オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
三国志コンクエスト公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
セガが贈るiOS向けオンラインゲーム「三国志コンクエスト」とは? その概要をプロデューサーに聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/02/16 13:00

インタビュー

セガが贈るiOS向けオンラインゲーム「三国志コンクエスト」とは? その概要をプロデューサーに聞いてみた

三国志コンクエスト
 セガは本日(2012年2月16日),iOS向けオンラインRPG「三国志コンクエスト」の配信をApp Storeで開始した(関連記事)。三国志コンクエストは,同社のiOS向けヒットタイトル「Kingdom Conquest」のゲームシステムを受け継ぎ,三国志の世界観を描いたゲームである。しかし,単に題材を置き換えただけではなく,より“三国志らしさ”を表現するため,システムにいくつかの変更が加えられているようだ。そんな三国志コンクエストの魅力を,プロデューサーの佐藤高一氏から聞くことができたので,氏の解説を交えて紹介していきたい。


「Kingdom Conquest」のシステムをベースに

三国志の世界を描いていく


セガ モバイルニューメディア一部 企画セクション プロデューサー 佐藤高一氏
 三国志コンクエストにおける基本的なゲームの進行はKingdom Conquestと同じく,「Travian(トラビアン)」に代表されるいわゆる村ゲーの派生系だ。大きく2つのパートに分けられており,シミュレーションパートでは資源を蓄えながら自分の城を建設しつつ領地を拡大し,アクションパートでは敵を倒したり,ミッションをクリアしたりする。アクションパートをクリアすることで,シミュレーションパートで使えるカードが入手できる仕組みだ。
 プレイヤーは,シミュレーションパートで自分の国を強化しつつ味方プレイヤーを見つけて「同盟」を組み,敵対プレイヤーと争いながら領地や同盟の規模を拡大していくことになる。
 自らの同盟を昇格させ,最終的にシミュレーションパートで魏,呉,蜀の3国にある全9か所の首都や都を占拠し,天下統一を目指すのだ。

 なぜ三国志の世界観をモチーフにしたのかを佐藤氏に尋ねてみたところ,氏は「Kingdom Conquestは高い評価を得ているゲームですが,ファンタジーがモチーフとなるその世界観に深く入り込みにくかったという人もいらっしゃったと思います。そこで今回,より普遍性の高い三国志を題材にすることで,また違った面白さを演出したいと考えました」と言う。
 「私自身そうなのですが,三国志が好きな人なら関羽や張飛を引き連れて戦えると聞けばワクワクしますよね」と佐藤氏。
 さらに,シミュレーションパートにおける戦闘の計算式は三国志コンクエスト用に作成されているため,Kingdom Conquestを遊び込んだという人でも新しい感覚で楽しめるとのことだ。

自分の城を作り,領地を拡大していくシミュレーションパート(写真左)と,敵を倒したり,ミッションをクリアしていくアクションパート(写真右)に分かれている
三国志コンクエスト 三国志コンクエスト


武将カードに「三国志大戦」のイラストを採用

育成も三国志らしさを重視したものに


こちらは「劉備」のカード。結構レアなカードだそうだ
三国志コンクエスト
 三国志コンクエストならではの特徴は,大きく3つに分かれるのだと佐藤氏はいう。それぞれを順に紹介していこう。
 1つめは,シミュレーションパートでユニットを編成するための「武将カード」だ。武将カードには,それぞれの所属国家と兵種(槍兵/騎馬兵/弓兵),レベル,編成に必要なコスト,そして各種パラメータが備わっている。

 各武将カードには,スキルの強化や追加を行うことができるほか,ほかの武将カード1枚を消費してレベルやパラメータを上昇させる「合成」が可能だ。合成時に利用するカードに制限はなく,高いステータスのカードを消費するほど,高い成長率が得られるとのこと。カードの合成には「士気」というパラメータを消費するが,このパラメータは時間の経過だけでなく,領地の拡大でも回復していく。したがって,攻めれば攻めるほど,武将カードを合成し,強化できるというわけである。

カードを合成することで,攻撃力や防御力,知力,素早さといったパラメータを上昇できる。どんどんカードを合成することで,高い能力を備えた武将カードを作ることが可能だという
三国志コンクエスト 三国志コンクエスト

 「やはりカードゲームは,レアなカードや自分の好きなカードを手に入れて使うことが楽しいものです。今回は三国志が題材で,かつ『三国志大戦』のカードを使用していることもあって,すでに特定の武将やカードに思い入れがある人もプレイされるかと思います。そこで,どんなカードと合成しても育成できるような方法を採用しました。もちろん強いカードを合成すれば,より高い効果が得られたりするので,いろいろ試してみてください」と佐藤氏。

 佐藤氏が述べているように,セガのアーケードゲーム「三国志大戦」のイラストを武将カードに採用している点もポイントだ。複数のイラストレーターによるイラストが採用されているので,キャラクターデザインも多種多様。見ているだけでもなかなか楽しめそうだ。収集した武将カードをじっくり鑑賞することもできるだろう。

三国志コンクエスト
 「キービジュアルは三国志らしく硬派なイメージで固めましたが,カードイラストは三国志大戦のものなので,可愛い女性キャラなども登場します」(佐藤氏)

 なお,佐藤氏によれば,配信開始時点では141種類+αのカードが用意されており,そのあともアップデートを通じて随時追加されていく予定とのこと。
 そのほか,特定の武将カードを揃えたユニットでは「曹操四天王」のような形でボーナス効果が得られるなど,三国志のカードゲームならではの要素も盛り込まれている,また後日のアップデートでは,攻城戦特化タイプなど三国志大戦に登場する兵種をアレンジして追加していく予定もあるそうだ。


アクションパートは

直感的で爽快感の高い操作性を追求


 三国志コンクエストならではの特徴,その2つめはアクションパート。Kingdom Conquestとは大きく異なり,わらわらと押し寄せる敵をバッサバッサとなぎ倒していく,いわゆる一騎当千タイプとなっている点である。
 攻撃の操作は,横フリックなら威力は弱いが広範囲にダメージを与え,縦フリックなら狭い範囲に高いダメージを与えるといった,直感的なアクション性を持たせているのも特徴。そのほか,溜めて攻撃する特殊攻撃や豪傑攻撃(必殺技)も用意されており,爽快感を重視した本格的なアクション性がウリだという。

いわゆる一騎当千タイプのアクションパート。演出も派手だ
三国志コンクエスト

アクションパートは,最大4人の協力プレイが可能。ステージが進むとボスが登場したりもするそうだ
三国志コンクエスト
 また,アクションパートでは最大4人による協力プレイが可能で,ステージ制が採用されている。基本的にはすべての敵を倒すとステージクリアとなる。今後実施予定のアップデートでは,「城門を破壊して進め」「火計を発動させろ」といった三国志の戦闘を思わせるルール(小目的)が設けられるそうで,それをクリアすると次に進めるようになるとのこと。こういったルールの組み合わせによって,単に敵を殲滅するだけに留まらない,プレイヤー同士の連携を生かしたアクションが楽しめるというわけだ。
 「協力プレイをすることで,あるプレイヤーが前線で敵を引きつけている間に,別のプレイヤーが後方から遠距離攻撃を仕掛けたり,あるいは城門を破壊したりといった役割分担が可能になります。ゲームが進むと攻略が難しいステージも登場しますが,4人集まればクリアの可能性は広がると思います」と佐藤氏は言う。

 アクションパートのステージはツリー形式で選択するタイプになっており,1つのステージをクリアすると,ツリー上にある次のステージに挑戦できる仕組みだ。またシミュレーションパートで砦を占拠すると,さらにステージが追加されていくとのこと。各ステージのクリア時には「カードパック」が引けるようになっており,上記の武将カードと,アクションパートで使用する「武器カード」を補充できる。ゲームを進めると,特殊なカードパックを入手できるツリーも登場するらしい。

 ちなみに武器カードは剣/槍/弓の3種類が用意されており,それぞれのカードを入手すればアクションパートでの攻撃手段を切り替えられる。武器カードは合成不可能だが,その代わりに「槍兵に対して効果が高い」といったようなオプションが付加されたものも用意される。いいオプション効果が付いた武器カードを入手するには,ひたすらカードパックを引くほかないのだが,そこそこ戦えるものであれば普通にステージをクリアしていくだけで入手できるようである。
 佐藤氏によれば,ゲームが進行すると敵が遠方にいて弓が有利になるといったステージも出てくるとのこと。「『銅鑼』と呼ばれる特殊効果は武器によって効果が異なるので,いろいろ試して自分に合うものを見つけてください」(佐藤氏)。

三国志コンクエスト
アクションパートのステージ選択画面では,「Pack」と記されているところでカードパックが引ける
三国志コンクエスト
武器カードの一例。剣/槍/弓の3種類が用意されており,アクションパートでの攻撃手段を変更可能だ


「立国」システムで三国志の国盗りを再現

“裏切り”の要素もアリ!?


ステータス画面でプレイヤーの官位やランキングを確認できる
三国志コンクエスト
 そして3つ目の特徴が,三国志における“国盗り”の要素を表現する「立国」システムである。
 立国システムとは,ゲーム内で「国家」を築くことができるというものだ。具体的には,同盟に所属するプレイヤー同士が協力してアクションパートのステージをクリアすると,「名声」と呼ばれるポイントが得られるのだが,この名声を高めていくと同盟が昇格していき,最終的には国家になる。さらにプレイヤー各自にも官位が与えられ,最終的には一国の王を任ぜられることとなるのだ。
 面白いのは,自分の同盟が他の同盟に負けて「配下同盟」となった場合に実行可能な「離反」システム。配下同盟がある条件を満たすと,支配されている同盟を裏切ることができるというもので,物議をかもす要素となるかもしれない。

 「三国志らしいフィーチャーを考えたときに,やはり自分自身で王を目指すという要素は外せません」と佐藤氏は強調する。そこで考えたのが立国システムや離反システムなのだという。
 例えば「裏切り」でよく引き合いに出される呂布なら,配下にしたのはいいが,いつ裏切られるか分からないといった,三国志の雰囲気をより味わえるのだろう。佐藤氏によれば,正直,うまく機能するかどうか判断できない部分もあってドキドキしていますが,これらのシステムにより,三国志の世界観がより生き生きと表現できたのではないかとのこと。
 加えて佐藤氏は,「こういったタイプのオンラインゲームでは,シーズン中盤以降,どうしても膠着状態が生まれてしまいます。離反を活用した駆け引きを上手に展開していただければ,膠着状態を打破できるのではないかという狙いもあります」と述べている。

 ちなみに同盟は,所属プレイヤー各自が資源を寄付することで勢力を拡大できるが,アクションパートのクリアで得られる「戦功」ポイントを資源の代わりにすることもできるそうだ。これにはアクションゲームが得意な人や,あるいはシーズンの途中からゲームを始めた人などが,同盟に貢献できるようにする狙いがあるという。

ほかにも,Kingdom Conquestと比べてアイコンが大きくなっていたり,メニューを開くと画面に全項目が1度に表示されたりといったUIへの配慮もなされている。これは佐藤氏自身がKingdom Conquestで経験したアイコンの押し間違いからヒントを得た改良だという
三国志コンクエスト 三国志コンクエスト

 なお,Kingdom Conquestのような海外展開やAndroid版リリースの予定があるのかを佐藤氏に聞いてみたところ,「当然ながら視野には入れているが,まずは日本国内のiOS版で実績を出したい」という答が返ってきた。
 今後は,三国志大戦のアーケード版およびトレーディングカード版との連携を強め,セガの持つ三国志関連IP全体の強化にも努めていくとのことだ。

 最後に,佐藤氏から三国志コンクエストに期待する人に向けてメッセージをいただいたので,それを掲載して本記事の締めとしよう。

 「三国志コンクエストは,Kingdom Conquestをベースに,三国志のストーリーや世界観の持つ面白さを表現できる内容を目指しました。一騎当千のアクションシーンや,離反といった要素も含めて,iPhoneでここまで三国志を体感できるゲームはなかったんじゃないでしょうか。三国志が好きという方は,ぜひ一度触れていただけると幸いです」(佐藤氏)

「三国志コンクエスト」公式サイト

「三国志コンクエスト」ダウンロードページ(iTunesが起動します)

  • 関連タイトル:

    三国志コンクエスト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月22日〜02月23日