オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Devil's Third公式サイトへ
  • ヴァルハラゲームスタジオ
  • 発売日:2015/08/04
  • 価格:パッケージ版/ダウンロード版:7236円(税込)
    ※パッケージ版はAmazon.co.jp独占販売
読者の評価
36
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
これぞ板垣作品の集大成。「Devil's Third」でシューター史上,“もっとも苛烈”な戦闘に酔いしれよ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/08/05 00:00

プレイレポート

これぞ板垣作品の集大成。「Devil's Third」でシューター史上,“もっとも苛烈”な戦闘に酔いしれよ

 昨日(2015年8月4日),Wii U用ソフト「Devil's Third」が任天堂から発売された。本作は「DEAD OR ALIVE」シリーズや「NINJA GAIDEN」シリーズなどのヒットタイトルを世に送り出してきた板垣伴信氏率いる,ヴァルハラゲームスタジオによる最新作だ。
 2010年のE3で発表されてからはや5年……全世界のファンが待ちわびていた本作を,今回,ヴァルハラゲームスタジオにて,板垣氏本人からゲームの特徴を解説していただきつつ試遊するという貴重な機会に恵まれた。
 本稿ではソロプレイからマルチプレイまで,実際にプレイして感じられたDevil's Thirdの魅力をお伝えしていくので,ぜひともチェックしてほしい。

Devil's Third

「Devil's Third」公式サイト



テロによる電子兵器の壊滅。

戦争は再び歩兵による至近戦の時代へ……


Devil's Third
 本作の舞台となるのは,テロリストに乗っ取られた旧ソ連の衛星破壊兵器により,軌道上の人工衛星が連鎖爆発を起こした世界。そのときに発生した電磁パルスによって,あらゆるコンピュータやそれを利用したレーダー,電子兵器は使用不能となり,戦争は再び有視界での至近戦が主力となる時代へと突入していた。
 850年の禁固刑で服役していた元テロリストの主人公・アイヴァンは,合衆国からの依頼を受け,かつての仲間が占拠する宇宙基地の奪還を目指して混沌の戦場へと身を投じていく……。

Devil's Third Devil's Third
Devil's Third Devil's Third

 衝撃的だったのが,2014年のE3で公開されたトレイラーに映し出された,主人公・アイヴァンのビジュアルだ。
 スキンヘッドにティアドロップのサングラス,全身に描かれた梵字と,不動明王の刺青……およそヒーローらしからぬ,まさしく“怪貌”と称するにふさわしい容姿からは,「ただごとじゃない」オーラが溢れだしていた。
 “キャラ立ち”という面で言えば,ここまで印象に強く残る“華”……というか“アク”の強い主人公は,マッチョなヒーロー像をお得意とする洋ゲーでも珍しいレベルだ。

アイヴァン・ザ・テリブル。43歳,身長190cm。東洋武術系の軍用格闘術「ディフェンドゥー」の使い手
Devil's Third Devil's Third

要所に立ち塞がるボスキャラ達は,アイヴァンに負けず劣らず個性的。人間から変異した生物兵器のような敵も数多く登場する
Devil's Third Devil's Third
Devil's Third Devil's Third


 さて,そんなアイヴァンを操作してさまざまなミッションに挑んでいくソロプレイモードだが,ストーリー自体は実に洋画的というかエンターテイメント性に富んだ展開が数多く盛り込まれている。
 派手なアクションがお好みなプレイヤーの期待に,徹底的なまでに応えてくれる内容で,ある意味“様式美”的なシーンにさえ「待ってました!」と拍手を送ってしまいたくなる魅力に満ちあふれている。
 マルチプレイ対応のシューターにおけるストーリーは,ともすればオマケ的な位置に収まりかねないものだが,本作は全9章構成となっており,板垣氏曰く「俺がプレイしてクリアまでに15時間程度」とのこと。ボリューム面でもなかなか期待できそうだ。

Devil's Third
Devil's Third Devil's Third
ゲームの難度は3段階から選択可能。プレイヤースキルに合わせてプレイ中でも変更可能なので,ストレスなく遊ぶことができる
Devil's Third

スコアアタックやコレクション要素も充実。コレクションアイテムはステージごとに6種類ずつ隠されており,それぞれ世界観やシナリオを深く理解するためのテキストが用意されていることもあって,収集欲を掻き立てる
Devil's Third Devil's Third


すべての行動がシームレスに繋がる

革新的プレイアビリティ


 特筆すべきは,そのアクションの多様性だ。ジャンルとしてはTPSに属するものの,このプレイアビリティはまさに“革新的”と言うほかない。従来のシューターが持つ魅力と欠点を研究,改善したうえで板垣氏の得意とするメレーコンバットを掛け合わせた本作は,全世界のプレイヤーに新鮮な驚きを提供してくれるだろう。とにかく,戦闘において眼前の敵を屠るために取れる手段が,常識ハズレに豊富なのだ。
 真っ当に銃で狙い撃つのはもちろんのこと,懐に飛び込んで白兵戦を挑んだり,忍者のように立体的な動きで攻撃を避けながら翻弄したりといったこともできる。走りながら,飛びながら,滑りながら,転がりながら,あらゆる行動をスムーズに攻撃へとつなげられる点は,格闘ゲームにおける“コンボ”の発想に近いように感じられる。これもかつて同ジャンルで一世を風靡した板垣氏だからこそ,完成させることのできたシステムなのだろう。
 ……思えば筆者が初めて板垣氏のインタビューを担当させていただいた2010年のTGSにて,本作を「もっとも苛烈なシューター」と称していたが,実際にプレイしてその真意をようやく理解することができた。同ジャンルにおいて“苛烈”という表現がこれほど似合う作品は,ほかにない。

Devil's Third
近接格闘では弱攻撃,強攻撃,ガードなどさまざまな手段を駆使できる。ヒットすれば一撃必殺のジャンプ攻撃や,武器を投げつけるといったアクションも可能だ。もちろん,メレーウェポンを失っても,そのまま徒手空拳での肉弾戦に移行できる
Devil's Third Devil's Third
アイヴァンは近接格闘で敵を仕留めることで「エンバク」ゲージを溜めることができる。「エンバク」を発動させると全身の梵字が光を放って周囲の敵にダメージを与え,さらに一定時間,防御力や攻撃力が上昇する。エンバク中に敵を仕留めることで,効果時間を延長することも可能だ
Devil's Third


 また,本作は障害物に接することでボタン操作を必要とせずにカバーアクションへと移行できる,銃撃から近接格闘への切り替わりがシームレスであるなど,細かい操作性にも徹底的にこだわり抜いている。操作ミスでカバーに失敗したり,武器の切り替えにモタついて殺されるといったシューターにおける「あるある」的なストレス要素の排除にも成功しているのには脱帽だ。
 ちなみに,板垣氏はこれらのシステムを総じて「RUNE(Real Ultimate Ninja Engine)システム」と呼んでおり,今後はこのシステムのフォロワーが数多く登場し,そうしたものが「RUNEタイプ」などと呼ばれることになるだろうと予言していた。

 確かに,そもそもシューターというのは,タイトルによって細かな違いはあれど,突き詰めれば「位置取り」と「エイム」をゲーム性の主軸に据えたジャンルである。自然と裏取りを狙いながら中〜遠距離での射撃で敵を仕留めるのが主なスタイルとなり,多くの場合で近接戦闘はせいぜいナイフで斬る,突くといった補助的な,あるいはテクニカルなプレイヤーの愛好する手段でしかなかった。
 ……勘違いしないでほしいのだが,決してそれが悪いという話ではなく,それはそれでシューターの一つの完成形として提示されてきたという認識を,筆者は持っている。
 しかし,こうして完成されたゲーム性は安定してファンを楽しませる一方で,それ以上の進化を阻む“壁”にもなっていたのではないか。そこへ,ガツンと壁を蹴破って見せたのが板垣氏であり,Devil's Thirdなのだ。


無数のクランが北米大陸の覇権を巡る

群雄割拠のマルチプレイモード


Devil's Third
 本作のマルチプレイモードでは,自身の分身となるキャラクターを作成して13地域に分かれた北米大陸の制覇を目指すことになる。なお,マルチプレイモードは設定上,アイヴァンがテロリストとの闘争に敗れてしまった後の世界であり,インフラの壊滅した合衆国で一市民であるプレイヤーが武器を手に取って,母国を守る戦いに加わるという流れになっている。

豊富なパーツから自由なキャラクターメイキングを楽しめる。装備類は戦闘で得たゲーム内通貨「ドレン」や「金の卵」で購入していくことになる。なお,金の卵はリアルマネーを使って購入することもできるが,それはあくまで補助的な位置付けであるとのこと
Devil's Third


 マルチプレイで楽しめるゲームモードは「演習」と「実戦」に分かれており,演習では全10種類のルールでフリーマッチングのオンラインバトルが楽しめる。
 シューターではおなじみのチームデスマッチやバトルロイヤルはもちろんのこと,戦場に空輸される「カーゴ」の確保を目指す「カーゴキャプチャー」,近接武器のみを使用して戦う「クロスファイト」,武器を持たずにスタートして戦場に唯一存在する近接武器の入手を争う「グラディエイター」など,非常にバリエーション豊かだ。
 激しい演習で倒し倒されることに疲れたら,地中を移動する巨大ミキサーにフルーツを投げ込んで点数を競うレクリエーション的なルール「カーニバル」で息抜きをするのも良いだろう。なんだそりゃ!

 筆者も実際にいくつかのルールを体験することができたが,中でも絶妙なバカバカしさと意外に奥深い競技性が両立しているカーニバルは,仕事を忘れるほど大笑いしながら遊んでしまった。コワモテなビジュアルからは想像できないほどお茶目な面も持ち合わせている板垣氏だが,さすがにこの発想は「どうかしてる」(もちろんいい意味で)。

カーゴキャプチャー
Devil's Third
Devil's Third
クロスファイト
Devil's Third
グラディエイター
カーニバル
Devil's Third Devil's Third

マルチプレイの各モードでは,プレイヤーは勝敗に応じて経験値を獲得でき,レベルアップしていく。10種類のルールは最初からすべて選択できるわけではなく,時期に応じて順次オープンされていく予定。なお,マルチプレイにおいてはアイヴァンのようにエンバクを使用できない代わりに,「エックスギア」という特殊な兵器が用意されている。遠近の手段を問わず,敵を倒すほどにゲージが溜まり,任意のタイミングで発動可能だ
Devil's Third Devil's Third


今回の試遊では,ヴァルハラゲームスタジオのプロデューサー 岡本好古氏,チーフゲームデザイナー 江原克則氏からも解説をしていただいた
 そして,実戦。カーニバルの話から一転するが,コチラはガチもガチ。プレイヤーは「クラン」と呼ばれる軍組織を運営,もしくは一兵士として参加しながら領地の拡大を目指していくことになる。RUNEシステムに包括される,Devil's Thirdの大きな“ウリ”となる要素だ。
 クランの最高権力者である「ジェネラル」としてプレイする場合,戦略シミュレーションゲームよろしく,13の地域に分けられた北米マップから好きな地域を選んで自身の設計した「要塞」を建造できるのが大きなポイント。自軍の拠点を防衛しつつ敵勢力の要塞攻略戦を行い,勝利して勢力が大きくなればなるほど占領地域から得られる定期収入が大きくなっていく。そうやって資金を得ることで,さらなる要塞の強化建造,さまざまな支援兵器の導入が可能となるなど戦略の自由度が増していくわけだ。
 なお,要塞攻略戦は敵施設の大半を破壊するか,司令部を破壊した時点で勝利となる。逆に自軍の要塞が攻められて施設を破壊された場合は,修復に資金が必要となるので注意が必要。壊し壊されを繰り返し,どちらかが完全に屈服するまで戦いは続く……と,思いきや。なんと,本作には「外交」や「プロパガンダ」の要素まで含まれているというのだから驚きだ。
 軍事同盟や不戦協定を結ぶことで,クランを運営する者同士の精神的な駆け引きまで楽しめるほか,戦闘中にビラを巻いて敵兵士を自身のクランへ勧誘することもできる。また,システム的にフォローされているわけではないが,板垣氏曰く「やろうと思えば敵勢力に潜り込んでのスパイ行為も可能」とのことである。

Devil's Third Devil's Third
トーチカや障害物,固定砲台などを設置して敵を食い止めよう。攻略されにくい要塞の建造は,兵士達の活躍以上に重要な要素だ。なお,北米13地域は前述の演習ルールと同じように順次オープン予定である
Devil's Third

強力な支援兵器は要塞攻略戦を行うときにのみ使用できる。爆撃機や攻撃ヘリによる援護など,適切なタイミングで使用すれば戦況を一気に覆すことも可能だ
Devil's Third

戦場に舞う大量のビラ。実際のところ効果があるのかどうか怪しいところだが,少なくともやられると腹が立つので“煽り”としては効果的かもしれない……
Devil's Third Devil's Third
Devil's Third Devil's Third


 さて,本作における戦闘が一般的なシューターとは一線を画していることについては前述したとおりだが……実のところ,対人戦を行うマルチプレイでこそRUNEシステムはその本領を発揮する。
 プレイヤーのセンス次第で千変万化する苛烈なバトルにコントローラーを握る手は汗ばみ,濁流のように押し寄せるアドレナリンに酔いしれる感覚はあまりにも甘美だ。そして,「ただ殺す」のではなく「どう殺す」かが常に問われるあたり,Devil's Thirdは板垣氏の“戦い”に対する美学が詰め込まれた,集大成的作品であると断言したい。


いざ,シューター史上

もっとも苛烈な戦場へ


 結論としてDevil's ThirdはWii Uを所持している,もしくは今後購入する予定があるのであれば,ぜひとも遊んでおくべきタイトルである。シューターというジャンルの枠に囚われない進化を果たしたタイトルであり,板垣氏の言葉どおり,今後「RUNEタイプ」と呼ばれる作品が登場してくるであろうことは,想像に難くない。
 そして何より,インタラクティブなエンターテイメントであるデジタルゲームにおいて,もっとも重要な“遊びごたえ”の面で言えば,本作はWii Uタイトルの中でもかなり上位に位置する作品であろうと筆者は確信している。

 我々は5年待ち,ついにヴァルハラの門は開いた。いざ,シューター史上もっとも苛烈な戦場へと赴こう。

Devil's Third

「Devil's Third」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Devil's Third

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月17日〜01月18日