オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
鉄拳タッグトーナメント2公式サイトへ
読者の評価
55
投稿数:11
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2012]3名の鉄拳トッププレイヤーによる白熱の戦い。Mad Catzブースのトークセッションとエキシビションマッチをムービーでお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/27 00:01

イベント

[TGS 2012]3名の鉄拳トッププレイヤーによる白熱の戦い。Mad Catzブースのトークセッションとエキシビションマッチをムービーでお届け

 東京ゲームショウ2012の一般公開日2日目の2012年9月23日,同会場のMad Catzブースで行われたイベントから,バンダイナムコゲームスの原田勝弘プロデューサーと,アメリカの鉄拳コミュニティに出自を持つ,Mad Catzのマークマン(Mark Julio)氏によるトークセッション「ここがスゴいぞ,鉄拳タッグトーナメント2」の模様を,ムービーでお届けしよう。

鉄拳シリーズプロデューサー 原田勝弘氏(写真左)と,MadCatzのマークマンことMark Julio氏(右)

 また同日には,「鉄拳タッグトーナメント2」PS3 / Xbox 360)を競技タイトルとして,本作における数々の大会で優勝経験を持つトッププレイヤーAO氏と,バンダイナムコゲームス公認プレイヤーとして各地のイベントに出演しているノビ氏ユウ氏による,2試合先取の三つ巴エキシビションマッチも開催された。
 実力者同士の壮絶なバトルの模様も合わせて掲載しているので,こちらもチェックしてほしい。なお,実況と解説は筆者ハメコが担当している。


 また時間の都合上ムービーでは割愛しているが,トークセッションのあとにはじゃんけん大会も行われ,国内では手に入れることが難しい鉄拳アートブックなど,さまざまなアイテムが来場者にプレゼントされていた。

豪華景品がプレゼントされたじゃんけん大会の様子
鉄拳タッグトーナメント2
賞品の目玉となったオフィシャルアートブック「THE ART OF TEKKEN」。欧州版の特典として製作された,日本ではなかなか手に入らない逸品
鉄拳タッグトーナメント2
イベント後,ファンからのサインに応じる原田氏

 なお同イベントのトークセッションでは,東京ゲームショウ2012にてプレイアブル出展されていた「鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION」の話題もあり,さらにMad CatzからWii U用アーケードスティックが発売されることも明らかとなっている。
 Wii U Editionの発表とともにさらなる盛り上がりと広がりを見せる,鉄拳シリーズの今後に期待しておこう。

息の詰まるような戦いを繰り広げてくれたトッププレイヤー達。写真左からAO氏,ノビ氏,ユウ氏の3名だ

Mad Catzより2012年冬の発売が予定されている,鉄拳デザインのアーケードスティック「鉄拳タッグトーナメント2 アーケード ファイトスティック トーナメントエディション S+」。天板のデザインは,バンダイナムコゲームスの鉄拳チームによるアートワークが数種類用意され,任意に変更が可能とのこと。また底面にはラバーコートが施され,膝置き派にも優しい仕様となっている。……しかし原田氏によれば,これは底面にサインできる場所を減らすことで,会場で原田氏がサイン攻めなるのを防止する機能でもあるのだとか
鉄拳タッグトーナメント2 鉄拳タッグトーナメント2

「鉄拳タッグトーナメント2」公式サイト

Mad Catz公式サイト

  • 関連タイトル:

    鉄拳タッグトーナメント2

  • 関連タイトル:

    鉄拳タッグトーナメント2

  • 関連タイトル:

    鉄拳TAG TOURNAMENT2

  • 関連タイトル:

    鉄拳タッグトーナメント2 アンリミテッド

  • 関連タイトル:

    鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION

  • 関連タイトル:

    Mad Catz

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月31日〜04月01日