オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
TOMB RAIDER公式サイトへ
読者の評価
78
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
86
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
すっかり生まれ変わった「TOMB RAIDER」をレビュー。若きララ・クロフトの成長物語を描いたシリーズ再起動の一本とは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/05/17 00:00

レビュー

若き日のララ・クロフトが,相当ひどい目に遭いまくりでもがんばり抜くシリーズ最新作

TOMB RAIDER

Text by 稲元徹也


 スクウェア・エニックスから発売中のアクションアドベンチャー「TOMB RAIDER」PC/PlayStation 3/Xbox 360)は,2013年3月8日の記事でもお伝えしたように,シリーズの「リブート」(再起動)として,あえてナンバリングを外し再出発を図った作品だ。
 上記の記事ではゲーム序盤のインプレッションもお伝えしているが,今回は発売後に遊び込んでのプレイフィールや,主人公のララ・クロフトがどのような活躍をすることになるのかを,シングルプレイのインプレッションを中心にお伝えしていこうと思う。なお,今回プレイしたのはXbox 360版で,文中のキーの表記などもそちらに準じている。

突然の事故に遭い,辛うじて生き延びたかと思えば,誰かに殴られて気を失うという有様。冒頭からララの前途は多難だ
TOMB RAIDER

「TOMB RAIDER」公式サイト



ピンチに次ぐピンチ
そしてお楽しみのトレジャーハントがプレイヤーを待つ


 新生TOMB RAIDERの最大の見どころは,なんといってもララ・クロフトの若き日の姿が見られることだ。本作のララは大学を卒業したばかりの21歳で,シリーズ従来作のタフな面影はほとんどない,初々しいキャラクターとして描かれている。
 ゲームの冒頭では,そんなララを乗せた船が,突然発生した事故により遭難,見知らぬ島に流れ着いたあと得体の知れない連中に拘束され,そこから命からがら逃亡するというシーンが怒濤のように展開する。武器一つ持たず,しかもケガを負ったララの不安と恐怖がこれでもかとばかりに描かれ,最初の武器である弓を手に入れるまでの約30分間は,緊張と不安の連続。プレイヤーは何が起こったのかほとんど分からないまま,たちまちゲームに引き込まれていく。

TOMB RAIDER
負傷してボロボロになりながら,武器や道具など何一つ持たない状態で過酷なサバイバルを強いられる。ここまでララが痛めつけられるのは,シリーズ初かもしれない
TOMB RAIDER TOMB RAIDER

 最初は,戦いの専門家ではないことが強調されるララだが,ゲーム中,そんな彼女を数々のピンチが襲う。暗い森の中で罠にはまって身動きできないまま,狼の群れに襲撃される,後ろ手に縛られたまま見張りの目をかいくぐって脱出する,目の前に飛行機が墜落してくるなど,どえらいシチュエーションがたたみ込まれるのだが,そんな超絶状況に傷つきながらも順応していくララもまたすごい。これが劇中で語られる,「クロフト家の血」なのだろうか。

ララがこの旅に参加した理由は,仲間の1人が撮影したビデオカメラの映像で語られる
TOMB RAIDER
TOMB RAIDER
 ちなみに,若きララを演じているのは声優の甲斐田裕子さん。洋画の吹き替えなどが多い声優さんだが,ゲームでは「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」「ミラーズエッジ」などにも出演している。21歳のララにしては,演技が落ち着いている観もあるが,キャピキャピした若い声や,いわゆる萌え声でもなく,個人的には適役だという印象だ。

 サバイバルの舞台となるフィールドは,島全体ではないものの,ある程度自由に行き来できるかなり広いエリアであり,一つのエリアですべきことを終えたら,次のエリアに進めるというシステムになっている。後述するように,先のエリアに進んでも元いたエリアに戻ることができるので,ゲームが進めば進むほどフィールドが広がっていくというわけだ。

21歳のララ・クロフト。厚めの唇や目立つバストなど,将来の片鱗は見られるが,これまでのシリーズとはかなり違う
TOMB RAIDER

「レリック」と呼ばれる遺物を見つけると,ララがそのアイテムについてひとりごとを言う。オブジェクトを回転させると,さらなる発見があることも
TOMB RAIDER
 ゲームの基本的な目的はこの島から脱出することだが,島には先住民や旧日本軍などが遺した「レリック」と呼ばれる遺物があちこちにあり,これらを見つけていくのも楽しみの一つになる。レリックを見つけたときのララのつぶやきは考古学者そのもので,直前までピンチに陥っていたとは思えないほど冷静さ。そのギャップもまた,面白い。

 レリックのほかにも,各エリアごとにあるチャレンジや,バックストーリーが分かるドキュメント「ジオキャッシュ」と呼ばれる宝物などが点在しているが,これらがエリア内にいくつかあるかはあらかじめ分かっており,また,入手した個数や達成率なども表示されるので,それを目標に探索を進めることができる。

島では謎めいた儀式が行われているようで,あちらこちらのその形跡が見られる
TOMB RAIDER TOMB RAIDER
「インスティンクト」を使うと,先へと進むためのヒントや目的地への方向が表示されるほか,敵の位置も分かるようになっている
TOMB RAIDER TOMB RAIDER
キャンプには「ベースキャンプ」のほか「デイキャンプ」がある。スキルの取得や武器のアップグレードはどちらでも行えるが,ファストトラベルはベースキャンプでのみ可能
TOMB RAIDER TOMB RAIDER

 セーブや武器のカスタマイズなどは「ベースキャンプ」で行うが,ベースキャンプからベースキャンプへは「ファストトラベル」という瞬間移動が可能であり,取り逃したアイテムを探しにいつでも戻ることができる。シリーズ従来作と同様,アクションと同等にトレージャーハントが重視されているわけで,ピンチに陥っていないときはエリアの探索に精を出すことになる。
 一見するととても行けないような場所にお宝が隠されていたりするので,ルートを探すのも面白いが,向こう側に飛び移れるような場所は意図的に目立つようなデザインになっていて分かりやすい。またLBを押して発動させる「インスティンクト」を使えば,アイテムや仕掛けが画面に表示されるため,これも便利だ。アクションと探索シーンがうまいバランスで配置されているという印象で,飽きることなくゲームを進められる。

手に汗握るピンチの連続。ゲームの難度は低くはない
TOMB RAIDER
TOMB RAIDER


ララを成長させて,華麗な戦いを繰り広げよう


 スカベンジャーと呼ばれる謎の集団など,敵との戦いは,当然ながらララ一人対多数で行われるうえ,使える武器も限られているので,簡単ではない。敵に気づかれないように倒したり,こちらも地形やスキルなどをうまく使った戦術をとっていかなくてはならない。
 敵のAIはかなり賢く,例えば同じ場所で撃ち合いをしていると射撃精度が上がったり,狙うのに時間がかかると判断すると隠れる場所を変えたりしてくる。そのため,こちらも地形やスキルなどをうまく使った戦術をとっていかなくてはならない。ただ,敵との戦闘が繰り広げられる場所では,必ずといっていいほど,こちらが有利に戦えるような場所やアイテムが用意されており,戦闘の場数を踏むことでそれらが見えてくるようになる。また,戦闘力を向上させるスキルを優先的に獲得していくという手もある。

最初に手に入る弓は,LTでかまえてRTで放つ。引く時間が長いほど命中精度や威力が上がるが,長すぎると疲れて弓を下ろしてしまう
TOMB RAIDER
火を放ったり,ロープを結んだ矢を射たりなど,弓はどんどん進化して便利になっていく
TOMB RAIDER TOMB RAIDER

 戦闘のキモとなるのが,本作のララを象徴する武器であるだ。遠距離の敵を1人ずつ倒したり,周囲に矢を射かけて注意をそらしたり,ドラム缶を撃って爆破させたりなどといった攻撃を,音もなく行える。連射が利かないので接近戦には不向きだが,使いこなせれば便利このうえない武器だ。そのうち,銃やライフル,ショットガンといった飛び道具も手に入るので,これらをうまく使いこなしていきたい。腕に自信があるなら,あえて銃器を封印し,最後まで弓一本でいってみるのも面白いだろう。

ピッケルを手に入れると,壁を登れたり,格闘戦が行えるようになる
TOMB RAIDER TOMB RAIDER
スキルを取得したり武器を手に入れることで,より強い攻撃ができるようになる。狩られる側から狩る側へと成長するのだ
TOMB RAIDER
エリアには「シークレットトゥーム」という場所があり,パズルを解くことで宝箱のある深部へ行ける
TOMB RAIDER TOMB RAIDER

マップはいつでも見られる。目的やアイテムの数などが表示されるほか,インスティンクト発動時に表示される目的地をセットすることもできる
TOMB RAIDER
 懐に入られたときは,ピッケルを使った格闘戦も可能だ。直接攻撃してもいいが,敵が攻撃してくるタイミングを見計らってBボタンで回避し,その隙を衝いて攻撃すると優位に立てる。経験を積んで「ファイターアップグレード」のスキルを向上させれば,避けた直後に敵に砂をかけてひるませたり,弱点を攻撃してスタン状態にさせたりなど,敵との攻防の幅が広がっていく。自分好みのアクションで戦いを楽しもう。

地形は複雑な迷路のように入り組んでいる。マップでは近くても,大回りしないと行けないような場所も多い
TOMB RAIDER
TOMB RAIDER

 上にも何度か出てきたスキルだが,あらためて説明すると,これは敵を倒したりイベントをこなすことで手に入る経験値を使って取得していく。種類としては,主にアイテム発見や増量に関する「サバイバー」,主に射撃武器に関する「ハンター」,そして主に格闘戦に関する「ファイター」という3系統のスキルがあり,これを身につけることでララのアクションが増えていくという仕掛けだ。


ララの運命を変える,ドラマチックなストーリー展開に注目。ここからのララの将来にも期待がかかる
TOMB RAIDER
 ピンチの連続のララだったが,やがて生き延びた仲間達と出会い,団結して敵と戦っていくことになる。彼らと島から脱出するために行動するうちに,スカベンジャーの正体が少しずつ明らかになり,また遭難の原因も分かってくるという流れだ。シリーズ従来作に色濃かった伝奇的な要素も後半には出てくるし,ラストには,彼女の将来につながりそうな,ちょっとした布石が用意されていたりなど,すっかり新しくはなっているが,本作がTOMB RAIDERシリーズであることも忘れていない。
 細かく作り込まれた広いフィールドを,彼女の抜群の身体能力で走り回るのは気持ち良く,敵との攻防にも複数の選択肢が用意されていて戦略性も高い。アクションゲームとしての完成度は非常に高いので,シリーズ経験の有無に関わらず楽しめるだろう。生まれ変わったララ・クロフトの成長物語をじっくり楽しんでほしい。

TOMB RAIDER
TOMB RAIDER

「TOMB RAIDER」公式サイト


  • 関連タイトル:

    TOMB RAIDER

  • 関連タイトル:

    TOMB RAIDER

  • 関連タイトル:

    TOMB RAIDER

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月21日〜04月22日