オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ガンスリンガー ストラトス公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
虚淵ワールドで展開する空中ガンアクション「ガンスリンガー ストラトス」。声優陣やウメハラも応援に駆けつけた発表会詳報レポートを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/01/12 03:48

イベント

虚淵ワールドで展開する空中ガンアクション「ガンスリンガー ストラトス」。声優陣やウメハラも応援に駆けつけた発表会詳報レポートを掲載

ガンスリンガー ストラトス
 スクウェア・エニックスは2012年1月12日,東京・渋谷のイベントスペース「渋谷ベルサール」にて開催された特別内覧会にて,2012年夏稼働予定の新作アーケードゲーム「ガンスリンガー ストラトス」を発表した。
 2丁のガンコントローラーを使い,4対4の対戦や協力プレイが楽しめるという本作については,すでに「こちら」の速報記事にて概要をお伝えしているが,今回の発表会では開発陣や豪華なゲストも登壇し,ゲーム内容の詳細や本作に対する思いなどが語られた。ここでは,そのステージでのトークの模様などを中心に,発表会の模様をレポートしていこう。

■関連記事:

正式稼働は今年夏を予定。なおタイトルと同時に公開されたプロモーションムービーは,本作のティザーサイトで見ることができる

「ガンスリンガー ストラトス」ティザーサイト



原案:虚淵 玄――世界設定とビジュアルについて


 まずは速報では触れていなかった,本作の世界観の部分から紹介していこう。本作の原案を手がけるのは,「魔法少女まどか☆マギカ」などで知られるシナリオライター虚淵 玄氏。今や売れっ子である氏が関わっているということで,いやがおうにも期待が高まる本作の世界設定とビジュアル面についてなのだが,開場で流れた氏からの(某映画解説者風の)ビデオメッセージによれば,どうやら本作は並行世界を扱った物語を背景としたタイトルとなるようだ。

 ゲームの舞台となるのは,2115年から枝分かれした2つの日本が並行世界として存在している近未来。二つの世界は互いにぶつかりあい,このままでは壊れてしまう未来が待ち受けている。プレイヤーはそんな未来を変えるために100年前の世界へとタイムスリップしてやってきた戦士達。「もう一方の並行世界」へとつながる歴史の可能性を消し去り,自分達の世界を存続させることを目的にやってきたプレイヤー達だが,そこで出会ったのは,自分達とまったく同じ姿形をした「もう1人の自分」だった。「もう一方の並行世界」から,自分達と同じ使命を背負ってやってきた「もう1人の自分」。互いの存在をかけた戦い――虚淵氏曰く「ものすごい男の体臭」にあふれる壮絶なバトルの幕が今,切って落とされる。
 ちなみにタイトル名のガンスリンガー ストラトスとは,ガンスリンガーが拳銃使い,ストラトスが成層圏ということで,要するに“空飛ぶ拳銃使いが戦うゲーム”という意味だそうだ。

音声と字幕風タイポグラフィによって開場とニコ生の視聴者にコメントを届けた虚淵氏。最後のメッセージは「ゲーセンの古い古い魂を呼び戻すために,このゲームに絢爛と寄ってください!」

 虚淵氏からのメッセージのあとは,本作のプロデューサー門井信樹氏から4名のキャラクタービジュアルが初公開された。以下にも掲載しているこの3枚のイラストは,今回のイベントのために本作のキャラクターデザインを務める島崎麻里氏(代表作:「BEYONETTA」「大神」),ワダアルコ氏(代表作:Fate/EXTRA」「Fate/EXTRA CCC」),コヤマシゲト氏(代表作:「HEROMAN」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」)が書き下ろしたものとのことである。

ガンスリンガー ストラトス
島崎麻里氏が手掛けた風澄 徹(CV:阿部 敦)片桐鏡華(CV:金元寿子)。徹は何にも染まっていない白を基調とした主人公的な存在。空を飛んだときのシルエットが格好良くなるようにと,フードには羽のような飾りがあしらわれている。一方の鏡華は“とあるキャラクター”の妹という設定の女子高生。回復が得意ということで,デザインもナースを意識したとのこと
ガンスリンガー ストラトス
コヤマシゲト氏のキャラクター 羅漢堂 旭(CV:?)のコンセプトは“ガトリング番長”。その名のとおりの学ラン+制帽に重火器を携えるという和洋折衷(?)を目指したのだとか
ワダアルコ氏が手掛けた竜胆しづね(CV:植田佳奈)。こちらも別のキャラクターの妹という設定で,大きな袖とスカートがポイントだという。またそれとは対照的な,裸エプロン風(?)の上半身にも注目してほしいそうだ
ガンスリンガー ストラトス

 イラストのお披露目に続いて壇上に登場したのは,たった今紹介されたキャラクター達の声を演じる声優さん達。風澄 徹役の阿部 敦さん,片桐鏡華役の金元寿子さん,竜胆しづね役の植田佳奈さんのお三方だ。

声優陣は門井プロデューサーとともに,キャラクターイラストなどを見ながらトークを展開した

 本作のオファーをもらったときに阿部さんは,「キャラクターがしっかり作られていて,昔僕が遊んでいたようなガンシューティングとは思わず,対戦格闘アクションのようだった」と本作についての印象を語った。
 金元さんは「セリフにすごくバリエーションがあって,戦う相手によってしゃべる言葉が違ったりするんです。それだけでも楽しみが一つ増えますね」とコメント。セリフについてはかなり色々なパターンが用意されているとのことで,門井氏プロデューサーは「お尻を撃たれたときのセリフに注目してほしい」と付け加えていた。
 植田さんは「すごく二面性のあるキャラクターで,すごくキャピキャピと可愛らしい一方で,性格が変わったときの“ここまでやっちゃうの!?”というギャップを楽しんでいただけるんじゃないかなと思います」と,自らの演じるしづねについて話していた。

スクウェア・エニックスプロデューサー門井信樹氏。本作を「アーケード対戦ゲームの歴史を変えるゲーム」と紹介
「本作のゲーム内容がすごく気になって,さっきこっそりPVを見てました。いちユーザーとして非常に楽しみにしていますので,ゲーセンで僕を見かけたらお手柔らかにお願いします(笑)」と阿部さん
「見慣れた街が壊れる爽快感ですとか,可愛いキャラクターですとか,ゲームをあまりやったことがない人でも,そういうところから入っていける作品だと思います。ぜひみなさんに体験して欲しいですね」と金元さん
「アーケードでやり込むゲームって,今までは1人で黙々と遊ぶものが多かったんですけど,このゲームはみんなでコミュニケーションがとれる面白さもあるので,お友達と声をかけ合って遊んでほしいです!」と植田さん


ゲームシステムと操作方法


 次は本作のゲームシステムと操作方法について解説した,本作の開発会社バイキングのディレクター 尾畑心一朗氏のトークを紹介していこう。とくに本作の最大の特徴である「ダブルガンデバイス」については,気になるところも多いはず。

お披露目された本作の筐体。モニターに液晶ではなくプラズマディスプレイ(60インチ!)を選択したのは,ゲームのスピードと迫力をダイレクトに伝えるためだとか。この大画面でフルHD(1920×1080)60fpsの映像が楽しめるのだ
ガンスリンガー ストラトス

本作のディレクターであるバイキングの尾畑心一朗氏。本作の売りである「ダブルガンデバイス」を手にしつつ,本作の説明をおこなった
 まずキャラクターの操作のすべては,筐体に設置されたこの2つのガンコントローラー「ダブルガンデバイス」によって行われる。左のガンには,移動に使うアナログスティックが用意され,また右のガンにはジャンプボタンが搭載されている。これらを使って地上と空中を自在に移動しながら戦うのが本作のスタイルだ。

 またプレイヤーは3つの武器を装備可能なのだが,この切り替えも「ダブルガンデバイス」で行える。2丁拳銃として複数の的を同時に狙える“ダブルガンスタイル”のほか,ガンを横に合体させて攻撃する“サイドスタイル”,そして縦に合体させて攻撃する“タンデムスタイル”が存在し,それぞれのスタイルで別の攻撃が発動できる。例えばサイドスタイルならショットガンやマシンガンといった中型の武器が扱え,またタンデムスタイルなら,ビーム砲やロケットランチャーなどの強力な大型武器といった具合だ。
 「これらの武器はキャラクターによって違いますし,武器自体も数百種類を用意する予定です。開発としては大変ですが,作ることは楽しいので,時間の許す限り増やしていきます」と尾畑氏は語る。銃器だけでなく,火炎放射器や格闘武器,さらには味方を守るバリアシールドを展開するものや,味方を回復させる銃などもあるそうで,会場ではその一端が映像で公開された。

左のガンコントローラーだけでなく,右にもアナログスティックが用意されている。会場に置かれた筐体のインストラクションカードによれば,右のスティックはどうやらターゲットの切り替えに使うもののようだ

ダブルガンスタイルでは,画面のレティクルがそれぞれ独立しており,複数の敵を狙い撃てる。リロードはこれまでのガンシューティング同様,画面外を撃つことで行われるようだ
ガンスリンガー ストラトス ガンスリンガー ストラトス

ガンスリンガー ストラトス ガンスリンガー ストラトス
ガンコントローラーを横または縦に合体させるとレティクルが1つになり,強力な攻撃を繰り出せる。建物を破壊できるような強力な武器も登場
ガンスリンガー ストラトス


 ゲームモードは対戦だけでなく,ミッションクリアを目指すCPU戦などのシングルプレイモードや,店舗内での参加者と一緒にプレイできる協力プレイモードも用意される。画面を見たところでは,「全国対戦」「店舗チームVS.全国対戦」「個人ミッション戦」「協力ミッション戦」といったモードが選択できるようだ。

店舗内に仲間がいないときでも,オンラインを介すことでマルチプレイを楽しむこともできる。そのほか,店舗内での協力プレイモードなども用意
ガンスリンガー ストラトス

 ゲームの舞台となるステージは,実際の街並みを再現したものになるという。「本物の日本の主要都市を舞台に,派手にドンパチ楽しめる」とのことで,今回は発表会の開場のある渋谷の街並みが紹介されたが,例えば東京なら池袋,大阪なら道頓堀や梅田といった,北は北海道から南は九州・沖縄まで,多くの都市が登場する予定とのことである。
 またこれらの街並みは,プレイヤーの攻撃によってビルなどが倒壊し,街の見た目がまったく変わってしまう。これはただ演出的なものだけでなく,ビルの破壊に敵を巻き込んだり,建物を壊して見通しを良くするなど,ゲームの戦略にも深く関わってくるという。

渋谷のスクランブル交差点を模したステージ。見慣れた都市を舞台に戦い,しかもそれが破壊できてしまう,ゲームならではの体験が楽しめる
ガンスリンガー ストラトス
ガンスリンガー ストラトス

 なお本作はタイトーのアーケードカードシステムNESiCAに対応し,武器の購入やカスタマイズが可能とのこと。武器以外にもキャラクターのコスチュームやアクセサリーなども用意されている。なおこれらのカスタマイズで消費するポイントは,クレジットなどの課金システムではなく,純粋にゲームをプレイすることでたまっていくゲーム内ポイントにて行われるそうだ。
 またモバイルサイトとの連動では,プレイヤー同士の“横のつながり”も大事にしているという。登録したプレイヤー同士がグループを作り,仲間が持っているレアな武器の貸し借りや,ポイントを使ったアイテムの共同購入なども行えるそうだ。こういったさまざまなサービスで,できるだけ長く楽しめるようなゲームを目指していると尾畑氏は語っていた。

2丁のガンコントローラーを物理的に縦または横に合体させるというプレイスタイルは非常に斬新。上級者のプレイなどを見るのも楽しそう


国内初の“賞金付き”公式大会「ガンスリンガー ストラトス バトルアリーナ」


 イベントの最後には,スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏から本作の全国大会「ガンスリンガー ストラトス バトルアリーナ」の発表が行われた。まだ稼働前のタイトルで全国大会の告知というのも気の早い話だが,なんとこの大会,賞金付きで開催される予定とのこと。これは国内におけるアーケードゲームの公式大会としては,極めて異例のこと。
 和田氏によれば「プレイヤーが本作に対して本気で熱くなってもらうため」だそうで,賞金の額などを含めて詳細はまだ未定ながら,本作にかけるスクウェア・エニックスの意気込みがうかがえる。

 また今回大会開催の発表に際しては,国内外のゲームイベントで名を馳せるウメハラことプロゲーマー梅原大吾氏がゲストとして登場した。本作のオフィシャルサポーターであり,開発Ver.をプレイしての感想を求められた梅原氏は,「10年に一度のタイトル」「今後このゲームがアーケードゲームの中心になっていくと直感するほどのインパクトがあった」とコメント。また賞金付きの全国大会については「そういう大会を開催してほしいと昔から思っていたんです。対戦ゲームは大会があるとないでは,プレイヤーのモチベーションがまったく変わってきます。だから公式で賞金付きの大会が行われるとなれば,みんながんばると思いますね」と語っていた。

「大会の開催なども含めて,ゲームセンターに行くいいきっかけになる」と話す梅原氏。本作のリリースをきっかけに,ゲームセンターが盛り上がることを期待しているという
イベント冒頭でも挨拶を行った和田社長。「アーケードゲームといえばビデオゲーム。本流ど真ん中のビデオゲームで,アドレナリンがバンバン出まくるゲームができないかということで,スタッフが開発したのがこの作品です。筐体のデザインやコントローラーにも工夫をいれ,飽きが来ないような内容で作っています。リリースまでにはみなさんの声も取り入れて,ブラッシュアップしていきます」

 大型筐体による独自インタフェースや大画面を駆使し,アーケードならではのゲーム体験を追求した本作。また虚淵氏や豪華イラストレーターの参加,国内では恐らく初の賞金付き公式大会などで,話題性にも事欠かないタイトルとなっている。
 実際のプレイフィールが気になるところなのだが……残念ながら今回のイベントでは試遊までは叶わなかった。次の機会には,ぜひその辺りについてレポートしてみたいところである。正式稼働は夏とのことで,ゲームセンターに登場するまでには,もうしばらくかかりそう。今後の続報に期待したいタイトルだ。

ガンスリンガー ストラトス

「ガンスリンガー ストラトス」ティザーサイト

  • 関連タイトル:

    ガンスリンガー ストラトス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月17日〜08月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月