オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
本日稼働,「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」。制作秘話も飛び出した開発陣への合同インタビューを掲載。鎌池和馬氏と成田良悟氏からのメッセージも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/03/18 19:10

インタビュー

本日稼働,「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」。制作秘話も飛び出した開発陣への合同インタビューを掲載。鎌池和馬氏と成田良悟氏からのメッセージも

 セガの新作2D対戦格闘ゲーム「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」(以下,電撃FC)が,本日(2014年3月18日)全国のゲームセンターにて稼働を開始した。
 同作は,アスキー・メディアワークスのライトノベルレーベル「電撃文庫」の20周年記念を記念して制作されたタイトルで,電撃文庫のキャラクター達が作品の枠組を超えた戦いを繰り広げるという対戦格闘ゲームだ。プレイアブルキャラクターは全8名で,「ソードアート・オンライン」のキリトやアスナ,「とある科学の超電磁砲」の御坂美琴といった人気キャラクターが登場している。
 今回は,その稼働を記念したメディア合同インタビューが,東京の「セガ 秋葉原 1号館」にて開催されたので,その模様をお伝えしていこう。インタビューに応じたのは,同作の開発プロデューサー・野中竜太郎氏と,開発ディレクター・寺田貴治氏。制作秘話など語ってもらったので,本作に期待する人は,ぜひご一読を。

■関連記事:

開発プロデューサーの野中竜太郎氏(左)と,開発ディレクターの寺田貴治氏(右)

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」公式サイト



電撃FCはプレイヤーと一緒に作ったゲーム


――ついに「電撃FC」が稼動開始となりました。今の気持ちをお聞かせきください。

寺田氏:
 自分はこれまで,主にコンシューマゲーム機用タイトルを手がけていたこともあって,ちょっと怖さを感じてしまいますね(笑)。アーケードゲームって,実際に遊んでいるプレイヤーさんを,目の前で見ることになるわけじゃないですか。感想がダイレクトに伝わってくるので,それに少し戦々恐々としています。
 ただ,皆さんに楽しんでいただける作品に仕上がった自信はあるので,今日は各地のゲームセンターを回って,皆さんにパワーをいただきつつ,今後の開発に活かしていきたいと思っています。

野中氏:
 何度かロケテストを経て,プレイヤーの皆さんの意見を取り入れながら開発を進めてきたので,完成したという達成感は,ちょっと薄いかもしれません。でも,さすがに稼動日ともなると,緊張してしまいます(笑)。
 電撃文庫ファンはもちろん,目の肥えた格闘ゲームプレイヤーにも楽しんでいただけるよう調整をしたつもりです。今日から皆さんに触っていただいて,反響やご意見をいただくことが,恐くもあり楽しみでもあり……という感じです。

――過去4回行われたロケテストを経て変化した部分,またプレイヤーからの意見を反映した部分などがあれば教えてください。

寺田氏:
 最初のロケテストでは,いわゆる「待ち」が強すぎるのではないか,という意見をいただきました。なので,行動の選択肢が増えるように調整しています。そのほかにも,技の威力やサポートキャラの使い勝手など,毎回さまざまな意見をいただいて,それぞれゲームに反映しています。分かりやすいもので言えば,全員が共通して持つ崩し技の「インパクトブレイク」や,サポートキャラクターの技バリエーションなどでしょうか。
 我々がこのゲームの制作者であるのは確かですが,ロケテストに参加してくれた皆さんと一緒に作ったゲーム,という側面も,少なからずあると考えています。

野中氏:
 初出展させていただいた時の話なのですが,遊んでくれた方の中に「そもそもゲームの始め方が分からない」という方が来られていて。まずそれが自分にとってはカルチャーショックでした。このタイトルは,そういった普段アーケードに足を運ばない人にも楽しんでもらえるものにしなければと,認識を新たにした部分です。難度を上げることなく,かつ読み合いを楽しめるよう,バランス調整には最後まで気を使いました。

サポートキャラクターは当初,1キャラクターに対して1種類のアクションしか用意されていなかった。現在は各キャラクターに新たなアクションが1種類ずつ追加されている
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX 電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

寺田氏:
 そうですね。それこそ,最後の1週間で別物になったと言えるくらいです。少しでも面白いゲームになるようにと,ギリギリまで調整を重ねていましたから。

野中氏:
 プレイヤーからの声には,かなり真摯に取り組ませていただきました。その声に応える形で大きな追加要素が加わったこともあり,その度にバランス調整を繰り返しました。

寺田氏:
 公式ブログでも紹介したんですが,いただいたアンケート用紙の量が,それはもう凄まじいんですよ。ブログに載せた写真はあれでごく一部で,格闘ゲーマーの熱さを強く感じました。

野中氏:
 そういった意見を取り入れて,最終的には皆さんに楽しんでいただけるバランスになったと思っています。その辺りは,ぜひ触って確認していただきたいですね。


――初心者プレイヤーに対するサポートなどは,何らかの形で用意されていますか?

野中氏:
 もちろん,実施予定です。まずは,ごく基本的な部分から――それこそ「どうやって遊ぶの?」という所からスタートして,そもそもゲームセンターに足を運ばない人でも,すんなり楽しめる環境づくりに取り組みたいと思っています。

寺田氏:
 「クライマックスアリーナ」という連動サイトもスタートしていますので,これについても,公式サイトなどで,手厚く紹介したいと思っています。

――今後のバージョンアップについて,何かの予定はあるでしょうか。また,プレイヤーが開発に意見を届けるには,どうすればいいですか?

野中氏:
 クライマックスアリーナの中に,ご意見フォームがありますので,そちらからぜひお送りいただければと。ただ,どのキャラクターにも勝ち筋は用意したつもりですので,研究が進むことで見え方が変わってくるキャラクターもいると思っています。なので,まずはゲームをじっくり遊んでみていただくのが,良いのではないかと思います。

――大会イベントの実施などは予定されていますか?

(たまたま立ち会っていた,セガ企画・運営の)セクシー齋藤氏:
 まずはALL.Net P-ras MULTIに対応した格闘ゲームを対象とした大会が,4月13日にここセガ秋葉原1号館で開催予定です。もちろん本作も参戦しますので,それが最初の公式イベントになるでしょう。大会の模様は,4月19日にはニコニコ生放送でも配信される予定ですので,参加できない方も,ぜひご覧いただければと思います

野中氏:
 ゆくゆくは,大きな大会もやっていきたいですね。

寺田氏:
 公式イベントでこそありませんが,twitterを見ていると,さっそく個性豊かな大会を開催してくれている店舗さんがあるみたいで。アニメの主題歌を歌ったり,原作本を持ってくれば参加費無料だったりとか。稼働初日の朝10時からスタートする大会とか(笑)。粋なことをやってくれていて,我々としてもありがたい限りですね。

インタビューの会場となった,セガ 秋葉原 1号館。4階に固定対戦台が4セット,6階にタイトルセレクト対戦台が1セットのほか,3階にはシングル専用台も用意されている


原作者も巻き込んで制作された演出や掛け合いの数々


――キャラクターのアクションや台詞に関して,とくにこだわった部分を教えてください。

寺田氏:
 原作キャラクターを,原作タッチのまま動かすことにこだわりました。なので,幕間をあまりスキップせずに楽しんでいただけると嬉しいですね(笑)。

野中氏:
 キャラクターの台詞も,すべて作家の皆さんの監修を経たものなんです。原作ではあり得ない掛け合いも,しっかり原作の世界観を踏まえていますので,原作ファンの方には楽しんでいただけるはずですよ。

寺田氏:
 特別な掛け合いは,本当にたくさん用意しています。ぜひ探してみてください。

――PVの中でも,キリトがシャナの贄殿遮那(炎の剣)を欲しがるなど,色々な掛け合いがありましたね。

野中氏:
 キリトとシャナに関しては,寺田が振ったアイデアを開発のフランスパンさんが膨らませてくれて。最終的に,ああいう形に落ち着きました。

寺田氏:
 最初は「炎の剣だ……。すごいな」くらいの台詞だったんですが。それがいつの間にか「倒したらドロップしないかな!」になっていて驚きました(笑)。

――電撃文庫の作家さんや,編集部とのやり取りの中で,印象に残ったエピソードなどはありましたか?

寺田氏:
 伏見つかささん(「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」著者)は,とくに印象に残ってます。監修のためにキャラクターの性能や,ドット絵の立ち絵をお送りしたら,送った資料の10倍くらいのメッセージが帰ってきまして。キャラクターだけでなく,技性能にまで言及されていたので,桐乃に関しては,伏見さんと二人三脚で作っていった感じです。

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

野中氏:
 「このキャラ,このコマンド追加できませんかね?」とか,ありましたね(笑)。

寺田氏:
 「あのゲームのあのキャラみたいには,なってほしくないんです!」とか。本当に格闘ゲームがお好きな方なんだなと。

 稼働に合わせ,電撃文庫の人気作家である鎌池和馬氏(「とある魔術の禁書目録」)と成田良悟氏(「デュラララ!!」)からのコメントも届いているので,ここに掲載しておこう。

鎌池和馬氏コメント

 バトルに勝利できればもちろん楽しいのですが,たとえ負けてしまっても楽しむことができるゲームです。プレイしてみると,キャラ1つ1つの技を全部見たくなる気分にさせてくれます。電撃文庫ファンや格闘ゲーム好きな皆さんに楽しんでいただければと思います。

成田良悟氏コメント

 「デュラララ!!」ファン,そして静雄ファンには太鼓判を押してオススメできます。もちろん他のキャラもオススメです。もし電撃文庫を知らない方でも,実際にプレイして技や演出を見てもらえば「どんなキャラクターなんだろう?」と気になって原作を読んでもらえたりと,電撃文庫ファンと格闘ゲームファンが互いに刺激し合えるようなゲームだと思います。ぜひ楽しんでみてください。

野中氏:
 作家さんもイラストレーターさんも,格闘ゲームが好きな方が多くて。寺田も「これは大丈夫なのか?」っていう案を出していたのですが,意外とそれが通っちゃう。

寺田氏:
 ……そんなのあったっけ?

野中氏:
 智花なんかは,まさにそうですよね。5人揃って「ロウきゅーぶ!」って叫ぶクライマックスアーツとか。

寺田氏:
 ああ……あれは,原作ネタではなくて,声優さん達がライブでするポーズなんですよね。思いついたので提案してみたら,通っちゃったという。……確かに言われてみると「これ大丈夫?」って部分は結構ありましたね(笑)。アスナの「キリトくんも早く脱いでよ」って名台詞も,「あなたも早く脱いでよ」って変更させてもらいましたし。

野中氏:
 そういった部分も含め,作家の皆さんも楽しんでご協力いただけのかなと。


――「実は参戦させたかった」というキャラクターはありましたか?

寺田氏:
 今でこそ,ラスボスが「バーチャファイター」のアキラですが,最初はカブトムシかブラックバスがいいなって……スイマセン,冗談です(笑)。


――最後に,電撃文庫ファンと格闘ゲームファンへ向け,メッセージをお願いします。

寺田氏:
 「電撃FC」は格闘ゲームですので,どうしても勝敗は決まってしまうゲームです。ですが,演出やキャラクターの力で,勝った人も負けた人も楽しめるゲームになったと思います。格闘ゲーム好きな方も,原作好きな方も,皆さんでワイワイと楽しんでいただけると嬉しいです。ゲームセンターという空間を共有した仲間との時間は,かけがえのないものですので。ぜひゲームセンターまで足を運んでいただいて,本作をプレイしていただければ幸いです。

野中氏:
 もともと電撃文庫20周年の一環として始まった「電撃FC」ですから,お祭り感を感じていただきたいというのが,一番の狙いです。第1回目のロケテストから,皆さんと一緒に作り上げてきたそのお祭りが,ついに始まりました。対戦はもちろん,1人で遊んでも十分に楽しめる内容になっているので,ぜひプレイしてみてください。シングルモードの最後には,驚くような展開も用意しているので,そういった部分もぜひ楽しんでほしいですね。

――ありがとうございました。

黒雪姫役の声優である三澤紗千香さんのサインが入れられたポスター。こちらは現在,セガ秋葉原1号館の4階に掲示中だ
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX 電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」公式サイト

  • 関連タイトル:

    電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

  • 関連タイトル:

    電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月09日〜12月10日