オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/11/15 11:00

ニュース

5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に

 2018年11月14日,シャープは,5.2インチ採用の小型筐体にQualcomm製のハイエンドSoC(System-on-a-Chip)「Snapdragon 845 Mobile Platform」を搭載するスマートフォン「AQUOS R2 Compact」を発表した。2019年1月中旬にソフトバンクから発売の予定だ。

AQUOS R2 Compact。液晶パネルは解像度が1080×2280ドットで,アスペクト比は9:19となる
画像(002)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に

カラーバリエーションはピュアブラックとディープホワイトの2色
画像(005)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に
 シャープといえば,コンパクトサイズでハイスペックなスマートフォンを作るのを得意とするメーカーである。ただ,ここ最近の同社製コンパクト端末といえば,エントリー〜ミドルクラス市場向けの製品となっており,ゲーマーの選択肢に入れるには,性能面でやや物足りないという状況にあった。
 その点,AQUOS R2 Compactは,現行のハイエンド市場向け端末である「AQUOS R2」と同じSoCを採用し,メインメモリ容量4GB,内蔵ストレージ容量64GBと,性能に直結するスペックは同等のものを搭載しながら,コンパクトサイズを実現したのが見どころだ。

AQUOS R2 Compactを左,AQUOS R2を右に並べた様子(左)。あまりのサイズ差に笑ってしまったほどだが,性能に直結するスペックは同等というのがすごい
画像(004)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に

 ボディの横幅は,日本人が片手で端末を持ち,持った手の親指で操作する場合を想定した場合,65mm以下がベストサイズという検討結果をもとに,先代モデルとなる「AQUOS R Compact」の公称本体サイズ66(W)×132(D)×9.6(H)mmよりも小さな,64(W)×131(D)×9.3(H)mmというサイズを実現したという。
 それでいて,ディスプレイはAQUOS R Compactの4.9インチサイズよりもわずかに大きな5.2インチサイズとなっているのだから大したものである。

日本人の手で握り,握った手の親指で操作するのに適当なサイズとして,幅65mm以下,画面端までは60mm以下を定義(左)。実際にはわずかに小さい幅約64mmを実現した(右)
画像(012)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に 画像(011)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に

実際に片手で持った様子(左)。片手持ちでも操作しやすいサイズで,縦画面のゲームをプレイしやすそうだ。右写真はジーンズのポケットにスマートフォンを入れる場合を想定した展示である。6インチ級の端末では大幅にはみ出してしまうが,AQUOS R2 Compactなら,上側が少しはみ出るだけですむ
画像(003)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に 画像(010)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に

 フットプリントがやや小さいボディに,やや大きい液晶パネルを搭載しつつ,AQUOS R Compactの使い勝手を損なわない端末を実現するために,画面上端と下端の両方に切り欠き(ノッチ)を設けた「ダブルノッチ」のデザインを採用したことも,AQUOS R2 Compactの特徴である。
 液晶パネル上端は,パネルを丸くくり抜いた部分にインカメラを配置。一方の下端側は,液晶パネルの上に薄型の指紋認証センサーを載せているとのこと。これにより,上下左右の四辺ギリギリまで液晶パネルを広げるデザインを実現したわけだ。

上端のインカメラは,液晶パネルの上端をU字型に切り欠くのではなく,丸い孔を空けて配置している(左)。U字型から円に変えたことで,切り欠き部分の面積は,先代モデルよりも26%小さくなったそうだ。下端は液晶パネルを切り欠いているのではなく,指紋認証センサーが液晶パネルの上に載る構造となっている(右)
画像(006)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に 画像(007)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に

 搭載する液晶パネルは,シャープ得意の「ハイスピードIGZO液晶」で,最大120Hzの可変フレームレート表示が可能となっている。対応ゲームがまだ少ないのは残念だが,60Hzを超える可変フレームレート表示対応のゲームであれば,なめらかな映像表現を楽しめるだろう。

液晶パネルはHDR表示規格「Dolby Vision」に対応(左)。先代モデルと比べて,CPU性能は50%,GPU性能は4倍に向上しているにも関わらず,放熱設計の改良によって最高性能を維持できる時間は約7倍に向上したという(右)
画像(013)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に 画像(014)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に

AQUOS R2 Compactのフレーム部分(左)と,メイン基板およびバッテリー。バッテリー容量は2500mAhと,Snapdragon 845搭載端末の中では少ないほうだが,シャープでは3日間の連続稼働を目標に調整中とのことだ
画像(008)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に 画像(009)5.2インチ液晶パネル搭載のハイスペックスマートフォン「AQUOS R2 Compact」をシャープが発表。2019年1月にソフトバンクから発売に

 「片手でも使いやすい程度の小さなスマートフォンが欲しいけれど,スペックの低い端末はゲームに適なさいし……」と悩んでいるような人にとって,AQUOS R2 Compactは願ってもない製品となりそうだ。

●AQUOS R2 Compactの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 9.0
  • ディスプレイパネル:5.2インチIGZO液晶,解像度1080×2280ドット,アスペクト比 9:19
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」
    ・CPUコア:Kryo 385(最大2.8GHz)×8
    ・GPUコア:Adreno 630
    ・モデム:Snapdragon X20 LTE
  • メインメモリ容量:4GB
  • ストレージ:64GB
  • アウトカメラ:有効画素数約2260万画素
  • インカメラ:有効画素数約800万画素
  • バッテリー容量:2500mAh
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0
  • USBポート:USB Type-C
  • 公称本体サイズ:64(W)×131(D)×9.3(H)mm
  • 公称本体重量:約135g
  • 本体カラー:ディープホワイト,ピュアブラック

シャープのAQUOS R2 Compact特設Webページ

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月17日〜12月18日