オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
白猫プロジェクト公式サイトへ
  • コロプラ
  • 発売日:2014/07/25
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
64
投稿数:15
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/21 20:07

リリース

「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開

コロプラフェス2018
配信元 コロプラ 配信日 2018/12/21

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

ご来場に感謝!10周年の「ありがとう」を込めて!
「コロプラフェス2018」オフィシャルイベントレポート

画像(001)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、12月15日(土)・16日(日)の2日間、東京ビッグサイト 西3・4ホールと屋上展示場にて「コロプラフェス2018」を開催いたしました。

【コロプラフェス2018公式サイト URL】
https://colopl.co.jp/coloplfes/2018/

「コロプラフェス2018」は、コロプラ創立10周年を記念してファンの皆さまとリアルのコミュニケーションを通して、感謝の気持ちをお伝えしたく開催いたしました。
イベントでは、コロプラにて運営・開発を行っているタイトルの世界観を体験できる特設ブース、馬場のご挨拶から始まりキャストや関係者の方々にご登壇いただいたステージや、さまざまなグッズの物販、さらに各ブースを巡り集めたスタンプの個数によってゲーム内のアイテムがもらえるスタンプラリーを行いました。
両日ともに多くのお客様にご来場いただき、この場を借りて御礼申し上げます。

画像(002)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(003)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(004)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開

【コロプラフェス2018 イベント全景】
イベント会場に入ると、まずコロプラフェス2018の特大パネルがお出迎え。2日目オープン時には、当日会場を練り歩いたコスプレイヤーさんが勢ぞろいしました。
『白猫プロジェクト』と『白猫テニス』ブースでは、各作品のタウンを再現した特大パネルを展示。『白猫テニス』では展示の手前にあるテニスコート内にて、来場者同士で対戦できるようになっており、対戦後にはスタンプラリー用のスタンプと、コラボ自販機コーナーで使用できる無料引換券をもらうことができました。

『白猫プロジェクト』ではアーチから内部に入り、歴代の人気イベントやキャラクターのイラストで、『白猫』4周年の歴史を体感できる内容になっておりました。また、やわらかいビーズクッションに座りながら他の来場者と協力バトルをクリアすると、スタンプラリーのスタンプが手に入りました。

会場中央では、コロプラの原点となるアプリ『コロニーな生活』ブースを展示いたしました。ブース内では、馬場が個人で運営していた『コロニーな生活☆PLUS』を支えた初期サーバ「HAKASE」や、コロカ、提携店で販売している商品、来場者の方に自身の出身地をシールで貼っていただくための巨大日本地図の展示を行いました。

『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ(以下、黒ウィズ)』ブースでは、ブース中央に浮かぶ巨大な石碑や、周囲に並ぶ高さ3mを超える巨大な石碑風パネル、一定の周期で行われる光と音の演出で、ゲーム内のガチャシーンを再現いたしました。石板の裏面や展示の内部では、人気イベントのキャラクターイラストや設定画、キャストのサイン色紙などを展示しました。

『DREAM!ing(ドリーミング!)』ブースでは主席候補生16人の香り付きまくらを展示。来場いただいたお客様に、個性あふれる香りをお楽しみいただき、『バクレツモンスター』ブースでは、来場いただいた方と、スタッフが対戦できるブースをご用意。また時間帯によって、ゲームメディアの皆さまや動画クリエイターの方々にご参加いただき、お客様とのバトルに参加していただきました。
その他にも、11月に発表した新タイトル『Project Babel』の体験版を試遊できるブースや最新VRゲームで遊べるブース、世界観をモチーフとしたアトラクションなどで、一日中、コロプラのタイトルを体験できるイベントとなりました。

画像(005)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(006)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(007)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開
画像(008)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(009)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(010)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開
画像(011)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(012)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(013)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開

【スペシャルステージ:12月15日(土)】
初日のステージでは、『Project Babel』、『バクレツモンスター』、『黒ウィズ』のステージを行いました。
新情報や最新PVの発表、野島一成さんや崎元 仁さんらクリエイター陣によるトークセッションを行った『Project Babel』。『バクレツモンスター』ではメディア対抗戦を行い、優勝した「GameWith」チームの名前を冠した称号の実装が決定いたしました。
『黒ウィズ』では、バンド編成による「SPECAL MUSIC LIVE」に加えて、本作と関わりのあるキャストの皆さまにご登壇いただき、生アフレコや公式生放送「おせ生 inコロプラフェス」を行いました。

画像(014)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(015)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(016)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開

【スペシャルステージ:12月16日(日)】
2日目は『白猫テニス』、『DREAM!ing』、『白猫プロジェクト』のステージを行いました。
『白猫テニス』ステージでは、2周年公式大会にて優勝、準優勝されたプレイヤーさんたちによるエキシビションマッチを行い、「DREAM!ing」ステージではボイスを担当しているキャストをお呼びしてのトークショー&ライブを行いました。

2日目の最後には、『白猫プロジェクト』のステージを行いました。プロジェクトとして初の「SPECIAL MUSIC LIVE」を実施し、さらに公式生放送「おせ生 inコロプラフェス」を行い、テレビアニメ化の発表やNintendo Switch『Shironeko New Project(仮)』の続報を発表いたしました。エンディングとして、馬場から皆さまへの感謝の言葉と11年目に向けた抱負により、2日間開催した本イベントは締めくくられました。

画像(017)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(018)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開 画像(019)「コロプラフェス2018」のオフィシャルイベントレポートが公開

「コロプラフェス2018」公式サイト

  • 関連タイトル:

    白猫プロジェクト

  • 関連タイトル:

    白猫プロジェクト

  • 関連タイトル:

    白猫テニス

  • 関連タイトル:

    白猫テニス

  • 関連タイトル:

    クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

  • 関連タイトル:

    クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

  • 関連タイトル:

    DREAM!ing

  • 関連タイトル:

    DREAM!ing

  • 関連タイトル:

    バクレツモンスター

  • 関連タイトル:

    バクレツモンスター

  • 関連タイトル:

    最果てのバベル

  • 関連タイトル:

    最果てのバベル

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月16日〜02月17日