オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
仁王公式サイトへ
読者の評価
93
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
仁王
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「仁王」の完成発表会をレポート。開発スタッフや俳優の市村正親さんらが作品への思いを語った
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/02/04 16:42

イベント

「仁王」の完成発表会をレポート。開発スタッフや俳優の市村正親さんらが作品への思いを語った

 コーエーテクモゲームスは本日(2017年2月4日)2月9日に発売を予定しているアクションRPG「仁王」の完成発表会を開催した。

 2005年にタイトル名が決まってから12年を経て発売となる本作。開発スタッフや,ゲーム中で徳川家康を演じた市村正親さんが作品にかける思いを語ったステージの模様をレポートしよう。

仁王

左から「仁王」ディレクターの安田文彦氏,早矢仕洋介氏,プロデューサーの鯉沼久史氏,ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウこと襟川陽一氏,市村正親さん,ソニー・インタラクティブエンタテインメント 取締役 SIEJAプレジデントの盛田 厚氏,ムービー監督の神谷 誠氏,音楽を担当した菅野祐悟氏

 「仁王」は,戦国時代の日本を舞台に,金髪碧眼の侍・ウィリアムが妖怪と戦う姿を描く。2004年に「鬼(仮称)」として発表され,2005年に「仁王」に改題,PS3のローンチタイトルとして開発が進められたが,その後PS4専用タイトルに変更され,ついに発売に至ったという経緯がある。

仁王
仁王 仁王

 発表会では,まずコーエーテクモゲームスの取締役社長で,本作のプロデューサーでもある鯉沼久史氏が登壇。「2005年にタイトル名を発表してからだいぶ時間がかかってしまいましたが,全世界15か国語版を同時販売する,日本発の新しいゲームとして盛りあげていきたいです」と挨拶した。

鯉沼久史氏

 続いては早矢仕洋介氏安田文彦氏の両ディレクターが登壇。「発表から12年の間,何度か作り直してきた経緯がある仁王ですが,開発側からも自信を持ってお送りできる状態になっていますので,来週の発売日には楽しんで頂きたいです」(早矢仕氏)「10年以上の思いがこもったゲームを完成させられて嬉しく思っています」(安田氏)と,両氏ともに感慨深げだった。

早矢仕洋介氏(左)と安田文彦氏(右)

 ここで,ムービーを監督した映画監督の神谷 誠氏と,音楽を担当した作曲家の菅野祐悟氏が加わり,制作秘話を語るトークショーとなった。

神谷 誠氏(左)と,菅野祐悟氏(右)

 普段はゲーム以外のフィールドで活躍している神谷氏と菅野氏が「仁王」に携わることになったのは,コーエーテクモゲームスが総力を挙げて開発する大作を盛りあげていきたいという考えによるものだとのこと。

 神谷氏は当初,知り合いから「ゾンビが時代劇で戦うゲームがあるので,仕事をやらないか」と打診されたとのことだが,もちろんこれは誤解。その後正しい情報を知り,「仁王」が構想10年を越える作品であることから,自分が携わっていいのかと思ったという。時代劇を撮ったことがなかった氏だが,前々から興味はあったということで挑戦を決意したとのことだ。

 一方,菅野氏はゲームの音楽には初挑戦ということで,手探りの状態からのスタートし,開発サイドと密接に連携して50曲近い楽曲を作ったという。その中で安田氏の印象に残ったのは,ゲームオーバー時に流れる曲とのこと。
 プレイヤーが何度もゲームオーバーになるであろう「仁王」だけに,菅野氏へは「暗い曲にはしたくない」「聞いた人が再挑戦する気になったり,ゲームオーバーの際に気持ちが休まるような曲にしたい」という注文があったのだという。菅野氏はこの難しいオファーに見事応え,あまりの出来の良さに,急遽タイトル画面でも使われることになったそうだ。


 エンディングテーマについての情報も公開された。曲名は「Dream Of You」。シンガー・ソングライターのサイーダ・ギャレットさんが作詞と歌唱を担当する曲で,「仁王」では15が国語版が用意されることから,世界の共通言語である英語の歌詞になったのだとのこと。

 トークショーが終わると壇上にはコーエーテクモゲームス代表取締役社長のシブサワ・コウこと襟川陽一氏が登場し,鯉沼氏とともに初公開となるオープニングムービーを披露した。

襟川陽一氏


 ムービーの最後に登場するのは,なんと織田信長と思われる人物。襟川氏は「『仁王』で描かれる時代では,信長は既に死んでいるはずです。なぜオープニングに出てくるかは本編を楽しみにしてほしいですね」と語った。

 続いて,ゲームで徳川家康を演じる俳優の市村正親さんがステージに呼び込まれた。「仁王」の家康は,ウィリアムが侍として成長していく場に立ち会う重要人物。ドラマ性を増すため,重厚な演技ができる俳優に演じてもらいたいということで,市村さんが選ばれたのだという。

市村正親さん

「仁王」には,市村正親さん演じる徳川家康(左)や,武井 咲さん演じるお勝(右)といったキャラクターが登場
仁王 仁王

市村さんと武井さんの収録風景
仁王 仁王

 かつて舞台「家康と按針」で徳川家康役を演じた市村さん。ご存じのように「仁王」の主人公・ウィリアムは実在したイングランド人の三浦按針をモデルにした人物であり,市村さんは“按針と関わる家康”を再び演じたことになる。

 “狸親父”と称され,腹黒いイメージも強い家康だが,市村さんは「家康と按針」での役作りのために山岡荘八の小説「徳川家康」全28巻を読み込むうち,自らの夢を追い,同時に按針の夢も叶えていく家康の人間的な魅力に惚れ込んだそうだ。

 市村さんは,家康のモデルを作るための3Dキャプチャについて,プレッシャーを覚えると同時に,家康に自分の魂を入れられるということで光栄に感じたという。会場では,家康とウィリアムが会談するシーンのムービーも流されたが,市村さんも「いいね! 自分で見ていてもドラマに入り込んでしまった」と手応えを感じていた様子だった。

家康とウィリアムの会談シーン。市村さんのキャプチャ作業はスムーズに進み,予定より2時間も早く収録が終わったのだという
仁王

会場では,お勝役の武井さんからのビデオメッセージも上映された。「お勝はくのいちとしてクールな部分と家族への思いの間で揺れる女性」とのこと
仁王

 イベントの最後には登壇者が勢揃いし,改めて発売に向けての意気込みを語った。海外でも高評価を受けているという本作。10年以上の時をかけて作り上げられたその内容を,ぜひ確認してほしい。

「仁王」公式サイト

  • 関連タイトル:

    仁王

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月18日〜04月19日