オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」が23日にGREEで配信。事前登録は本日から
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/10/15 13:14

リリース

「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」が23日にGREEで配信。事前登録は本日から

ラブセン〜V6とヒミツの恋〜
配信元 サイバード,グリー 配信日 2013/10/11

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

国内アーティスト初の実写恋愛ソーシャルゲーム
「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」が「GREE」に登場
〜10月15日から開始される事前登録で、登録者全員にプレミアム画像をプレゼント〜

株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀主知ロバート、以下「サイバード」)とグリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和、以下「グリー」)は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」において、国内アーティスト初となる実写恋愛ソーシャルゲーム「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」を2013年10月23日より提供することを決定しました。これに伴い、10月15日より事前登録を開始し、登録した方全員にプレミアム画像をプレゼントするキャンペーンを実施します。

「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」は、国民的グループV6の撮り下ろし写真を使った初の恋愛ソーシャルゲームです。シリーズ累計登録者数が500万人を突破している「イケメンシリーズ(※1)」を生み出したサイバードが、そのノウハウを存分に活かして開発し、多彩なラブストーリーを展開していきます。本編以外に、毎日ときめきを味わえるゲーム内イベントや、ガチャで入手できるシナリオといったサイドストーリーも用意されています。

ユーザーは、広告代理店で働くOLとして、偶然にV6のメンバーと出会い、秘密の恋を育んでいくことができます。メンバーそれぞれの個性に応じた甘い会話を楽しめ、V6のファンはもちろん、誰もが憧れるデートや出来事などが織り込まれているため、すべての女性が理想の恋愛を体験できる内容となっています。また、毎月開催されるゲーム内イベントに参加することで、ここでしか手に入らないメンバーのボイス(※2)がもらえるなど、実写ならではのリアルな恋愛体験を盛り上げる企画が満載です。

サイバードとグリーは、恋愛ソーシャルゲームの開発、配信を通じて、ゲーム市場の活性化を図り、より多くの「GREE」のお客さまに楽しんでいただける魅力あるコンテンツを今後も提供していきます。

※1 「イケメン大奥★恋の園」「イケメン源氏★恋物語」「イケメン恋戦◆平清盛」「イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ」「新章イケメン大奥◆禁じられた恋」「イケメン夜曲◆ロミオと秘密のジュリエット」など、サイバードが開発、運営している女性向け恋愛ソーシャルゲームシリーズ
※2 ボイスは、今後配信が予定されているアプリ版「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」において提供されます


■「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」の概要

●タイトル
ラブセン〜V6とヒミツの恋〜
●カテゴリ
恋愛
●サービス開始日
2013年10月23日(水)
●事前登録開始日
2013年10月15日(火)
●対応機種
【スマートフォン】
・Android対応端末:Android 2.1以降の端末
※104SHは非対応
・iOS対応端末:iPhone3G、iPhone3GS、iPhone4、iphone5、iPodTouch
【フィーチャーフォン】
・docomo:FlashLite1.1以上対応端末
※700、600番台の一部を除く
・au:FlashLite1.1以上対応端末
・SoftBank:FlashLite1.1以上対応端末
※Nokia、Motorola、Sumsung、Xシリーズ および iPhone 3Gは非対応
・Disney Mobile:DM001SH、DM002SH
●アクセス方法
スマートフォン・フィーチャーフォン共通
[URL]http://gree.jp/r/63545/1
※各端末から上記へアクセスしてください
※ゲームを遊ぶには「GREE」への会員登録が必要です

●料金
基本プレイ無料(アイテム課金型)
●配信対象国
日本
●対応言語
日本語

■「ラブセン〜V6 とヒミツの恋〜」開発の経緯

2012年12月26日にTBS系列で放送された特別番組「V6 LOVE VICTORY」で、リアルな恋愛をテーマに各界の女性とV6のメンバーが熱いトークを繰り広げました。この中でV6が主演したリアルな恋愛再現ドラマが話題となり、それをきっかけに、V6が実写で登場する恋愛ソーシャルゲームを開発することになりました。

■撮影エピソード

「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」に登場する写真の撮影は、3日間にわたって行われました。ゲームの世界観やシーンの設定などはディレクターとディスカッションしながら進められ、非常にクリエイティブなものでした。カジュアルからスーツ、そしてステージ風衣装まで、「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」のためだけに揃えられた服に身を包んだメンバーが、細かく設定されているシチュエーションごとに表情を変えながら、阿吽の呼吸でポーズを次々と決めていく様子に、スタッフ一同は驚きと感動を覚えました。

  • 坂本昌行(さかもとまさゆき)さん
    リクエストに応じてポーズを取っていた坂本さんが、「では、ピースサインをお願いします」というディレクターに、全く違ったポーズでおどけ、スタッフ一同がそれにツッコミを入れたことがありました。撮影現場は一気に笑いに包まれ、スタッフを和ませる気遣いは、さすがV6のリーダーという印象でした。
  • 長野博(ながのひろし)さん
    今回の個別撮影で、一番最初に撮影をスタートしたのが長野さんでした。シナリオのシチュエーションやシーンについて、自らポーズや演出のアイディアを出し、とても熱心に撮影に臨まれました。長野さんの思いの詰まった写真の数々に、ご注目ください。
  • 井ノ原快彦(いのはらよしひこ)さん
    細かなリクエストにも、井ノ原さんは笑顔で頷き、その要望に即座に対応され、何パターンもの表情を見事に作られていました。ディレクターも驚いた井ノ原さんの表情のバリエーションの多さも、ゲームでじっくりとお楽しみください。
  • 森田剛(もりたごう)さん
    ディレクターからの「照れている表情をお願いします」というリクエストに、森田さんは、本気で照れながらも素敵な表情を見せてくれました。いつもクールな森田さんが、部屋着姿で優しい笑顔になった1枚は必見です。
  • 三宅健(みやけけん)さん
    各カットごとに真剣な眼差しでモニターの写真を確認している三宅さんの横顔は、まさにプロの表情でした。V6の中でも一番のゲーム好きということもあり、撮影後に開発スタッフと流行りのソーシャルゲームの話題で盛り上がる一面も見られました。
  • 岡田准一(おかだじゅんいち)さん
    少し早めに撮影現場に現れた岡田さんは、他のメンバーが撮影している様子を真剣な面もちで確認しながら、イメージを膨らませている様子でした。臨場感の溢れる写真作りをされ、それによってスタッフ一同の気持ちも高まり、快調に撮影が進みました。
  • 関連タイトル:

    ラブセン〜V6とヒミツの恋〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月17日〜01月18日