オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
NAtURAL DOCtRINE公式サイトへ
読者の評価
65
投稿数:10
レビューを投稿する
海外での評価
53
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
角川ゲームスが「KADOKAWA GAME STUDIO MEDIA BRIEFING 2013 AUTUMN」を開催。「艦これ改(仮)」および「NAtURAL DOCtRINE」が正式発表された会場の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/09/26 22:00

イベント

角川ゲームスが「KADOKAWA GAME STUDIO MEDIA BRIEFING 2013 AUTUMN」を開催。「艦これ改(仮)」および「NAtURAL DOCtRINE」が正式発表された会場の模様をレポート

 角川ゲームスは2013年9月26日,メディア向け発表会「KADOKAWA GAME STUDIO MEDIA BRIEFING 2013 AUTUMN」を東京国際フォーラムにて開催した。
 このイベントでは,既報のとおり,同社の開発スタジオである「KADOKAWA GAME STUDIO」の設立が発表され,「NAtURAL DOCtRINE」PlayStation 3/PlayStation 4/PS Vita)およびPS Vita用ソフト「艦これ改(仮)」が開発中であることなどがアナウンスされた。



プロ/アマ問わず新しい才能を発掘する「Project Discovery」の第2弾が始動


 最初に登壇した角川ゲームス 代表取締役社長/KADOKAWA GAME STUDIO エグゼクティブプロデューサー 安田善巳氏は,今後5年10年先を見据えると,自分達自身が主体となって新規ゲームIPを作っていくことが重要になると話す。そのために,プロジェクトごとに得られる知見をしっかりと次につなげ,得意とする分野を確立し,そして自分達はこうありたいという信念を持つ場としてKADOKAWA GAME STUDIOを設立したと語った。

角川ゲームス 代表取締役社長/KADOKAWA GAME STUDIO エグゼクティブプロデューサー 安田善巳氏
角川ゲームス 開発本部 副本部長/KADOKAWA GAME STUDIO プロデューサー 田中謙介氏

 続いて,角川ゲームス 開発本部 副本部長/KADOKAWA GAME STUDIO プロデューサー 田中謙介氏により,「Project Discovery 2nd Season」が紹介された。この取り組みは,ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)と角川ゲームスによるユーザー参加型の共同プロジェクト第2弾で,PS Vita向けノベルゲームのシナリオやキャラクターデザインなどを,プロ/アマの垣根を超えて公募し,新しい物語や,それを作る才能を発掘しようというものだ。
 会場では,このProject Discovery 2nd Seasonの募集が,9月26日に開始されることが発表された。なお今回は,シナリオライター/グラフィックスデザイナー/サウンドデザイナー/ボイスアクターの4部門を募集する(関連記事)。


NAtURAL DOCtRINE NAtURAL DOCtRINE

SCEJA 戦略企画部 ジャパンビジネス企画課 課長 Project Discovery 担当プロデューサー 多田浩二氏
 またSCEJA 戦略企画部 ジャパンビジネス企画課 課長 Project Discovery 担当プロデューサー 多田浩二氏は,現在,角川ゲームスの開発したスマートノベルエンジンを使って,第1回Project Discoveryの受賞作品をベースとしたノベルゲームのプロトタイプ版を制作中であるとし,2014年春にPS Storeにて配信開始予定であることを明かした。

 多田氏は,第1回の募集には500を超える作品が寄せられたと話し,選考作業が大変だったことを明かす。また安田氏は,募集期間の締め切り間際に多数の作品が届いたことや,表彰式が非常に感動的だったことを振り返り,今回も大きく盛り上がってほしいと期待をのぞかせた。

NAtURAL DOCtRINE NAtURAL DOCtRINE


ブラウザゲーム版と並行開発していたPS Vita用「艦これ改(仮)」


 次に発表されたのは,2014年発売予定の「艦これ改(仮)」である。このタイトルは,ブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」のコンシューマゲーム版だが,実のところ両者はほとんど並行して開発が進んでいたと田中氏。またプラットフォームをPS Vitaにすることも,1年以上前から想定していたという。
 なお「艦これ改(仮)」のゲーム内容は,田中氏いわく「最上に対して,最上改くらい」とのことで,「艦これ」とまったく違ったものになることはないようである。

NAtURAL DOCtRINE

声優の大坪由佳さん
 続いて「艦これ」プロジェクトを一緒に作っていくパートナーとして,声優陣の中から伊勢などのボイスを演じる大坪由佳さんがゲストとして登壇。大坪さんは,「艦これ」の仕事をするにあたり,戦艦について調べているうちに,プラモデルを購入するほど好きになってしまったという。

 また安田氏が,一人のプレイヤーとして,ゲーム内で大坪さんの演じる伊勢と日向を育成していることや,北上が野戦で大破すると必ずロストしてしまうといったエピソードを明かすと,大坪さんも「私の演じたキャラクターが多くのプレイヤーに可愛がられていて嬉しいです」と感謝の言葉を口にした。


大坪さんは,スーパー北上として,今回の発表に対する感想をコメントした。まあ,画面に映し出されていたのは,ノーマルの北上さんだが……
NAtURAL DOCtRINE

 もう一人のパートナーとして,「艦これ」のサービスを提供しているDMM.comから,プロデューサーの岡宮道生氏が登壇。岡宮氏は,田中氏と二人で立ち上げた「艦これ」がここまで大きな存在となったことに驚くとともに感激しているとし,角川ゲームスと全国にいる提督(プレイヤー)に感謝の意を示した。また会場では,岡宮氏が作曲家として「艦これ」の“夜戦の曲”を手がけていることも明かされた。

DMM.com プロデューサー 岡宮道生氏
会場では,4人の登壇者から全国の「艦これ」の提督に向けて感謝の言葉が述べられた

角川書店 常務取締役 安田 猛氏
 さらに会場では,角川書店 常務取締役 安田 猛氏から,「艦これ」のアニメ化が発表された。安田氏は,メカ少女をフィーチャーしたアニメタイトルが数多くある中,「艦これ」は独特のデザインで魅力を発揮したのではないかと分析し,これだけの内容のゲームが短期間で作られたのは素晴らしいと賞賛。
 なおストーリーの構成や,艦娘がどのような動きをするのかについては,現在,企画検討中とのことで,今のところ声優陣がゲームと同じであること以外,アニメ化に関して公開できる情報はないそうだ。肝心のアニメの公開は,2014年夏から秋を目標としているという。


KADOKAWA GAME STUDIOは「NAtURAL DOCtRINE」のために設立された


NAtURAL DOCtRINE
 最後に発表されたのは,2014年2月22日に発売予定の「NAtURAL DOCtRINE」だ(関連記事)。安田氏は,同タイトルが過去2年間にわたって企画開発されてきたことを明かし,KADOKAWA GAME STUDIOは,このタイトルのために設立されたと表現しても過言ではないと話す。
 また田中氏は,同タイトルの企画が「新しいシミュレーションRPGとして,たとえたどり着けなかったとしても,先達の作り上げたスタイルのその先を目指す」ことから始まったことを明かした。
 なお企画開発にあたっては,田中氏がトリッキーな方向に行ってしまいがちなところを,安田氏が王道の内容に引き戻すというやり取りが頻繁になされていたようである。


NAtURAL DOCtRINE NAtURAL DOCtRINE
NAtURAL DOCtRINE NAtURAL DOCtRINE

ufotable 代表取締役社長 近藤 光氏(写真左)と,デザイナー 碇谷 敦氏(写真右
 会場では「NAtURAL DOCtRINE」に携わったスタッフが紹介された。まず登壇したのは,キャラクターデザインを担当したufotableの代表取締役社長 近藤 光氏と,デザイナー 碇谷 敦氏だ。
 近藤氏は,この仕事を受けるにあたり,ufotableの手がけるアニメ「Fate/Zero」の中で活躍していた碇谷氏をアテンドしたと語る。また田中氏も,上がってきたデザインラフの一部修正を碇谷氏に依頼すると,全部描き直してしまうほどだったと,その熱心さをアピールした。

 キャラクターの書き込みに関しては,世界観の重厚な雰囲気に負けないように影や線を増やしたと碇谷氏。ちなみに田中氏は,ゲームの主要キャラの一人「ヴァシリー」についてかなりの思い入れがあるようで,碇谷氏に臀部の曲線に関する修正を何度も出していたことが,近藤氏から明かされた。ちなみに主要キャラは十数名いるとのことで,その中でも碇谷氏は「へたれた魔法使い」など,男性キャラを描くほうが得意とのことである。

NAtURAL DOCtRINE NAtURAL DOCtRINE

BBQ 代表取締役社長 飯 淳氏
 次に登壇したのは,「NAtURAL DOCtRINE」のディレクターとしてシステム開発を担当するBBQの代表取締役社長 飯 淳氏である。安田氏は,このタイトルの王道感をプレイヤーに伝えるため,飯氏にカメラアングルの修正を依頼したところ,極めて迅速に対応してくれたというエピソードを披露。また田中氏は,飯氏とのやり取りを「文化祭の前夜」と表現し,「この勢いのままマスターアップを迎えたい」と語る。そして飯氏自身も,最良の形でゲームをプレイヤーに届けたいと意気込みを見せていた。

作曲家 朝倉紀行氏
 続いて「NAtURAL DOCtRINE」の音楽を手がける作曲家の朝倉紀行氏が登壇。朝倉氏は,ゲームのグラフィックスと自身の楽曲が組み合わさったプロモーション映像を鑑賞し,「このプロジェクトに携わって本当によかった」と感想を述べる。一方,安田氏は,ゲームがさまざまな広がりを見せる部分を表現すべくバロック調の楽曲を依頼したところ,朝倉氏が作曲だけでなくオペラ歌手のチョイスまでして,それに応えたことを明かした。

 さらに「NAtURAL DOCtRINE」のエンディングには,安田氏の強い意向で,プログレッシブ・ロックバンド「キング・クリムゾン」の1stアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」の最後を飾る同名曲が起用されることも発表された。ゲームでは,アレンジが施された形で収録されるとのことで,朝倉氏は「原曲のテイストを残していますが,ボーカルをオペラ歌手が手がけるなどの変化球を楽しんでほしい」と話していた。

NAtURAL DOCtRINE

SCEJA シニアバイスプレジデント 桐田富和氏
 最後にスペシャルゲストとして登壇したのは,SCEJA シニアバイスプレジデント 桐田富和氏である。桐田氏は,角川ゲームスがPlayStationプラットフォーム向けに「LOLLIPOP CHAINSAW」「KILLER IS DEAD」といったコアな層に向けたゲームをリリースしていることに触れ,とくに「デモンゲイズ」は古典的ジャンルの根強いファンに訴えかける内容で,PS Vitaの価格改定前に機運を盛り上げたタイトルだったと賞賛。桐田氏は今回,新たに設立されたKADOKAWA GAME STUDIOには,そうした角川ゲームスのフラッグシップタイトルとして,第1弾となる「NAtURAL DOCtRINE」,第2弾となる「艦これ改(仮)」に期待しているとし,またプラットフォーマーとして積極的にサポートをしていくと述べていた。

 イベントのエンディングでは,安田氏がKADOKAWA GAME STUDIOについて,序列なくスタッフが一丸となってゲームの開発に取り組んでいることを披露し,ぜひ今後の展開にも注目してほしいと述べて,一連の発表を締めくくった。

  • 関連タイトル:

    NAtURAL DOCtRINE

  • 関連タイトル:

    NAtURAL DOCtRINE

  • 関連タイトル:

    NAtURAL DOCtRINE

  • 関連タイトル:

    艦これ改

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年05月〜2018年11月