オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
KDDI,HTC製の日本向け新型スマホ「HTC J butterfly HTL23」を8月下旬に発売。カメラのピントを撮影後に調整できる機能がウリ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/07/31 16:31

ニュース

KDDI,HTC製の日本向け新型スマホ「HTC J butterfly HTL23」を8月下旬に発売。カメラのピントを撮影後に調整できる機能がウリ

 2014年7月31日,KDDIは,HTC製AndroidスマートフォンであるHTC J butterflyシリーズの新製品「HTC J butterfly HTL23」を2014年8月下旬に発売すると発表した。
 HTC J butterfly HTL23は,去る5月14日のKDDI夏モデル新製品発表会で登場が予告されていた日本市場向け製品だ。1300万画素と200万画素という2基の撮像素子とレンズを本体背面にアウトカメラとして搭載し,2つのカメラから得られた奥行き情報を使うことで,写真に3D効果やピントの後調整をかけられる「デュオカメラ」機能を持つのが最大の特徴だ。

HTC J butterfly HTL23。本体のカラーバリエーションは,左からルージュ(赤),キャンバス(白),インディゴ(青)の3色を用意される

 本体サイズは約70(W)×145(D)×10.0(H)mmで,重量は約156g。液晶パネルは5インチサイズで,解像度は1080×1920ドットとなっている。SoC(System-on-a-Chip)はQualcomm製「Snapdragon 801 MSM8974AC」で,メインメモリ容量は2GB,内蔵ストレージ容量は32GBだ。
 「LTE-Advanced」をベースに受信時最大150Mbpsの通信速度を実現した「キャリアアグリゲーション」と,受信時最大110Mbpsでの通信が可能な「WiMAX 2+」の双方に対応する点も特徴といえるだろう。

付属の「JBL ハイパフォーマンス インイヤー ヘッドフォン」(写真中央)はau限定のオレンジ色だ

 スペック的には,すでに販売されている「Xperia ZL2 SOL25」や「GALAXY S5 SCL23」(関連記事)と似たようなものなので,性能面でも見劣りしないと期待される。最近のHTC製品は世界的に再評価されているだけに,興味を引かれる人もいるのではないだろうか。

専用オプションの「ドットビューケース」。時刻や電話・メールの着信通知,バッテリー残量などを本体前面にケースを付けたまま確認できる

●HTC J butterfly HTL23の主なスペック
  • メーカー:HTC
  • OS:Android 4.4(KitKat)
  • ディスプレイパネル:5インチ,解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「MSM8974AC」(クアッドCPUコア,最大CPU動作クロック2.5GHz)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)
  • アウトカメラ:約1300万画素
  • インカメラ:約500万画素
  • バッテリー容量:2700mAh
  • SIM:microSIM
  • LTE対応:受信時最大150Mbps
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11a/g/n/ac
  • 連続通話/3G待受時間/LTE待受時間:約1010分/約490時間/約430時間
  • 本体サイズ:約70(W)×145(D)×10.0(H)mm
  • 本体重量:約156g
  • 本体カラー:ルージュ,キャンバス,インディゴ
  • 主な対応サービス&機能:Eメール(@ezweb.ne.jp),SMS,グローバルパスポート(LTE/GSM/UMTS),ワンセグ,フルセグ(アンテナ内蔵),おサイフケータイ,NFC,Bluetooth 4.0,Wi-Fiテザリング(最大8台),キャリアアグリゲーション,WiMAX 2+,WIN HIGH SPEED,緊急速報メール,防水,防塵

KDDI スマートフォン製品情報ページ


#### 以下,リリースより ####

2つのレンズで奥行き感が楽しめるデュオカメラを搭載! 新しい「HTC J butterfly」について
〜さらに、国内で初となる500万画素のフロントカメラで自撮りもキレイに〜


KDDI、沖縄セルラーは、「HTC J butterfly」(製造: HTC Corporation 以下、HTC) の最新モデルを2014年8月下旬以降、発売します。

「HTC J butterfly」は、世界で最初のAndroid 搭載スマートフォンを手がけ各国で広く支持されているHTCが、日本市場向けに特化して開発したau限定モデル第4弾です。HTCの特長である直観的で心地よい操作感は継承し、カメラ機能の進化に加えて、今回新たにLTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術を応用した「キャリアアグリゲーション」および受信最大110Mbpsの高速データ通信が可能な「WiMAX 2+」やIPX7の防水にも対応したことで、シーンを選ばずに快適にお使いいただけるようになりました。
メインカメラは1300万画素と200万画素の2つのレンズで、人間の目のような奥行き情報を取得し、3D効果や撮影後のピント変更が可能な「デュオカメラ」を搭載したほか、国内で初となる500万画素のフロントカメラを搭載したことで、驚くほど綺麗な自撮りが可能です。
さらに、ハイレゾ音源にも対応した同梱の「JBL ハイパフォーマンス インイヤー ヘッドフォン」により、音楽だけでなく動画やゲームもこれまでのスマートフォンにはない躍動感でお楽しみいただけるハイスペックスマートフォンです。

また、au公式アクセサリー「au +1 collection」からは、スマホの使いやすさを追求した直観的なユーザインターフェース「HTC Sense」と組み合わせることで、ケース蓋を開けなくても各種通知が確認できる専用ケース「ドットビューケース」をご用意しました。これにより、親しみが湧くドット調のデザインと心地よい操作性の組み合わせにより、持ち歩く楽しさを演出します。

なお、この新しい「HTC J butterfly」は、HTC NIPPON株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 村井 良二) が2014年8月19日に開催する「HTC Conference Tokyo 2014」にてお披露目させていただく予定です。

  • 関連タイトル:

    HTC

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日