オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Intel 6シリーズの最上位チップセット「Z68」登場。MSI製の搭載マザーボード「Z68A-GD80」をチェックしてみる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/05/11 16:01

ニュース

Intel 6シリーズの最上位チップセット「Z68」登場。MSI製の搭載マザーボード「Z68A-GD80」をチェックしてみる

Intel 6
 2011年5月11日16:01,Intelは,「Intel P67 Express」(以下,P67)の上位モデルにあたるチップセット「Intel Z68 Express」(以下,Z68)を発表した。P67と同様,LGA1155パッケージのSandy Bridgeコア版Core iプロセッサをサポートする製品だ。
 P67との最も大きな違いは,CPUに統合されたグラフィックス機能をサポートしている点で,その意味では「Intel H67 Express」(以下,H67)の上位モデルと見ることも可能だろう。

Z68の概要をまとめたスライド
Intel 6 Intel 6

 これまで,一般PCユーザー向けのLGA1155対応チップセットは,マルチGPU対応やKシリーズ用のオーバークロック設定を持つP67と,Sandy Bridgeの統合型グラフィックス機能を利用できるH67という具合に,立ち位置がはっきり分かれていた。両者の機能を内包するのが,Z68というわけである。

Z68のブロックダイアグラム
Intel 6

 そんなZ68のスペックをまとめたのがだが,ご覧のとおり,グラフィックス周りを除くと,ほとんど何も変わっていない。


Intel Smart Response TechnologyとIntel Identify Protection Technology(IPT)の概要
Intel 6
Intel 6
 ただ,変わっている部分もある。その1つが「Intel Smart Response Technology」だ。これは5月3日の記事で「RST SSD Caching」として紹介していたもので,簡単にいえばSSDをHDDのキャッシュとして利用し,HDDのアクセス性能の高速化を図るというものである。
 もう1つは,「Intel Identify Protection Technology」で,これはワンタイムパスワードなどのハードウェアトークンを用いてマシンのセキュリティを向上させるというもの。3月に開催されたCeBIT 2011では,Valveのコンテンツ配信システム「Steam」を用いたデモが行われたが,ゲーマー向けPCなどでZ68マザーボードと本機能が積極的に採用されれば,オンラインゲームのセキュリティ向上に大きく寄与してくれるだろう。ある意味,PCゲーマーにとっては最大の“キラーコンテンツ”と言えるかもしれない。

IntelはVirtuについて,「サードパーティ製ソフトウェアを利用すれば,Intelの統合型グラフィックスと単体グラフィックスカード,両方のメリットを享受できる」といった説明を行っている
Intel 6
 また,おそらく一般PCメディアでは最も注目されるだろう「Virtu GPU Virtualization」(以下,Virtu)も,変則的ながらZ68における訴求点の1つとなる。
 Virtuに関しては3月5日の記事に説明があるのだが,要するに,Sandy Bridgeに搭載される固定機能で,一部ビデオフォーマットのデコードやトランスコードに利用できる「Intel Quick Sync Video」(以下,QSV)が,「グラフィックス機能をサポートしたチップセットで,かつ,Sandy Bridge側のグラフィックス機能がプライマリになっていなければ使えない」という問題に対処するもの。異種混合マルチGPU技術「HYDRALOGIX」(旧称 Hydra Engine)で知られるLucidLogix Technologiesがライセンスする技術で,ライセンスを受けたマザーボードでのみ利用可能になる。

 Virtuを利用可能なマザーボードでは,CPUに統合されたグラフィックス機能をプライマリとして利用している場合でも,セカンダリとして単体のグラフィックスカードを利用できるというのが大きな特徴だ。3Dゲームをプレイしながら,裏でQSVを使ったトランスコードを行ったりできるわけである。
 ただ,こう説明すると,PCゲーマーにとってあまりメリットない機能だということも分かると思う。どうしてもQSVを使いたいということでなければ,PCゲーマーが気にする必要はまずないだろう。


MSIのZ68マザーボード

Z68A-GD80を写真で見る


Z68A-GD80
メーカー:MSI
問い合わせ先:エムエスアイコンピュータージャパン Tel 03-5817-3389
メーカー想定売価:2万8800円前後
Intel 6
 さて,P67大きく変わった印象は受けないZ68だが,実際にZ68を搭載したマザーボードだとどうなのか。4Gamerでは,MSIの日本法人であるエムエスアイコンピュータージャパンから,搭載製品「Z68A-GD80」を借りられたので,本製品を例として詳しく見ていきたいと思う。
 なお,今回入手したのはレビュワー向けサンプルなのだが,個体不良のためか,何をどうやってもOSをインストールできなかった。この点はあらかじめお断りしておきたい。

Z68A-GD80。拡張スロット構成はPCI Express x16 ×3,PCI Express x1 ×2,PCI×2となる
Intel 6

CPUソケットに最も近いPCI Express x1スロットの近くには,PCI Expressに安定した電源供給をするための6pin補助電源コネクタを備えている
Intel 6
 さっそく外観からだが,パッと見は,同社のP67搭載マザーボード「P67A-GD80 V2」とかなり似ている印象だ。
 拡張スロットは,PCI Express x16を3本装備。CPUに近いほうから2本が16+0もしくは8+8レーンでCPUと接続されており,CrossFireXおよびSLIをサポート。残る1本は4レーン動作で,PCI Express x1 ×2およびPCI×2ともども,Z68 PCHと接続されている。

Intel 6
マザーボードの背面。表面のヒートシンクはネジ止めされているのが分かる
Intel 6
ヒートシンクを取り外したところ。ヒートシンクを取り外す行為がメーカー保証外となる点は注意してほしい
Intel 6
ヒートシンクを外すとZ68 PCHが姿を見せる。「BD82Z68 SLJ4F E112A646」という刻印がなされていた

マザーボード上に備えているハードウェアスイッチ。左からリセットスイッチ,電源スイッチ,OC機能「OC Genie II」のスイッチだ
Intel 6
 CPUから最も遠いPCI Express x16スロットの近くには,MSI製マザーボードの上位モデルでお馴染みのハードウェアスイッチが設けられている。スイッチは3つで,ATX電源とリセット,そして,MSI独自の自動オーバークロック機能「OC Genie II」を有効化するためのものだ。OC Genie IIを有効にすると,安定動作が可能な範囲で自動オーバークロックを行ってくれるという。

 さて,Serial ATAポート周りの問題でP67やH67の回収騒動が起こったことは記憶に新しいと思うが,Z68A-GD80は対策が施されたB3リビジョンを採用しているとのこと。そんなZ68でSerial ATA 6Gbpsが2ポート,同3Gbpsが4ポートの対応となるのは上ので示したとおりだが,Z68A-GD80では,前者が白色,後者が黒色コネクタで,いずれも基板に対して並行に並べられている。
 下の写真を見ると,基板に対して垂直に立っている白ポートが1つあるのにも気づくと思うが,これは別途搭載されるMarvell製Serial ATA 6Gbpsコントローラ「88SE9123-NAA2」によって提供されるもの。同コントローラは2ポートのSerial ATA 6Gbpsをサポートする関係で,もう1ポートはI/Oインタフェース部にeSATAとして用意されている。

左の写真で3つの白いポートがSerial ATA 6Gbps,4つの黒いポートがSerial ATA 3Gbps対応。右の写真で右のほうに見えるのが88SE9123-NAA2だ。右の写真では「THX TruStudio Pro」シールも目立つが,これは,HD Audio CODECを搭載しつつ,Creative Technologyの技術でマルチチャネルサラウンドサウンドをサポートしているためである
Intel 6 Intel 6

Z68A-GD80のI/Oインタフェース部
Intel 6
 というわけで,I/Oインタフェース部に目を移してみよう。CPU統合型グラフィックス機能が利用可能なZ68マザーボードということもあり,Z68A-GD80はDVI-DとHDMI,2系統のグラフィックス出力インタフェースを備えている。
 USBは3.0×2,2.0×4。ただし,付属のブラケットを利用すれば,USB 3.0はもう2ポート追加できる。
 ちなみにUSBポートは,同社が「Super Charger(スーパーチャージャー)」と呼ぶ機能を備えている。最大5Vで1.5Aの出力に対応しており,スレートPCやスマートフォンなどの充電ができるほか,システムがシャットダウン時も接続している機器の充電が可能という。

NEC製のUSB 3.0コントローラ「D720200F1」をPCHの近く(写真左)とVRM周り(写真右)にそれぞれ1つずつ搭載。VRM周りのコントローラはヒートシンクで一部隠れているため少し見ずらいかもしれないが,右のほうにあるのが分かる。なお,この写真で左に2個見える「PS8101」と刻印されているチップは,Parade Technologies製のHDMI/DVI LEVEL SHIFTERだ。このあたりはZ68らしい部分ともいえるだろう
Intel 6 Intel 6

Z68A-GD80に搭載されているSFC。低負荷時に最大20%の効率ロスを低減すると謳っている
Intel 6
 先ほどZ68A-GD80は外観がP67A-GD80 V2と似ていると述べたが,実のところ細かな部分もかなり似ている。
 例えば,MSI独自の品質規格「Military Class II」に準拠している点だ。アルミ固体電解コンデンサ(Solid Capacitor)や固体ポリマー電解コンデンサ(Hi-c CAP:Highly Conductive Capacitor),それにSFC(Super Ferrite Choke,スーパーフェライトチョーク)などを採用することにより,安定性が向上するとMSIはアピールしている。

 また,CPUへの電源供給を担うVRMも12+1フェーズと豪華な仕様。MSI独自の「APS(アクティブフェーズスイッチング)」を備えているため,負荷に応じてフェーズ数を動的にコントロールすることができ,負荷が低い場合に消費電力を低減させることができるという。なお,使用しているフェーズ数は,CPUの横に備えられている青色LEDの点灯数で視覚的に確認できる。このあたりの仕様もP67A-GD80 V2とまったく同じだ。

Intel 6
VRM周りのヒートシンクを外したところ
Intel 6
10個のLEDが使用しているフェーズ数によって変動する。全点灯は100%使用を表している

Intel 6
IGD Multi-monitor設定。これをEnabledにすることで,CPU統合型グラフィックスと単体グラフィックスカードの両方を利用できるようになる
 さて,最後にZ68A-GD80の設定画面を見てみよう。Z68A-GD80は,UFIベースの「Click BIOS」を搭載している。設定変更はすべてマウスで行える(※キーボードも利用可能)という点も,P67A-GD80 V2から変わっていない。
 メニューにはオーバークロック設定が充実しているほか,グラフィックス設定には「IGD Multi-Monitor」という項目がされており,EnabledにすることでCPU統合型グラフィックスとグラフィックスカードとを併用することができるようになる。そのほか省電力設定項目が「Green Power」として用意されていたり,「Memory Test」や「HDD BackUp」といったユーティリティが用意されていたのもトピックといえそうである。

Z68A-GD80のClick BIOS画面。設定項目やユーティリティがアイコン化されており,ぱっと見でわかりやすい
Intel 6 Intel 6 Intel 6

 以上の仕様を踏まえるに,このZ68A-GD80はP67A-GD80 V2に外部グラフィックス出力を加えた製品といって問題ないだろう。MSIが公式にVirtuのサポートを謳っていることもあり,CPU統合型グラフィックスと単体グラフィックスを両立いうとき,Z68A-GD80のスペックは考慮に値しそうである。
  • 関連タイトル:

    Intel 6

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日