※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング

「ファンタシースターオンライン2」特設サイト

オフィシャルコンテンツ
  • 公式ブログ
  • 公式Twitter
  • PSO2 LINE公式アカウント
  • 応援メッセージ募集中
  • 「PSO2」のキャラクターを現実世界に。「マイキャラ3Dクリスタルフィギュア化プロジェクト」のキーマンに意気込みを聞いた
  • 「PSO2 クラウド」のサービス開始が2018年4月4日に決定。「ゼルダの伝説 BotW」よりリンクのアバターコスチュームの情報も
  • 「PSO2」のグラフィックスが大幅強化されたので,俺のかわいいキャラをさらにかわいくしてみた。キャラクリは自分に正直が正義だ!
  • スペック
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

このゲームの読者の評価
67
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 酷評とまではいかないが微妙なところ... 50
    • 投稿者:つー(男性/20代)
    • 投稿日:2018/09/15
    良い点
    ・キャラクタークリエイトの充実
     リリースから既に6年経過しており最高峰のキャラクリとまではいかないが未だに本タイトル のウリとなっている。頻繁にコラボも実施されており自由度は高い。

    ・ライトユーザーに優しい戦闘システム、難易度
     戦闘コマンドは単純明快であり、誰でもそう時間を必要とせずに馴染むことができる。他タイトルにありがちな「ガチ勢以外お断り」は極一部を除いて見受けられず、ビギナーが参入しやすい。また、ボス戦を始めとするBGMの評価は総じて高い。
    悪い点
    ・運営の態度の悪さ
     これは非常に有のだ名なので2つほど紹介する。運営がおよそ週1で生放送番組をニコニコ動画内で放送しているが、基本的に自分たちを批判する内容のユーザーコメントを無視する。他にもプロデューサーのブログに書かれた批判的なコメントを削除しあたかも擁護コメントばかりのように見せる、など悪名高い。

    ・難易度が低いことによるつまらなさ
     本タイトルにも少なからずガチ勢が存在する。このゲームはなにかとヨーイドン形式で戦闘が始まるものが多いのだがガチ勢は移動速度からしておかしい。敵の弱さもあいまってライトユーザーが追いつく頃には既に戦闘が終わっていた、なんてこともしばしば。

    ・アンチユーザーの多さ
     プレイ、未プレイに関わらずこのゲームにはアンチが大量にいる。確かにこのゲームの戦闘バランスや運営陣には不満も出るだろうが明らかに批判コメントの度が過ぎている。これは未だに数万人規模のアクティブユーザーがいることを考えれば明らかである。
    総評
    評価としては一長一短のため、まずはプレイしてみて自分にあうかどうかを体感してもらうことを推奨する。もしプレイを続けるようであればやり込み要素もかなりあるが、肝心のレア物は完全に運任せ(これはファンタシースターの伝統である)のため肩の力を抜いてプレイするのがよいと思われる。また、Episode5で登場したクラス(=戦闘スタイル)「ヒーロー」で一時期かなり荒れたが、度重なる調整を受けて現在では他のクラスもヒーローに負けないほどに強化されているので安心していい。

    まあ悪い点も多々あるがために、これからの期待を込めて50点としました。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 2 4
  • 他ゲーと比較すると・・・? 20
    良い点
    ■アバターアクセの充実
    正直キャラクリは黒い砂漠/FF14に勝ててないと思いますが(※個人の意見)
    日本人受けの多いアバ・アクセが多い、コラボも頻繁に行う点は
    非常に高評価、なお当選確率と値段は(以下略

    ■マルチプラットフォーム
    様々なハードでプレイ可能、また必要スペックが低い
    悪い点
    ■ヒーローさいつよ
    「散れ、非英雄」というフレーズが生まれてしまうほど一強


    ■来月には装備更新されるゲーム
    何のために装備叩くのか分からなくなる。
    だって3世代前くらいの装備で緊急余裕でクリアできる。
    難易度低すぎなんだよねこのゲーム

    そもそも最高レアは人気ブログで運営褒めないと出てこない。



    ■細分化されたアバターアクセ
    せっかくの一番他ゲーに勝っていた部分
    アバターアクセ関係が儲からないとか言い出して
    大量に部位を分けたアバターパーツみたいなものを出してきた
    前にゆかりコラボとかやってたけど、そのキャラになるには
    何万円ぶち込めばなれるんです?あほくさ
    総評
    他ゲーと比べると

    FF14「ロールタイプの協力プレイ、高難易度ボスの撃破!!」
    黒い砂漠「生活コンテンツ、アクション要素強い、狩り/PVP重視!!」
    PSO2「いつものロビーで嫁を着飾るゲーム!!」

    なんでこのゲームやる必要あるん????
    ライトユーザーや新規が入りやすい以外、このゲームの長所無いからね

    装備更新早くなり、武器がゴミ化してやる気失せた古参が消えていく
    アバ細分化して課金もアホくさくなってエステ民も消えていく
    新規が居座れるシステムじゃないから入ってすぐ消えていく

    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 1 1
  • 課金者に対しての配慮が酷い 30
    • 投稿者:hoge-hoge(男性/30代)
    • 投稿日:2018/08/09
    良い点
    ・キャラクリエイトのパラメータを比較的細かく調整できる。
    ・完全リアルに寄せきっておらず 若顔、幼顔、すっきり顔 など、ゲーム内で異なる絵面を選べる
    ・キャラに着せるコスチュームや付けれるアクセが多彩なので飽きない
    ・ガチャを引いた回数により「交換券」が貰えるので、最低限の入手性は担保されている
    ・ガチャ登録アイテムx2でアカウント登録となるので、多キャラ持ちに優しい仕様
    ・国内では数少ないアクション要素のあるバトル
    悪い点
    ・ガチャは基本ゴミが多い、目玉商品も、センスの無いカラバリを意図して実装されており、さらにハズレが嵩増しされている
    ・先行き不透明な強化素材が多すぎるので、結果倉庫を圧迫させ、それによって収益を得ようとしている根性がむき出しになっている。露骨すぎて萎えてくる
    ・最高レアレティの武器、防具が、システムによって取引キャップされている。よって、せっかくドロップした劇レアも、目当てのものでなければ容易にゴミと化す。
    ・レア武器のドロップ偏りが酷く、あっちでは2、3本ドロップしてウヒャヒャしてるのに、こちらでは一本も出ずに闇に陥る といった事が日常茶飯、星14武器でこれが顕著にでており、人間関係で崩壊していくチーム(ギルド)が後を経たない。
    ・ゲーム内取引のUIが劣悪で、相場を調べる、それを出品する という手順がものすごく億劫になっている。これも倉庫圧迫に拍車をかけていて、露骨に集金対象となっている。
    ・エネミーの耐久が低すぎて、遠距離攻撃ができないキャラは、エネミーに触る事すら許されない状況になっている。何の爽快感も得られない。
    総評
    正直、課金しても、ガチャ回しすぎて倉庫圧迫し、結果何もドロップアイテムが拾えなくなり
    知人とのクエストも避ける(拾うのに時間がかかるので迷惑になる)ようになり、
    結果

    基本ソロ、緊急クエスト以外は倉庫整理

    という状況が作られていきます。
    正直課金していない人の方が、何倍も楽しんでいると思います。

    もう少し課金した人に対して、倉庫枠の拡張や、強化素材アイテムの行き場所を担保してくれる等、配慮があれば有難いのですが、これから実装される気配もありません。

    せっかくお金を払ってガチャ回してるのに、そのガチャのせいで首が回らない状況に陥っていく

    せめて溢れたガチャ品の置き場所くらいは担保してほしいものですが、全く無し
    現状用意されているレンタル倉庫もパンパンで、最早どうにも動けない状態です。


    ガチャ登録アイテムx2でアカウント登録となるので、出品アイテムも値下がりしており
    尚更、無課金の人が購入しやすい状況が作られると共に、
    課金者は物が売れず、かといってガチャ引いてもゴミしか出ず、どんどん値下げしていく他無い
    というサイクルが作られ、
    無課金者のほうが優遇されているような状況に陥っています。

    上記の点から
    PSO2を楽しむ為には

    ・課金はしない
    ・多キャラで金策クエストを回す
    ・レアが欲しけりゃ多鯖にキャラ配置して回せるだけ回せ

    という事がキモとなってきます。


    楽しさはあります
    が、
    それ以上に「イラッ」とさせられる要素、理不尽な要素が多すぎて、そこがユーザーの反感を募ってます。

    この事実を、運営が黙認する限りは、今後の衰退は止まらないと思います。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 4 1
  • 改善しつつあります 80
    • 投稿者:猫大好き(男性/30代)
    • 投稿日:2018/07/11
    良い点
    ・決まった時間にクエストが発生するのでやりたいときに手軽にできる、時間割も豊富(悪い点でもある)

    ・キャラメイクが豊富

    ・よっぽどの寄生装備でない限り、ユニクロ装備でも何とかなる(悪い点でもある)

    ・金策も豊富で無課金でもやっていける
    悪い点
    ・良い点で書いた、ユニクロ装備でも何とかなるのは、火力過多になっており現プレイ環境に追い付いていないからというのもある(ぼーっとしてても周りのガチが簡単倒しちゃう)

    ・ストーリーが今一つ

    ・よっぽどガチを目指さない限り、緊急クエスト以外やることがない
    総評
    キャラメイクはホントにすごいです。
    黒い砂漠みたいに骨格が動かせるとかそこまでではないけど、老若男女自由に作れアニメ系の顔からリアル系の顔などなど・・・同じ顔のキャラを探すのが大変なくらい細かく調整できます。
    黒い砂漠とはまた違ったキャラメイクの楽しみ方ができます。


    装備多少弱くてもプレイヤースキルなくても文句言う人はほとんどいません。(一部のガチ用クエストを除く)
    手伝って〜教えて〜と頼めば周りの暇な人が喜んで手伝ってくれますので、初心者でもとっつきやすいかも。

    課金の必要性もほぼ皆無で、大体の欲しいものはゲーム内マネーで補えます。
    ゲーム内マネーの金策も他ゲーよりは全然やりやすいのでコツコツやってれば無課金でも十分やっていけます。
    ですが金策がしやすい分、相対的に武器の強化や能力もつけやすくなりほとんどのプレイヤーが火力過多状態です。
    その為クエストがぬるくなってしまい、純粋にアクション楽しみたい!自分で倒した〜!という爽快感を楽しみたい人には物足りないと思います。

    職業も色んなスタイルが楽しめます。
    ヒーローという職業が実装され、一時期はヒーローブッパゲーになってしまい他の職業の楽しみがなくなって引退者が続出してしまいましたが、ここ最近ヒーロー以外の職業が良い感じで調整が入り、前のように色んな職を楽しめる状態に戻ってきました。
    引退した人もぜひ戻ってきてもらいたいです。

    ストーリーは・・・お察しです。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 1 4
  • 今から始めても問題はないMORPG系アクションRPG 85
    • 投稿者:えるーざ(女性/30代)
    • 投稿日:2018/07/01
    良い点
    ★「初心者でも気軽に遊べるネットゲーム入門系MORPG」
    初心者・ネットゲーム自体がはじめての人には一番向いてる作品かと思います
    他のネットゲーム・オンラインゲーム自体とっつきにくい部分はありますが
    PSO2は特に問題なく初心者・始めてゲームをする人でも入り口は広い配慮があります

    ★「レベル上げが非常に楽」
    経験値緩和等アップデートで昔からきており
    レベル上限まではすんなりいけるようになっている構成です
    それほど時間もかからずに早ければ2週間もあれば上限までいけます

    ★「お金稼ぎがインフラ化」
    とにかくお金稼ぎ・金策に関しては非常にしやすく
    サブキャラクター等キャラクターを複数作成所持すれば効率化が図れるので
    更に稼ぎやすくなっている状態なのでとくにお金に困ることはないです

    ★「全く課金しなくても100%遊べる仕様」
    課金要素はコスチュームガチャやプレミアム課金とよばれるオプションのみで
    課金しなくても特に問題なく遊べるところは他のネットゲームと比較すると
    気にしなくてもいいのでゼロ課金でも充分遊べるところは魅力です

    ★「武器防具がレア度関係なく揃えやすい」
    昔よりもレア武器も比較的ドロップ率が向上して出やすくなったり
    コレクトオーダーや期間限定イベントでも入手しやすくなってきています
    なので早い段階でレア度が高い武器や防具も入手可能なので
    初心者の人でもそれなりにやりこめば早い段階ですぐに入手可能となっています

    ★「操作が簡単」
    基本連打ゲー・タイミング押しに位置するノンタゲアクションRPGなので
    ゲーム自体あまりプレイしない人でも気軽に敵を倒せる位とても簡単操作です
    なのでゲームそのものを普段プレイしない人でも誘ってプレイできるかと思います

    ★「機種の壁を超えて色んな人と遊べる配慮」
    現在PS4・PPvita・ニンテンドースイッチ・PCの4機種でプレイが可能で
    クロスプラットフォーム・クロスプレイが可能になっています
    なので機種問わず色んなプレイヤーさんと遊ぶことが可能なので
    自分が普段使っているハードで無料でダウンロードして遊べる所はいい部分です
    アカウントも全て共通で利用できるので紐付けなどはありますが問題はありません


    ★「短時間でも長時間でも遊べるボリューム」
    PSO2の最大の魅力はとにかく飽きたら飽きたでその場ですぐやめれるゲーム性
    1日1時間でも十分遊べると思うので自分の都合に合わせてプレイが可能です
    公式も「セカンドゲームとして遊んでほしい」という言葉もあるとおり
    ほかのゲームをしながらPSO2を遊べるのでそういう部分では
    忙しい人・ゲームに対して短気や飽き性な人でも気楽に遊べるかと思います
    悪い点
    ☆「運営体制」
    昔から言われてますがPSO2の運営がかなり自己満足・自分勝手な方向性であります
    なのでユーザーの意見は取り入れてるもののほとんどの意見が違う意味に変換されており
    運営体制が一番懸念されている部分でもあります
    そういう裏側を気にしなければ問題はないのですが
    運営体制・運営のやり方を気にする人はPSO2はおすすめできない部分もあります

    ☆「ストーリーの劣悪化」
    エピソード5まで現在シナリオは展開しているのですが
    ほとんどのユーザーさんが「エピソード3までは楽しかったのにどうして」という意見が多く
    BGMなどはとてもいいものが多いのですがストーリーに関しては
    エピソード4まではよかったのに後半になると茶番が多い感じになってきて
    いままで貫いてきた王道ファンタジー要素が皆無になってきています
    それでもストーリーは楽しめるようになっていますが何か違和感があるような構成です


    ☆「クラス(職業)の偏り」
    ほとんどのユーザーが上位クラスの「ヒーロー」でプレイしている人が多く
    他のクラスを利用してる人が少ないのが現状になります
    弱体化や修正がヒーローには入ってるもののやはり強すぎる性能が人気があるので
    悪い点といえば悪い点ですが、良い部分といえば良い部分です


    ☆「無料が故のユーザーの質」
    サーバーによって違いますが悪質・中傷・指示厨・自分勝手なプレイヤーが多かったり
    陰湿にほかのプレイヤーを晒したりするプレイヤーも比較的多くみられます
    昔よりかは少なくなったもの事実ですがそういうプレイヤーに対しても注意が必要です
    プレイヤー報告なども公式サイトにはあるのですが
    詳細な情報を明記・現場の証拠がないと運営は対処してくれないのもどうかと思います
    総評
    4gamerさんのレビューはアンチと呼ばれる人たちが多くレビューしていますので
    あまり参考にしないほうがよろしいかと思いますが
    これからプレイする人はぜひ「自分で触れて遊んでから決める」のが一番だと思います

    私自身5年位継続的にプレイしていますが
    コンテンツも増え続けていて、今も復帰したり新しく始めたりしてる人も多く見かけます
    EP5まで進行していますがやりこみ要素もレア堀も昔よりか快適になってきており
    少しずつ一部ですがいい方向に向いてきている気がしますし

    この記述をしているときは2018年の6周年記念イベントが開催中ですが
    その影響もあり以前よりも盛り上がってきており楽しんでプレイしてる人が多くみられます
    ビギナーブロックにも新規プレイヤーさんの姿も以前よりみかけるようになり
    悪い点で挙げた部分もありますが、それよりもPSO2に触れる人が多くなってきて
    昔からプレイしてる私からしてみればうれしい限りです

    相変わらず運営体制は6年経っても酷いですが
    ゲームとしてはやっぱりやるゲームがなくなるとPSO2に戻ってきたくなるような感じです
    気軽にプレイできる部分や、一人でも共闘できる敷居やゲームとしての入り口の広さは
    ほかのネットゲームと比較するとやはり誰でもウェルカムしてくれる気楽さ・気軽さが
    一番PSO2にはあると思います

    この私のレビューが参考になるかどうかはわかりませんが
    低評価・批判ばかりしてる方々のレビューを鵜呑みにして参考にする前に
    これからプレイする人は一度ダウンロードして触れてみて楽しかったらプレイしてください
    その一言に尽きると思いますので是非一度気になったら触ってください
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 4 5
  • 今からやるのはオススメできない 10
    • 投稿者:KE(男性/20代)
    • 投稿日:2018/06/29
    良い点
    ・キャラクターメイク
    青年や少女から渋いオッサンやメカ、ネタキャラまで色々作れる。
    グラフィックもリアル調とアニメ調の中間ぐらいで好みに寄せやすい。

    ・シンプルな戦闘
    フォトンアーツ(必殺技)は殆どがワンボタンで発動できる。複雑なコマンドを要求されたり、数が多すぎて覚え切れないといった事もない。技ごとに得手不得手が異なるので1種類だけ使ってれば良いという事も少ない。

    ・BGM
    シームレスでBGMが切り替わるので場面毎のメリハリが効いてる。

    ・基本無料ゲームの括りでみればさほどお金は掛からない
    ガチャで数万払わないと当たらない装備といったような物はない。
    初期投資として数千円払うと快適にプレイできるといった程度。
    悪い点
    ・初心者には不親切な部分が多い
    ゲーム内でのガイドや誘導が欠けており、攻略サイトは必須。手探りでやっていくのが楽しいというタイプの人には厳しい。初心者に優しいチームやフレンドを見つけられるかで大きく変わる。何も知らずにプレイしてるとLv70辺りから突然難しくなったように感じる事となる。

    ・ストーリーが致命的につまらない
    本作のストーリーが楽しめる人なら他に楽しめない作品は無いのでは…?
    そう思わせるほどに質が低い。誤用も多く全てあげるとキリがない。
    イベントシーンもNPCが主役になってるような場面が多く、主人公が「16歳くらいの人間の男性」という前提で作られているので自由度の高いキャラメイク制のシステムと噛み合ってません。
    最近のシナリオは「地球(学園)」「中世」が舞台でSFとしてのストーリーを期待して遊ぶとかなりがっかりする事になります。

    ・新職「ヒーロー」によって崩壊したバランス
    現状はバランス調整が行われいくらか改善はされたものの「上手い人なら他の職でもヒーローに並べるかもしれない」程度のものでこれから始めようとする人が他の職で行くのは茨の道となる。しかしヒーローの開放には最低3つ他の職を高レベルにしないといけない。

    ・2017/10/25に実装されたダークブラスト
    戦闘中にゲージが溜まっていき最大になったら1分間変身して強くなれるという要素。しかしその際に化物の姿に固定されボイスも変えられてしまう。ストーリー上でも男性キャラ(2人)に取り憑かれたり体を乗っ取られそうになるというイベントがありどちらも女性キャラで始めた時は非常に不快に感じる可能性が高い。この化物をスタンドに変え自分の姿・ボイスを維持するオプションは追加されたが操られてるようにも見え改善したとは言い難い。(勿論ストーリーでの描写はそのまま)

    あまりにもひどい要素なのでこれが理由で引退・休止したユーザーも少なくない。不評過ぎてPSO2を紹介する記事などでは意図的に存在を伏せられる事すらある。しかも必須レベルで強い為これを使わずにプレイするというのはヒーローを使わずにプレイする事よりも難しい。

    ・キャラクターメイクの問題点
    体型は自由度が高いが髪型で前髪と後髪で組み合わせを選んだりコスチュームでトップスとボトムスを別々に選んだりはできない。

    ゲーム内通貨がインフレしてしまっているので初心者だと手の届かない物も。ある程度は課金してゲーム内通貨を用意するつもりじゃないと全く弄れない。特に販売期間が限られてるコラボ品はゲーム内でも高額になりやすく初心者がゼロから揃えようとするとそこそこな金額を課金する事になりがち。上記のヒーローとダークブラストによってロールプレイ要素は崩壊してしまっている。
    総評
    キャラメイクの部分が大きく、好きなキャラクターが好きな武器を持って動くのを見てるだけでも楽しかったが、ヒーローとダークブラストで台無しに。
    初心者に不親切な部分を乗り越えても特別奥が深い訳でもなく後は誤差程度に強い装備が実装されたら更新していくだけになりがちで底が浅い。
    今の所このゲームに拘る理由は見当たらずアップデートも目に見えて規模が縮小していくばかりであと1年持つのかもわからない。

    総じて「今から始めるのはオススメできない」というのが現状の評価。
    興味を持ったとしても今は一旦様子見しておく事をオススメする。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 1 1 1
  • カジュアルでも廃プレイでも遊べるゲーム 80
    • 投稿者:misery(男性/20代)
    • 投稿日:2018/06/27
    良い点
    ・シリーズ伝統のクオリティの高いBGM
    PSOから続くBGMがシームレスに変わるシステムはさらに磨きがかかっており、場面に応じて曲調が変わり盛り上げてくれる。
    ボス戦のBGMではところどころに初期の4部作を含めた過去作やPSO2で過去に追加された曲の引用、アレンジもありグッとくるものがある。
    ・シンプルな操作で繰り出すことの出来るアクション
    攻撃アクションには通常攻撃とフォトンアーツ(以下PA)と言う格闘ゲームにおける必殺技のようなものがあるが、PAを使うために複雑なコマンドなどは必要なく、PAをセットしたボタンを押すだけで使用可能である。
    また格闘ゲームのようにアクションキャンセルを駆使して徹底的に動きを詰めて効率を求めることも可能である。
    ・カジュアルに遊ぶことの出来るクエスト設計とインフレ速度
    1人のミスが失敗に直結するようなクエスト難度やこのクラスがいないとクリアできない、といったクエストは現状なく(かつてはあったが一部クラススキルの効果による歪みによるもので現在は解決されている)、基本的にマルチロールであるため露骨な詰み要素は少ない。
    またインフレ速度に関してもだいたい2年に一度武器の最高スペックが更新され、その後は入手難度もしくは最高スペックを発揮する条件が緩和されていくような形となっており、忙しくて遊ぶことのできない期間ややりたい新作ゲームが発売された等多少の期間を空けてしまっても環境に取り残されているということはない。
    環境に着いていくために遊び続けなければならない心配がないのはとてもうれしい。
    ・自由度の高いキャラクタークリエイト
    これもシリーズ伝統の要素であるが、これまでよりも大幅に進化を遂げている上に今もなお拡張され続けている。日本のゲームらしいビジュアルで格好のいいキャラや可愛いキャラはもちろん、アクセサリーなどを活用し日々クリーチャーが生み出され続けていることからも自由度が伝わるだろう。
    ・プレイする環境に対する間口の広さ
    プラットフォームはPC版に加えPS4、PSVita、クラウドゲームのSwitch版とあり、どれか一つのハードは持っていることが多いと思われる。
    またPC版の要求スペックはかなり多くのPCで遊ぶことが出来るほどに低く、動作も軽いため、PCさえ持っていれば多くの人が触れることができるだろう。Switch版に関しては安定したインターネット回線を要求されるものの、クラウドゲームであるためにアップデートの待ち時間すら必要ない。
    ・ボリュームのあるストーリー
    6年をかけて語られてきたストーリーのボリュームはかなりのものであり、それだけでも長い時間楽しめるだろう。現在はストーリーのみを進めていくような仕組みへ変わっているため、ストーリーに集中することも可能である。
    ・基本無料ながらPay to Winではない点
    基本プレイ無料のゲームであるが、お金を払う部分の殆どはプレイをより快適にするための機能拡張や時短アイテムの購入、衣装等のおしゃれアイテムへのいわゆるガチャ(以下ゲーム内の呼称に合わせてスクラッチとする)であり、課金によって直接高性能な武器を入手する手段は存在しない。スクラッチで手に入れた景品は基本的に売買可能であり、必要でないものは欲しい人に手に取ってもらうことも可能であり、無課金プレイヤーでもゲーム内で資金を集めて欲しいものを買うことも可能である。また、リサイクルという形で便利なアイテムへ交換することも可能となっている。EP5以降は30回ほど引くと好きなアイテムに交換することの出来る交換券を入手出来るようになり、より目当てのアイテムを手に入れやすくなった。
    悪い点
    ・初心者への導線があと少し足りない
    この点に関しては大幅な改善をされてはいるもののもう一押し欲しいところ。現状は座学のみという形になっているので実践で体験できるようになっているといいと思う。
    ・ストーリーの細部にやや粗がある
    言い回しが独特であったり、細部の描写が抜けていたりなど気になる人には気になるものとなってしまっている。現行のEP5及びオムニバスクエストという形で整理再編されたEP1〜3ではかなり改善されているがそれでも気になる人は気になってしまうと思われる。
    ・要求スペックが仇になっている面がある
    良い点と重なるのだが、逆にPC版の下の層の影響を受けた制約が多い点は気になる。裏を返すといい点に挙げた通りなので仕方のないことではあるが。
    ・緊急クエストを待つゲームになりがち
    ここも裏を返せばカジュアルに遊べるというところに繋がるので一概に悪であるとは言えないが、緊急クエストが非常においしいものとなっているために比重も高まりがちである。
    一方でEP5以降は適宜常設のクエストが追加、既存クエストのリニューアルなど常設されているクエストを盛り上げる工夫がされたり、過去のコンテンツに対してキャンペーンを行うなど緊急クエストに大きく依存していた状態から脱却しようとしているように受け取れる。「幻惑の森探索」が最近の常設クエストに対する工夫の最たる例だろう。
    総評
    自分はシリーズ通して好きで、今でも遊んでいるが、自由なキャラクタークリエイト、爽快感のあるアクション等と、自分が5年以上続けてもなお楽しく遊んでいるゲームである。EP5の初動ではバランス調整に大きく失敗してしまったものの、素早い方針転換によって改善され、現在はかつての極端な調整も妥当なものとなり非常に遊びやすくなっているため、おそらく今から始めても遅くないだろう。根拠のない悪評や揚げ足取りもあるが、今後とも10周年を迎えるべく頑張って欲しいタイトルだ。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 5
  • ゲーム内容よりも 10
    • 投稿者:maomao(女性/30代)
    • 投稿日:2018/05/22
    良い点
    ゲーム内通貨がそこそこ簡単に稼げるところ
    その通貨を使ってそこそこにキャラメイク出来るところ
    悪い点
    ゲーム内容の悪しき点は他の皆様が書かれていることとほぼ同じ内容になりますのでとりあえず置いておきます
    それよりも兎にも角にも運営の態度や考えがおかしすぎる
    どんな失敗を犯そうが全く責任を負わなくても良い様な会社なのか、やりたい事を只押し付け、失敗したら「ああダメかぁ まぁでも作ったものは仕方ない無理やりにでもやらせよう」と考えているとしか思えない運営です
    こちらの意見は全く通らない よしんば通ったとしても全く違う方向、若しくは要望されたことをほんの少しだけ加味して、後は自分達の好き勝手
    文句を言おうものなら「嫌なら辞めろ」だの書くことさえ躊躇われる様な酷い言葉を他会社のバイトに言わせる
    それで自分達がやる事といえばゲームを良くしようとかユーザーを満足させようと言った客商売としては当たり前のことではなく、いかに自分達が気持ちよく仕事を出来るかのみ

    ちなみにエピソードが4になった時期に親会社からの管理が無くなったので本当にやりたい放題になりました

    数少ない良かった部分も自分達の都合で全てダメになりました(BGMやキャラクリ等)
    内容は他の方々が詳しく書かれてます

    そりゃ衰退して当たり前ですよね
    総評
    今から新規に始めるのは全くお勧め出来る代物ではありませんね
    クライアントは60Gを超えDLするのに数時間を要します、更にはアップデートの度にあるクライアントチェックがこれまたPC環境によっては数時間を要します
    軽くそして時間を短縮させる事すらしない(出来ないでしょう)
    公開生放送で公開質問された事に対しあっけらかんと「出来ませんよ?」と少しの恥も無く答える連中です

    これから良くなる事も無いでしょうしする気も無いでしょう
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 1 1 1
  • 68点が昔から変わらず4Gamerが正当な評価を怠っている 0
    • 投稿者:(男性/20代)
    • 投稿日:2018/05/04
    良い点
    基本無料で敷居が低い
    悪い点
    ■運営の対応
    現運営の態度は何かを勘違いしているぐらい驕り高ぶっています。
    EP2でHDD破壊事件で謝罪した運営陣はいったいどこにいったのでしょうか?

    .罅璽供爾琉娶をクソリプ扱い
    ∪己送でNGワードを多用し言論封殺(※)
    ※実際に自身で設定したNGワードに気づかない放送事故があった
    8式プレイヤーがユーザーを「障害」扱い
    ぅ廛蹈妊紂璽機爾凌Ω⇒靈(※)
    ※SFとは関係のないゴジラ・小林幸子コラボ
    ゥ廛蹈妊紂璽機爾したかったことをユーザーに押し付け
    Ε轡蝓璽坤妊レクターの生放送中の失言の多さ
    Ы斗廚閉銘里遅い(switchのチャットについて)

    上記のことを平然と行いユーザーが離れていっても
    運営陣が責任をとらないのがある意味ですごいと思います。


    ■キャラクタークリエイト
    サービス開始から数年経過しており、時代に取り残されている

    ■BGM
    EP3まではよかったのですが、EP4からBGMに歌を入れてごまかすようになってきた

    ■物語
    物語はSFであるはずなのに、EP4から「女子高生物語」となり
    EP5では「なんでもありの中世ファンタジー」となった。SFが迷子となっている

    ■ゲーム容量
    60GB超のゲーム容量がある為、それをダウンロードするだけで数時間かかります。
    この点において敷居が高くなっています。
    ゲーム容量に対し肝心の中身はというと、反比例の関係になっています

    ■ロールプレイの否定
    EP5から新しくヒーローという職が追加され、EP4まで行われてきた役割を否定することになりました。ヒーローが最初から何でもできるチート的扱いで公式チートクラスと呼ばれています。

    ■改善されないユーザインタフェース
    アイテムチケットなどの複数回使うようなアイテムを数指定ではなく、1コ1コ使わせる。
    サービス開始から今現在いまだ改善されない

    ■最近のアップデート
    大型アップデートと誇大広告をしていますが、EP1〜EP3の大型と比べると
    どうみても小規模アップデートです。

    ■緊急メンテナンス
    緊急性を要するものでもサーバーをとめることなく公式サイトに告知するだけの対応
    ゲーム内に掲示板がないため、そういうお知らせを見るような機能もない
    総評
    なぜこのゲームが68点なのか疑問です。
    4Gamerが正当な評価をできていない証左になるのではと思います。
    運営の対応が常識的でなく、ユーザーをないがしろにしていることを勘案すると
    30点未満がせいぜいかなと思います。

    新規でやってみたい方にはおすすめできません。最近switchが新しく参入してきましたが、
    switch用のブロックはスッカスカの状態で人がほとんどいません。また一部のハードの人とは会話が成立しません。チームに入ってきたswitch勢は1ヶ月もたずやめていってるのが現状です。

    運営一同が変わらない限りこのゲームが盛り返すことは不可能でしょう。
    そういうことも踏まえて正当な評価をしていただきたいですね。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 1 1 1
  • 運営が利点を潰しまくった駄作 20
    良い点
    ・BGMが良い
    フィールド探索などのBGMは綺麗な感じが多く
    聞いているだけでも落ち着く感じのパターンやボス戦でのBGMは評価出来る
    【敗者】戦でのBGM等は個人的に聞いていてかっこいいと思う

    ・キャラクリエイトの豊富さ
    アイテムがたくさんあり、キャラクリエイト自体は面白く 細かく設定できる為
    別のアニメや漫画のキャラを作って見たという人もいるくらいクリエイト自体は豊富
    だが後述でその利点は潰れてしまう事に・・・
    悪い点
    ・緊急クエストという時間ごとのクエストの経験値がおいしく実質それ一択な状態
    現時点では経験値上げる周回用クエスト等もありますがそれでも緊急クエストに比べると
    経験値効率は落ちますし、スーパーハードという難易度しか人がいない事が多い状態です
    ノーマル・ハード・ベリーハードで作成や参加しようとしても人が誰も居ない・・・っていうオチがあります。
    また、緊急クエスト自体は緊急と言ってはいますが9割型がスケジュールで決まっています。
    間に何かを挟まれる事は無く、単純に緊急クエスト来るまで誰かと話したり
    別のゲームで時間が来るまで待ったりとかいう本末転倒な事が多いです。


    ・ストーリーの矛盾や違和感・チグハグさ
    ストーリーは現時点ではいきなりEP5からスタートします。
    プレイヤーがいきなり何の説明も無しに過去のボスである【深遠なる闇】を退治しろと言われ初めての人は「一体何を言っているのだろう」という状態になります。
    少しEP5を進めば過去話であるEP1〜3をプレイ出来ますがほんの少しの解説とそれを見るのも面倒な単調さと付き合う必要があります。

    また、矛盾点も多く 独自のWikiが作成されるくらいグッチャグチャな状態になっています。


    ・クラスのバランス崩壊
    現状では上位クラスのヒーローが強いです。
    他のクラスはヒーローより大体が火力が低く、素早く動けない、PP(MPのような物)の管理が難しい為、現在はヒーローを選ぶ人が多い現状です。

    また、このヒーローは3種類の近接・遠距離・魔法が使える為、現状での他のクラスがほぼいらない状態になっています。

    しかしこのクラスをプレイする為に近接・遠距離・魔法の各クラス1種類ずつを75レベルまでする必要があります。
    初めての人は火力が高いヒーローを見て指でくわえて見るしかない状態な為やる気も削がれて辞める人もいました。


    ・運営の発言や管理による引退者増加
    少し前だとSGと呼ばれる有料通貨があったのですが、とある事で簡単に増産(Dupe行為)が出来てしまうバグが発生をしておりました。
    そのバグを運営は放置して繁忙期が終わった時に修正をおこなうという行為を打ち出しました
    有料通貨のバグなのに放置をおこない、増産した人に対する処遇は1日だけの接続禁止というやった者勝ちな運営に失望した人が辞める事も多かったです。

    また、運営は自分勝手な事も多く
    自分たちがやりたいからとダークブラストという変身ヒーローみたいな機能をつけましたが
    姿が固定・技も固定・ボイスも固定というキャラクリエイトをしても意味が無い姿になりました
    プレイヤーからは「キャラクリエイトしたのに意味がない」「変身する機能外してくれ」等のクレームが増加して
    変身機能を外せるように夏頃入れるという、誰も得しない結果になりました。
    総評
    良い点は無理矢理ひねり出さないといけないくらい悪い点が多い現状です。
    ストーリー・運営管理・職業関連・レベル上げ関連等のオンラインゲームの基礎と言える部分が軒並み崩れており
    「オンラインゲーム」を期待してプレイするのは難しいレベルです。

    PSO2で出会ってまとめて別のゲームへ行っている人も数名知っています。
    現時点で楽しくプレイをするのは極めて難しいと思います。

    何かしらのテコ入れが無い限り、私は今後触る事は無いでしょう
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 1 1 1
  • 楽しかったのはEP4中盤まで 20
    良い点
    ・キャラメイク

     自分の好きなキャラを3体まで作ることが出来るので、男女、キャスト(ロボット)と言った風に違う種類のキャラを好きに作ることが出来る。コスチュームやアクセサリーも豊富で、アニメキャラ再現や理想の嫁からロールプレイできるアバターまで自由自在
     コスチュームやレイヤリングウェアやキャストパーツやアクセサリーは、二週間に一度更新されるスクラッチ(ガチャ)以外でゲーム内マネーで購入可能
     可愛いもの、カッコいいものからネタまで豊富なアイテム数
     アクセサリーは位置や大きさを変えることが出来、同じアクセサリーでも全く違うイメージを持たせることが出来る。まさに無限のキャラメイク
     無料で自分だけのキャラを作って自分だけの楽しみ方が出来る
     これがメインコンテンツにしてエンドコンテンツ

    ・10種のクラス

     キャラを作ったらゲームプレイ。PSO2には10種類のクラスがあり、そのうち9クラスは2種類の組み合わせができるから、プレイスタイルの幅は広い(本来は)
     3キャラ作って「こいつはガチムチだからガードスタンスのハンター/ファイター」「この子は武器系アクセ満載の女キャストだからレンジャー/ガンナー」「この娘は妖精みたいな女ニューマンだからテクター/フォースで支援テクニック使いまくる」みたいに役割を持たせることが出来る(はずだった)

    ・音楽

     とにかく音楽はいい
     SEが大きすぎてかき消されることがままあるのが難点だけど
    悪い点
    ・ヒーローの登場で崩壊したロールプレイ

     EP5で登場した新クラス「ヒーロー」
     これは既存のクラスのすべてを全ての面で凌駕する公式チートクラスで、このゲームの最大の取り柄だった「無限のキャラメイクでの無限のロールプレイ」を完全に殺した
     既存9クラスで出来ることはヒーローでもっと楽にしかももっと早く出来ることから「それヒーローでよくね?」となり、どのクエストであっても8割がヒーローという状態に陥る。キャラのロールプレイのためにヒーローを使わないという選択をしても、「敵に全く触れる事すらできずにただ走るだけ」という苦痛に耐えられなくなる
     結果、ゲーム内はヒーローしかいない。武器はみんな同じ。どのクエストも最適解は同じ。
    となりマンネリ化が加速した
     去年の年末から既存職の上方修正が続けられているが、半年以上たっても現状に変わりなし
     そもそもヒーローの強さは数値をいじってどうにかなる話ではないということに気づいていないのか、そもそもどうにかする気がないのかわかりかねるが、高速攻撃高火力高機動長射程広範囲職という時点でおかしなことに気づくべきだろう

    ・EP5メインコンテンツとして華々しく散ったバスタークエスト
     
     かつて人気を誇った緊急クエスト「採掘基地防衛戦」をアレンジしたものだったはずだが、端々に見えるヒーロー前提の調整のせいで、ヒーロー以外では邪魔しかできないという仕様。例えば魔物種にはそれぞれ打撃・射撃・法撃耐性があり、唯一の大型エネミーであるゴーレムは打撃耐性があるので大型エネミー特化のファイターは出番がない、とか、魔物種の移動が早く戦場は左右に広いため移動速度に難のあるハンターはそもそも追いつけない、とか、小型のエネミーは法撃耐性が高く、雑魚を蹴散らすのが仕事のはずのフォースは有効打を持てないなど、既存職は活躍できないように調整されている。
     防衛戦は12人でさまざまなクラスがそれぞれの特性に合った動きをするのが楽しかったのであって、ヒーローが適当に高速移動して敵を切り伏せればいいバスターは似ても似つかない
     
    ・カッコいいだろぉ? だーくぶらすとぉぉぉ

     無限のキャラクタークリエイトを自ら殺したコンテンツ、ダークブラスト
     変身するとみんなおんなじ黒くてデカい化け物になれる
     経験値をためて強化しないと弱いという微妙な代物で、強化したらしたで必須になる
     武器や防具の影響もクラスの影響も受けないため個人差は経験値の差だけ
     死んでも元の姿に戻るだけ
     サブパレットがきついのにこれで一つ枠を取るのもいただけない
     何より見た目がいただけない
     今後のアップデートで見えなくするらしいけど、そんなことにソース割かないで削除してほしいというのがキャラメイク大好き勢の感想

    ・初心者を参加させる気のない導入

     ヒーローは他職に比べて圧倒的に高性能なので、初心者にこそふさわしいし、初心者はヒーローを見て自分もやりたいと思うだろう。それほどに爽快でかっこよく強いクラスだ
     だがヒーローになるには既存職のうち、打撃職・射撃職・法撃職から各ひとつづつレベル75にしなけれならない。ヒーロー登場時に既存職の性能は劣化している上に、既存職はどれもこれも癖があって使い慣れるのに時間がかかる上にスキルツリーなどもわかりづらく、しかも3系統もやらねばならないので苦手な系統の職があったらそこで心が折れかねない。ヒーローの爽快感を手に入れるために積まなければならない功徳の量は、賽の河原の石より多いのだ
     レベリングが終わっても初心者は楽になれない
     武器や防具を拾う必要があるのだが、時間限定コンテンツである緊急クエストに行かなければ手に入らないものが多く、弱い武器や防具でクエストに参加しても、インフレし過ぎたエネミーの攻撃力の前に何度も倒されるか、攻撃が当たっているけどダメージは全然で周りの人に倒してもらわないと前に進めないという現実にぶち当たってやる気がなくなる
     コレクトシートなどで強い武器が手に入っても強化するための費用やアイテムなどが足りないことが往々にしてある。なお防具に関しては拾うまでひたすら我慢しかない
     タイムアタックやデイリークエストなどをこなして金策すればいずれどうにかなるのだが、その導入はなく、また金策のための武器のための金策が必要というスパイラルに陥っている
     おかげで初心者は常時金欠
     金がなければキャラメイクも楽しめない

    ・コンテンツ不足

     コンテンツの数こそ多いものの生きているコンテンツは緊急クエストくらい
     時期によっては期間限定の常設クエストやアルティメットクエスト等のブーストで一時的に盛り上がったりするが、その程度である
     死んでいるコンテンツを整理せずにたまに突然死んだまま必須にしたりされる(オフス装備のころ、死にコンテンツだったエクストリームを強制されたのはつらかった)
     そもEP5の目玉と言われていたバスターに関しては死産である

    ・ストーリーは存在しないものとして自分でキャラ設定を考えたほうが幾分マシ

     このゲームは各シーズンを「エピソード」という形で区切っているのだが、そのエピソードであるストーリークエストは最初期からずっと変わらず意味不明な上に自己満足で感情移入はできない仕様である
     仕様なので諦めるとしてももったいないのがキャラクターたちである
     一部どうしようもないキャラはいるが、印象に残るいいキャラもいる
     が、総じて使い方はひどく、またエピソードが変わると出番が皆無になったりする
     ゲッテムハルト様は死んだからいいゲッテムハルト様だったのに、蘇らせて主人公と融合してゲッテムハルト様!になるとかもはや愚の骨頂である
     なのでストーリーをやらずに「ロビーにいるこのキャラはどんなキャラだろう?」と想像して楽しむほうがいい
     今やマガツでしか会えないスクナヒメさんはもっと出番があってもいいのに・・・

    ・無駄なアイテムが多い

     交換用の石をはじめとして無駄なアイテムがいっぱいドロップする
     捨てるのも一苦労

    ・ほしい武器はドロップしない

     最高レアリティの☆14武器のドロップ率は改善されたらしいけど、結局出ない

    ・コレクトシートでお手軽ユニクロ武器

     ありがたみの全くないコレクトシート
     ドロップの偏りから、出ない人には出ないという事に対する対策で行われたが、ゲームの根幹を殺しに来てるとしか言えない
     現物ドロップしても「面倒なコレクトの回数減らせたラッキー」程度でしかない
     コレクトのおかげでみんな揃って最強武器
     何が楽しいねん
    総評
     長らく遊んできたがここ一年でどうしようもなくなってしまった
     それまではプレイヤーが好きにプレイできるだけの環境があり、アクションゲームとしてというより、オリジナルキャラのロールプレイがはかどるゲームとして価値があったのだが、ヒーロー登場以降はヒーローのロールプレイ以外はプレイしているとも言えなくなってしまった
     たしかにEP4まででも多くの不満はあった
     時期によって優遇される武器が変わるし、ハンターは常にサブ職として人気だからメインで不人気なのは別にいいよねという感じで済まされるし、意図的に強くしたかと思えば強すぎるから修正しますって言われるし(アディ・シュンカマン・ロールインフィ・マロナーetc)、補助強いからテクターはテクニック弱くてもいいよねって感じだし
     基本的には緊急待機ゲーというのは昔から変わらず
     緊急クエストの合間にデイリーかタイムアタックで小銭稼ぐかファッションショーやるかくらいしかない
     それでも好きな武器を使って好きなプレイスタイルで戦ってほしい武器種のレアが出ないでないと言いながら同じクエストを何度も何度もやって、死んだらごめーんムーン、誰かが死んでたらほらムーンやるよ、と。やっとレアが出たと思ったらほしい武器種じゃない! けど見た目が気に入ったから使ってみよう
     ほどほどに死ぬけどクリアできないなんてことはないほのぼのとしたゲームだった

     崩壊の序曲はおそらくEP4のデウス・エスカの再戦だろう
     私のチームでも問題になった
     夜のピークタイムなら12人が2PT出来るような中堅チーム。ほとんどみんなエンジョイ勢
     だから再戦をやるかやらないかという話になると途端に減って4人が2PT出来るかできないか
     本心ではみんなやりたかったけど、参加人数4人で死ぬ回数に制限がかかるから、エンジョイ勢では迷惑掛かるだろう? って
     迷惑かけてなんぼ
     ムーン投げてなんぼ
    「ムーン切れた」「取りに行くわ」「おなしゃす!」
     ルーサーが実装されたころはそれが普通だった
     それでもクリア出来たら楽しかった
     迷惑かけられてもいいように、迷惑かけてもいいように、そのためにチームを作ってエンジョイしていたのだ。思い思いの好きな職で、好きな武器で
     それがデウスで打ちのめされた
     彼らは下手ではなかったから参加すればクリアできただろう。みんなファレグをクリアできる程度ではあった。だがそうではない
     もし自分が死んで失敗したらどうしよう、と考えたのだ
     みんな気にしないだろうけど自分がそれは嫌だ
     そんなストレスを抱えてまでやることじゃない。それがエンジョイ勢の答えだった
     
     そしてEp5が実装された
     ヒーロー以外の人権が奪われた
     チームがゆっくりじわじわとなくなった
     みんな辞めるときに何も言わなかった。何となくログインしなくなっていって、最終的に見なくなる
     クエストに行くよりエステに籠っているほうが長いような人たちがだ
     緊急来ててもマイルームで駄弁ってるようなチームがだ
     ある人はこう言った
    「フォースしかやらないって決めてたから、ヒーローになることすらできない」
     だから彼は光の戦士になった
    「ヒーローつまらないからハンターでどこまでやれるか……」
     触れる事すら許されない現実に、彼はダーカーではなくモンスターをハントするようになった

     今PSO2は一度すべてを見直す必要があるのでしょう
     6年前から積み重なってきた歴史と言えば聞こえはいいかもしれないけれど、ゴミが堆積している事もまた純然たる事実だ
     必要なもの、不要なものを分け、整理して、再調整する必要があるのではないだろうか
     既存職は不要なものが多く堆積している。テンポを遅くし、ゲーム速度を下げ、爽快感を奪うような要素たちだ。それは不要なものなのだろうか?
     対してヒーローはゆがみのない状態で実装された
     無駄なワンテンポやチャージのない、スムーズなアクション
     武器の切り替えはPAから流れるように
     サブパレットにも余裕がある
     こうやって既存職のストレス要素を排除したヒーローをプレイすればわかる
     花は盛りに月は隈無きを見るものかは
     不完全だからこそ楽しく趣があったのだ
     だが完全なものが出てきてしまえば不完全なものを見るものは誰もいなくなる
     今のPSO2のつまらなさの原因はそれだろう
     
     ヒーローによってかつてのPSO2は完膚なきまでに破壊された
     だからと言って今更ヒーローを排除したり弱体化するのは不可能であろう
     この手詰まり感こそ全てである
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 2 1 1 1
  • 賽の河原オンライン 20
    • 投稿者:moti9586(男性/20代)
    • 投稿日:2018/05/08
    良い点
    キャラクリの幅は広く男女問わずかなり自由度がある、衣装もアクセもたくさんある
    チャット機能は他のゲームも見習ってほしいくらいに高性能
    フレとだらだらチャットして遊ぶ分には多分最高のゲームだと思います
    チャットツールに数十Gに及ぶ膨大な容量を割けれるかと言えば微妙ですが(
    悪い点
    運営の身勝手が生み出した使い捨てだらけの一発屋過疎コンテンツ
    ストーリーも使い捨てキャラと使い捨てフィールドだらけの素人が考えた底辺ラノベ以下の出来
    敵キャラも大半が外見とモーション少し変えただけの使いまわし、レイドボスですら使い回し
    何時までも変わらない緊急オンライン、INして15分戦って即ログアウト、そんな日々
    プレイヤーに有利なものは全て「想定外」と言い全力で潰しにかかる始末
    バランス調整も数字設定を弄っただけのような素人レベルの調整
    全てのプレイヤーの努力を一瞬で踏みにじり無に帰した「ヒーロー」という上位職の存在

    運営やPにあるまじき全てユーザーを見下しバカにしたような態度と問題発言連発
    某専属タレントのユーザーに対するTwitterでの暴言問題
    ユーザーが運営の思い通りに動かないと即修正or調整
    動画サイトでは運営に不利な動画などは即座に削除申請という徹底した言語統制っぷり、まるで独裁者
    最近出たswitch版は隔離サーバーでPCやPS4orVITAユーザーとの交流不可、チャットも一切通じない
    総評
    初期からやってました
    でも今年に入ってから完全に見限りました、キャラも消しました、もう戻る気もありません

    このゲームを一言で言えば「賽の河原」です
    自分が苦労して積み上げたものを一瞬で潰され踏みにじられる、そんなゲームです
    EP5から物凄い勢いでユーザーが辞めていきました、自分もその一人です
    必滅、HDDバースト、これまででも沢山の大問題がありましたがEP5の登場でとうとう本格的に終わりが見えた感じです
    迷走に次ぐ迷走、今までの世界観や設定も全て捨てついに今まであった職すらもヒーローの登場で捨て駒に

    このゲームの運営やPはゲームで売れたからか今や有名人気取りの傲慢な天狗状態です
    ユーザーが見てる生放送でもお構いなしに舐めた態度や問題発言の連発
    恐らくゲームがどうなろうがユーザーがどうなろうが最早どうでもいいのでしょう
    彼らにはゲーム運営者としても自覚もプライドも存在しないのでしょうね、最早金の亡者です
    あそこまでユーザーを舐めた最低な運営はそうそう見ないです
    初期の開発スタッフも軒並み解雇にされたらしいですしもう今後も期待できません
    上層部の影響も強くスタッフも誰も上に口答え出来ません
    アップデートの質も下がる一方でその場しのぎの調整、使いまわしや二番煎じのオンパレード

    10年やるとかほざいていましたが過疎化が急激に進む今の状態ではあと1〜2年持つかも謎です
    全盛期は同時接続13万が達成されるほどの繁栄でしたが今ではピークでも2万弱しかいません、1万台に入るのも時間の問題です
    2万なら多くも見えますがゲームの規模からすれば完全に過疎状態です、例えるなら巨大テーマパークに100〜200人程度しか人がいない状態です
    今の状態ですら搾取に必死な運営の態度を見ているとおそらくサービス終了も近いでしょう
    SEGAは昔から迷走と自滅がお家芸でしたし正直10年なんてまず持たないと思ってましたが(

    それでもこのゲームに今でも必死についてきてお金を落としている現ユーザーが正直哀れでなりません
    switch版も全くユーザーが増えなかったらしいですし最早新規も寄り付かないのでしょう
    悪評が余りにも広がり過ぎてこのゲームのひどさはユーザーでなくても分かるほどです
    悪いことは言いません、新規の人はプレイしないほうがいいです、別のゲームやった方が余程いいです

    最後に、
    今まで約5年もプレイできたのは優しいフレンドやチムメン達が沢山いたからでした
    毎日呑気にチャットしておふざけしてとても楽しかったです
    それでもこれ以上このゲームについて行くのは無理です、もう疲れました
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 1 1
  • 大勢にウケるどころか見放されたゲーム 20
    • 投稿者:秋月(男性/20代)
    • 投稿日:2018/05/07
    良い点
    PSO系列のゲームは、昔からサウンドやBGMに関しては素晴らしいものだと思っています。
    特にPSO2におけるダークファルス系の曲は過去作のアレンジも加わって
    まさにラスボス格と戦っているという壮大さが感じ取れます。
    フィールドBGMについてもEP3まではもちろん、EP4からはボーカル付きのフィールドBGMという
    今までのシリーズには中々無かった新しい試みでしたが、舞台と相まって良かったと思います。
    その他のシーンBGMについてもストーリー内容はともかくとして、場面ごとに凄く良い作曲をされており
    重ねて言いますがストーリーが単調なものでもBGM効果で良い感じに見せることができるのは
    サウンドチームの皆さんの力の賜物なのだと感じます。
    ただ一つ苦言を呈するとすれば、アレンジに頼りすぎて新規楽曲の開拓を疎かにはして欲しくないと思っています。
    最近実装されたオメガファルス・ルーサーのBGMについて賛否両論が見受けられるのは恐らくそう言った理由ではないかと考えています。

    グラフィックについてですが、サービスからそろそろ6年目にもなり、
    周囲では実写さながらのグラフィックを引っ下げたゲームが次々に登場している最中で
    未だ受け入れることの出来るレベルを維持している点は素直に凄いものだと思います。
    ここに関しては、PSO系列作品のグラフィックにある良さを残し続けてもらいたいものです。
    下手に周りのゲームに感化されてグラフィックを総変えなどしてしまうとそれこそ更にファンが離れてしまうので。

    キャラクリに関しても服のタイプや顔の種類、髪型髪色ぐらいしか弄れなかった前作PSOと比べると
    驚くほどの躍進を遂げているのでそこはドヤ顔してもいいと思います。
    悪い点
    ◇全体的な運営について◇

    運営体制に関しては言わずもがなですが

    「自分で作ってないから変なPA出ちゃう」 
    「僕らが損をするだけになってしまう」
    「固定パーティを組むという努力もしてないんですよ」
    「人は減ってもいい」 「客単価が云々」 
    「それ後で聞こうか」

    製作者サイドが客であるプレイヤー側に言うべきではないワードがぽんぽん出てきたり
    他の方も言われていますが、要望などを保留にするのは間違った行動ではないにしても
    保留にしたままで結論を出さず有耶無耶にして流しているケースが多すぎます。
    最初期の実機プレイで酒井Pがプレイした際の「自分で作ってないから」発言は
    当時でこそ笑い話でしたが、今考えると異常だったように思えてなりません。
    前提として製作側はプレイヤー以上ではないにしても、
    そこそこのレベルで動かしたり出来なければ
    チェックをしてないのではないか?と毎度のように言われても仕方ないですよね。
    それがまさにここ1、2か月の不具合見落とし連発に繋がっていると断言できるレベルです。
    極めつけは最近起こった、無料でも入手できるが課金通貨でもあるSGが特定条件で
    無制限に入手出来てしまうという不具合をメンテナンスすら行わずに
    「入手したSGは使用を控えてください」という告知のみで一旦放置したことでしょうか。
    条件に当てはまったユーザーはごく少数とはいえ、課金が絡んでいる案件を
    恐らく大型連休が理由のメンテナンス休止を優先して臨時なり緊急なりの
    対応すら行わなかったのは、一般人目線からでも無能の極みと言わざるを得ません。

    ◇ストーリーについて◇

    良い点でも少し触れましたが、とてもプロとは思えないライターの書くストーリー。
    他作品から語句の流用・常人には読めない表現・自作品からの設定流用。
    これはファンタシースターシリーズとしてのストーリーであって、自分のストーリーを披露する場では
    ないということをライターには理解して貰いたいところです。
    次に控えているEP5の新ストーリーは、ソードマスターヤマ○のパクりなんでしょうか?
    若人編だけ突然四天王が登場とかもはやわけがわからなくなってきます。
    かろうじてサウンドチームの方々が作られたBGMに助けられている感が否めません。

    ◇集え英雄。散れ、非英雄◇

    多くの方が口を揃えて言われているように、
    上級クラスであるヒーロー実装についても同じです。
    実機プレイテストを重ねていれば途中で「バランス崩さないかな?」
    と、容易に気付けたとは思いますが
    現状のヒーローを使っていれさえすればどんな敵も楽勝! になってしまったのは
    あくまでも上級クラスであって「最強クラス」として作ってはいけないという
    間違いに気付かなかったのが最も大きな原因ではないでしょうか。
    最強クラスを誕生させてしまったことにより既存のクラスが追い付けなくなってしまい、
    それを改善するために本来ならばやらなくても済んでいた既存クラス調整に多大な時間を取られているわけです。
    ヒーローが「打撃射撃法撃は使えるが、別に最強ではない」程度に抑えられていれば
    現在の調整に追われてアップデートもろくに出来ない最悪の状況にはならなかったと思います。
    EP4で後から超強化されたサモナーのマロン投げ連発が可愛く見えるレベルです。

    ◇作りっぱなしのコンテンツ◇

    次に私が個人的に腹が立ったことが、クラフト関連の拡張についてです。
    濱崎Dが「需要がないので拡張の予定はありません」という旨の発言を以前していましたが
    それは勘違いも甚だしいことだと思います。
    クラフトに需要がないわけではありません。作りっぱなしで放置されたコンテンツだから故に
    「やり終えてしまったプレイヤー」が次の追加を待っているという状態なんです。
    それを勝手な判断で「誰もやってないから需要がない」と思われてはたまったものではありません。
    これはただの個人的な予想に過ぎませんが、チャレンジクエストなども
    長らく交換品やステージの追加が無い状態が続きっぱなしだからこそ誰もが
    「やり終えてしまい、次の追加を待っている状態」なのだと思っています。
    ただ制作側として作るだけではなく、プレイヤーの意図も汲んで欲しく思います。

    ◇中身の薄い対人要素◇

    PvP要素として実装されたバトルアリーナですが、とにかく中身が薄く感じます。
    対戦ルールは、エンブレムを奪い合って戦う「エンブレム争奪戦」1つのみ。
    いくつかの対戦ルールがあればより面白くなったと思いますが追加の兆しはなし。
    申し訳程度に、使用可能武器種のローテーションで凌いでいるような現状です。
    6人のチームに分かれての戦いとはいえど「味方が弱いから負けた」などという
    責任の押し付けや一部ガチ勢による味方への暴言の飛び交いが起こるなど、
    運営の言う「カジュアルさ」はおおよそ見受けられません。
    挙句の果てには何とかプレイヤーを参加させようとしてゲーム内キャンペーンの
    達成目標にバトルアリーナでの勝利などを条件に掲げたこともある始末。
    このPvPが本当に楽しいものであれば苦になりませんが、少なくとも私にとっては
    取ってつけたような対人要素は苦でしかありません。

    ◇レア等について◇

    特に私が思っていることが、高レアリティ品の取引についてです。
    過去作ではセクションIDというIDごとに落ちるレアが決まっているシステムがあり
    だからこそ絶対に手に入らないレアは取引で入手するしかありませんでしたが
    PSO2にセクションIDがないから全てのレアが理論上は入手可能とはいえ、
    一定以上のレア取引を禁止してしまったことによって
    過去作品にあった「レア同士を交換取引する楽しみ」が失われているように思えてなりません。
    これだけ言うと「ただ楽して最高レアが欲しいだけじゃないの?」
    と思われてしまうかもしれませんが
    他者が欲しい最高レアを自分が持っている。自分が欲しい最高レアを他者が持っている。
    そこで「じゃあ互いに交換しよう」というやり取りをすることができれば、
    そこから生まれるフレンドやコミュニケーションも必ずあると思うんです。
    事実、前作PSOではたった1回のレア取引からフレンドになった人も少なからずいました。
    今のPSO2における最高レアの入手手段は完全に運頼みです。
    どれだけレアドロップブーストを積み重ねようとも。寝ずに徹夜でプレイしたとしても。
    出ない人には一切出ません。そしてレアドロップブーストを全く積まずに1、2回参加した人に
    最高レアが次々にドロップしているのを見ているしかありません。
    これでは「どうせ出ないからもういいや」と辞めてしまう人が続出するのも無理はありませんよね。
    急遽実装したとしか思えない覇者の紋章システムについても、
    危機感で休止者を呼び戻そうとしているようにしか見えません。
    休止者はそもそもそういう情報すら見てないことが多いので
    辞めた人を呼び戻すようなやり口は意味がないのでやめたほうがいいと思います。

    ◇ボスや敵などについて◇

    ボスの内容についても、EP5からは酷いものだと思います。(一部EP4もですが)
    特にEP5最初のレイドボスとして実装されたエリュトロン・ドラゴンはまさにそうです。
    ファンタジー王道のドラゴン戦 = 楽しい と考えているのかもしれませんが…

    ・あの巨体と釣り合わない速度でフィールドを飛び回る挙動
    ・全プレイヤー追尾かつ連続で落ちてくる高さ無制限の火球
    ・当たり前のように多段ヒットして即死する類の攻撃
    ・特定武器(ラコニウムソード)がなければ全く通らないダメージ

    巨大さと挙動の滅茶苦茶さが合わさり、戦略も糞もない戦いになっています。
    デザインは力を入れたようですが、そもそも攻撃箇所がほぼ足元なので半分ぐらいは見えません。
    こちら側からすれば、足や尻尾とひたすら戦っているようなものですね。
    まだEP3のレイドボスであるマガツ等の方が、巨大な強敵と戦っている感があって面白かったです。

    しかし、ただ巨大であればいいというわけでもありません。
    その筆頭がEP4最初のボスエネミーである「トレイン・ギドラン」ですね。
    無駄に巨大かつやたら戦い難いボスとして不評のほうが多かったと思います。
    何故にあそこまで巨大になったのかの理由は、酒井Pがあのサイズにこだわったそうですね。
    この時点で「ユーザー目線」に立ってないことが容易に窺えます。

    振り返ってみると、EP4のレイドボスであるデウス・エスカ等も戦っていて楽しいボスでした。
    ヒット&アウェイが出来るからこそアクションというものは面白いんです。
    エリュトロン・ドラゴンはめちゃくちゃな攻撃をひたすらアウェイしているだけで面白くありません。
    仕込まれているレアは良い物ですがどうせ出ませんし
    クエストも面白くないのでもう数か月は参加すらしていません。
    久し振りに行ったら何か変わるかなと思いましたがやっぱりめちゃくちゃ挙動の糞ボスでした。
    最近実装されたオメガファルス・ルーサーはただのコピペボスなので言う事は特にないです。

    ◇クエスト中の余裕が無い◇

    クエスト内容にしても、とにかく急がされる場面が多いです。
    フレンドの集まり以外でクエストに参加した時、クエスト中のチャットは無いに等しく
    むしろ喋りながら進行していたら文句すら飛んでくるレベルで殺伐としています。
    最初期のマルぐると呼ばれていたフリー探索エリアを見ず知らずの人とマルチパーティーを組んで
    他愛の無い話題をチャットしながらレアを探したり
    資金を稼いでいた時代はもはや戻ってきません。
    運営サイドが「長時間マルぐるは想定外」という謎の押し付けで場を潰したんですからね。
    アルティメットはマルぐる形式に戻りましたが、もはや遅すぎるほどでしょう。
    チャットなしで黙々と周回する習慣が既にプレイヤー側に染み付いてしまったため、
    アルティメットクエストにおけるマルぐるは以前のとは似て非なるものです。
    そんな中で何も知らずに「優しい世界」だとか「みんなに笑顔を」などと
    運営サイドが言うのですから
    もはや煽っているのかと思えてしまいますね。

    ◇ゲームマスターが不在◇

    初心者の導線にしてもどこかズレているように思えます。
    全てとは言いませんが、大多数のオンラインゲームには運営側の人間が操作する
    ゲームマスターキャラが必ず存在しています。
    基本的に迷惑プレイヤーへの注意、罰則付与であったり
    時には中心となってゲーム内イベントの開催などの役割があります。
    ですが、PSO2にはそのようなキャラが一切いません。
    一度だけ見かけたという証言も過去にありましたがそれっきり目撃情報はありません。

    上級者が初心者に教えるのはもちろん1つの手段ですが、
    そこにゲームマスターが加わることによって初心者プレイヤーにとって
    より良い環境が出来上がるのではないでしょうか。
    前作PSOには人数は少ないながらもゲームマスターキャラや
    運営主催のイベントなどを行うキャラクターも存在していました。
    次作品のファンタシースターユニバースには個性的なゲームマスターキャラの面々もおり
    イベントの度にユーザーとパーティを組んで楽しくやっていた光景をよく覚えています。

    上にも書きました「制作側がプレイする」という点においても
    ゲームマスターキャラは必要な存在だと思っています。

    ◇新規は決して無限に湧いてこない◇

    運営サイドは新規プレイヤー獲得に必死なようですが、間違えてはいけません。
    新規の人は確かにいますが「無限に湧いてくる存在」ではないということです。
    新しいことをすれば10万人の新規が増え、また新しいことをすればまた10万人の新規が増える。
    なんていうことは滅多にありません。
    よく「コンテンツの使い捨てが激しい」と叩かれているのもこれが理由ではないでしょうか?
    新しいものを作りさえすれば必ず新規の人が来る!と信じて疑っていないのでしょう。
    新規獲得よりも先にまだ続けているプレイヤーを大事にすることを最優先にすべきだと思います。
    それこそ、既存プレイヤーが減り新規プレイヤーは増えないという負のスパイラルまっしぐらです。
    そこで「人が減ったなら客単価を上げればいい」などと考えるのであればもう救いようがありません。
    総評
    私自身、子供の頃からPSOシリーズで遊び続けて15年以上になりますが
    「あのPSOが2になって帰ってくる!」と知った時は本当に嬉しかったし楽しみでした。
    αテストのティザーサイトから直接運営に応援メッセージを送ったこともありました。

    サービスインからプレミア課金は欠かしたことがなく
    プレイ時間も12000時間ほど。獲得称号も既に1000個超え。
    スクラッチも毎回ではありませんが度々引いていました。
    もはや「ゲーム内容にやる気がない」と象徴されるほど力を入れているらしい
    オフイベも感謝祭に始まり、有明コロシアムのイベントやコンサートライブなど
    田舎在住ながらも、毎回はるばる足を運んでいました。

    それだけに、現状のPSO2はかつてないほど残念かつ酷い有様だと思います。

    続けていたプレミアもついに止めてしまいましたし、
    今はスクラッチすら引いてません。欲しいものはメセタや無料SGで解決しています。

    「有料ベータテスト」と称されたことでも有名な
    ファンタシースターユニバース初期の大失態ぶりを経験している私としても
    現在のPSO2の有様と比べると雲泥の差のように思えてなりません。
    あの頃プロデューサーを務めていた見吉Pもそれなりにやらかした人物でしたが、
    そこを何とか立て直して後に大ヒットしたファンタシースターポータブル2に繋げたことは
    素直に評価されるべきだと思っています。
    ですが正直、現在の酒井Pは見吉Pのように「次に繋げること」は出来ないのではないか?
    そもそも次が存在しないから好き勝手やりたいことをやってるのではないか?
    シリーズ15年来のファンである私ですらここまで疑ってしまうほどの酷さです。
    「ただの実績と思い出作り」とあちこちで酷評されるのもこういうところに原因があるんでしょうね。

    もちろん、制作運営サイドにも「ユーザーの意見を汲んで面白いもの作りたい!」と
    熱意をもったスタッフの方がいると思います。
    ですがその熱意はディレクターやプロデューサーに握りつぶされているのでしょう。
    今ではすっかり運営への煽り言葉となってしまった「ボクソン」や「それ後で聞こう」ですが
    実際の現場でもこういう感じでスタッフの意見や熱意は封殺されているのかもしれませんね。

    それでも今なお私がPSO2を続けているのは「フレンド」や「チームメンバー」がいるという理由だけです。
    もし私がマスターとしてチームを運営していなかったらとっくに辞めていたと思います。
    そして、そのフレンドやチームメンバーも全盛期の輝きはとっくに失われて全滅寸前です。

    せめて負の感情を抱いたまま終わらず、最後ぐらいは「面白かった!」で終わりたいものです。

    私はPSOシリーズのゲームが大好きです。PSO2というゲームが好きです。
    ですが、PSO2というゲームを引っ張っているディレクターやプロデューサーは大嫌いです。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 1 1 1
  • ネトゲ初心者から廃まで遊べる 85
    良い点
    はっきり言ってやる事は多い
    エンドコンテンツまで行く頃には初心者やビギナーがだいたいのコンテンツを理解出来るボリュームになってる
    ネトゲだけどソロでもオフゲ感覚で遊べる
    ロビーやらに人はいるからなんとなく寂しくもないし絡みたい人はチヤットも充実してる
    エンドコンテンツに行く頃には装備の能力付け替えやレイドなんかがメインになる
    好きなクラスをとことん極める人達もいるので
    自分で目標立てられる人ならどこまでも遊べるゲームだと思う
    今となってはしょぼいグラフィックだけどキャラクリの自由度なんかは高い
    課金のバランスは秀逸
    最初に必要最低限課金すれば時間のある人はプレイ時間で稼いで時間のない人は課金スクラッチにやる公式RMTが可能
    ダラダラ遊ぶだけならエンドコンテンツまで無課金でいけてしまう
    悪い点
    まぁストーリーはつまらないかな
    賛否両論あるけど現在のEP5はかなりマシになってるから
    オフゲ感覚でズンズン行ける人は新規でもやりやすくなってるかもしれない
    エンドコンテンツに直結するようなレアがかなり恣意的なものを感じる
    現在は緩和されているけど最高レア(完全に宝くじ)を緩和前にライブ配信者や運営に通ずる人達に数多くドロップしていたりして
    癒着と比喩されたりしてるけどそう思わざるを得ないくらいには運営に対する不信感ある
    総評
    自分のペースで遊べてプレイングに目標持てるタイプにオススメ
    確率的におかしくね?って最高レアに対する不信感はあるものの
    コミュニケーションは程々に割と自由にプレイ出来るから一年二年休止しても復帰は容易い
    いわゆるネトゲ然としたゲームとやりこみオフゲのちょうど中間にあるようなゲーム
    もちろんガッツリネトゲとして楽しむ人も多いので間口はかなり広い
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 3 2 4
  • もはやここまで 20
    • 投稿者:エコー(女性/80代)
    • 投稿日:2018/05/06
    良い点
    無料でログインができ、クエストへ行くことができる点。
    無課金がメセタ(ゲーム内通貨)でガチャ品(コスチュームやアクセ)を買い、課金者がガチャでメセタを稼ぐという経済サイクルが成り立っているので無課金でも何でもできる。
    最前線の装備がすぐに手に入る為復帰者にやさしい。
    ロール(役割)の強制が無い為好きなスタイルで戦闘に参加できる。
    キャラクリ幅が非常に広いため、アクセやコスチューム次第で何でも作れる。
    エロいコスチュームが沢山ある為、見抜きが捗る。
    悪い点
    フィールドやエネミーを何年も使い回し、毎回目の前の敵を倒すだけという単調なゲームシステムなのでそもそもゲームとしてつまらない。現在はレア武器を取得し射幸欲や共有欲を満たす為に行っている。
    前作はSFをモチーフとした少しダークな世界観が魅力的だったが、今作はフィールドに別ゲームのキャラが常に居たり、シナリオ担当のwikiが作られるほど設定の矛盾があり「何でもあり」を履き違えた世界観に多くのユーザーが違和感と不満を抱いている。
    クラスバランスが常に酷い。EP5でもっさり動くPSOにDMCの様なスタイリッシュかつ火力も逸脱した職(Hr)を出し積み上げたクラスを全て放棄する奇行を行った。クエストはHrありきの難易度になり、色々な職や武器を楽しむという要素が無くなった。
    他にも初心者放置、bgmの使い回し、プロデューサーの独裁体制、露骨な集金体制、など例を挙げるとキリが無くとてもじゃないが5000文字では収まらないので、詳細を知りたい方は「高速詠唱伝記ボクラガソン」などで調べていただきたい。
    総評
    PSOファンは特にやらないほうがいい。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 1 1 1
  • オンラインゲームを考えてる人へ 35
    • 投稿者:ask(女性/20代)
    • 投稿日:2018/05/05
    良い点
    長々と書いてる人が多いので簡単に
    プレイ時間7000時間 称号1000越えです

    ボリュームそのものは確かに多いそれは間違いない
    BGMも評価は高い、これは調べても出てくるはず
    コミュニk−ションが取りやすい環境ではある
    悪い点
    コンテンツが多くて一部が終わってる
    オンラインゲームというのもあり常装備更新をしている
    人が少ない
    運営がゴミ(これが一番ひどい)
    総評
    まずオンラインゲーム自体やめましょう
    今日本にあるオンラインゲームは全部ゴミです
    これも500万IDでドヤ顔していますが10万のアクティブもいません
    なにかといいあらそってるF○14は1000万ID突破していますがこれもアクティブは10万ちょいくらいです
    そしてこっちは海外鯖込みです(どちらも99%が辞めてる)

    遊んだ人のほぼ10割に近い人がやめるオンラインゲームそれでもあなたはやりますか?

    まぁでも暇つぶしやこれによって新しいつながりが出来た人もいるのであれだが…(稀にある)
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 1 4
  • 素材だけはよかったが、それを生かしきれなかった悲惨なゲーム 35
    • 投稿者:僕村(男性/20代)
    • 投稿日:2018/05/05
    良い点
    基本無料
    キャラクリの多彩さ
    EP4までのBGM
    悪い点
    運営が自分たちのやりたい事だけをゴリ押して来る
    とにかく使い回しが多い
    生放送でユーザーを煽る
    現役ユーザーが外部コミュニティで炎上騒ぎを起こす
    総評
    実質キャラクリだけがこのゲームの良さであったが、それもダークブラストとか言う
    「かっこいいだろおおおお!!!!」案件により所謂キャラクリ勢を滅ぼした
    この人たちが一番課金スクラッチを回してただろうに…何もかも見通しが甘すぎる
    ヒーローに関してはいわずもがな。何を考えてこんな強職を?通常クラスの弱体化をした意味は?
    ストーリーはこのゲームには実装されていないので評価不能
    総合評価は承認されやすいだろう35点に設定したが実際は10点程度が妥当
    サービスは終わらなくていいので、このままいかれたユーザーと共に隔離されてて欲しい
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 1 1
  • ユーザーに喧嘩売るスタイルの運営 35
    • 投稿者:匿名記者(男性/20代)
    • 投稿日:2018/05/03
    良い点
    ・コスチューム
    ・手軽さ
    悪い点
    ・運営が迷走してる
    ・公式運営によるプレイヤーの差別
    総評
    手軽なゲームだったのにエキスパートという名の選民が行われ
    公式がプレイヤーを差別する前代未聞な運営。
    これがエキスパートではなく更に上の難易度だったらわかるんだけど。
    同じ難易度で公式が選民って今まで色々ネトゲやってきましたが聞いた事ありません。

    その問題のエキスパート条件ですが、前回は装備しっかり作ってればいける難易度でしたが今回は腕も問われ何度も何度も挑む事になります。
    アプデ当初は全体の1割か2割しかクリア者居ないような難易度です。

    更にその条件のクエストはボスラッシュなんですが、ステージ5が即死攻撃があり死んでしまうとまたステージ1から20分ぐらいかけてステージ5へ行く事になります。
    ステージ5の練習したいのにこれでは中々練習もできません。
    更に床ダメージもあり運営の性格の悪さが垣間見えます。
    相当アクション得意じゃないと安定しない難易度です。

    おしい所までいってましたが、無駄に時間使う事と今後何度もこういう選民のようなユーザーを差別する行為が行われるんだろうなと思ったらもうついていけないと思ってしまいました。


    ネトゲ新規増える季節にこんな事やるってここの運営何を考えてるんでしょうかね。
    こんなユーザーに喧嘩売るような運営初めてですよ。本当に気分害しましたね。

    他にいいゲームいっぱいあるのでPSO2を今から始めるのはあまりお勧めできません。

    私ももう課金やめてログインするのやめようと思ってます。凄く嫌な思いしたので。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 2 1
  • 努力が泡に還されるゲーム 25
    • 投稿者:のい(男性/20代)
    • 投稿日:2018/04/29
    良い点
    ◆キャラクタークリエイトの幅広さ
     アニメ系モデリングのゲームの中では編集できる項目は非常に多いです。
     外見だけという意味なら国産ではトップクラスの自由度ではないでしょうか。
     (外見だけ、という部分の意味については後述)

    ◆アバターがゲーム内マネーで取引できる
     課金していらないものは売り、その売上で欲しいものを買うということができます。

    ◆サウンドのクオリティの高さ
     状況に合わせてBGMを自然に変化させるというシステムが組み込まれており、
     サウンド面では非常に変化に富んだ演出が楽しめます。
    悪い点
    特定ユーザーとの癒着問題、レアアイテムのドロップ数の定量性など
    ユーザー間で「存在しているのではないか」と推測されている問題点もありますが、
    それらは結局の所憶測に過ぎない問題のため
    ここでは事実に基づいた問題点のみを書き連ねます。

    ◆1つしか存在しない上位クラス
     このゲームには9つの多様な下位クラスがあるのに対し、
     上位クラスが1つしか存在しません。
     下位クラスは近接武器などが得意なクラスからいわゆる魔法攻撃が得意なクラスまで様々なクラスが存在し、
     以前は得意クラスなども各プレイヤーの個性が出ていました。
     しかし現在は上位クラスが圧倒的な強さを誇り、その上位クラスも「ヒーロー」という1クラスしか存在しません。
     近接クラスも魔法クラスも最終的にたどり着くのは全員「ヒーロー」です。
     そのためヒーローで使用できる「ソード」「ツインマシンガン」「タリス」以外の武器はすべて下位互換となります。
     バランス調整なども行っていましたが、ヒーローが上位クラスであるという位置づけのため、
     下位クラスはすべてヒーローを超えないような調整とされ結局の所
     全員がヒーローを使うのが最適解という状況は覆っていません。
     得意な武器種も含めてキャラクリだと思うのですが…
     現在は好きな武器を使いたければヒーローが圧倒的な力で敵を倒すのを眺めながら
     後ろのほうでモブとして生きる覚悟を決めなければなりません。
     下位クラスでどれだけ努力をして装備を作り立ち回りを切り詰めても、
     ヒーローを使用すれば半分以下の労力で同等以上の成果が出てしまいます。
     (更に言うとヒーローが使う3武器の中ですらバランスが取れているとは言えず、ずっとソードを持って戦うのが最適解となっています)
     また、このヒーローにクラスチェンジするためには下位3クラスをレベル75まで上げる必要があり、
     新規プレイヤーはヒーローというスタートラインに立つまでに
     性能の低いクラスをかなり長い時間続けなければなりません。

    ◆努力で埋めようのない運による格差
     最高レアリティの星14武器は、各クラスの戦い方が大幅に変わるような
     ユニーク性能を持っています…が、この星14武器は一切取引ができません。
     使用しないクラスの星14が出た場合、倉庫に置いておくしかないです。
     使用可能武器の重複はありますが全10クラスあるため、自分の使うクラスの
     星14が出る確率は限りなく低いでしょう。
     また、基本的に確率でしか手に入らないため、複数持っている人がいる一方で
     どれだけ廻っても出ない人が存在します。
     取引が不可能なので使わない分が欲しがっているプレイヤーに行き渡る
     ということはなく、運による格差は広がり続ける一方です。
     救済策として14武器を交換できる紋章というものが実装されましたが…
     これがドロップしたものと同じ性能のものを手に入れるのに3000個必要というトンデモ仕様。
    (キャンペーンで週50個、特定の時限クエストで1個手に入ります)
     運営はコレを「努力でも手に入るように」としていますが…
     運のいい人が使いもしないのに何個か持っているものを上限が設けられた
     配給物を3000個も集めて手に入れろと言われても馬鹿らしいとしか思えませんでした

    ◆死にコンテンツの多さ
     全員1レベルから12人でステージを進んでいきゴールを目指すチャレンジクエスト
     空飛ぶ機械に乗りポイントを集めハイスコアを目指すライディングクエストなど
     様々な様式のクエストがありますが、これらのクエストは新しいルールが増えたり
     ステージが増えたりすることもなく、報酬も変更もありません。
     そのため、旬をすぎるとプレイする人が消え、過去のコンテンツは
     サーバー内で誰もやっていないということが珍しくありません。
     上記に上げたクエストは一例に過ぎず、この他にも様々なコンテンツが
     ありましたが、たった半年前のコンテンツですら閑古鳥が鳴いています。
     最終的にやることが「似たような緊急クエストと敵を倒す常設クエストに行き続ける」
     ということに収束します。

    ◆世界観などを完全に無視したストーリー
     このゲームのストーリーは一般的に「SF」に分類される世界観だったはずです。
     エピソード4で舞台が「地球」となるまでは、まあSFの範疇と言えましたが…
     エピソード5で「中世ファンタジー」になったのは全く意味がわかりません。
     前作とも言えるポータブルシリーズにハマり、「SF」がやりたくて
     このゲームを始めたのですがそんなものはもう全部ぶち壊されました。
     中世ファンタジーがやりたければ最初から他のゲームをやります。
     運営は「PSO2はなんでもありなので」と言いますが…
     最低限の設定を守った上で「なんでもあり」じゃなければただの子供の落書きと
     変わらないのではないでしょうか
    総評
    5年ほど課金してプレイしましたが、
    悪い意味でやりたいことだけやったような調整にもう付いていけません

    過去はいくつか問題点はあれど「個性」を出すことが出来て
    楽しいゲームだったと断言します。
    現在はもうすべてが画一化され、
    クエストに行けば周りがほぼヒーローということも
    珍しくないです。

    格差は広がり続けるばかりです。
    自分がどんなに努力しても手に入らないものを
    他人が出すのを眺め続けるゲームの何が楽しいのでしょうか。
    せめて取引できればモチベーションになったのですが…

    以前は「気軽にできるしすぐに追いつけるよ」と人に薦めることも出来ましたが、
    もう人に薦めようとも思えません。
    楽しいと思えなくなってしまいました。

    このゲームは大好きですが、運営の方針は大嫌いです。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 1 1 1
  • 開発が現実を見れていない 20
    • 投稿者:ヤャイロ(男性/30代)
    • 投稿日:2018/04/21
    良い点
    BGMが素晴らしい。
    強大なボスや迫り来る敵の大群などを上手く表現していると思う。
    特に大ボス戦の後半は共通してメインテーマのアレンジになっており、前半戦のイメージを残しつつ戦闘を盛り上げてくれる。
    このクオリティで基本プレイ無料というのは中々お目にかかれない。
    悪い点
    既に散々書かれている通り運営開発の悪さが第一に挙がる。
    公式生放送では失言を連発しゲストと共にプレイヤーを煽ってくるほど。

    ・所謂、固定を組む努力を怠っている
    他人に何かを細かく要求するのであればこれは正論だと思う。
    ただし筋を通さない場合、ただの暴論に変わる。
    このゲームにはまともなリクルートシステムがないため、ツイッターなどの外部コミュティなどを利用しなければならず、固定を組むという行為には他ゲーの何倍もの労力が必要となる。
    加えて放置や妨害などの対策は甘さを極めており、所謂やったもの勝ち状態で真面目にやるほど馬鹿を見る。


    ・ゲームバランスが滅茶苦茶。
    印象深いのはやはりエピソード5におけるヒーロー一強。
    及びヒーローを実装するにあたっての既存職の大幅弱体化。
    一応特定のものに依存しすぎるバランスの正常化という意図があったとのことだが、そのやり方が乱暴かつ壊滅的。
    例えるならば「心臓に問題があるのでとりあえず心臓を切除しました」などというような処置。
    心臓を失った動物は当然ながら生きてはいけない。
    ただでさえ強いヒーローが隣にいるのに、そんな死に体を誰が使うというのか。
    その結果マルチ全員がヒーローという事態を引き起こした。
    多数のクラスを閑職に追いやっておきながら、この弱体化はヒーローを際立たせたかったわけではないと言ってのける開発の白々しさもマイナス点。

    そして本当の問題はこのヒーロー云々自体ではなく、こんな簡単なことすらわからない開発のゲームへの理解度の低さにある。
    プレイヤーの視点で物事を見ることが出来ていないため、プレイヤーと開発との温度差が非常に激しい。
    明後日の方向に全力投球し、悪化に悪化を重ねる負の連鎖を起こしている。


    強制キャラ固定に近いダークブラストや意味不明なストーリーなどは他の方のレビューに譲らせて頂く。
    総評
    やはり有料ゲームに負けないほどのBGMを推したい。
    例えば空を飛ぶステージでは軽快なラップをメインとしつつも、昼夜で曲調が変わるなど芸が細かい。

    だが真面目にゲームとして見た場合は厳しい評価を下さざるをえない。

    そもそもオンラインゲームには寿命があり、PSO2もそういう意味では折り返し地点にいると言っていいだろう。
    仮に失点がなくとも対抗馬となるゲームの発表などで勢いを失っていく段階で躓いてしまったのは大きいだろう。
    インタビューなどを見るに一応の自覚はあるようだが肝心の行動に進歩が見られない。

    最早期待すればするほど、やり込めばやり込むほどガッカリする。
    フレンドもログインしなくなり、自分も折れてアンインストールの運びとなった。

    本腰を入れてプレイするゲームを探しているのであれば他を当たることを勧めたい。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 1 1 1
  • 人と関わるオンラインゲームとして根本的にクソ 20
    • 投稿者:アニムス(男性/20代)
    • 投稿日:2018/03/31
    良い点
    ・しいて上げるならBGMとキャラクリ
    ※ただ、キャラクリもサービス開始から6年近く経っており、古臭さが目立つ。
    BGMもEP5から新人が作っているらしく、劣化が酷い。
    悪い点
    ・武器やユニットその他多岐に渡る取引制限
    ・他のネトゲやソシャゲと違って掛けた金と時間が強さに反映されない
    ・化石のようなポリシーを守って時代に追いついてない運営
    総評
    私は2014年からPSO2を継続的にプレイし、所々思うところはあったり、周りのフレンドが辞めていく中でずっと続けていました。
    ですが、2月末の最高レアリティのドロップ率緩和によって周りにレアがぽんぽん出るようになり、私はほかのPTメンバーが☆14を出すところを6回見届けました。
    しかし、私自身には何も出ません。
    レア上昇ブーストアイテムを惜しげもなく使用し、他鯖にLv80キャラを派遣し、夜中や早朝の緊急も行けるときは行きました。
    途中でSGで買えるレアブーストアイテムがなくなり、SG課金もしました。
    1か月の間、周りの固定メンバーが☆14を見せびらかして自慢してるそれを傍目に必死にやり続けました。
    ☆14と交換できる紋章も500個貯まりましたが、出ません。
    昨日の緊急で固定メンバーにまた☆14が出て、その人がもういらねぇwwって発言して糸が切れました。

    ゲーム内で関わりを持った人に声を掛けて、Twitterを利用して人を集めたり、Googleスプレッドシートを利用して固定も何度も何度も開催して、緩和後にトリガー12連も何度もやっての結果がこれでした。

    先ほどアンインストールして、主にPSO2の固定募集Twitterのアカウント等も削除しました。

    せめて最高レアリティが取引可能だったら溜飲が下がったのかなと思います。
    PSO2はゲーム内通貨で最高レアリティの強い武器やユニットを買うことが出来ないため、レアを自分で出すしかありません。
    どれだけメセタを持っていようとも運次第でどうしようもありません。
    どれだけリアルマネーをつぎ込んで、レアブーストアイテムを購入したり、スクラッチでメセタ換金しても出ません買えません。
    出ない人にはとことんでない仕様で、出る人にはぽんぽん出る仕様です。

    おそらく、現状☆14が出ている人には私のこのレビューは鼻で笑うレベルなのかもしれません。
    ですが、このゲームを続けていく先いつかきっと
    あなたも同じ壁にぶち当たると思います。
    相当遅くはなりましたが、私はその点に気付けて良かったと思います。

    最後に総評を言いますと、
    PSO2の最大の問題点は掛けた時間と金が全部ドブになるし、努力が無意味になるところでしょうか。
    大抵のゲームは時間を掛けて、継続的に遊べば強い装備やキャラが手に入るでしょう。
    課金すれば時短で強い装備やキャラが手に入るでしょう。
    ネトゲであれば課金してガチャなどを引いて見た目のよいアバター服&アクセを売ってゲーム内マネーを素早く稼ぎ、強い装備を揃えるなどのやり方もあるでしょう。

    PSO2は全て運です。
    金で強さを買うという選択肢がない。
    その結果、残ったプレイヤーの民度がどうなるかなんてわかりきってますね。

    クエストの面白さとかやりがいとかDB強制でキャラクリ死亡とか私にはどうでもよかったです。

    今新しくソシャゲを始めましたが掛けた時間とリアルマネーがそのままの強さになるのはモチベーションも上がりますし、目標があるのは素晴らしいと思いました。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 1 1 2
  • 失敗から這い上がろうとしているが、ゲーム内の数字を理解している人間が発言権のあるポストにいない 50
    • 投稿者:ろりんげ(男性/30代)
    • 投稿日:2018/03/31
    良い点
    ・豊富なアバター類によるキャラクリエイト。

    ・インベントリとスキルツリー以外は課金必須と呼べるものはなく
     他のアイテム課金オンラインゲームやスマホゲーよりは相対的に安上がり。

    ・サウンドだけは常に一定以上のクォリティ・。

    ・(オンラインゲームであれTRPGであれ常ではあるが)
     気の合う友人と遊ぶなら楽しく、またその為のハードルも緩い。

    ・(技術力や調整能力、運営上層部の現状認識能力が欠如しているが)
     改善しようという意思は感じる。

    ・キャラクターの外観を著しく損ねるとして問題視されていた
     ダークブラストは改善の見通しが立っている。
    悪い点
    ・既存職も強化は入ったが、目隠しして適当にテンキーを叩いたのではと
     疑うレベルで格差は依然として大きいか、却って悪化した。
     Hrが総合的に見て最強であることは疑いようはないのだが、
     PP管理の大幅改善と威力向上で定点火力が大幅に向上したFo、
     ソロ高難易度コンテンツで圧倒的な強さを発揮し
     ニオオート射程延長で歩いているだけで下位コンテンツを消化できるSuは
     およそ優遇と言って良く
     高い生存能力を持ちソロコンテンツの消化が楽なBr(カタナのみ)
     レイドボス限定でHrを超える火力を発揮しうるGuはまだ良いとして、
     依然として(高火力ではあるが)使いにくいPAに囲まれ
     ☆14依存度が高すぎるRa、
     最大HPを1/4にするリスクを背負って尚Hrに追いつけないFi、
     マルチでは重用されるがソロ性能を完全に剥奪されているTe、
     並みのプレイヤーではいるのかいないのか
     わからない程度の仕事しかできないBoとHuと
     中々壮絶な構図になっている。
     EP4のSu以来「目玉の最強クラスを作ってそこにどばどば投資させたい」
     というネットゲームにあるまじきバランス調整をしていた為、
     まともに調整が運営、開発内部で不可能になっていることが
     容易に想像できる。
     ここ半年弱最も頻繁に発生するレイドボスであるドラゴンが、
     Hrの機動性を前提とした挙動であった為
     余計にバランスの悪さを露呈させてしまったのも痛い。
     開発内部で数字調整出来る人間がいないか、
     いたとしても発言権のあるポストにいないのが実情だと思われる。

    ・クライアントの容量がデカい。
     WoWやFF11、TitanFallよりデカい。
     豊富なアバター類が圧迫しているのはまだ分かるのだが、
     ニャウやウーダン等の同一のモデルが
     多数クライアント内に入っている理由もよく分からない。
     クラウドブームガーというならば
     読み込む確率が低いストーリークエストのボイスファイルを、
     KPIガービッグデータガーというならば
     使用率の低いアクセサリやコスチュームをユーザーの統計から解析して
     それらをクラウド上に置くといったことはできなかったのか?
     クラウド自体は目の付け所は悪くないと思うが
     利用の方向性がおかしい。

    ・後は他のレビュワーの方に全部書いて頂けているので割愛したい。
    総評
    去年の春に休止し、正月に様子を見に来て1か月半ほど遊んでみました。
    結論から言えば概ね他のレビュワーの方の仰る通りですが、
    職業バランスのみ変化がありました、ただ手放しに改善とは言い難いです。

    もうすぐNintendo Switch版のサービスインですが、
    PS4、Vitaとのチャット不能なのは
    技術系、SonyとNintendo間の問題があり
    急にはどうしようもないと思いますが、
    「15分操作無しで強制切断」は明らかに
    PSO2をまともにプレイしたことがない人間が決定した仕様だと思います。
    緊急待ちの最中に自動的にログアウトしてしまう人を
    事前にパーティーに誘おうと思えるでしょうか?
    この辺り依然としてテストをしない、プレイヤビリティを考慮しない姿勢が
    抜けきれておらず「チェック体制を一新し細心の注意を払う」という文句が
    文字通りリップサービスだった事を
    今一度露呈させてしまう結果になりました。

    当方は再びPSO2を離れますが、愛着のあるタイトルですし
    またフラリと遊びに来る可能性は高いと思います。
    願わくば運営、開発の体質改善が成されることを祈ります。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 1 2
  • もうひと押し、もうふた押しが欲しいゲーム 40
    良い点
    キャラクリエイトの幅、特にアクセサリー類の位置、角度、大きさを弄れる
    メインの職以外にサブの職を組み込むことで、できることを増やせる
    課金品にはなるが、ボイスも多く、好みの声優さんを探すのも楽しい
    機械種族のクリエイトはパーツにも分かれており、色々と組み合わせられる
    ボスや一部のクエストの進行度に応じてBGMが変調する
    コラボが多い
    悪い点
    全ての職がダメージディーラーとなりうるので、縁の下の力持ちがしづらい
    ストーリーが似たような展開の繰り返しが多い
    散策可能なフィールドがほぼ似たような構造
    上級職が一つしかなく、サブ職が設定できないため、上級職になろうとすると選択肢がない
    ゲーム内で自作画像を発言できるため、かなり危ない表現が飛び交うこともある
    総評
    初めてOPを見たとき、広大な惑星ごとの冒険を期待してわくわくしました。
    しかし、いざ始めてみると似たような構造のMAPを走り回ることになります。
    当時のストーリーは、進めるために何度も同じフィールドを散策したり、必要アイテムをドロップするまでクエストを受けなおし続けたりしたものですが、そのあたりの煩わしさはなくなっています。

    惑星調査の理由付けもいまいち曖昧なままいつの間にかプレイヤーの属する集団の敵が立ちふさがり、いつの間にか別の宇宙の惑星を探索したり、いつの間にか中世ファンタジーの世界に入っていたりします。
    戦闘演出も、そこそこいいものの、直前までのストーリーがぽっと出なところもあり、非常に残念。
    ストーリー、ゲーム内共に慌ただしく、同じような展開が多々見受けられたため、ストーリーではなく作り上げた自分のキャラクターが宇宙をまたに活躍している、とだけ考えれば楽しめるゲームです。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 2 2 2
  • これほどひどいゲームはそう無い 5
    • 投稿者:まっさん(男性/20代)
    • 投稿日:2018/03/21
    良い点
    現時点ではとどんど見受けられない
    悪い点
    まずクライアントが大きすぎる(70GB以上ある)
    いつまで経っても軽量化されず、今なお増え続けている。
    この大容量のデータをアップデート毎にフルでチェックしだすので
    HDDへの負荷が尋常ではなく、確実に寿命が縮みます。

    この時点で敷居がかなり高いですが、それに見合う内容がありません。

    メインコンテンツは、運営の決めた時間にのみ発生する
    緊急クエストと呼ばれる物で、ホームページに開催予定表が載っています。
    予定表をチェックしログインして、終わるとログアウトする
    さながらソーシャルゲームです。
    PSOシリーズなのに「目当ての武器を狙って周回する」がいつでも出来ないのは
    かなりマイナスポイントです。
    レア武器のドロツプも定量制(一定量出土するとドロップ率が下がる仕様)
    運がよければ手に入り、周回を重ねても定量に達しているとドロップは厳しくなります。

    職業(ジョブ)のバランスが非常に悪い所も無視できません。
    今は上位職が一種類だけ追加されたとんでもなくバランスが壊れた状態で
    自然と下位職になった既存職の調整を常に行っています。
    つまりまったく安定していないという事です。

    ストーリーは正直触れたくないほど面白くありません
    カタカナと漢字をひたすら乱用した読み辛いテキスト
    よく読んで考察しようにも、読み解こうととすればするほど
    作者が流れで適当に書いたとしか思えないように感じます。
    敵勢力も見方も世界観もコロコロ変わって意味不明です。

    ゲームの中身が余すところ無く出来が悪い上に
    運営が数あるオンラインゲームの中で飛びぬけておかしい
    数え切れないほどの失言、プレイヤーへの煽り
    どのオンラインゲームをも凌駕しています。
    ここには書ききれません。
    総評
    ・生きているコンテンツの少なさ
    ・過去シリーズより少ない武器種
    ・使いまわしの目新しさを感じないアップデート
    ・酷いゲームバランス
    ・酷い運営
    ・他所で頻繁にトラブルを起こす民度の低いプレイヤー

    オンラインゲームの駄目な所を一箇所に集めたような作品です
    課金ガチャの更新頻度の高さを、確立の渋さも含めれば
    ソーシャルゲームの黒い部分も取り込んでいますね。
    確かに良い点も有りましたが、今はそれらに変に手を加えて
    そこさえ評価できない状態になっています。
    売りであるキャラクタークリエイトも
    作ったキャラクターがNPCに乗っ取られ
    PSOシリーズを名乗る作品なのに「フォトン」の設定を無視したダークブラスト
    評価されていたBGMもピョロピョロと変なアレンジをされ・・・
    公式の生放送は過剰にNGワードが設定されていて
    コメントが殆ど流れてこず、失言、煽りのオンパレードでまったく楽しめない。
    ロードマップの内容も非常に少なく、接続者数も目に見えるほど減っている
    そんな中でカードゲームを販売しようとする運営を理解する事ができませんでした。
    私はここまで酷いオンラインゲームを見た事がありません。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 1 1 1
  • ストーリーをウリにしているところもありますが…… 50
    良い点
    ゲームシステム等はすでに触れられているので、私はストーリー方面で書かせていただきます。
    NPCたちは生き生きしていますし、キャラ同士の掛け合いもいい感じです。コメディパートなどでは思わず笑いを誘われます。NPCから主人公(プレイヤー)へのアプローチも多く、プレイヤーは選択肢を選んでNPCたちと接したりできます。ストーリーに絡まないNPCもサブイベントでは主人公とはよく絡みます。
    ですが……
    悪い点
    もしも「自キャラの活躍が見たい!」と考えてプレイする方がいれば、余りオススメはできません。なぜならプレイヤーの存在はNPCを動かすための舞台装置だからです。プレイヤーが行動を起こすと、NPCたちも動きドラマが展開されます。プレイヤーはそのドラマには殆ど絡みません。見せ場はすべてNPCにとられます。
    アニメマンガラノベなどでは、主人公が物語のクライマックスに何かしらの活躍を見せてカタルシスを得るというものですが、このゲームではその常識は通用しません。プレイヤーは一応なにかしていますが、その行動の多くは実を結びません。代わりにNPCが出張って何らかの手段を用いて解決したり、活躍したりします。
    一言で言えばプレイヤーはサポーターですね。事態を解決するためのきっかけは与えるけど、実際にそれを活かして解決するのはNPCたち。詳細を書くとネタバレになるので簡潔に例えますと、プレイヤーが伝説の武器を作るためのアイテムを集め、武器を完成させてもそれを振って活躍するのはNPC。そんな感じです。だからサポーターというわけですね。

    それと、ストーリーに登場するメインキャラたちの心情にまったく踏み込まない点も挙げてみます。プレイヤーは主人公とされている割に誰の精神的な支えにもなりません。ヒロインたちが困っていても、NPCが解決したり、いつの間にか結論を出して自分で解決しています。だからNPCたちから感謝や感激されたりしないんですよね、まったく。
    主人公は物凄く強いという設定なので実力者として頼りにされたり、人柄から信頼を得ています。しかし、「NPCと絆が生まれるようなエピソードがないんです」。
    強いから頼りにされる、人助けをするから信頼される。ですが、心が折れそうになったヒロインたちの支えになったりしていません。

    後は敵の存在ですね。主人公が敵を倒したり改心させたりするのも一種のカタルシスを得る手段ですが、このゲームでは「基本的に敵は倒されません」。まして主人公が敵を倒すという展開はほぼ皆無です。理由は以下の三つです。
    1.倒してもまた復活する(これが一番多い)
    2.追い詰めたと思ったらNPCがトドメを刺す
    3.一騎討ち→何らかの事情により引き分け
    大体この繰り返しです。EP4ではNPCヒツギなる女子高生が主人公として設定され、敵を倒したり、改心させたり、仲間を助けて絆を結んだりとプレイヤーがやらされなかったことを次から次へとやり遂げました。その結果、人気投票では散々な順位に……運営はこの理由の一つとして「プレイヤーの活躍を奪ってしまったから」と認めています。
    総評
    ちょっとしたたとえ話を。舞台は中世ファンタジーみたいなものと思ってください。

    無理やり結婚をさせられそうになっているヒロインがいて、破談にするため主人公に偽恋人を演じるように頼んできます。偽恋人を演じる中で、主人公とヒロインは段々と仲良くなってきます。
    こう聞くと「偽恋人を演じる中でヒロインに恋心が芽生える」的な期待が持てませんか? ですが展開はこうなります。
    ヒロインには従者の少年がいて、彼は密かにヒロインを思っていました。しかし、勇気が持てないので告白なんて夢のまた夢です。
    後日、主人公とヒロインの中に嫉妬した婚約者が主人公に決闘を提案します。主人公は腕利きの剣士なので婚約者に勝つことはわかり切っています。しかし主人公は婚約者の罠により大怪我をしてしまいました。そこで主人公の代わりに従者の少年が闘うことになります。従者は主人公から指導を受け、そこそこの実力を得ました。婚約者との決闘では接戦となりますが、ヒロインの声援で奮起し、従者の勝利になります。ヒロインはもう無理やり結婚させられることはありません。勇気を手にした従者はヒロインに想いを伝えます。

    さて、誰が「本当の主人公」だと思いますか?
    主人公はヒロインと出会い、偽恋人を演じることになりました。
    そこで怒った婚約者が決闘を申し込んできます。
    ですが、決闘というクライマックスで活躍するのは主人公ではなく、ヒロインの従者です。
    ↑の話を見て「ヒロインのために頑張った従者サイコー! カッコイイ!」と思える人は殆どいないでしょう。むしろ「なんでこんな展開にしたの?」と思うことでしょう。
    だって従者を活躍させるストーリーならもっとやりようがあるはずです。わざわざ主人公なる人物を出す必要はありませんし、その主人公に偽恋人を演じさせる必要性は皆無です。

    だのにそんなことをする理由があるとすれば、主人公を出さないといけない理由があり、かつ従者を主人公にしたいという矛盾した理由があるからでしょう。
    この主人公の立場がPSO2プレイヤーです。つまり、PSO2ってこういうストーリーなんですよね。主人公として登場しないといけないので、そこそこの役割を与えられてストーリーに絡みますが、見せ場は全部NPCに持って行かれます。
    主人公に主人公させる気はないけど、主人公として名ばかりで登場させられている。私にはそんな感じに思えました。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 1 2 1 3
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する