オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2014]【速報】SCE,仮想現実ヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/03/19 10:30

イベント

[GDC 2014]【速報】SCE,仮想現実ヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」を公開

 北米時間2014年3月18日,Sony Computer Entertainment(以下,SCE)は,仮想現実対応のヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」(プロジェクトモーフィアス,開発コードネーム)を公開した。低い遅延と高いフレームレート,3Dサラウンドサウンドによって,PlayStationへ最高の仮想現実空間をもたらすのが目的とされている。

PlayStation VR本体
PlayStation VR本体

 なお,発表後に公開されたプレスリリースによれば,パネルは5インチ液晶で,解像度は1920×1080ドット(※SCEによれば「1920×RGB×1080ドット」)。左右の目にそれぞれ960×1080ドットの映像を表示できるという。水平視野角は90度とのことだ。センサーは,加速度とジャイロが内蔵されているという。

PlayStation VR本体

[GDC 2014]SCEの「Project Morpheus」とはいったい何か。西川善司が“仮想現実対応HMD”の正体を探る



#### 以下,リリースより ####

「プレイステーション 4」(PS4)の世界をさらに拡げるバーチャルリアリティシステム「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」を開発
〜PlayStation Cameraとの組み合わせで360度全方向、リアルタイムに変化する新次元のゲーム体験を実現〜


 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、「プレイステーション 4」(PS4)の魅力を高めるバーチャルリアリティシステムとして、ゲーム体験をさらに豊かにする「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」(以下、Morpheus)を開発中です。今後、商品化に向けてさらに開発を進めてまいります。

 バイザースタイルのMorpheusのヘッドマウントユニットを頭部に被ると、プレイヤーの眼前に迫力のある広大な3D空間が出現します。ゲームを開始するとヘッドセットユニットに内蔵された加速度センサーならびにジャイロセンサーに加えて、PlayStation Cameraがプレイヤーの頭部の動きや位置を正確に検知し、コントローラーで操作することなくプレイヤーの意のままに映像が360度全方向にリアルタイムに変化します。これによりプレイヤーはあたかもゲームの仮想世界の中に入りこんでいるかのような体験が可能です。また、PlayStation Move(PS Move)モーションコントローラを使用するゲームでは、例えば映像内にプレイヤーの手と剣などの武器を再現し、それらを自在に動かしながら闘うなどのアクションを実現します。

 さらに音響面ではSCE独自の3Dオーディオ技術を採用しました。Morpheusは、前後左右からの音に加えて、上空を旋回するヘリコプターの飛行音や階段をのぼってくる足音など、上下からの音も、プレイヤーの頭部の向きに対応してリアルタイムに変化します。360度に広がる世界の中に立体的な音響効果も加わって、さらなる臨場感をゲームプレイにもたらします。

 Morpheusはディスプレイおよび光学ユニット、オーディオ、センサーを用いた検知、使い勝手およびコンテンツなど、バーチャルリアリティ体験の鍵を握る各要素においてSCEの持つノウハウを取り入れ、PlayStation CameraやPS4専用ワイヤレスコントローラー、PS Moveとともに、PS4のエンタテインメント体験をより深くて豊かなものにします。

 開発者の皆様は、発売後約3ヶ月半で全世界累計600万台の実売を達成しさらに普及が加速しているPS4プラットフォーム向けに、Morpheus対応のPS4タイトルの開発が可能です。Morpheus専用SDKについても現在開発が進んでおり、準備出来次第配布いたします。

 「私たちにとってプロジェクト モーフィアスは新たなゲームの可能性を切り拓くための取り組みであり、今後もさらに開発を進めて参ります。クリエイターの皆様に開発キットをお届けし、ともにゲームを開発していけることを楽しみにしています。」
(SCE Worldwide Studios プレジデント 吉田 修平)

 なおSCEは、米国サンフランシスコで3月19日(水)から3日21日(金)に開催されるGame Developers Conference 2014のソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカのブースにて、Morpheusを参考展示します。来場者の皆様は、多人数参加型のドッグファイト・シューティングで「EVE Online」の宇宙船に実際に搭乗しているかのような『EVE: Valkyrie』(CCP)や、ステルスアクションを用い、その独特な世界観を探索することができる『Thief』(株式会社スクウェア・エニックス)のデモ、このほか仮想空間内でPS Moveを使い様々なインタラクションが楽しめる『The Castle』(SCE)やシャークケージから海の中の様子を見渡すことができる『“The Deep”』(SCE)がお楽しみいただけます。


表 「Project Morpheus」試作機の主な仕様
構成 プロセッサーユニット、ヘッドマウントユニット
ディスプレイ方式 LCD
ディスプレイサイズ 5インチ
ディスプレイ解像度 1920×RGB×1080(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
水平視野角 90度
搭載センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー
接続I/F HDMI+USB
機能 3Dオーディオ、ソーシャルスクリーン
      ※開発中のものであり、デザインおよび仕様は変更される可能性があります。


#### 以下,PlayStation公式Twitterアカウントより ####












  • 関連タイトル:

    PlayStation VR本体

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月23日〜04月24日