オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「2032 ダイバーシティ」プレス向け発表会にチュンソフト代表 中村光一氏が登場。氏が語る本作の魅力とは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/12 00:34

イベント

「2032 ダイバーシティ」プレス向け発表会にチュンソフト代表 中村光一氏が登場。氏が語る本作の魅力とは

 2011年9月10日,ゲームポットは東京都内の同社本社にて,チュンソフトとの共同制作タイトル「2032 ダイバーシティ」のプレス向け発表会を行った。この模様はニコニコ生放送でも中継され,2万人以上の視聴者数を記録した。

写真左から司会を務めた竹井太郎氏,山口奈々さん,谷内義人氏

お宝発掘 ホリキング
 新作ブラウザゲーム「2032 ダイバーシティ」は,「掘る!」「深く広いダンジョン」「ブラウザ×MMORPG」という3つのコンセプトを掲げた,ダンジョン探索型オンラインRPGだ。開発は,サウンドノベルシリーズや不思議のダンジョンシリーズで知られるチュンソフトが担当し,運営をゲームポットが担当する。
 なお,オープンβテストが発表会の真っ最中である9月10日19:00に始まり,9月12日正午まで実施されている。プレイには会員登録などが不要で,ブラウザからページにアクセスするだけで,いきなりプレイ可能だ。なお,正式サービス時期については9月中を予定しているとのこと。

 今回の発表会では,本作のプロデューサーを務めるゲームポットの谷内義人氏,本作の開発を担当したチュンソフト 代表取締役社長の中村光一氏が登場し,プレゼンテーションを行ったので,本稿ではその模様を中心にレポートしていこう。

「2032 ダイバーシティ」公式サイト

「2032 ダイバーシティ」オープンβテストに参加する

【速報記事】
チュンソフト×ゲームポットが贈るダンジョン探求型オンラインRPG「2032 ダイバーシティ」発表。オープンβテストがさっそくスタート




「掘る!」「深く広いダンジョン」「ブラウザ×MMORPG」


谷内義人氏
 最初にプレゼンを行った谷内氏は,「2032 ダイバーシティ」について,「チュンソフトとゲームポットによる渾身の新作です」と胸を張る。そして,本作が掲げたコンセプトをあらためて紹介していった。

 まず「掘る!」という点について。一般的にダンジョンといえば「正しい道を進んでゴールを目指す」のが目的となるが,「2032 ダイバーシティ」では「ダンジョンの壁はプレイヤーが切り崩すことができ,自らの手で切り開いていける」ところがポイントになるそうだ。谷内氏は「たくさんのプレイヤーによってダンジョンは刻一刻と変化していき,これまでにない楽しみを見出してもらえると思います」と話した。

お宝発掘 ホリキング

 壁を切り崩すアイテムとして「ピッケル」「ドリル」「ハンマー」など,本作にはさまざまなアイテムが登場するそうだが,これらには向き不向きがあるという。例えばピッケルとドリルは穴掘り用,ハンマーは戦闘用という風にそれぞれに特性があり,状況によって使い分けるということが大事だそうだ。
 なお,壁を崩すと「土塊」というアイテムが出現するが,これは自由に持ち運ぶことができ,例えば水路に使うことで水分を吸収させて土の地面に変える,といったことが可能だという。
メテオライト
お宝発掘 ホリキング
 ほかにも,緑や赤,黄色などカラフルな壁があり,これを崩すと「メテオライト」というアイテムが出現する。メテオライトは色によって「体力を回復」「バッテリー(ドリルを使用する際に消費)を回復」といった効果があるそうだ。また,着色された壁を崩した際に発生した土塊は,「ランマー」という道具で“ならす”ことができ,地面に「体力を回復する」「ダメージを受ける」といった効果を付けることが可能になるという。

お宝発掘 ホリキング お宝発掘 ホリキング
お宝発掘 ホリキング お宝発掘 ホリキング
お宝発掘 ホリキング お宝発掘 ホリキング

 続いては「深く広いダンジョン」というコンセプトについて。本作のダンジョンは「深くて険しい」「潜るたびに変化する迷路」といった特徴がある。これにより,プレイヤーの判断力や運,応用力が試される柔軟なゲームルールを用意できたという。
 そしてダンジョンは低層から深層まであり,現時点ではルールの異なるものが3つ用意されている。下のフロアに行くほど良いアイテムを入手できるチャンスが増えるが,当然ながら敵も強くなる。
 また,ほかのプレイヤーが壁を壊してしまい,戻り道が分からなくなるなんてことも起こり得るそうだ。これらの要素により,本作ではプレイ時に緊張感が程よく維持されるという。「一瞬の油断でダメになるかもしれない,でも挑みたくなる」という中毒性があるゲームなのだ。

お宝発掘 ホリキング
 さて,本作はオンラインゲームなので,ほかのプレイヤーと一緒にゲームを楽しむことが可能だ。例えばモンスターが多い場所では「穴を掘る」「戦闘をする」といった具合に役割分担をし,力を合わせてプレイすることが大事だという。
 なお,ゲームのメインビジュアルに眼帯をした女性キャラクターがいるが,彼女はマリリンといい,かつて地下900Fまで潜った伝説的な人物なのだという。谷内氏は「それぐらい深いかもしれないですね」と,実際かなりの深さまでダンジョンが作られていることを示唆する発言もしていた。
 プレゼンを聞いた限りでは,低層部分ではソロプレイも可能なようだが,深層を目指すならほかのプレイヤーとコミュニケーションを取りながらプレイすることが不可欠となるようである。

お宝発掘 ホリキング お宝発掘 ホリキング
お宝発掘 ホリキング お宝発掘 ホリキング

 最後の「ブラウザ×MMORPG」という点では,「手軽に遊べるけど,本格的に遊べるようしっかり作りこんであります」とコメント。Flashベースのゲームなので,PCはもちろん,Flashが動作するスマートフォンからでもプレイできるという。「いつでもどこでも,しっかり遊べる」というのが「2032 ダイバーシティ」の魅力だそうだ。


中村光一氏がゲストとして登場


中村光一氏
 谷内氏がプレゼンを終えたところで,本作の開発を行ったチュンソフトの代表取締役社長 中村光一氏がゲストとして登場し,「2032 ダイバーシティ」を中心にさまざまな話を繰り広げた。
 最初のテーマは「開発のきっかけ」だ。
 実は谷内氏は過去に「ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン」のプロデューサーを務めていたそうで,そのとき中村氏と谷内氏は知り合い,以来付き合いが続いているという。そして今回,谷内氏から「ブラウザで遊べるダンジョン型のMMORPGを作りたいんです」と相談を受けたことが,開発のきっかけになったという。

 「『2032 ダイバーシティ』とチュンソフトの過去作品との共通点」について聞かれた中村氏は,「不思議のダンジョンシリーズには,つるはしというアイテムがありましたが,本作はこれがメインとなったMMORPGになります。いわば『つるはしオンライン』でしょうか」とジョークを飛ばしてみせる。
 ほかにも「ダンジョン内で死ぬとアイテムを失う」「モンスターハウスがあるかも」ということで,不思議のダンジョンシリーズのエッセンスが盛り込まれた作品に仕上がっていることをほのめかした。

イメージイラスト
お宝発掘 ホリキング お宝発掘 ホリキング
お宝発掘 ホリキング お宝発掘 ホリキング

 続いては「これまでにリリースされた不思議のダンジョンシリーズで,どれが一番好きですか?」という質問がされたが,これに対し中村氏は「どの作品にも苦労した部分がありますし,一番好きなのを選ぶのは難しいですね」と返答。
 また,「不思議のダンジョンシリーズの中に出てくるモンスターで,苦手なものは誰か?」という質問に,中村氏は「シリーズを重ねるごとに嫌な敵が増えていきますね」とコメント。苦手なモンスターとして,どこからでも炎を吐いてくる『ドラゴン』や,アイテムを吹き飛ばす『剣豪』,モンスターを呼び寄せる『フィアーラビ』などを挙げた。

 「2032 ダイバーシティ」にも,嫌な敵はいっぱいいるそうだ。ゲームバランスに関しては中村氏もちょっと不安に感じた部分があったらしく,谷内氏と「こんなに難しくて大丈夫ですか?」と,よく議論をしていたという。
 この点に関して谷内氏は「ゲームはルールが固まっていると,難しいほど面白いという錯覚に陥ることがある」と語り,「2032 ダイバーシティ」もそこに陥りかけたことを告白。しかし,中村氏から指摘を受け,原点に立ち戻ることにしたそうだ。そして「掘って楽しい」という感触をつかめるような調整をかけて,その結果,手応えを感じる仕上がりになっているという。

 「今のゲームと昔のゲームの違い」について聞かれた中村氏は,「昔のゲームは1人で遊ぶのが基本でしたが,今はみんなでオンラインで遊べますよね。昔と比較すると夢のような世界ですよね」と語っていた。
 最後は,「ゲームを作るうえで大切にしていることは?」という質問がなされ,これに対し中村氏は「ゲームに対する愛」だと答える。さらに「ゲーム開発は長丁場の仕事となるので,ゲームに対する愛とこだわりが重要になります。今回の『2032 ダイバーシティ』もそんな思いが込められているので,ぜひ遊んでほしいです」とコメント。
 そして中村氏は,「『2032 ダイバーシティ』はチュンソフトの名作を手がけたスタッフが集結して制作しています。いいものが出来たので期待してほしいです」と述べ,プレゼンを終えた。


「発掘100万円!?掘りロトイベント」について


お宝発掘 ホリキング
 今回の発表会では谷内氏と中村氏のプレゼンがメインになったが,その最中に本作のオープンβテストが開始された。そして本作のオープンβテストを利用したイベント「発掘100万円!?掘りロトイベント」が開催されている(9月12日正午まで)。
 これはゲーム内で「掘りロト」という番号の書かれたアイテムを入手したプレイヤーを対象に,そのアイテムに書かれた番号で抽選を行って,当選した人に賞金や賞品を贈呈しようというイベントだ。
 賞品は,特賞として現金10万円(3本),そのほか現金5万円(14本),チュンソフト製掘り出し物ゲームソフト,同じく懐かしゲームパッケージ(それぞれ10本。いずれもパッケージに中村社長のサイン入り)が用意される。

 賞金額は大きいし,中村氏のサイン入りソフトはレア物揃いで,かなり豪華といえるだろう。抽選方法については公式サイトで告知されるとのことなので,プレイヤーの皆さんはそちらの情報にも注目してほしい。

「発掘100万円!?掘りロトイベント」の賞品としてプレゼントされるチュンソフトのソフトの数々。いずれのパッケージにも中村光一社長のサインが入れられたレアアイテムだ

 なお,この「掘りロト」というアイテムは壁を崩した際などに入手できるが,当然カードを多く拾えば拾うほど当選確率はアップする。とはいえ,1人で複数の賞品を入手することはなく,1人につき最大1点のみのプレゼントとなる。
 先にも触れたが,オープンβテストは誰でも参加できるが,プレゼントに当選した場合は,賞品発送のためゲームポットIDへの登録が必要になる。またプレゼント当選者は,会員登録をオープンβテスト終了前に行う必要がある。イベント参加者の皆さんは,この2点に注意してほしい。

「2032 ダイバーシティ」公式サイト

「2032 ダイバーシティ」オープンβテストに参加する


  • 関連タイトル:

    お宝発掘 ホリキング

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日