オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
日本市場に特化した,「Warcraft III」のMODベースとなる作品「戦国武将オンライン」韓国で開発中
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/12/24 17:15

ニュース

日本市場に特化した,「Warcraft III」のMODベースとなる作品「戦国武将オンライン」韓国で開発中

戦国武将オンライン
 RTS「Warcraft III」のMODとして韓国でも非常に人気の高い「Chaos」。その続編である「Chaos2」をベースとした,日本向けのオンラインゲーム「戦国武将オンライン」が韓国で開発中との情報が確認された。

 「Chaos」(本編のサブタイトルである「Reign of Chaos」のことではない)は,Warcraft IIIのMODとして韓国と北米で「DotA」(Defence Of the Ancient)とともに有名で,韓国ではPCBangを中心に5万人の同時接続者数を記録している。
 「POKIPOKI」などのデベロッパであるNeoActは,すでに3年間にわたり,100億ウォンの開発資金を投じて「Chaos2」を開発しており,2010年初頭に韓国でCBTを行う予定だ。サービスは新生パブリッシャのSesi Softが担当する。

「Chaos2」のゲーム画面
戦国武将オンライン 戦国武将オンライン

「Chaos2」
戦国武将オンライン
 日本でのサービスを目的に開発されている「戦国武将オンライン」は,Chaosの続編である「Chaos2」の基本システムやゲームバランスをそのまま採用しつつ,織田信長や武田信玄などの有名武将が登場する“戦国時代”をテーマとしている。
 英雄ユニット(有名武将)以外の兵士ユニットは鉄砲兵,槍兵,忍者などで構成されており,Chaos2とは異なる新しい攻撃や移動のパターンを持つ。マップは,既存のChaosマップに日本のカラーを施したものと,日本の戦国時代の主要戦場をもとにデザインされたものの両方が制作されている。
 Chaos2とは異なる新たなランキングシステム「日本全国争覇戦」をはじめ,日本のプレイヤーの嗜好に合った新しいシステムが,いろいろ追加される予定だ。

左が織田信長で,右は宮本武蔵とのことだ
戦国武将オンライン 戦国武将オンライン

 本作はNeoActとLunatic Studioが共同開発しており,企画とバランス調整作業にはChaosの元開発者二人が参加している。また,より日本向きの発想とカラーを打ち出すために日本人の開発者も参加する予定だ。

 本作の全世界における版権を保有するSesi Softの社長Kang,Sung Wouk氏は,「戦国武将オンラインの開発進捗は現在50%ほどで,2010年末頃の日本サービスを目標に,現在多数のパブリッシャと交渉を進めている」とコメントした。この作品はまさに日本市場に向けて開発されているため,韓国でのサービス予定はないという。

  • 関連タイトル:

    戦国武将オンライン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日