オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
F1 2012(日本語版)公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PC版「F1 2012」(日本語版)の発売日が10月4日に決定。世界最高峰のモータースポーツを擬似体験するチャンス
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/14 20:41

ニュース

PC版「F1 2012」(日本語版)の発売日が10月4日に決定。世界最高峰のモータースポーツを擬似体験するチャンス

F1 2012(日本語版)
 イーフロンティアは本日(2012年9月14日),PC用ソフト「F1 2012」(日本語版)を10月4日に発売すると発表した。価格は8000円(税込)となる。

 F1 2012は,「2012 FIA フォーミュラ1世界選手権」の公式データを用いたレーシングゲームで,実在のF1ドライバーやチームが実名で登場。本作では,「F1」シリーズで初となるチュートリアルモード「ヤングドライバーテスト」が搭載され,ゲームを楽しみながらF1に必要な基礎知識やスキルを習得できるのが特徴だ。
 また,アメリカ・グランプリの舞台となる「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」が収録され,実際のレースが行われるより前にサーキットでの走りを体験できる。

 さらに,局地的な天候の変化を描写する「アクティブ・トラック・テクノロジー」や,元F1ドライバーのアンソニー・デビッドソン氏が各サーキットの特徴を紹介する「ラップチュートリアル」など,多数の新システムが登場。従来のシリーズ作品と比べて,リアリティがより追求されているので,モータースポーツファンはお見逃しなく。

F1 2012(日本語版)
F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版)
F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版)

イーフロンティア公式サイト

「F1 2012」(PlayStation 3/Xbox 360版)公式サイト


『F1 2012』(日本語版) 発売のお知らせ

株式会社イーフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役:安藤 健一)はコードマスターズ株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長 三宅一壽 本社:英国)の『F1 2012』(日本語版)を2012年10月4日に発売致します。

■製品概要
『F1 2012』は、2012 FIA FORMULA ONE World Championship(2012 FIA フォーミュラ1世界選手権)の公式データを基に再現された、世界最高峰のモータースポーツ、F1の魅力を手軽に疑似体験することのできる、唯一のオフィシャルF1ゲームです。
『F1 2012』は、技術面での進化はもちろん、前作以上にゲームを楽しめるよう、あらゆる面で改良を加えています。特に、対戦モードや協力プレイなどのマルチプレイヤーモードの強化により、さらに楽しく、仲間同士で競い合えるようになりました。
また、F1シリーズ初のチュートリアルモード、「ヤングドライバー・テスト」モードの追加により、初めてF1ゲームをプレイするユーザーが、実際のF1の世界でも扱いの難しいF1マシンの操作を簡単に習得できるように改良されています。

■主な特徴
●チュートリアルモード、「ヤングドライバー・テスト」を収録

本作では、F1の世界への第一歩となる、ヤングドライバー・テストへの参加からゲームが始まります。F1シリーズ初のチュートリアルモードとなる同テストを、実際のドライバーと同様に体験することで、マシンの操作などを通じて、F1ドライバーとして必要な基礎知識やスキルを徐々に習得できる上、効果的なDRSやKERSの使い方など、マシンから最高のパフォーマンスを引き出す方法を学ぶことができます。

●注目のアメリカ・グランプリの新サーキットも収録!
2012年シーズンのF1カレンダーに復活したアメリカ・グランプリの開催地、サーキット・オブ・ジ・アメリカズも収録。本作では、テキサス州オースティンに新設された同サーキットを、11月のアメリカ・グランプリの開催よりひと足先に体験できます。決勝には12万人のファンの来場が見込まれている、同サーキットの華々しいF1デビューは、本作においても高解像度で再現されています。

●進化した天候システムで局地的な変化も再現!
『F1 2011』で用いた天候システムの技術的な進化に加え、局地的な天候の変化をも描写する「アクティブ・トラック・テクノロジー」を採用することで、ダイナミックな天気の移り変わりをより緻密に再現します。同一サーキット上でも、一部でウェット、一部でドライといった異なる路面のコンディションが生まれ、予測できないドラマチックな展開や戦略の変更を余儀なくされるといった状況でのレース展開を楽しめます。

●ラップチュートリアル
本作では、元F1ドライバーで、本作のテクニカル・コンサルタントを務めるアンソニー・デビッドソン氏による、各サーキットの解説を収録しています。2012年のF1カレンダーに含まれる20カ所のサーキットを網羅し、ブレーキングポイントやギアを調整するポイントなど、技術的な観点からのコツをアドバイスしてもらうことができるため、さらに自己記録を更新する上で参考になります。

■スクリーンショット

F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版)
F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版)
F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版)
F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版)
F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版)
F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版) F1 2012(日本語版)

<許諾表記>

【製品概要】
タイトル名: 『F1 2012』 (日本語版)
発売元: コードマスターズ株式会社
販売元: 株式会社イーフロンティア
対応機種: Windows
ジャンル: レーシング
発売日: 2012年10月4日発売予定
希望小売価格: 8,000円(税込)
JANコード: 4562271970391


【最低動作環境】
OS: Windows VistaまたはWindows 7
CPU: Intel Core 2 Duo 2.4GHzまたはAMD Athlon X2 5400+
メモリ: 2GB
HDD: 15GB以上の空容量
グラフィックカード: Intel Core 2 Duo 2.4GHzまたはAMD Athlon X2 5400+
サウンドカード: DirectX対応サウンドカード
その他: Dual Layer対応DVD-ROMドライブ


【推奨動作環境】
OS: Windows VistaまたはWindows 7 64 bit
CPU: AMD BulldozerまたはIntel Core i7
メモリ: 4GB
HDD: 15GB以上の空容量
グラフィックカード: AMD HD 6000シリーズまたはNvidia GTX500シリーズ以上のグラフィックカード
サウンドカード: DirectX対応サウンドカード
その他: Dual Layer対応DVD-ROMドライブ


【対応グラフィックカード】
ATI: AMD Radeon HD2600シリーズ以上, HD3000 シリーズ, HD4000 シリーズ,HD5000シリーズ, HD6000 シリーズ, HD7000 シリーズ
NVIDIA: Nvidia GeForce 8600シリーズ以上, 9000シリーズ, GTX200シリーズ, GTX400シリーズ, GTX500シリーズ, GTX600シリーズ
Intel: Intel HD Graphics 3000, AMD Fusion A8


【対応コントローラー】

ゲームパッド Microsoft Xbox 360 Controller
Logitech Dual Action Gamepad
Saitek P380 Dual Analog Gamepad
Saitek P480 Dual Analog Rumble Gamepad
Saitek PS1000 Dual Analog Pad
Thrustmaster Dual Trigger Rumble Force
Thrustmaster Firestorm Dual Analog 3
Thrustmaster Run N Drive 3-in-1
Thrustmaster Run N Drive Wireless Rumble Force
Thrustmaster T-Wireless 3 in 1 Rumble Force
Logitech Gamepad F510
Logitech Wireless Gamepad F710
ホイールコントローラー Microsoft Xbox 360 Wireless Racing Wheel
Microsoft Sidewinder Force Feedback Wheel with Force Feedback
ECCI Trackstar 6000
Fanatec Porsche 911 Carrera
Fanatec Porsche 911 GT2
Fanatec Porsche 911 GT3 RS2
Fanatec Porsche 911 Turbo S
Fanatec ClubSport Pedals
Logitech Driving Force GT
Logitech Driving Force Pro
Logitech Formula Force EX/RX
Logitech G25 Racing Wheel
Logitech G27 Racing Wheel
Logitech MOMO Racing Force (Racing)
Thrustmaster Ferrari 430 Force Feedback Racing Wheel
Thrustmaster Ferrari GT Experience
Thrustmaster Ferrari GT F430 Wireless Cockpit
Thrustmaster RGT Force Feedback Clutch Edition
Thrustmaster Universal Challenge 5-in-1 Racing Wheel
Thrustmaster T500RS Racing Wheel
Thrustmaster Ferrari F1 wheel Integral T500
Logitech WingMan Formula Force GP Racing Wheel
Atomic Super Sport Evo Steering Wheel
Logic3 Tri Format Topdrive GT
Logic3 Tri Format Topdrive RF
Atomic TVR Sagans Sport Racing Steering Wheel

これらのデバイスを利用する際には.最新のドライバがインストールされていることを確認してください。
いくつかのステアリングコントローラー(Logitech MOMO, Fanatec Porche等)ではペダルが別途付属しています。これらのコントローラーをご使用の場合は、「コントロールパネル」から「ゲーム コントローラー」を選択し、ご使用のステアリングコントローラーの「プロパティ」を開き、「Combined」または「Single Axis」のチェックを外してください。

*既知の問題として、XInputを利用するデバイスは「Xbox 360コントローラー」として検出されることがあります。これらのデバイスを使用してゲームをすることは可能ですが、ボタン配置やアイコンが正常に配置されないことがあります。これらのデバイスを使用する際にはコントローラーの設定画面から正しい配置に設定し直す必要があります。
  • 関連タイトル:

    F1 2012(日本語版)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月27日〜01月28日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月