オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
BioShock Infinite公式サイトへ
読者の評価
70
投稿数:4
レビューを投稿する
海外での評価
95
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「バイオショック インフィニット」の最新DLC「Burial at Sea: Episode 1」の海外向けローンチトレイラー公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/11/13 13:02

ムービー

「バイオショック インフィニット」の最新DLC「Burial at Sea: Episode 1」の海外向けローンチトレイラー公開

 Take-Two Interactiveのアクション「バイオショック インフィニット」PC/PlayStation 3/Xbox 360)のDLC第2弾となる「Burial at Sea: Episode 1」の海外向けローンチトレイラーが公開された。

「バイオショック インフィニット」日本語公式サイト(要年齢認証)

「BioShock Infinite」公式サイト(要年齢認証)


 2つのエピソードに分けて配信される予定の「Burial at Sea」は,シリーズ従来作に登場した海底都市ラプチャーが舞台になることが特徴だ。
 ゲームが始まるのは,ラプチャー崩壊の序曲となる内戦が勃発する直前の1958年の大晦日という設定だが,ムービーを見ると,主人公ブッカーエリザベスがお互いを認識していないどころか,約30年という年月も感じさせない若いままの姿。つまり,「もしブッカーとエリザベスがラプチャーにいたら」というパラレルワールドが描かれることになるようだ。

BioShock Infinite

 ゲームプレイもかなり変化しており,タバコをくゆらせるエリザベスはフィルム・ノワールのファム・ファタール(悪女)風に描かれるなど,その時代に合わせたような世界観になっている。
 また,ビガーの代わりにプラズミドを使用したり,ウェポンホイールが復活したりなど「Bioshock 2」を意識させるシステムが復活しているが,多くのアセットやレベルデザインは,「バイオショック インフィニット」にフィットするよう作り直されているという。

BioShock Infinite

 欧米でリリースされた「Episode 1」は,サリーという少女の行方を探し求めるというストーリーで,かなりダークなサスペンス要素が加えられているのがムービーから分かる。ビッグダディとの戦いも用意されているようだ。

2013年11月14日追記:
 初出時,日本での配信を未発表と掲載しましたが,現在,PlayStation 3版,Xbox 360版とも1500円で配信中となっております。お詫びして訂正します。
  • 関連タイトル:

    BioShock Infinite

  • 関連タイトル:

    バイオショック インフィニット

  • 関連タイトル:

    バイオショック インフィニット

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月