オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ROBOTICS;NOTES公式サイトへ
  • MAGES.
  • 発売日:2012/06/28
  • 価格:通常版7140円,限定版9240円(共に税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
51
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
注目作「ROBOTICS;NOTES」の開発裏話やライブで大いに盛り上がりを見せた,「秋葉原電気外祭り」のMAGES.ステージイベントレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/08/18 20:18

イベント

注目作「ROBOTICS;NOTES」の開発裏話やライブで大いに盛り上がりを見せた,「秋葉原電気外祭り」のMAGES.ステージイベントレポート

 東京・秋葉原では,2011年8月11〜13日に,イベント「秋葉原電気外祭り 2011 SUMMER」が実施された。ゲームやアニメなどのコンテンツパブリッシャによるさまざまな催しのうち,本稿では,8月11日にベルサール秋葉原で行われたMAGES.のステージイベントをレポートする。


ROBOTICS;NOTES ROBOTICS;NOTES


 はじめに,MAGES.の番馬バン。氏とTECH GIAN編集部のまちょ羽田野氏によるトークショーが開かれた。
 最初にテーマとなったのは,テレビアニメ版「STEINS;GATE」。佳境を迎えつつある同アニメの見どころについて,番馬氏は「オカリンがどうなるか注目してほしいですね」と述べた。
 また番馬氏は,「気合を込めて制作しており,とても満足できる仕上がりです。ぜひリアルタイムで見てください」と語っていた。

 次に,科学アドベンチャーシリーズ第3弾「Robotics;Notes」PlayStation 3/Xbox 360)にテーマが移った。ここで,スペシャルゲストとしてニトロプラスのでじたろう氏が登場し,3人によるトークが展開した。
 でじたろう氏は,MAGES.の代表取締役 志倉千代丸氏との出会いを振り返りつつ,ROBOTICS;NOTES開発のきっかけを明かした。

でじたろう氏
 でじたろう氏によると,ニトロプラスの「咎狗の血」というタイトルの開発で,志倉氏に彩色などの作業を手伝ってもらったことが縁で,付き合いが始まったという。
 その後,志倉氏から「CHAOS;HEAD」の企画書が持ち込まれ,当時の5pb.とニトロプラスのコラボレーションが実現。実はその開発中,志倉氏に「次の企画もあるんだけど」と言われ,STEINS;GATEの企画書を見せられたのだそうだ。
 そして,STEINS;GATEの開発中,今度はROBOTICS;NOTESの企画書を受け取った。

 昨年(2010年)9月には,同作の開発に向け,種子島でロケハンが行われた。このときのロケハンには,志倉氏やでじたろう氏のほか,科学アドベンチャーシリーズのプロデューサーを務める松原達也氏,シナリオライターの林 直孝氏といった開発スタッフ10名が参加。さとうきび畑やJAXA(宇宙航空研究開発機構)の施設,島内の高校などを見て回ったという。
 その夜,参加者同士がアイデアを出し合いながら,ゲームの骨格を作っていったそうだ。

番馬バン。氏
 ROBOTICS;NOTESは,PlayStation 3およびXbox 360のマルチプラットフォームで展開されるが,番馬氏は「同じクオリティが出せるよう,折り合いをつけながらがんばっています」とコメントしていた。

 続いて,2社が共同で作品を開発するとき,それぞれどのように作業を進めていくかがトークのテーマに。
 でじたろう氏は,「私達の場合は,互いが得意とする部分を担当しており,ゲームのコア部分は5pb.に任せています。STEINS;GATEが成功したのは,両社の作業がうまくかみ合った結果です」とコメントした。
 でじたろう氏によれば,ROBOTICS;NOTESではニトロプラスがロボットのデザインを担当しており,「リアル系とSD系をミックスしたようなもの」になっているという。同氏は来場者に向け,「楽しみに待っていてください」と述べていた。

 次に,MAGES.が新たに立ち上げるPCゲームブランドに話題が移った。ここで番馬氏は,「Gigas Drop.」(ギガズドロップ)というブランド名を発表。「STEINS;GATE 8bit」が,同ブランドからリリースされるタイトルの第1弾になることを明らかにした。
 番馬氏によると,「巨人」を意味するギリシャ語「Gigas」と,「リリースする」という意味の英語の組み合わせがブランド名の由来になっており,最後に「デジタル用語の基本」(番場氏)であるドットを付けたのだという。番場氏は,「巨人のような大きなコンテンツにしていきたいという思いを込めました」と語っていた。

 Gigas Drop.の公式サイトは8月19日にオープンし,同日には,STEINS;GATE 8bitの体験版を配信する予定とのこと。すでに同作をプレイしたというでじたろう氏は,「面白い作品でした」とゲームの出来に太鼓判を押していた。

 番馬氏は,10月27日に発売予定のXbox 360版「マブラヴ」「マブラヴ オルタネイティブ」を紹介。さらに,詳しくは明かされなかったものの,10月下旬から11月上旬にかけ,ラジオ会館で「何か」が起きるという謎の告知が行われた。
 そして,最後にでじたろう氏が,9月30日に発売予定のPCゲーム「ソニコミ」の紹介を行い,技術の粋を集めて開発していると述べて自信をうかがわせていた。
 なお,8月6〜31日に,「AKIHABARAゲーマーズ本店」の7階で,ニトロプラス関連グッズを集めた「ニトロプラスミュージアム」が開催されているとのことだ。

 トークショーでは,ゲーム開発の裏話や,新ブランド設立のニュースといったさまざまなテーマが飛び出し,来場者を大いに沸かせていた。立ち見が出るほどの盛況ぶりで,リリースはまだまだ先とはいえ,ROBOTICS;NOTESに対するファンの期待は非常に高いことがうかがえた。


ライブイベントも開かれ,会場は熱狂の渦に。アフィリア・サーガ・イーストの握手会も大盛況


 さて,今回のMAGES.によるステージイベントでは,トークショーだけでなく,ライブも開かれた。
 naoさん,彩音さん,アフィリア・サーガ・イーストの順に登場し,それぞれの曲が披露された。時間の関係で曲数はそう多くなかったものの,会場をすさまじい熱気に包み込んでいた。
 また,曲によっては,一部をアーティストと来場者が声を合わせて歌うといった掛け合いも見られ,大盛り上がりだった。

naoさん
彩音さん
アフィリア・サーガ・イーストの皆さん


 また,ライブイベント後には,アフィリア・サーガ・イーストによる握手会も行われた。
 この握手会に参加するには,イベント会場内の科学アドベンチャーシリーズブースで,7月27日に発売された「STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん」のオープニングテーマCD「La*La*Laラボリューション豪華盤」「La*La*Laラボリューションコラボ盤」のいずれかを購入する必要があったのだが,用意された100枚のCDは完売。短い時間だったが,アフィリア・サーガ・イーストのメンバーも,ファンとの交流を楽しんでいた。

 長丁場のイベントとなったが,ファンにとって思い出深いイベントになったことだろう。

「Robotics;Notes」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ROBOTICS;NOTES

  • 関連タイトル:

    ROBOTICS;NOTES

  • 関連タイトル:

    STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)

  • 関連タイトル:

    STEINS;GATE

  • 関連タイトル:

    STEINS;GATE

  • 関連タイトル:

    STEINS;GATE

  • 関連タイトル:

    STEINS;GATE HD

  • 関連タイトル:

    STEINS;GATE 変移空間のオクテット

  • 関連タイトル:

    STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/02/17)
ROBOTICS;NOTES (通常版)
Video Games
発売日:2012-06-28
価格:1500円(Amazon) / 271円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月18日〜07月19日