オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
初の関西開催となった「GODSGARDEN#6」,「MELTY BLOOD AACC Ver.1.7」で熱戦が繰り広げられた会場の模様をフォトレポートで紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/06 10:00

イベント

初の関西開催となった「GODSGARDEN#6」,「MELTY BLOOD AACC Ver.1.7」で熱戦が繰り広げられた会場の模様をフォトレポートで紹介

MELTY BLOOD Actress Again Current Code
 2012年9月1日,大阪・心斎橋のクラブハウス「心斎橋JAWS」にて,ユーザー主導によるゲームイベント「GODSGARDEN#6」が開催された。
 これまでさまざまな格闘ゲームを題材に,賞金制のゲームイベントを主催してきたGODSGARDEN。通算7度目の開催となった今回は,競技種目としてエコールソフトウェアの「MELTY BLOOD Actress Again Current Code ver1.07」(以下,メルブラ)が選ばれ,多くのプレイヤーによって熱戦が繰り広げられた。

 本稿ではその模様をフォトレポートでお伝えしていこう。



「GODSGARDEN」公式サイト

「MELTY BLOOD Actress Again Current Code」公式サイト



大阪・心斎橋に80名を越えるメルブラ勢が集結



 単独開催では初の関西大会となる今回のGODSGARDEN。これまではお昼過ぎからスタートして,深夜を通り越して早朝までというオールナイトイベントというケースが多かったが,この日は会場の都合もあって,午前からのスタートとなった。

 筆者が到着した昼過ぎには,すでに予選ブロックの試合が進行中で,店内は真剣にディスプレイを見つめる参加者達で大賑わい。全国から集まった80名を超えるメルブラプレイヤー達により,激戦が繰り広げられていた。
 本戦トーナメントへは,この80名の中から,勝ち残った4名のみが進める。その倍率は約20倍というわけで,試合中の選手はもちろん,ライバルの戦いを観察するプレイヤー達の表情にも,真剣さがうかがえた。

MELTY BLOOD Actress Again Current Code MELTY BLOOD Actress Again Current Code
MELTY BLOOD Actress Again Current Code MELTY BLOOD Actress Again Current Code
MELTY BLOOD Actress Again Current Code MELTY BLOOD Actress Again Current Code
機材の問題により,予選の途中までネット配信にトラブルがあったため,予選の名試合の多くが配信にのらなかったのは,返す返すも残念

 そんな中,本戦トーナメントへコマを進めたのは,以下の4名の選手だ。

  • Bブロック代表:Jアンソン選手(使用キャラ:ロア)
  • Cブロック代表:イヴ選手(使用キャラ:真祖アルクェイド)
  • Fブロック代表:ラッキースター選手(使用キャラ:ネロ・カオス)
  • Gブロック代表:AOI選手(使用キャラ:真祖アルクェイド)

 この4名に,GODSGARDEN側からの招待選手である,

  • GO1選手(使用キャラ:遠野秋葉)
  • はれ選手(使用キャラ:弓塚さつき)
  • しっきー選手(使用キャラ:遠野志貴)

の3名,さらにWeb投票で選ばれた

  • LordKnightBB選手(使用キャラ:琥珀)

を加えた計8名によって,メルブラ最強の座が争われることとなった。決戦の時を迎え,対戦相手を決める運命のくじ引きに向かう選手達にコメントをいただいたので,まずそちらからお伝えしておこう。

Bブロック代表:Jアンソン選手
コメント:1回目だけ強い,それが僕です。運ゲーに任せます
Cブロック代表:イヴ選手
コメント:プレイヤー人口の少ない姫アルクだけど,キャラ愛でここまでこれて良かった。残ったのは強豪ばかりなんで,気は抜けないですけど
Fブロック代表:ラッキースター選手
コメント:ぎりぎりでしたけど,なんとか決勝までいけたので,がんばりたいと思います。見てる人もたくさんいるみたいなので,魅せれたらいいかなと
Gブロック代表:AOI選手
コメント:稼動してからずっとクレセント一本でやってきたんで,その成果を発揮できれば良いと思います。優勝は……やってみないとなんとも言えないですね
招待枠:GO1選手
コメント:勝つだけ,それだけです。自信はあるので,全力を尽くしてがんばります。個人的には絶対優勝するつもりなので
招待枠:はれ選手
コメント:関東勢は僕しか残らなかったので,関東代表として全力でやります。全員に負けたくないです
招待枠:しっきー選手
コメント:精一杯がんばります。優勝は3%くらい。ただJアンソンだけには負けたくないですね。絶対負けたくないです!
人気投票枠:LordKnightBB選手
コメント:自分に投票してくれた人には,ものすごく感謝してます。日本に来るのには,さまざまな困難がありましたが,皆様からの協力で来ることができました。すごく緊張していますが,今日は全力を尽くして頑張ります


いよいよ本戦。名試合続出の白熱した展開


MELTY BLOOD Actress Again Current Code
 GODSGARDENならではのフォーチュンボックス形式による対戦相手の指名が完了した15時過ぎ。いよいよ本戦トーナメントの幕が切って落とされた。ここではその中から,とくにこれはという名試合をハイライトでお伝えしていこう。

 トーナメントの初戦を飾ったのは,使い手の少ないキャラクターであるロアを操り,ここまで予選を勝ち抜いてきたJアンソン選手 vs. EVO 2011のBLAZBLUE部門で準優勝という実績を持つ,アメリカのLordKnightBB選手(琥珀)の一戦。試合は一進一退のシーソーゲームで進み,3セット目のラウンド3(2セット先取なのでまさにラスト1戦)までもつれこむも,最後はJアンソン選手が劣勢を覆す端攻めをみせ,接戦を制した勝者となった。
 惜しくも敗れてしまいLoser'sに回ることとなったLordKnightBB選手だが,本戦開始直後からの名試合に,会場は大興奮。本大会の盛り上がりに大きく貢献したといえるだろう。

※GODSGARDENの本戦トーナメントは,ダブルエリミネーション形式で行われる。Winner'sトーナメントで一度敗退した選手は,Loser'sトーナメントと呼ばれる敗者復活トーナメントに周り,勝ち抜くことで再挑戦の権利が与えられる。なお大会ルールの詳細については,GODSGARDENの公式サイトを参照してほしい。

LordKnightBB選手(左)とJアンソン選手(右)。LordKnightBB選手は,この後Loser'sでラッキースター選手と対戦。惜しくも敗れてしまう

 そしてもう一つの注目カードは,この日会場を最も湧かせたラッキースター選手(ネロ・カオス) vs. はれ選手(さつき)の戦い。実はこのカード,1stSTAGEとLoser's3で2回実現しており,どちらも僅差までもつれこんだ名試合となった。
 長大なリーチで相手を押さえ込んでいくラッキースター選手と,それをかいくぐりながら少ないチャンスを大ダメージに変えていくはれ選手。タイプは違えど,いわゆる重量級パワーキャラ同士の戦いは,やはり見応えがある。相手の心の隙をつく,その針の穴を通すような戦いは,メルブラに詳しくなくとも,息をのむこと請け合いだろう。いずれも配信に動画が残っているカードなので,見逃した人はチェックしてみてほしい。

はれ選手(左)とラッキースター選手(右)。Loser's3では,はれ選手が一歩及ばず。ラッキースター選手がLoser's FINALに進んだ


優勝は秋葉使いのGO1選手


 そして迎えた決勝戦(FINAL)。Winner'sを無敗で勝ち上がってきたGO1選手の秋葉に挑むのは,ロア使いのJアンソン選手。Winner's FINALで一度はGO1選手に破れ,Loser'sを再び勝ち上がってきたJアンソン選手のリベンジに注目が集まる一戦だ。Winner's FINALでは,GO1選手の固めから逃れられず,ほぼ完封された形のJアンソン選手が,再びめぐってきたチャンスで流れを取り戻せるかが勝負の鍵を握る。
 

 第1セットのラウンド1,先に相手に触れたのはGO1選手。そのまま得意の端攻めで,Jアンソン選手の体力を半分ほど奪う。画面端から逃れ,立ち回りからJアンソン選手が残り僅かなところまで追い上げるも,最後はGO1選手が冷静にしのぎきってGO1選手の1ラウンド先取となった。
 ラウンド2はお互いの長所を押しつけ合うようなラッシュ合戦となった。攻守を入れ替えながらも体力を削りあう両者だが,ここぞのタイミングですかし下段からの起き攻めを成功させたGO1選手が続けてラウンドを取得し,GO1選手がファーストセットを奪取した。

賞金とトロフィー代わりのフランスパン(本物)を手にするGO1選手
 後がないJアンソン選手は,第2セット開幕から猛攻をかける。体力にして8割という大きなリードを取り,優勢に試合を運ぶものの,空中戦で引っかけた打撃から,GO1選手が一気に追い上げ。なんと残り10カウントのところで体力が逆転。そのまま押し込まれる形でタイムアップしてしまい,Jアンソン選手は貴重なラウンドを落とすことに。

 そしてこれが最後の第2セット,ラウンド2。ターンを握り続けることが最大の防御といわんばかりにGO1選手を攻め立てるJアンソン選手。しかし一度相手にターンが移れば,こちらも容赦のないラッシュが待っている。体力五分のまま時間は過ぎていき,残り17カウント。撃たされた形の昇雷をスカされたJアンソン選手が,大きなお釣りをもらってしまい,勝負は決着。最後は追いすがるロアを冷静に空対空で落とし,GO1選手がほかを寄せ付けない強さで,GODSGARDEN#6を制することとなった。

 

■「GODSGARDEN#6」覇者 GO1選手の優勝コメント


――優勝おめでとうございます。今のお気持ちを教えてください。

GO1選手:
 ありがとうございます。GODSGARDENの招待選手に選ばれてから,改めて本気でやり込んできたので,結果を出せて嬉しいです。

――今日の組み合わせの中で,一番キツかった相手はどの選手ですか。

GO1選手:
 はれさんのさつきが一番キツかったですね(笑)。

――決勝戦のJアンソン選手との対戦はどうでしたか。

GO1選手:
 普段から同じホームのアテナでよく対戦している相手なので,気楽に戦えたと思います。

――勝因があるとすれば,やはりそのあたりでしょうか。

GO1選手:
 そうですね,それが大きいと思います。相手の癖も分かってましたし。

――GODSGARDENは賞金がありますが,使い道は考えていますか?

GO1選手:
 彼女と一緒にご飯でも食べに行こうかと思います(笑)。

――メルブラについて,今後の抱負などがあればお聞かせください。

GO1選手:
 また大会があったら,次も優勝してやろうと思います。

――分かりました。では配信を見て応援してくれた人にメッセージをお願いします。

GO1選手:
 メルブラは本当に楽しいゲームです。たくさんの方が配信を見てくれたようなので,ぜひ皆さんもプレイしてみてください!

――ありがとうございました。

FINAL後,握手に応じるJアンソン選手とGO1選手

■決勝トーナメント リザルト

B1-1 LordKnightBB選手 vs. Jアンソン選手 ○
B1-2 しっきー選手 vs. GO1選手 ○
B1-3 イヴ選手 vs. AOI選手 ○
B1-4 ラッキースター選手 vs. はれ選手 ○

W1-1 AOI選手 vs. Jアンソン選手 ○
W1-2 はれ選手 vs. GO1選手 ○
WF-1 Jアンソン選手 vs. GO1選手 ○

L1-1 LordKnightBB選手 vs. ラッキースター選手 ○
L1-2 イヴ選手 vs. しっきー選手 ○
L2-1 しっきー選手 vs. ラッキースター選手 ○
L2-2 AOI選手 vs. はれ選手 ○
L3-1 はれ選手 vs. ラッキースター選手 ○
LF-1 ラッキースター選手 vs. Jアンソン選手 ○

Final Jアンソン選手 vs. GO1選手 ○

惜しくも2位,3位となったJアンソン選手とラッキースター選手。ご覧のとおりの仲良し振りだが,それもそのはず,優勝のGO1選手もふくめて,全員同じホームなのだとか。うーん,すごい



次回,GODSGARDEN #7は2012年10月27日。競技種目は「BLAZBLUE」


MELTY BLOOD Actress Again Current Code
 予定の終了時刻を少しばかりオーバーした21時過ぎ,初の関西開催となったGODSGARDEN#6はこうして幕を閉じた。機材トラブルやGODSGARDENの顔役,総師範KSK氏の体調(主に徹夜のせい)など,さまざまな障害のあったイベントではあったが,少なくとも会場の盛り上がりについては,過去のGODSGARDENと比べても大盛況。接戦の続いた試合内容はとくに面白く,メルブラの現役プレイヤー以外にも,大きくアピールするものだったのではないだろうか。
 今大会で興味を持った人は,ぜひPC版を購入して……とは言いづらいのが残念だが,ぜひゲームセンターに足を運んで,メルブラをプレイしてみてはいかがだろうか。

※現行バージョンのメルブラ“Ver1.07”は,OVA「カーニバル・ファンタズム」第3巻の初回特典としてリリースされたため,現在入手が困難

 イベント終了後,4Gamerでは今回のイベントの開催に尽力した運営のお三方にお話を伺ったので,以下に掲載しよう。答えてくれたのは,4Gamer読者にはお馴染みのGODSGARDEN 稲葉氏と総師範KSK氏,そして関西にてメルブラの公式大会を運営するHYDRA GPのらんぽ氏だ。


■GODSGARDEN 稲葉氏 総師範KSK氏

   & HYDRA GP らんぽ氏 ミニインタビュー


4Gamer:
 イベント,お疲れ様でした。今回のイベントは大成功だったと思いますが,いかがでしょうか。

らんぽ氏:
 そうですね。ただ機材トラブルがあって,かなり時間が押してしまいました。最後は巻きになってしまって,配信すべきだった対戦が流せなかったのが残念です。配信を見ていた人には,本当に申し訳なく思ってます。

4Gamer:
 でも会場は大盛り上がりでしたよ。

らんぽ氏:
 はい。プレイヤーの皆さんとスタッフが盛り上げてくれて,大会としては非常に盛り上がりました。

会場は大盛況だった「GODSGARDEN#6」

4Gamer:
 らんぽさんは,普段はメルブラの公式大会であるHYDRA GPの運営をされているんですよね。

らんぽ氏:
 そうです。HYDRA GPのゼネラルマネージャーをやってます。ほかにも個人的な大会や司会進行などもやってますね。

4Gamer:
 今回GODSGARDENとコラボすることになった経緯は,どのようなものだったのでしょうか。

らんぽ氏:
 僕からGODSGARDENの稲葉さんにメールをしたのがきっかけです。そうしたら「面白そうだからぜひやりましょう」と,快く返事をいただいて。その後,関西で初のGODSGARDENという形で,こちらで段取りなどを進めました。

稲葉氏:
 最初はただ「何かやろう」という話だったんですが,らんぽさんは,ずっと大会の運営を続けている方ですし,不安要素がなかったんですよ。むしろ僕等でお役に立てるなら,という感じです。あとはもう,ノリで(笑)。

らんぽ氏:
 エコールソフトウェアとフランスパンの新作タイトルが9月末頃には稼働するので,それまでに一度大きな大会をやりたかったんです。僕が個人的に主催している段位戦も,9月で三周年を迎えますし,メルブラ10年の総決算という感じです。

総師範KSK氏:
 関西では,これまでKUBODSGARDENMix Up Nightといったイベントでコラボレーションすることはありましたが,GODSGARDENのナンバリングとして開催するのは,今回が初になります。
 実はGODSGARDENにはメルブラに詳しい人がいなくて,盛り上げられるかどうか心配もあったんですが,結果的には参加してくれたプレイヤー達が熱い戦いをしてくれたので,すごく盛り上がりましたね。手伝って本当に良かった。

らんぽ氏:
 ありがとうございます!

稲葉氏:
 試合がすごかったよね。素晴らしかった。トラブルだけはもう,土下座もんですけど。

配信中の総師範KSK氏
総師範KSK氏:
 配信を見ていた人には,本当に申し訳なかったですね。

4Gamer:
 関西勢からみて,GODSGARDENってどんなイベントですか?

らんぽ氏:
 単純に羨ましかったですね。とくに僕等がやってるメルブラは,これまで大きな大会の種目として,あまり選ばれないタイトルだったので。

4Gamer:
 では今回のGODSGARDEN#6を機に,今後は関西での開催が増えるかもしれませんね。

総師範KSK氏:
 そうですね。またメルブラかもしれないし,別のタイトルかもしれませんが。色々なコミュニティと連係して,格闘ゲームのイベントを盛り上げて行きたいです。

4Gamer:
 分かりました。ではGODSGARDENとHYDRA GPの今後について,告知などがありましたらお願いします。

稲葉氏:
 GODSGARDENは次回,GODSGARDEN #7が2012年10月27日にあります。競技タイトルは「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND」(AC / PS3 / Xbox 360)。今回はちょっと変わった仕掛けを用意していまして,アーケードのイベントである「SUMMIT OF BLAZBLUE」との連係を考えています。

4Gamer:
 というと?

稲葉氏:
 全国各地のゲームセンターで予選を開催して,GODSGARDEN#7への切符を争ってもらうという形なんです。今まではコンシューマ版とアーケード版で大会を分けていましたが,より連係して相乗効果を出していければなと。

4Gamer:
 なるほど。こちらは現行のBLAZBLUEの総決算という感じですね。

稲葉氏:
 そうですね。そして次作(「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」)への橋渡しにもしたい。できるだけ元気玉を大きくして渡したいですからね。今回の経験を糧として,もっと盛り上げられるようにがんばります。

4Gamer:
 分かりました。ではHYDRA GPの方はいかがでしょうか。

らんぽ氏:
 HYDRA GPでは,メルブラはもちろんのこと,これから稼働する「アンダーナイト インヴァース」にも力を入れていく予定です。なので,大会にも期待していてください。あとアンダーナイト インヴァースでも,またGODSGARDENさんと何かやりたいですね。

稲葉氏:
 ぜひ。

4Gamer:
 ありがとうございます。では配信を見ていたメルブラファン,格闘ゲームファンに一言メッセージをお願いします。

らんぽ氏:
 そうですね。メルブラ勢はこれが最後と思わないでほしいですね。僕等も頑張るので,プレイヤーの側からも,もっともっとメルブラを盛り上げていっていただければと。

総師範KSK氏:
 今日の会場の盛り上がりを見ていても,プレイヤーが一丸となって盛り上げようとしてくれているのが伝わってきて,それがすごく印象的でした。GODSGARDENとしても,そういうプレイヤーが増えてくれると嬉しいですね。それがイベントや,格闘ゲームの盛り上がりにも繋がると思うので。

4Gamer:
 本日はありがとうございました!

左から稲葉氏,らんぽ氏,総師範KSK氏



 なお会場ではインターバルの時間に紹介されたが,メルブラのデベロッパ,フランスパンのなりた氏よりメッセージが届いているので,これを最後に掲載し,記事の締めとしたい。インタビュー中でも触れられた「アンダーナイト インヴァース」,そしてまだ見ぬメルブラの新展開に期待しよう。

フランスパン なりた氏からのメッセージ

ゴッズガーデン開催おめでとうございます。そしてお疲れ様でした!
メルブラも多くの方に大変長く遊んで頂き,制作に携わる者として非常に嬉しく思います。
このような大きな大会を開いて頂き,改めてありがとうございました。

現在フランスパンではアーケードで新作のオリジナル格闘ゲームを作っており,そちらの方も今月9月の20日に稼働を開始する予定です。
メルブラを楽しんで頂けているプレイヤーの皆様になら,絶対に楽しんで頂ける内容となっておりますので,ゲームセンターで見かけましたら,是非プレイして頂けますと幸いです。

新作の方も一息つきまして,まだ言えませんがメルブラの方にも動きが出てきております。
現行メルブラにあのキャラを追加したい,HD解像度で作り直したいなど,こちらとしてもやりたいことは尽きず,時間もまだまだかかるかと思いますが,なに,本家のTYPE-MOONさんほど皆さんをお待たせはしませんので '`,,('∀`)'`,,

こうして大会を開催をして頂いたゴッズガーデン運営スタッフの皆様,そしてメルブラ,格ゲーを好きでいて下さる多くのプレイヤーの皆様。
本日の大会は重ね重ねお疲れ様でした。
我々も,業界の末席ではありますが,格闘ゲーム制作に携わる者として,これからも頑張っていきますので,ご期待頂けますと幸いです。

「アンダーナイト インヴァース」
MELTY BLOOD Actress Again Current Code

「GODSGARDEN」公式サイト

「MELTY BLOOD Actress Again Current Code」公式サイト

「アンダーナイト インヴァース」公式サイト

  • 関連タイトル:

    MELTY BLOOD Actress Again Current Code

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月