血だらけになっているテラセイブのメンバーを発見して,不安を募らせることに。さらに,謎のクリーチャー「アフリクテッド」まで出現してしまい,かなりキワドイ状況に。その後に銃を手に入れたものの,不安だけの状況は変わらない。しかし,2人は先へと進んでいく……。

画像集#008のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート 画像集#009のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

画像集#010のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート
 前作の「バイオハザード リベレーションズ」同様,“原点回帰”をテーマにしている本作の雰囲気は,まさに混じりっけなしのホラーそのもの。じめじめとした施設を進んでいく気持ち悪さは,初代「バイオハザード」を彷彿とさせるもので,デモが披露されている間,カプコンステージの周囲だけ,まるで当時に時間が戻ったかのような感覚に襲われたのは,おそらく筆者だけではないだろう。

画像集#012のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

画像集#013のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

画像集#014のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

画像集#015のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

 ただし,本作の注目すべき点は“恐怖”だけではない。本作は,状況に応じてクレアとモイラを切り替えながらプレイするシステムなっている。クレアは銃が使えるので敵の前に立ち,銃が使えないモイラは,ライトを使ってサポートするといった具合に,ゲーム中の役割もまったく違う。戦闘ができるクレアを主体にプレイすることになりそうだが,プレイの仕方によっては,モイラをメインにプレイすることもできそうだ。2人のキャラクターによって違った楽しみ方をできるのが,本作の大きな特徴といえるだろう。

画像集#011のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

パッケージ版の発売に先行して,エピソード単位で配信される「エピソディック」方式が採用されることも発表されている
画像集#020のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート

 今回のデモは,モイラが発見したバールを使って扉を開け,その先にある階段を登ると光が見えてくる……といったところで終了。15分程度の短いプレイが披露されただけだが,その内容は実に濃密だった。TGS 2014の会場では試遊台が用意されているので,気になる方はぜひプレイしてみてほしい。

画像集#016のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート 画像集#017のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート
デモの後には,バイオハザードのコミック展開も説明された。一見すると似つかわしくないようにも思えるセクシーな美女のイラスト(左)だが,よく見ると……

画像集#018のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート 画像集#019のサムネイル/[TGS 2014]これぞホラーへの“原点回帰”。恐怖を感じさせるデモが披露された「バイオハザード リベレーションズ2」イベントレポート
アパレルブランドとのコラボレーションによるグッズ展開(左)や,ゲーム中に登場するフラッシュライトの製品化なども発表されている。詳細はこちらの記事を参照してほしい。

「バイオハザード リベレーションズ2」公式Webページ


4Gamer「東京ゲームショウ2014」特設サイト

  • 関連タイトル:

    バイオハザード リベレーションズ2

  • 関連タイトル:

    バイオハザード リベレーションズ2

  • 関連タイトル:

    バイオハザード リベレーションズ2

  • 関連タイトル:

    バイオハザード リベレーションズ2

  • 関連タイトル:

    バイオハザード リベレーションズ2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
61
54
ELDEN RING (PC)
53
2022年02月〜2022年08月