オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/28 23:00

ニュース

「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

画像(002)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ
 国内ではDMM GAMESがサービスを提供しているMMORPG「The Elder Scrolls Online」PC / Mac / PS4 / Xbox One,以下 ESO)の次期大型アップデート「Elsweyr」(エルスウェア)が,2019年5月20日にアーリーリリースとなる予定だ。

 ESOでは,2019年を「Season of the Dragon」(ドラゴンのシーズン)と位置付けており,1年間にわたって,ドラゴンに関するコンテンツを展開していくという。エルスウェアは,そのシーズンにおいて要となるチャプター(章)であり,新しい地域と新しいクラス,さまざまなダンジョンや高難度グループコンテンツの追加などが行われる。

画像(003)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ


 GDC 2019の期間中,Bethesda Softworksは,サンフランシスコ市内の博物館「The American Bookbinders Museum」にて,エルスウェアの概要説明と体験プレイを行う報道関係者向けイベントを行った。そこで本稿では,エルスウェアにおける新要素の説明や,開発途中版によるプレイの様子をレポートしたい。
 なお,今回紹介している画面や動画は開発中のものであり,正式リリース版とは異なる可能性が――たとえばプレイ動画の音声はダミーのようだ――あることをお断りしておく。

会場となったThe American Bookbinders Museumは,GDC 2019会場であるMoscone Centerの近くにある施設で,製本の歴史を学べる小さな博物館だ。館内には,写真のように北米で実際に使われていた古い製本機などが展示されていた(関連リンク
画像(004)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ 画像(005)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 まずは,今回初公開となったエルスウェアの新しい公式紹介動画を見てほしい。



アジアンテイストなエルスウェア


画像(007)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ
 ESOではこれまでに,2つの有料大型アップデート(チャプター)と11の有料ダウンロードコンテンツ(DLC)がリリースされてきた。エルスウェアは3つめのチャプターとなるものだ。
 チャプターは,ベテランプレイヤーだけを対象とするアップデートではなく,新規,あるいは低レベル帯のプレイヤーにも楽しめるものであり,エルスウェアを導入すると,新しいキャラクターでプレイを始めたときのチュートリアル部分も,エルスウェアを舞台とした新しいものとなる。
 この新チュートリアルは,ゲームの基本的な操作方法を説明するだけでなく,ドラゴンとの戦闘まで含まれているので一見の価値ありだ。


 新チャプターの舞台となるエルスウェアは,タムリエル大陸の中心地であるシロディールから見て南にあり,Elder Scrollsシリーズにおいては,獣人種族カジートの故郷として知られていた土地だ。ESOでは,エルスウェア西部の一部地域がゲーム内で登場していたが,それ以外の広い範囲がゲームで描かれるのは初めてのことだ。

Elder Scrollsシリーズの舞台であるタムリエル大陸全土の地図に,ESOで導入済みの地域を示す円を重ねたスライド。赤い円はESOスタート直後から存在する地域で,緑色の円はDLC,青色の円はチャプターで導入された地域だ。エルスウェアで描かれるのは,スライドの下側中央にあるエルスウェア北部となる
画像(006)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

Rich Lambert氏(Creative Director,Zenimax Online Studios)
画像(008)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ
 ESOの開発を担当するZenimax Online StudiosでCreative Directorを務めるRich Lambert氏によると,エルスウェアの住人であるカジートたちは,エルフよりも古くからタムリエルに住む種族であり,その土地には彼らの築いた遺跡が多数存在するという。

画像(009)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

エルスウェアのアートワーク
画像(014)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 Lambert氏は,エルスウェアの建物や風俗を設計するにあたって,インドネシアやタイ,インドの文化を参考にしたそうだ。実際に公開されたスクリーンショットや動画を見ると,東南アジアや南アジアを思わせる建物が建ち並んでいるのが分かるだろう。

エルスウェアは,インドネシアやタイ,インドの文化を参考にデザインされている
画像(010)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ
画像(011)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 エルスウェア北部は「Aneguina」(アネクイア)と呼ばれているが,その中心都市である「Rimmen」(リンメン)は,テストプレイで歩き回ってみると驚くほど壮麗な都市だった。ESOのゲーム内ではカジートのキャラクターを好んで使っている筆者も,思わず「ごめん,カジート(の文化を)舐めてたわ」と言いたくなるほどだ。

エルスウェアの中心都市であるリンメンは,巨大な石造建築物が建ち並ぶ壮麗な都市だ
画像(013)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ


 エキゾチックな魅力溢れるエルスウェアで,どのような物語が展開されるのかは明らかになっていないが,冒頭に掲載したトレイラーにもあるとおり,封印されていたドラゴンが解き放たれてしまい,それをどうにかするために,プレイヤーたちはエルスウェアで奮闘することになるようだ。
 また,エルスウェアにおける連続したストーリークエストでは,ESO本編におけるメインクエストの登場人物である帝国魔闘士「Abnur Tharn」(アブナー・サルン)や,奇矯な言動が人気の「Cadwell」(キャドウェル)も登場するという。

メインクエストに登場したアブナー・サルン(左)やキャドウェル(右)も,エルスウェアにおける冒険に関わってくるという。公式PVを見る限りでは,ドラゴンの復活はアブナー・サルンのせいにも見え,メインクエストをクリア済みのプレイヤーからすれば,「またお前か!」という気にもなる
画像(015)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 もちろん,エルスウェアでは新しいNPCも登場する。とくに,公式PVでアブナー・サルンと共にドラゴンの復活を目撃することとなったカジートの冒険者「Khamira」(カミラ)が,どのような形でストーリーに関わってくるのかも楽しみだ(関連リンク)。

エルスウェアにおける新NPCの1人であるカミラ。公式PVでは,危ういところをアブナー・サルンに救われているが,サルンの手下ではなく,カジートの実質的なリーダーであるガレシュ・リ卿の部下である
画像(016)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ


ドラゴンボーンではないプレイヤーがドラゴンと戦う


「Player is not Dovahkiin」(プレイヤーはドヴァーキンではない)
画像(018)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ
 冒頭でも触れたとおり,エルスウェアでは地上に現れたドラゴンたちが強敵としてプレイヤーの前に立ちはだかる。Lambert氏は,ドラゴンが非常に強力かつ邪悪なクリーチャーであると説明したうえで,「Skyrimとの最大の違いは,君たちはドラゴンボーンではないということだ」と述べる。ドラゴン語の魔術「シャウト」を駆使し,殺したドラゴンの魂を吸収して己の力に変えるドラゴンボーンのような超人ではないプレイヤーたちにとって,ドラゴンは,Skyrimのそれとは比べものにならないほど強力な敵になるようだ。

このCGでは1人で立ち向かっているが,エルスウェアにおけるドラゴンは,ソロでサクッと倒せるような生やさしいものにはならないようだ
画像(017)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

ドラゴンはクエスト,オーバーランドイベント,試練で出現するという
画像(019)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ
 Lambert氏によると,エルスウェアにおけるドラゴンは,クエスト,エルスウェアの複数地点で発生する「Overland event」(オーバーランドイベント),高難度グループコンテンツである「Trial」(試練)で出現するという。

 オーバーランドイベントとは,ESO本編マップにおける「Dark anchor」(ダークアンカー)や,2018年5月リリースの大型アップデート「Summerset」(サマーセット)で実装された「Abyssal Geyser」(アビサルガイザー)のようなイベントのこと。マップ上の決まった地点で定期的に大量のモンスターが出現し,それらを駆逐していくと,最後に強力なモンスターが登場するという突発的グループイベントといったものだ。
 しかし,ドラゴンが出現するオーバーランドイベントは,アビサルガイザーよりも「ダイナミックなものになる」(Lambert氏)とのこと。いったいどんな仕掛けが用意されているのだろうか。

テストプレイで「Dragon Hunt」というクエストを受けたところ,マップ上の3か所に大きな円が表示されるようになった。ここらにいくとドラゴンが出現するようだ。なお,説明員氏に「これって強い?」と聞いたら,ニヤリと笑って「君はドラゴンボーンじゃないからね」とのことだった
画像(020)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ


新クラス「ネクロマンサー」のアビリティは独特


 エルスウェアでは,2017年6月の大型アップデート「Morrowind」(モロウウィンド)で実装となった「Warden」(ウォーデン)に続く,6つめのクラス「Necromancer」(ネクロマンサー)が追加となる。これまでは,敵としてネクロマンサーが登場する場面は多々あったが,今度はプレイヤーが死霊術を駆使して戦えるようになるわけだ。

画像(021)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 ネクロマンサーには,「Grave Lord」(旧称:Reaper)「Bone Tyrant」「Living Death」という3種類のスキルラインが用意されている。大雑把に言うと,Grave Lordは直接タメージを与える攻撃系,Bone Tyrantは何かを召喚して攻撃,あるいは戦闘の補助を行うもの,Living Deathは回復に関わるものといったところか。
 それぞれのスキルラインに,5種類のアクティブアビリティと4種類のパッシブアビリティ,1種類のアルティメットアビリティがあるというのは,他のクラスと変わらない。

 ただ,ほかのクラスと決定的に異なる点もある。それは,ネクロマンサーのアクティブアビリティには,町中で使用すると犯罪行為になるものがあるという点だ。
 犯罪行為に該当するアクティブアビリティには,説明のツールチップ上に「Criminal Act」という文字が赤字で書かれている。分かりやすいのは召喚系で,死者を召喚するアクティブアビリティを町の中で使用してNPC目撃されると,報奨金メーターが付いてしまう。
 たとえば,筆者が召喚系アビリティの1つである「Skeletal Mage」をNPCの近くで使用したところ,即座に報奨金が付いたうえ,衛兵が攻撃してくる状態になってしまった。アビリティ一発で処刑というのだから世知辛い。

スケルトンの魔術師を召喚するSkeletal Mage(左)のアビリティは,説明に赤字でCriminal Actと書かれている(右)。これが犯罪行為に該当するアビリティであることを示すものだ
画像(024)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ 画像(023)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 とはいえ,ネクロマンサーだからといって,それだけで衛兵に攻撃されるわけではないので安心しよう。無駄死にしたくなければ,犯罪扱いになるスキルを町中で使わないように注意するのが得策だ。


 犯罪となるもの以外にも,ネクロマンサーのアビリティには,NPCの死体からエネルギーを吸い取ってヘルスを回復したり,自らを骨の巨像に変身させたりと,いかにもなものがそろっている。プレイ時間が短かかったので,アビリティの使い勝手や使いどころまでは判断できなかったが,ちょっと変わった戦い方のできるクラスとなりそうで,ネクロマンサーは,ESOにおけるプレイの幅を広げてくれるのではないだろうか。

画像(026)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 そのほかにもエルスウェアでは,ドラゴンと戦う試練「Sunspire」(サンスパイア)が導入される予定だ。

ドラゴンに焦点を当てたという新しい試練「Sunspire」
画像(025)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 また,ベースゲーム部分のアップデートも行われ,プレイヤーギルドに加入したい人が,適当なギルドを探せる「Guild Finder」という機能や,シロディールにおける戦争システムの改良なども加えられるという。

 さらに,「Alt Character Unlocks」という新システムも導入される。これは,たとえばメインで使っているキャラクター以外のキャラクターを迅速に成長させたいという要望に応えるものであるという。
 あるキャラクターでスカイシャードに触れてスキルポイントを得たときに,別のキャラクターがそのスキルポイントを獲得できる仕組みであるそうだ。具体的なデモがなかったので,どうやってスキルポイントを別キャラクターに取得させるのかは分からなかったが,新規のキャラクターでスキルポイントを集めて回るのが非常に面倒くさいという問題点は,ある程度解消されるのではないだろうか。

ベースゲーム分の改良も注目すべき点が多い。とくにAlt Character Unlocksは,複数のキャラクターを使い分けたいベテランプレイヤーには歓迎されそうだ
画像(027)「エルダー・スクロールズ・オンライン」の次期大型アップデート「エルスウェア」はこうなる。復活したドラゴンから新職業まで総ざらえ

 5月20日に向けて,エルスウェアについては,今後もさまざまな情報が出てくるだろう。ESOプレイヤーは,正式リリースを楽しみに待とうではないか。

DMM GAMESのエルダー・スクロールズ・オンライン公式Webサイト

The Elder Scrolls Online公式WebサイトのElsweyr情報ページ(英語)


  • 関連タイトル:

    エルダー・スクロールズ・オンライン

  • 関連タイトル:

    エルダー・スクロールズ・オンライン

  • 関連タイトル:

    The Elder Scrolls Online

  • 関連タイトル:

    The Elder Scrolls Online

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月19日〜04月20日