オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
F1 2012公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
80
Powered by metacritic
F1 2012
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
細部までリアルに再現されたF1マシンは必見。PS3/Xbox 360版「F1 2012」のスクリーンショットが公開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/07/12 17:35

ニュース

細部までリアルに再現されたF1マシンは必見。PS3/Xbox 360版「F1 2012」のスクリーンショットが公開に

F1 2012
 コードマスターズは本日(2012年7月12日),同社が10月4日に発売を予定している「F1 2012」PlayStation 3/Xbox 360)の最新スクリーンショット,およびメインビジュアルを公開した。スクリーンショットを見ると,ドライバーの姿やマシンの各所に描かれたスポンサーのロゴなど,細部までリアルに再現されていることが分かる。非常にクオリティが高く,モータースポーツファンは必見だ。

 また,本作で初登場となるヤングドライバー・テストというモードの存在が明らかにされた。このテストは実際のF1でも行われているそうで,ゲーム内ではマシンの操作などを通じて,F1ドライバーとして必要な基礎知識やスキルを学べるチュートリアルになる。
 そのほか,本作のテクニカルコンサルタントを務めるアンソニー・デビッドソン氏がサーキットの解説を行うラップチュートリアルや,天候システムなどゲームの特徴が公開されているので,スクリーンショットと合わせて目を通しておこう。

「コードマスターズ」公式サイト


PlayStation3およびXbox 360版 『F1 2012』
初のスクリーンショットを公開!ゲームの特長も明らかに

コードマスターズ株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長 三宅一壽 本社:英国)は、PlayStation3およびXbox 360向けフォーミュラ1オフィシャルゲーム、『F1 2012』の製品概要およびスクリーンショットを初公開しました。

F1 2012
F1 2012 F1 2012
F1 2012 F1 2012
F1 2012 F1 2012
F1 2012 F1 2012

ゲーム画面は開発中のものです。

『F1 2012』は、2012 FIA FORMULA ONE World Championship(2012 FIA フォーミュラ1世界選手権)の公式データを基に再現された、世界最高峰のモータースポーツ、F1の魅力を手軽に疑似体験することのできる、唯一のオフィシャルF1ゲームです。
『F1 2012』は、技術面での進化はもちろん、前作以上にゲームを楽しめるよう、あらゆる面で改良を加えています。特に、対戦モードや協力プレイなどのマルチプレイヤーモードの強化により、さらに楽しく、仲間同士で競い合えるようになりました。
また、F1シリーズ初のチュートリアルモード、「Young Driver Test(ヤングドライバー・テスト)」モードの追加により、初めてF1ゲームをプレイするユーザーが、実際のF1の世界でも扱いの難しいF1マシンの操作を簡単に習得できるように改良されています。

主な特長

・チュートリアルモード、「ヤングドライバー・テスト」を収録
本作では、F1の世界への第一歩となる、ヤングドライバー・テストへの参加からゲームが始まります。F1シリーズ初のチュートリアルモードとなる同テストを、実際のドライバーと同様に体験することで、マシンの操作などを通じて、F1ドライバーとして必要な基礎知識やスキルを徐々に習得できる上、効果的なDRSやKERSの使い方など、マシンから最高のパフォーマンスを引き出す方法を学ぶことができます。

ヤングドライバー・テストとは
F1レギュラーシート獲得を目指す若手ドライバー向けに、正規ドライバーとして契約をする前に行われるF1合同テスト。過去のF1参戦経験が2戦以下のドライバーのみ参加可能で、年間のテスト走行距離が厳しく規制されている近年、若手ドライバーにとってF1を経験できる貴重な機会になっている。同テストでは、タイム以外のパフォーマンスも重視され、マシンに対する評価などのコメントの内容が、レギュラーシート獲得に繋がることも。例年、シーズン終盤にアブダビで行われていたが、本年より中盤のシルバーストンでも行われる予定。チームはどちらのテストに参加するか、任意で選択できるようになった。


・注目のアメリカ・グランプリの新サーキットも収録!
2012年シーズンのF1カレンダーに復活したアメリカ・グランプリの開催地、サーキット・オブ・ジ・アメリカズも収録。本作では、テキサス州オースティンに新設された同サーキットを、11月のアメリカ・グランプリの開催よりひと足先に体験できます。決勝には12万人のファンの来場が見込まれている、同サーキットの華々しいF1デビューは、本作においても高解像度で再現されています。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズの特徴
2012年シーズンのアメリカ・グランプリが開催される、テキサス州オースティンに新設されたサーキット。全長は5.515kmで、最大40mの高低差があり、20カ所のコーナーが含まれている。中には、シルバーストンのベケッツやイスタンブールパークのターン8のような、世界的にも人気のある高速コーナーを彷彿とさせる箇所もあり、F1ファン注目のサーキットとなっている。


・進化した天候システムで局地的な変化も再現!
『F1 2011』で用いた天候システムの技術的な進化に加え、局地的な天候の変化をも描写する「アクティブ・トラック・テクノロジー」を採用することで、ダイナミックな天気の移り変わりをより緻密に再現します。同一サーキット上でも、一部でウェット、一部でドライといった異なる路面のコンディションが生まれ、予測できないドラマチックな展開や戦略の変更を余儀なくされるといった状況でのレース展開を楽しめます。

・ラップチュートリアル
本作では、F1テストドライバーや本作のテクニカル・コンサルタントを務めるアンソニー・デビッドソン氏による、各サーキットの解説を収録しています。2012年のF1カレンダーに含まれる20カ所のサーキットを網羅し、ブレーキングポイントやギアを調整するポイントなど、技術的な観点からのコツをアドバイスしてもらうことができるため、さらに自己記録を更新する上で参考になります。

※ 『F1 2012』のさらなる詳細につきましては、続報をお楽しみに!
  • 関連タイトル:

    F1 2012

  • 関連タイトル:

    F1 2012

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2015/03/17)
F1 2012
Video Games
発売日:2012-10-04
価格:1058円(Amazon) / 570円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日