オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
HW短評:ROCCAT「Kave XTD Stereo」(2)ゲームサウンドの聞こえ方をチェック
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/03/31 12:00

テストレポート

HW短評:ROCCAT「Kave XTD Stereo」(2)ゲームサウンドの聞こえ方をチェック

総試用時間:4時間
短評(3)短評(1)

ROCCAT
Kave XTD Stereo
メーカー:ROCCAT
問い合わせ先:岡谷エレクトロニクス(販売代理店):問い合わせフォーム
実勢価格:1万〜1万2000円程度(※2015年3月31日現在)
ROCCAT
Razer Surround Proの「較正」結果。かなり前方を“絞って”みた。当日の耳の状態のためか,センターは多少右寄り。サイドおよびリアチャンネルは変更する必要を感じなかったので,デフォルトのままになっている
 ROCCATのアナログ接続型2chステレオヘッドセット「Kave XTD Stereo」の短評第2回。今回は,「Call of Duty 4: Modern Warfare」(以下,CoD4)と「Battlefield 3」を用いた,ゲームサウンドの試聴結果をまとめてみたい。

 ゲームサウンドの試聴では,2chステレオと,「Razer Surround Pro」の最新版を用いたバーチャルサラウンドサウンドを用いる。Razer Surround Proの利用にあたっては,事前のキャリブレーションが必要となるので,今回も右のとおり示しておきたい。

 というわけで試聴結果だが,短評第1回における試聴印象をそのまま継承しており,基本的には中低域が凹んだドンシャリサウンドということになる。爆発音など,重低域をたっぷり含んだ素材は重低音まできちんと再生される一方,中低域が弱いため,いわゆる「迫力」を欠いている。「迫力がないから,感情が動きにくく,冷静に音を聞き取れてよい」と考えるか,「迫力がないから残念」と感じるかで,評価が分かれる音だ。

PC用のアナログ接続型ヘッドセットなので,インタフェースは3.5mmミニピン×2である
ROCCAT
 プレゼンス※がほどよいので,銃声が極端に耳に痛いということはない。一方で“その上”の高周波がやや強めに再生されているためか,音源の定位は分かりやすい。とくに,サイドからリアにかけての音源の動きはけっこうクリアで,優秀と評して差し支えないと思う。
 「後方左から後方右」といった移動だけでなく,真後ろでピンポイントに爆発音が発生しても,「真後ろで鳴っている」としっかり感じられる。先ほど示したとおり,フロントL/Rは,今回,Razer Surround Proからかなり“絞って”いるのだが,そのおかげか,あまりぼんやりしないのも好印象だ。

※2kHz〜4kHz付近の周波数帯域。プレゼンス(Presence)という言葉のとおり,音の存在感を左右する帯域であり,ここの強さが適切だと,ぱりっとした,心地よい音に聞こえる。逆に強すぎたり弱すぎたりすると,とたんに不快になるので,メーカーは腕の見せどころとなる

マネキンに装着させて後方から撮影したところ。イヤーパッド上部が凹んでいるのが分かると思うが,クッション性は良好だ
ROCCAT
 まとめると,「高域が強いので,サラウンドの定位感は分かりやすい。プレゼンスが強くないので耳に痛くない。中低域の量感に欠けるが重低域まできちんと再生されている」という,少し不思議な周波数特性となった。ただ,このサラウンド感の高さと,すっきり感,そして迫力というか量感の無さは案外メーカーの目指しているところかもしれない。「いい音」ではなく,「ゲームをプレイしているときに聞き取りやすい音」を求めるゲーマーには,こちらのほうがあっている可能性も高そうだ

ROCCAT
メッシュ生地ではないものの,ヘッドバンド裏のクッションも実測約15mmと厚みは十分。間に2箇所のスリットも用意されているが,これは装着時の通気性確保用だろう。クッションが柔らかくて厚みがあるので,装着感はよい
ROCCAT
エンクロージャーは前後に15〜20°程度しか回転しないが,ヘッドバンドがしなるので,装着感はよい。Kave XTD Stereoの装着感に不満を持つ人はあまりいないのではなかろうか

Kave XTD StereoをAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

ROCCATのKave XTD Stereo製品情報ページ(※英語)


※HW短評に関する注意
  • HW短評(ハードウェア短評)は,各執筆者が,テスト経過時点でのインプレッションをまとめたものです。最終的な評価の掲載を目的とするわけではないため,次回以降のHW短評,もしくは別途掲載されるレビュー記事などとは異なる評価が掲載されることもあります
  • HW短評について,お気づきの点や,「こんな追加テストをしてほしい」という要望があれば,問い合わせフォームの「記事について(掲載情報の間違いや修正依頼など)」からお伝えいただければ幸いです。ただし,ご要望にお応えできない場合もありますので,この点はご容赦ください
  • 関連タイトル:

    ROCCAT

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月