オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Divinity: Dragon Commander公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
75
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[Gamescom]名作の予感? ドラゴンにジェットパックを搭載してしまった「Dragon Commander」は,Gamescomの隠れた秘宝だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/08/24 18:02

イベント

[Gamescom]名作の予感? ドラゴンにジェットパックを搭載してしまった「Dragon Commander」は,Gamescomの隠れた秘宝だ

 「ドラゴンにジェットパックをくっつけてしまおう」。「Divine Divinity」シリーズでお馴染みのLarian Studiosで,リードデザイナーのファーン・ナムダー(Farhang Namdar)氏がチームにこう持ちかけたとき,アーティスト達は最初,それを絵に描くことさえ拒否したという。
 それほど奇抜なアイデアから生まれたPC用タイトル「Dragon Commander」は,RPG,ストラテジーゲーム,そして1対1でドラゴン同士が戦うアクションゲームのハイブリッド型の新作である。

Divinity: Dragon Commander

 Dragon Commanderは,Larian StudiosのDivinityユニバースがベースとなっており,ドラゴンへと変化できる特殊能力を備えた“ドラゴン・ナイト”がプレイヤーの役どころとなる。
 ゲームのメインスクリーンは,ボードゲームの「リスク」を思わせるような細かい地域に分かれた大陸になっており,ターン制のストラテジーゲームのような流れで勢力を拡大させていくことになる。これは開発が始まる前,ナムダー氏が自分で作ったボードゲームを使って,ずっと本作を練り込んでいたということが影響しているようだ。

 戦闘シーンは「Homeworld」のような3Dリアルタイムストラテジーゲーム風で,飛行艇や気球状の乗り物を中心に,無数の戦闘機のようなものが飛び交うという,忙しそうなものになっている。
 ここを,ジェットパックを付けたドラゴンが高速で飛び交い,音波系の攻撃で周囲に飛ぶ小型機を瞬時に燃やしたり,敵の母艦に向かって火炎を放ったりしていくことになるのだ。

Divinity: Dragon Commander

 今回紹介されたデモは,まだα版にも達していない初期のものだということで,Dragon Commanderの最大のポイントとなるであろうドラゴン同士の対決は見られなかったものの,エルフやドワーフなど各勢力によって見た目が異なるという,ドラゴンのアートが紹介された。それらが1対1でつかみ合いの格闘をするようなアクション性にも期待したい。

 しかし,Larian StudiosはこれまでもRPGを作り続けてきた熟練の開発チームだけあって,こういったストラテジックなゲームにも,しっかりとRPGの要素を詰め込んでいる。ドラゴンやその他のユニットは成長していくし,ドラゴンに取り付けるジェットパックは,ドワーフ職人から獲得するアイテムの1つであるという。
 また,ゲーム自体はボードゲームのような陣取り合戦を中核とするものの,主人公は空飛ぶ空母をハブとして使用でき,ここは複数のアドバイザーやジェネラル,さらにはアイテムを売買する商人などが集う,1つの街のようなものになっているそうだ。
 プレイヤーは艦内を移動でき,そのあたりは「Starcraft II」や「Mass Effect」のような雰囲気になっている。

Divinity: Dragon Commander

 この空母には主人公の妻も乗っているとのことで,ナムダー氏に紹介してもらったが,その正体はスケルトンに三つ編みのかつらを載せたアンデッドのプリンセスであった。一応女性らしさを意識しているのか,赤いミニスカートをはき,胸を膨らませるために2個のリングをブラウスの中にしまい込んでいる。
 かなり異様でコミカルな雰囲気だが,プレイヤーは複数のファクションのプリンセスを妻に迎えることができ,それぞれの勢力の特徴を引き出せるようになるとのこと。アンデッド妻の場合は,戦闘ごとにチープで生産性の高いアンデッド部隊を利用できるということで,主人公も仕方なく(?),ちょっと痩せ過ぎた感じの妻を娶っているというわけだ。

Divinity: Dragon Commander

リードデザイナー ファーン・ナムダー(Farhang Namdar)氏
 今回のGamescomで初発表となった新作はそれほど多くなかったが,その中でDragon Commanderは,最もインパクトのある新作タイトルであった。2012年中にPC向けの発売が予定されているが,今回のデモではXbox 360用のゲームパッドが使用されており,コンシューマ機へのリリースも意識しているように見える。
 「これまでほとんどプレスの前で話す機会はなかったので,自分のゲームについて語れるのが嬉しい」と,ナムダー氏はかなり熱心にゲームの説明をしてくれたが,ゲームそのものはまだまだ形成途上といったところ。
 ただ,ターン制ストラテジーとRTS風の戦闘シーンに加え,ドラゴンの壮大な格闘アクションや,Larian Studiosが得意とするストーリー性のあるRPG要素が見事に融合すれば,本作がメジャータイトルとしての地位を得るのは難しいことではないかもしれない。

「Larian Studios」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Divinity: Dragon Commander

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日